異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

「セフィラ霊獣」

セフィラ霊獣2

モンスター(18枚)
精霊獣 アペライオ
精霊獣 カンナホーク×3枚
精霊獣 ペトルフィン×3枚
精霊獣 ラムペンタ×3枚
精霊獣使い ウィンダ
影霊獣使い-セフィラウェンディ
英霊獣使い-セフィラムピリカ×3枚
秘竜星-セフィラシウゴ
智天の神星龍×2枚

魔法(14枚)
おろかな埋葬
セフィラの神意×2枚
テラ・フォーミング×2枚
盆回し×3枚
セフィラの神託×2枚
チキンレース×2枚
脳開発研究所×2枚

罠(8枚)
セフィラの星戦
霊獣の騎襲×2枚
霊獣の連契×2枚
王宮の勅命
神の宣告
竜星の九支

エクストラデッキ(15枚)
聖霊獣騎 アペライオ×2枚
聖霊獣騎 カンナホーク×3枚
聖霊獣騎 ペトルフィン
聖霊獣騎 ガイアペライオ×2枚
深淵に潜む者
電光千鳥
No.41 泥睡魔獣バグースカ
励輝士 ヴェルズビュート
アカシック・マジシャン
デコード・トーカー
ヴァレルロード・ドラゴン

組みなおした当初は霊獣の事故率を軽減してくれる《源竜星-ボウテンコウ》&《リンクリボー》のギミックを搭載してましたが、ボウテンコウを出すためのギミックが美しくなく、まだ試したことのなかった40枚に収めた上での《盆回し》型にしました。

■セフィラを混ぜる強み
《智天の神星龍》+スケールで《緊急テレポート》のように「使い」を用意することができます。しかし、それでは従来の「獣」がないと弱い、緊テレと同じ弱点を抱えてしまうのですが、グラマトン+下スケール(ピリカ)と持つことで、《秘竜星-セフィラシウゴ》を特殊召喚し《竜星の九支》及び《セフィラの星戦》を構える動きにシフトすることができ、それがセフィラギミックの強みとなります。

■使いと獣の配分
□《精霊獣使い ウィンダ》1枚
このカードの強みは「使い」と「獣」の両方の名前を持つところにありますが、”初動において1枚サーチしか出来ない融合は避ける”というのを前提とした場合、「使い」に除外能力を持たないこのテーマにおいて、除外能力を持たない「獣」は「獣」の役割としては不十分で、「使い」としての役割もセフィラギミックで自由に呼べることから、わざわざ枚数を用意する意味は薄いと感じました。
それでも中盤では自由度の高いスペックを持っていることから、選択肢としてピンでの採用としました。

□《精霊獣 ペトルフィン》3枚
初動にならないことから選択肢として2枚以上の採用はしてこなかったこのカードですが、《盆回し》で自分の場に《セフィラの神託》、相手の場に《脳開発研究所》を置くことで、ペトルフィン+霊獣カードでも2枚サーチの初動になります。それをきっかけに盆回し及び脳開発を多く積むことで、「使い」へのアクセスを増やしつつ、脳開発によって「使い」を実質《霊獣使いの長老》化させれることから「獣」を多く積みたい、かつウィンダと違い2枚サーチの初動になるパターンを持つことから3枚積んでみました。
ちなみに「使い」の過剰摂取は、セフィラギミックの強みとしてペンデュラムへ切り替えることができます。

□《霊獣使いの長老》0枚
ピンで採用していましたが、脳開発の増量により、「使い」としての性能しか持たないこのカードは外しました。他の「使い」は単体で「獣」と融合することはできませんが、スケールを持つことでペンデュラムへの逃げ道を用意できる方を優先しました。手札誘発や罠を増やす構築になればまた1枚、2枚と採用することがあるかもしれません。

「トレーナーDD」

トレーナーDD
※仕様上《デコード・トーカー》が欠けています

モンスター(25枚)
DDネクロ・スライム×2枚
DDスワラル・スライム×2枚
DDラミア×3枚
灰流うらら×3枚
幽鬼うさぎ×2枚
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DD魔導賢者コペルニクス×3枚
DDD壊薙王アビス・ラグナロク×3枚
DDD死偉王ヘル・アーマゲドン
DD魔導賢者トーマス×3枚

魔法(14枚)
強欲で貪欲な壺×2枚
ソウル・チャージ
ハーピィの羽根帚
闇の誘惑×3枚
コズミック・サイクロン×3枚
地獄門の契約書×3枚
魔神王の契約書

罠(1枚)
戦乙女の契約書

エクストラデッキ(15枚)
DDD烈火王テムジン
DDD神託王ダルク
DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン×2枚
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
DDD疾風王アレクサンダー
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
DDD呪血王サイフリート
魔王龍 ベエルゼ
フォーミュラ・シンクロン
DDD双暁王カリ・ユガ
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
熱血指導王ジャイアントレーナー
デコード・トーカー


久々にCSに出る機会があり、霊獣では到底勝つのは不可能だろうということで、まだマシそうなDDを組みなおしました。新ルール及び現環境では以前のようなルートが使えず、出回ってる3枚ルートや4枚ルートはどれも消費枚数が多く、リソースが残せない割に簡単に捲られるものばかりです。DDのみで作れる盤面では限界があるため、《熱血指導王ジャイアントレーナー》に特化し、誘発等の妨害を引き込みつつ、墓地リソースを貯めながら展開できる構築にしました。


例)《DDスワラル・スライム》《DD魔導賢者トーマス》《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》
ラグナをスケールに張ってスワラルトーマスで《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》SS。
ラグナ効果でトーマスSS、Eテムジン効果でスワラルSS。
トーマス効果でラグナ割ってラグナSS。
EテムジントーマスラグナでトレーナーSS。


最も強い(今後の展開に繋げやすい)トレーナールートはこの3枚です。召喚権未使用なため《DD魔導賢者ケプラー》スタートでも可能で、ケプラースタートであればそのまま《デコード・トーカー》へ。
他にもスワコペラグナやスワラグナゲドン等でもトレーナーに行けますが、ここではこの3枚を例にその後の展開を書いていきます。ラミアのコストの都合上、地獄門経由前提です。
「トレーナーを出す前後で手札の枚数は変わらないが、墓地にはスワラルやラグナといったモンスターが落ち、リンク素材がフィールドに用意できている」というのがトレーナーを介す利点だと思います。


例1)《DDラミア》《DDネクロ・スライム》を引いた場合
ネクロNS、トレーナースワラルネクロでデコードSS。
ネクロ効果でトーマス素材に《DDD烈火王テムジン》SS。
スワラル効果でラミアSS、テムジン効果でラグナSS、ラグナ効果でEテムジンSS。
ラミアテムジンでアレクサンダーSS、地獄門コストにラミアSS。
ラミアアレクサンダーで《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》SS。
ラグナEテムジンで《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》SS。
→《デコード・トーカー》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》


例2)《DD魔導賢者コペルニクス》《DDネクロ・スライム》を引いた場合
ネクロNS、トレーナースワラルネクロでデコードSS。
ネクロ効果でトーマス素材にテムジンSS。
スワラル効果でコペルSS、効果でラミア落とし。
地獄門コストにラミアSS、テムジン効果でラグナSS、ラグナ効果でEテムジンSS。
ラミアテムジンで《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》SS。
ラグナEテムジンでタイタニックSS。
→《デコード・トーカー》《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》


例3)《DD魔導賢者ケプラー》《DD魔導賢者トーマス》を引いた場合
ケプラーNSし《魔神王の契約書》をサーチ。
トレーナースワラルケプラーでデコードSS。
魔神王でスワラルトーマス素材にテムジンSS。
トーマスをスケールに張り、効果でケプラーを回収し発動。
ラグナをPS、ラグナ効果でEテムジンSS、テムジン効果でラグナSS。
ラグナラグナでタイタニックSS。
→《デコード・トーカー》《DDD烈火王テムジン》《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》


あくまで一例で、トレーナー出すルートや引いてくるカードによってルートは変わります。このスタートでこれ引いたからこうで…と考えるのがDDらしくて楽しいですね。イメージとしては、3枚消費でトレーナーを出し3枚ドロー。誘発等を引きながら、2~3枚消費で盤面を作り、3枚前後の妨害を構えるといった感じです。

クリスタルタイタニック+手札3枚(内うらら1)
とか
タイタニック+手札3枚(内うらら1コズサイ1)
みたいなのが理想ですね。

相変わらず誘発は直撃しますしサイク系統も辛いですけど、4枚コンボとかリンクいっぱい用意しなくてもある程度の盤面は作れるようになったので、割と現実的なのかなと。
何より3ドロー楽しいれす(^q^)

ドラフトプール更新

8draft5 akidraft

(左:8人用ドラフト、右:16人用ドラフト(秋ドラテスト仕様))

以前よりコンセプトをガラッと変えてドラフトプールを更新。
2006~2008年頃の第5期のカードを中心としたプールとなってます。

<8ドラ>
一人当たり「SSレアまたはレア1枚、モンスター3枚、魔法1枚、罠1枚、エクストラ1枚」を構成としたパックを9パック配り、3パックずつ開けた3週を行い、メイン40枚以上のデッキを構築します。

<16ドラ>
一人当たり「SSレアまたはレア1枚、モンスター2枚、魔法1枚、罠1枚」を構成としたメインパックを9パック、「エクストラ2枚」のエクストラパックを3パック配り、メインパックを3パック、エクストラパックを1パック開けた3週を行い、メイン30枚以上のデッキを構築します。

先攻ドロー有、優先権等のルールは現在の最新のものを適用しますが、
下記の6枚(下方エラッタがあったもの)に限り、旧テキスト、旧裁定でプレイします。
《キラー・スネーク》
《クリッター》
《森の番人グリーン・バブーン》
《混沌の黒魔術師》
《死のデッキ破壊ウイルス》
《ダーク・ダイブ・ボンバー》

画像のリストのみが正しく、当記事の追記にあるリストは未更新で古いものです。

Last up date:10/22

「セフィラ霊獣」

セフィラ霊獣

モンスター(25枚)
増殖するG×3枚
霊獣使いの長老
精霊獣 アペライオ
精霊獣 カンナホーク×3枚
精霊獣 ラムペンタ×3枚
精霊獣使い ウィンダ×3枚
影霊獣使い-セフィラウェンディ×2枚
英霊獣使い-セフィラムピリカ×3枚
宝竜星-セフィラフウシ
秘竜星-セフィラシウゴ×2枚
智天の神星龍×3枚

魔法(11枚)
おろかな埋葬
セフィラの神意×3枚
テラ・フォーミング×3枚
セフィラの神託×3枚
脳開発研究所

罠(7枚)
セフィラの星戦
霊獣の騎襲×2枚
霊獣の連契×3枚
竜星の九支

エクストラデッキ(15枚)
聖霊獣騎 アペライオ×2枚
聖霊獣騎 カンナホーク×3枚
聖霊獣騎 ペトルフィン
聖霊獣騎 ガイアペライオ×2枚
スターダスト・チャージ・ウォリアー
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
幻竜星-チョウホウ
十二獣ドランシア
十二獣ブルホーン
電光千鳥
No.24 竜血鬼ドラギュラス

《智天の神星龍》《セフィラの神意》の登場により、優秀な出張――サブギミックとして応用の利くようになったセフィラを主軸にした霊獣です。
智天のペンデュラム効果によって《英霊獣使い-セフィラムピリカ》または《影霊獣使い-セフィラウェンディ》をエクストラに置き、対応スケールを貼ることによるペンデュラム召喚で、実質《緊急テレポート》のような使い方が出来ます。しかも緊テレと違って使いセフィラそれぞれの効果は出るため、例えば

《智天の神星龍》
《影霊獣使い-セフィラウェンディ》(上スケールならなんでも)
《精霊獣 ラムペンタ》

のような手札を持っていれば
ラムペンタで落とした《精霊獣 カンナホーク》を蘇生できるので

《精霊獣 ラムペンタ》
《聖霊獣騎 カンナホーク》(分解可能[ピリカ、カンナホーク])
《霊獣の騎襲》
《霊獣の連契》

墓地[ウィンダ、アペライオ]

のような盤面が狙えます。ラムペンタで落とす以外にも《霊獣使いの長老》絡みで墓地へ送った獣を蘇生できるとオシャレ感が増します(長老ライオ智天ウェンディで騎カンナ騎カンナウィンダ騎襲連契まで行けます)。
また、上記のように智天の相方が霊獣のセフィラであれば、手札に集合した獣を一度に放出できるため、合体分離を繰り返したのちウィンダを融合体の横に添えたり、融合体の数を増やしたりすることも可能ですね。

他にも《秘竜星-セフィラシウゴ》をペンデュラムに混ぜれると、霊獣にはないカウンター(《竜星の九支》)やバックに触れれるカード(《セフィラの星戦》)をサーチできるようになるのもセフィラを主軸に置くいいところですね。騎襲を使わされるなどして霊獣のループが途切れても、ピリカやシウゴペンデュラムから継続をサーチし、再スタートを切れるのも良いです。
シウゴは聖霊獣騎と同じレベル6なので、《No.24 竜血鬼ドラギュラス》になって妨害札を増やすこともできます。例えば

《智天の神星龍》
《英霊獣使い-セフィラムピリカ》
(下スケールなら何でも)
《精霊獣 ラムペンタ》

のような上記とは逆に下スケールがある場合、ラムペンタとシウゴをペンデュラムし神意でピリカを、ピリカで落としたカンナホークを蘇生することで

《No.24 竜血鬼ドラギュラス》
《精霊獣使い ウィンダ》
《霊獣の騎襲》
《霊獣の連契》

の盤面を作ることができます。

また、《宝竜星-セフィラフウシ》は《幻竜星-チョウホウ》や《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》などで霊獣の不器用さを補ったり、使いのセフィラ2体を横に用意できれば、お馴染みの神託チャージで《精霊獣 カンナホーク》にアクセス、セフィラカードのみで霊獣の動きに繋げれたりします。
当然環境には歯が立たない所詮ファンデッキレベルですが、WW型よりも綺麗で強く、久々に十二獣の絡まない一人回ししていて楽しいデッキに出会えたので、死んでたモチベが少しだけ上がりました。

4-6ドラフト

6draft1

少人数で集まった時でも遊べるようにと作成した4-6ドラフト。
第6期くらいの環境をイメージに、プールはシンクロが出る直前、08年の世界大会くらいまでのカードに絞ってあります。(《バージェストマ・ディノミスクス》だけ不人気の暗黒界の底上げのため採用)
そのため、エクストラも剣闘とキメフォのみにしました。持ち運びとパック作成が楽!

1度遊んだのを参考に微調整しただけなので、まだまだ至らぬ点が多いはず。これは入れないの?とかあれば是非教えてください~