異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

ラディドラ-ドラフトプール更新

6ドラプール

主に高田馬場のバトロコにて不定期開催している
馬場ドラにて使用している自分のドラフトプールです。

2005年~2007年ころの遊戯王の環境をイメージとしたドラフトで、
「バブーン」や「ライダー」「ガジェット」をはじめ、
帝によるアドバンス召喚や、《突然変異》による疑似融合召喚を主戦術とします。


紹介程度に以下にピックアップカードをいくつか。

【フォトン銀河】煌星竜で出来るようになったこと

フォトン銀河

メモも兼ねて基本的な展開パターンを書きだしてみました。新弾後は 《銀河眼の煌星竜》と《No.90 銀河眼の光子卿》による耐性付きの2妨害を構えながらリソース勝負ないし1キルを仕掛けていくのが基本的な動きとなりそうですね。
正直なところオービタルやバニッシャーといったDP勢のみでは大した動きが出来ずに組む気は起きませんでしたが、煌星竜の登場でようやくまともな先攻盤面を敷けるようになりました。

《フォトン・バニッシャー》
星4/光属性/戦士族/攻2000/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。
自分は「フォトン・バニッシャー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「銀河眼の光子竜」1体を手札に加える。
(2):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(3):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。

《フォトン・オービタル》
星4/光属性/機械族/攻 500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
装備モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキから「フォトン・オービタル」以外の「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。

《銀河眼の煌星竜》
リンク2/光属性/ドラゴン族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
攻撃力2000以上のモンスターを含む光属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、自分の墓地の「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):相手メインフェイズに、「フォトン」カードと「ギャラクシー」カードの2枚、または「銀河眼の光子竜」1体を手札から捨て、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

大会レポート-かもめ亭30

かもめ亭30メイン かもめ亭30サイド

【 モンスター 】21
オネスト
カオス・ソーサラー ×3
カードガンナー ×2
サイバー・ドラゴン ×3
ジェネクス・ニュートロン ×3
ライオウ ×3
魔導戦士 ブレイカー ×3
A・ジェネクス・バードマン ×3

【 魔法 】10
サイクロン ×2
強欲で謙虚な壺 ×3
禁じられた聖槍 ×3
精神操作
闇の誘惑

【 罠 】9
奈落の落とし穴 ×2
激流葬
盗賊の七つ道具 ×2
神の宣告
神の警告 ×2
聖なるバリア-ミラーフォース-

【 エクストラ 】15
虚空海竜リヴァイエール
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
インヴェルズ・ローチ
No.39 希望皇ホープ
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン
ブラック・ローズ・ドラゴン
A・ジェネクス・トライフォース
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン ×2

【サイドデッキ】15
霊滅術師 カイクウ
D.D.クロウ
ブラック・ホール
昇天の黒角笛 ×2
混沌の落とし穴 ×3
畳返し ×3
砂塵の大竜巻 ×3
魔のデッキ破壊ウイルス


前回に引き続き、2011年3月制限で行われたかもめ亭に参加してきました。
前回トップシェアであるガジェットに2敗してしまったことから、メイン、サイドともにガジェットを強く意識した構築に変えました。

大会レポート-かもめ亭29

かもめ亭29メイン かもめ亭29サイド

【 モンスター 】22
オネスト
カオス・ソーサラー ×3
カードガンナー ×2
サイバー・ドラゴン ×3
ジェネクス・ニュートロン ×3
ライオウ ×3
次元合成師
魔導戦士 ブレイカー ×3
A・ジェネクス・バードマン ×3

【 魔法 】10
サイクロン ×2
強欲で謙虚な壺 ×2
死者蘇生
禁じられた聖槍 ×3
精神操作
闇の誘惑

【 罠 】8
リビングデッドの呼び声
奈落の落とし穴 ×2
激流葬
神の宣告
神の警告 ×2
聖なるバリア-ミラーフォース-

【 エクストラ 】15
虚空海竜リヴァイエール
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
インヴェルズ・ローチ
No.39 希望皇ホープ
アーカナイト・マジシャン
ブラック・ローズ・ドラゴン
A・ジェネクス・トライフォース
スクラップ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン ×2
E・HERO エスクリダオ
E・HERO The シャイニング

【サイドデッキ】15
ドッペルゲンガー ×2
死霊騎士デスカリバー・ナイト ×2
霊滅術師 カイクウ
D.D.クロウ
ブラック・ホール
超融合 ×2
混沌の落とし穴 ×3
砂塵の大竜巻 ×3


去年の10月末の新参林を皮切りに、2度のかもめ亭と新参林を経て、5度目となる2011年3月環境のゲートボールの大会へと行ってきました。この系列のゲートボールでは当時の環境カードしか使えないながらも、新マスタールール3を適用した、エラッタあり先攻ドローなしの当時とは違う少し異質なものです。

このブログの記事を読み返しても、当時はユニオンヴァリーとジェネクスしか使ってないファンデッカーなので大会とは無縁でしたが、先攻ドローがないことでより幅広いデッキにチャンスがあるということで、せっかくなので当時大好きだったユニオンヴァリーのギミックを模した所謂カオスビートをずっと使ってきました。

【霊獣】キムンファルコスで出来るようになったこと

Twitterで書いてたことのまとめみたいなものです。

《聖霊獣騎 キムンファルコス》
リンク2/風属性/サイキック族/ATK/1800
【リンクマーカー:左下/右下】
「霊獣」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先の「霊獣」モンスターの攻撃力・守備力は600アップする。
②:自分の墓地から「霊獣」カード1枚を除外して発動できる。手札から「霊獣」モンスター1体を召喚する。
③:このカードを持ち主のEXデッキに戻し、除外されている自分の、「霊獣使い」モンスター1体と「精霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。



例1)《霊獣使いの長老》《精霊獣 ラムペンタ》
長老NSペンタNS効果で《精霊獣使い ウィンダ》落として騎カンナSS
ガイアぺを戻しながら長老ペンタSS《霊獣使い レラ》サーチ
ペンタ効果で獣カンナ落とし
長老ペンタでファルコスSS、ウィンダコストにレラ追加して獣カンナ釣り上げ、効果で獣ライオ除外
レラ獣カンナで騎カンナSS、適当な霊獣戻しながらレラ獣ライオSS《霊獣の連契》サーチ
獣ライオ効果使いつつ騎カンナSS《霊獣の騎襲》サーチ
→《聖霊獣騎 キムンファルコス》《聖霊獣騎 カンナホーク》2枚サーチ(除外3)
サーチ枚数を減らせば《聖霊獣騎 ガイアペライオ》も出せますし、最後の分解をファルコスの方で行えば騎カンナ2体並ぶので任意のランク6を出すこともできます。
ちなみに長老カンナでなく長老ペンタを書いたのは、ファルコスの登場で長老ペンタでも長老カンナと同等の動きが出来るようになったからですね。以前の長老ペンタは分解先を用意できないのが欠点でしたが、長老カンナ同様除外リソース3枚用意してターンを渡すことができます。


例2)《霊獣使いの長老》《霊獣使いの長老》《霊獣使い レラ》
長老NS長老NSファルコスSS
長老コストにレラ追加して長老釣り上げ
ファルコス長老で《サモン・ソーサレス》SS
効果でレラ対象にウィンダSS
レラウィンダで騎カンナSS、効果で連契サーチ
→《サモン・ソーサレス》《聖霊獣騎 カンナホーク》1枚サーチ(除外1)
《サモン・ソーサレス》を絡めることで使いだけでも騎カンナへとたどり着くことができるようになりますが、3枚使って1枚サーチなのでしょっぱいです。なにもできなかった今までよりかはマシですが…。


例3)《霊獣使いの長老》《精霊獣 アペライオ》《霊獣使い レラ》
長老NS獣ライオNSファルコスSS
獣ライオコストにレラ追加して長老釣り上げ
ファルコス長老でソーサレスSS、レラ対象にウィンダSS
レラウィンダで獣カンナSS
適当な霊獣戻しながらレラ獣ライオSS、連契サーチ
獣ライオ効果使いつつ騎カンナSS、効果で騎襲サーチ
→《サモン・ソーサレス》《聖霊獣騎 カンナホーク》2枚サーチ(除外1)
あの弱かった長老ライオもレラかピリカを併せれば2枚サーチできるように。ライオはペトルでも可。


例4)《BF-朧影のゴウフウ》《霊獣使いの長老》《霊獣使い レラ》
ゴウフウSSトークンSS
それぞれ《リンクリボー》《セキュリティ・ドラゴン》に変換しソーサレスSS
長老NS、ソーサレス効果で長老対象にウィンダSS
長老ウィンダで騎カンナSS、効果で獣カンナサーチ
獣カンナNS効果で獣ライオ除外
騎カンナ獣カンナでファルコスSS、長老コストにレラ追加して獣カンナ釣り上げ
獣カンナ効果でペンタ除外
レラ獣カンナで騎カンナSS
獣カンナ戻しながらレラペンタSS、連契サーチ
ペンタ効果使いつつレラペンタで騎カンナSS
適当な霊獣戻しながら長老獣ライオSS、連契サーチ
獣ライオ効果使いつつ騎カンナSS、効果で騎襲サーチ
→《サモン・ソーサレス》《聖霊獣騎 キムンファルコス》《聖霊獣騎 カンナホーク》3枚サーチ(除外3)
ゴウフウとソーサレスが強い(確信)
枚数が必要とはいえ、引けてなくともいつもの展開に持っていけるのはいいですね。


ざっくりとですが、目新しい展開は大体こんなとこでしょうか。
ペンタ脳開発レラとか、ペンタグラマトン上スケールみたいなのとかは応用なので省きました。ファルコスを見たときはほぼ2ターン目以降でしか使えずわざわざ組みなおすほどでもないかと思いましたが、思いのほか新しいパターンもできたので、この機会にまた使ってみるのも楽しそうです。
霊獣自体は事故率が高いうえに手札誘発に弱く、かと言って獣と使い並べてようやく動けるデッキなので手札誘発も強く使えないという、今後使える環境はもう来なそうなのが寂しいですけどね…。