異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ゼータ
CATEGORY ≫ ゼータ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「タイダルゼータ」

モンスター(21枚)
瀑征竜-タイダル×3枚
深海のディーヴァ×2枚
海皇の竜騎隊×3枚
海皇の狙撃兵×2枚
海皇の重装兵×2枚
ドラゴン・アイス
ゼータ・レティキュラント×2枚
スチーム・シンクロン
ジェネクス・コントローラー×2枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚

魔法(7枚)
大嵐
死者蘇生
闇の誘惑
サルベージ
サイクロン×2枚
おろかな埋葬

罠(12枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
因果切断
リミット・リバース×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚
ディメンション・スライド×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
No.74 マジカル・クラウン-ミッシング・ソード
アーマー・カッパー
アームズ・エイド
ガチガチガンテツ
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
幻獣機ドラゴサック
獣神ヴァルカン
超念導体ビヒーマス
氷結界の虎王 ドゥローレン
氷結界の龍 グングニール
氷結界の龍 トリシューラ


《ゼータ・レティキュラント》と言えば《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》で落とすところから始まる故にどうしても構築が闇属性によってしまいますが、今回は《瀑征竜-タイダル》をおろ埋要員とし、それと相性のいい海皇らで組んでみました。《瀑征竜-タイダル》は手札に欲しいので、《封印の黄金櫃》あたりは入れてもいいかもしれませんね。

《ジェネクス・ウンディーネ》で《ドラゴン・アイス》を優先して落とすことで、各海皇の発動トリガーになるだけでなく、手札にきた《ゼータ・レティキュラント》も無理なく捨てることが出来、相手の展開に合わせての特殊召喚が可能であることから《ディメンション・スライド》が狙えます。

また、相手ターンでの特殊召喚という点で《スチーム・シンクロン》も有力です。《ジェネクス・ウンディーネ》《リミット・リバース》から、好きなタイミングに《獣神ヴァルカン》で《リミット・リバース》を使い回しながら除去が行えるのは有名なコンボですよね。
《ディメンション・スライド》と同時に《氷結界の龍 トリシューラ》も狙い易くなるので、イーバトークンの生成も比較的狙い易いと思います。

トークンの使い道をシンクロ補佐以上に作れれば良かったのですが…。
スポンサーサイト

「緊テレプチカオス」

モンスター(21枚)
終末の騎士×2枚
輝白竜 ワイバースター×3枚
暗黒竜 コラプサーペント×2枚
フォトン・スラッシャー
ダーク・グレファー
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
ゼータ・レティキュラント
ジャンク・シンクロン×2枚
クレボンス×3枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
D-HERO ディアボリックガイ×2枚

魔法(13枚)
念動収集機×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
緊急テレポート×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
サイクロン

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
激流葬×2枚
因果切断

エクストラデッキ
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
TG ハイパー・ライブラリアン
アームズ・エイド
オリエント・ドラゴン
ジャンク・アーチャー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
ダークエンド・ドラゴン
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
獣神ヴァルカン
閃珖竜 スターダスト
大地の騎士ガイアナイト


最近デッキレシピばかりなのは11月入ってから全く書いてなかったからであって、決して記事稼ぎなんかではないんですよ、よ!

当初はギャラクシーゼータを調整したものを《ズババジェネラル》が来たことで更に調整を重ねてたんですが、いつの間にか《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》も入れ出して、気が付いたらデッキ名に”ゼータ”と付かないくらいまで《ゼータ・レティキュラント》の存在は薄らいでしまいました。とはいえ調整してる中ではあった、全く存在意義がない構築から抜け出せただけでも良かったのかもしれません((
でもなんかこうデッキ名に”緊テレ”と付けると懐かしい気がしますね。

《ゼータ・レティキュラント》の依存度を最低限まで落とし、除外ソースも《ジャンク・アーチャー》に絞りました。理想の流れとしては、《ゼータ・レティキュラント》が墓地にある状態で《輝白竜 ワイバースター》(以降プチカオス)特殊召喚から《ジャンク・シンクロン》通常召喚で《クレボンス》を釣り上げること。プチカオスと《ジャンク・シンクロン》で《ジャンク・アーチャー》、相手モンスターを除外することでイーバトークンが生成されるので、サーチしたプチカオスと《クレボンス》とを合わせて《閃珖竜 スターダスト》のシンクロ召喚を行います。《閃珖竜 スターダスト》の効果から低ステータスである《ジャンク・アーチャー》を戦闘破壊から守ることが出来、返しのターンでもトークン生成が狙えます。

また、《クレボンス》は《念動収集機》に対応しており、これで2体展開できればプチカオス1枚と合わせてランク6エクシーズもしくは星8シンクロへと繋ぐことも出来ます。

ただ、モンスター単体では機能しにくいので止めどころがはっきりしてること、初動がぬるいのが欠点でまだまだ調整はしないとなあと感じます。折角星6シンクロを経由するので、その辺も活かしたいところですが、もう《ゴヨウ・ガーディアン》どころか《氷結界の龍 ブリューナク》もいないんですよね…。《獣神ヴァルカン》なるモンスターもいますが、《リビングデッドの呼び声》は微妙で抜いてしまいました。。もう何パターンか綺麗な流れが作れればいいんですけどね…。

「ギャラクシーゼータ」

モンスター(22枚)
深海のディーヴァ×3枚
終末の騎士×2枚
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)×2枚
ゾンビキャリア
ゼータ・レティキュラント×3枚
キラー・トマト
エアジャチ
E・HERO エアーマン
D-HERO デビルガイ×3枚
D-HERO ディアボリックガイ×2枚
D-HERO ダブルガイ×2枚
D-HERO Bloo-D

魔法(9枚)
大嵐
増援
死者蘇生
闇の誘惑
デステニー・ドロー×3枚
オーバー・デステニー×2枚

罠(11枚)
暴走闘君×3枚
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
次元幽閉
因果切断×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
アームズ・エイド
オリエント・ドラゴン
ガチガチガンテツ
スターダスト・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
ダークエンド・ドラゴン
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
ラヴァルバル・チェイン
虚空海竜リヴァイエール
大地の騎士ガイアナイト
発条機雷ゼンマイン


はい、「デステニーゼータ」に《銀河眼の光子竜》を入れただけです(
本来は《D-HERO ダブルガイ》の使い道を探していて、《暴走闘君》を共有しつつ、《暴走闘君》発動下では《銀河眼の光子竜》の特殊召喚条件を満たせ(ダブルガイトークンの攻撃力は1000)、その《銀河眼の光子竜》は《ゼータ・レティキュラント》と相性がいいという、ちょっと遠まわしなシナジーとなっています。

基本ベースはデステニーゼータと同じで、《オーバー・デステニー》を絡めたエクシーズ・シンクロ、その中で隙を見て《銀河眼の光子竜》や《D-HERO ダブルガイ》を狙っていきます。
因みにダブルガイトークンはHEROの名を持たない残念さ(《E・HERO エアーマン》の破壊効果、《D-HERO ドグマガイ》の召喚条件etc)が目立ちますが、星4モンスターを2体展開できるため、《深海のディーヴァ》2体によってランク6エクシーズを立てることが出来ます。この際に都合よく相手フィールド上にシンクロモンスターがいようものなら、《オリエント・ドラゴン》による除外・トークンの生成が出来るため、エクシーズ先を《セイクリッド・トレミスM7》にすることで《ゼータ・レティキュラント》回収からの特殊召喚が可能です。

キラトマダブルガイの当時のVジャン画像探したけど出てこなかった…

「デステニーゼータver.2.0」

モンスター(19枚)
聖導騎士(セイントナイト)イシュザーク
邪帝ガイウス
ダーク・グレファー×3枚
ゾンビキャリア
ゼータ・レティキュラント×3枚
カードカー・D×2枚
E・HERO エアーマン
D-HERO ドグマガイ
D-HERO デビルガイ×3枚
D-HERO ディアボリックガイ×2枚
D-HERO Bloo-D

魔法(13枚)
大嵐
増援
死者蘇生
月の書
闇の誘惑
デステニー・ドロー×2枚
スケープ・ゴート
サイクロン×2枚
おろかな埋葬
オーバー・デステニー×2枚

罠(8枚)
暴走闘君×3枚
奈落の落とし穴
神の宣告
次元幽閉
因果切断×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.39 希望皇ホープ
TG ハイパー・ライブラリアン
アームズ・エイド
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
ダークエンド・ドラゴン
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
虚空海竜リヴァイエール
氷結界の龍 ブリューナク
煉獄龍 オーガ・ドラグーン


《氷結界の龍 トリシューラ》が禁止になって目標を失ってしまったが故にずっと放置してた《ゼータ・レティキュラント》デッキです。「デステニーゼータ」ということで、《オーバー・デステニー》からのランク3、《邪帝ガイウス》等の上級、《D-HERO ドグマガイ》の特殊召喚へと繋げていくのが狙いです。
《氷結界の龍 トリシューラ》がいないことで、全体的にシンクロを狙っていく意味が薄れ、召喚権にも無理を感じたため、チューナーを《ゾンビキャリア》以外抜いてしまいました。欲しいと感じる時もありますが、《暴走闘君》で打点の底上げをした方が強いような気がします。スペースが作れるなら《A・ジェネクス・バードマン》あたりは採用してもいいかもしれませんね。

基本的な動きとして《ダーク・グレファー》で《ゼータ・レティキュラント》落としての除外ソースセットや、《ゼータ・レティキュラント》捨てつつの《因果切断》は変わりませんが、ランク6―《セイクリッド・トレミスM7》がいることで、《邪帝ガイウス》NS(トークン生成)→《D-HERO ディアボリックガイ》SS→《セイクリッド・トレミスM7》SS→《ゼータ・レティキュラント》を回収し、トークンをリリースしての特殊召喚から5100ダメージを狙えるようにはなりました。
また、《ダーク・グレファー》《D-HERO ディアボリックガイ》《ゾンビキャリア》の3体がいることから、先攻で《ダーク・グレファー》《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》の布陣を作ることができますね。

《D-HERO ダイハードガイ》と《ダメージ・コンデンサー》のコンボも詰め込んでみたいんですが、如何せん調整中ですしねえ。《暴走闘君》で高打点を確保できるので《銀河眼の光子竜》は割とアリな気がしてきます。それと《エフェクト・ヴェーラー》を入れたい…。

トリシューラがいない今

《ゼータ・レティキュラント》の目標が失われてしまいました。
縛りがあるような、もしくは強い専用シンクロでもない限り、シンクロを狙いに行くメリットがないと言っても過言でないほどにエクシーズ環境の今、《ゼータ・レティキュラント》が生成するトークンはそれこそオワコンと化しています。ただでさえ《フォーミュラ・シンクロン》の出せない星2故に《ワンチャン!?》も使えません。
では何が使えるのか…

トークンサポート
《トークン復活祭》や《暴走闘君》、《強制退出装置》がありますかね。
特に《暴走闘君》はイーバトークンが1500打点として機能してくれるため、《邪帝ガイウス》等で除外した後に攻撃に参加させにいけるのが強いです。

上級のリリース確保
一昔前ならこれでも十分強かったんですけどね。今となっては上級のリリース確保には《バトルフェーダー》なんて便利なものがありますし、「帝」ほどリリース確保できるというわけでもなく、かといって除外ソース増やしたところで「ゼータ」でやる意味も薄いですし、どうしても中途半端になりがちです。
一応、《邪帝ガイウス》《イリュージョン・スナッチ》から《セイクリッド・トレミスM7》に繋げ、墓地の《ゼータ・レティキュラント》を回収し、《邪帝ガイウス》で生成されたトークンをリリースし特殊召喚――という流れは組めなくはないんですが、《邪帝ガイウス》《イリュージョン・スナッチ》2体の打点を300越えてるだけですし、これだったら《邪帝ガイウス》回収した方が強くね?と言われてしまいますね…。

そんなこんなで《ゼータ・レティキュラント》ならではの動きと言うのが分からず、昔からの相棒のはずが使ってやれてません。カードプールの拡大による弱体化…とまではいかないはずなので、どうにかして使ってやりたいんですけどね…どうしたものか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。