FC2ブログ

異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 雑記
CATEGORY ≫ 雑記
       次ページ ≫

大会レポート-かもめ亭30

かもめ亭30メイン かもめ亭30サイド

【 モンスター 】21
オネスト
カオス・ソーサラー ×3
カードガンナー ×2
サイバー・ドラゴン ×3
ジェネクス・ニュートロン ×3
ライオウ ×3
魔導戦士 ブレイカー ×3
A・ジェネクス・バードマン ×3

【 魔法 】10
サイクロン ×2
強欲で謙虚な壺 ×3
禁じられた聖槍 ×3
精神操作
闇の誘惑

【 罠 】9
奈落の落とし穴 ×2
激流葬
盗賊の七つ道具 ×2
神の宣告
神の警告 ×2
聖なるバリア-ミラーフォース-

【 エクストラ 】15
虚空海竜リヴァイエール
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
インヴェルズ・ローチ
No.39 希望皇ホープ
TG ハイパー・ライブラリアン
アーカナイト・マジシャン
ブラック・ローズ・ドラゴン
A・ジェネクス・トライフォース
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン ×2

【サイドデッキ】15
霊滅術師 カイクウ
D.D.クロウ
ブラック・ホール
昇天の黒角笛 ×2
混沌の落とし穴 ×3
畳返し ×3
砂塵の大竜巻 ×3
魔のデッキ破壊ウイルス


前回に引き続き、2011年3月制限で行われたかもめ亭に参加してきました。
前回トップシェアであるガジェットに2敗してしまったことから、メイン、サイドともにガジェットを強く意識した構築に変えました。

大会レポート-かもめ亭29

かもめ亭29メイン かもめ亭29サイド

【 モンスター 】22
オネスト
カオス・ソーサラー ×3
カードガンナー ×2
サイバー・ドラゴン ×3
ジェネクス・ニュートロン ×3
ライオウ ×3
次元合成師
魔導戦士 ブレイカー ×3
A・ジェネクス・バードマン ×3

【 魔法 】10
サイクロン ×2
強欲で謙虚な壺 ×2
死者蘇生
禁じられた聖槍 ×3
精神操作
闇の誘惑

【 罠 】8
リビングデッドの呼び声
奈落の落とし穴 ×2
激流葬
神の宣告
神の警告 ×2
聖なるバリア-ミラーフォース-

【 エクストラ 】15
虚空海竜リヴァイエール
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
インヴェルズ・ローチ
No.39 希望皇ホープ
アーカナイト・マジシャン
ブラック・ローズ・ドラゴン
A・ジェネクス・トライフォース
スクラップ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン ×2
E・HERO エスクリダオ
E・HERO The シャイニング

【サイドデッキ】15
ドッペルゲンガー ×2
死霊騎士デスカリバー・ナイト ×2
霊滅術師 カイクウ
D.D.クロウ
ブラック・ホール
超融合 ×2
混沌の落とし穴 ×3
砂塵の大竜巻 ×3


去年の10月末の新参林を皮切りに、2度のかもめ亭と新参林を経て、5度目となる2011年3月環境のゲートボールの大会へと行ってきました。この系列のゲートボールでは当時の環境カードしか使えないながらも、新マスタールール3を適用した、エラッタあり先攻ドローなしの当時とは違う少し異質なものです。

このブログの記事を読み返しても、当時はユニオンヴァリーとジェネクスしか使ってないファンデッカーなので大会とは無縁でしたが、先攻ドローがないことでより幅広いデッキにチャンスがあるということで、せっかくなので当時大好きだったユニオンヴァリーのギミックを模した所謂カオスビートをずっと使ってきました。

ドラフトはじめました。

色々な方に触発されて自分もドラフトを作ってみました。
少し前から作ってあったのですが、リストとして上げるほど納得できるものはなかったので控えていたのですが、先週末2日間がっつりとやって調整もできたので自分用のメモも兼ねてあげてみます。
最初はかわいいモンスターたちが入っていたのですが、度重なる苦情により抜けてしまいました。またこっそり戻しときます。

リストは追記より。8人でやる機会がめったにないので6人用です。
ひとり1パック(モンスター4枚、魔法1枚、罠1枚、エクストラ1枚)を3パックずつ計9パック開ける想定です。ひとり63枚配布でデッキは40枚以上、先攻ドローありで行います。
Last up date:2015/10/05

おやつスリーブKY

ZYとKY

久々に普段使ってるのとは違うおやつスリを買ったので軽く感想でも。左がZYで右がKY
リンク先の商品ページ行った方がスリーブの感じはつかめ易い気がしますが、スリーブの材質感が残ってるZYに比べてKY(をはじめとするマットシリーズ)は粉っぽいサラサラ感。表面とのギャップがかなりつよいです。

硬さについてはYとNY(Yより硬くHYより柔らかいやつ)の間くらいって感じでしょうか。普段愛用してるNYよりはやわらかいんですけど、やわらか過ぎるわけでもないので、マットYがペラ過ぎて使えなかった自分には丁度いいのかなあと。
ただこれクェーサーやプライムのような長めの公式だと上が0.5㎜くらいはみ出るんですよね…。公式にはでかめに裁断されたものと小さめに裁断されたものがあって、ものによってははみ出してしまうようです(持ってるパワツや超銀河ははみ出なかった…)。

そんなふうに思いながら商品ページを見ると、サンプルのダークナイトスリの時点ではみ出してるような…。ダークナイトも某氏によるとHYからはみ出るくらい大きめに加工されたシリーズのひとつみたいなので、使うスリーブを選ばないと使えそうにないですね…。
因みに縦の長さが気になる方はNYがお勧めです。マットタイプではないですが、硬さは前述通りHYより少し柔らかめの硬いけど硬すぎず、縦も少し長めに作られてるので、全て試したわけではないですが、公式入れてはみ出るということはまずないと思います(責任はとれません!)。

ついでに個人的スリーブの固さみたいなのを書いてみると
市販のただのクリアスリーブ < おやつY < 市販のハードもの < おやつK << おやつNY < おやつH < 市販の超硬めもの
正直なところ市販のハードはどこがハードなのか全くわからないくらい柔らかいと思いますし、超硬めのは角が凶器すぎるし厚すぎるしで、市販で中間の硬さのスリーブが出ないのが謎で仕方がないです^-^

2014.10 制限改訂

「禁止」
なし

「制限」
《エルシャドール・ネフィリム》
《エルシャドール・ミドラーシュ》
《召喚僧サモンプリースト》
《ダーク・アームド・ドラゴン》
《光天使スローネ》
《ソウル・チャージ》
《堕ち影の蠢き》

「準制限」
《BF-疾風のゲイル》

「制限解除」
《ゼンマイシャーク》
《アビスフィアー》
《針虫の巣窟》

バードマンは…?(定期)

現環境を争っていた他の規制が緩いため、シャドールの規制が強く感じていましたが、若干のパワーダウンをしただけで新制限のCSでは早速結果を残していましたね…。まだ十二分に戦えることが分かってしまった今後は以前くらいにメタが増すでしょうし、○○には刺さるけどセプスロには一切触れられないってカードが息を吹き返すのはちょっと楽しみです。
シャドールのメインに入るカードが堕ち影しか掛かってないのは、今後水融合・風融合を出して売っていくためでしょうか。風融合が出るのなら、是非ともデッキから《幻獣機オライオン》を落としながら融合したいものです。

一方フリーの方では、正直なところ殆ど触れるところがなく、《ソウル・チャージ》が《簡易融合》からの《旧神ノーデン》に変わっただけなんじゃないでしょうか。エクストラの枠を使ったり、《増殖するG》に弱かったり、蘇生しても効果が無効になったりと、《ソウル・チャージ》よりかはデッキを選びそうですが、それでも採用しないデッキの方が多いんじゃないかってくらい様々なデッキで採用できそうです。個人的には、銀河もゴーストリックも幻獣機も《ソウル・チャージ》の方が強かったのでパワーダウン感が否めませんが。

次の改訂は1月と、ジャンフェスだー冬コミだーって言ってたらあっという間に変わってそうです。トライブフォースから入ってくるネクロスがかなり強く作られてるので、その辺がどう環境に差し込んでくるかも楽しみですね。
―……。
そういえば最近、大幅に強化されたパックパッケージを飾ってたテーマがあった気がしますが…気のせいですかね。では。