異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ジェネクス
CATEGORY ≫ ジェネクス
       次ページ ≫

「アクセルエクシーズ」

モンスター(23枚)
鬼ガエル×2枚
黄泉ガエル×2枚
フィッシュボーグ-ガンナー×2枚
シャーク・サッカー×3枚
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サルベージ・ウォリアー×2枚
クリッター
キラー・ラブカ
エア・サーキュレーター
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(17枚)
貪欲な壺×3枚
浮上
死者蘇生
思い出のブランコ×3枚
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)
悪魔への貢物
ワン・フォー・ワン
ハリケーン
サルベージ×2枚
サイクロン
おろかな埋葬

罠(0枚)

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
No.17 リバイス・ドラゴン
No.34 電算機獣テラ・バイト
TG ハイパー・ライブラリアン×2枚
TG レシプロ・ドラゴン・フライ
シューティング・クェーサー・ドラゴン
シューティング・スター・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
ブラック・レイ・ランサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
レア・フィッシュ
氷結界の龍 ブリューナク


PHSWで登場する《シャーク・サッカー》《キラー・ラブカ》が使いたくて組んだデッキです(といっても発動機会が訪れにくくなってしまったラブカはピン挿しになってしまいましたけどね)。「アクセルバーニング」を元に、ランク3エクシーズを中心にビートダウンしていきます。

進化の光、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》!
”黄泉ボーグ”で通常召喚権を残し《フォーミュラ・シンクロン》または《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》を特殊召喚できるため、《フィッシュボーグ-ガンナー》をリリースし《サルベージ・ウォリアー》をアドバンス召喚。墓地から《ジェネクス・コントローラー》を釣り上げ《A・ジェネクス・アクセル》をシンクロ召喚。墓地から《フォーミュラ・シンクロン》を蘇生させれば《シューティング・クェーサー・ドラゴン》をシンクロ召喚することが可能です。手札消費は4枚と多いですが、必要パーツは自然と揃うため中々に出し易い組み合わせとなっています。

これが私のテラバイトコンボだ!
このデッキでは《シャーク・サッカー》のお陰でランク3エクシーズが出し易く、通常召喚するモンスターが《ジェネクス・ウンディーネ》なら1枚消費からのエクシーズ召喚が可能です。特に両者とも《サルベージ》で回収することができるため、非常にハイブリットな組み合わせです。この2体の展開に《思い出のブランコ》や《A・ジェネクス・バードマン》が絡まれば《No.34 電算機獣テラ・バイト》をエクシーズ召喚することも可能。通常召喚権を使わない”黄泉ボーグ”のギミックとも相性が良く、コントロール奪取からのシンクロが狙えます。

現在はこんなとこです。《ブラック・レイ・ランサー》がかっこいいってのも組んだ理由のひとつですね。
《No.34 電算機獣テラ・バイト》の効果は自然と使えるものかと思ってましたが、”レベル4以下の表側攻撃表示モンスター”という誓約─特に攻撃表示限定というのが足を引っ張ってしまっていましたね…。《ADチェンジャー》のようなサポートするカードをシナジーを見つけて入れた方がいいかもしれませんね。
あとは積極的に出したいというランク3エクシーズがいないので、除外ギミックを入れて《虚空海竜リヴァイエール》《潜航母艦エアロ・シャーク》を使っていくのも悪くなさそうです。正直、ダメージ量は少なくとも手札の枚数分のダメージなら《潜航母艦エアロ・シャーク》は迷わず採用していたんですけどね…。今のところ序盤に出せて《キラー・ラブカ》で守れるエクシーズがいないのが残念ですね。水魚海竜族…今後に期待が募ります。

「CS2B」

モンスター(21枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
救世竜 セイヴァー・ドラゴン
黄泉ガエル×2枚
レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター
フィッシュボーグ-ガンナー×2枚
スターダスト・ドラゴン/バスター
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サルベージ・ウォリアー×3枚
グローアップ・バルブ
エア・サーキュレーター×2枚

魔法(14枚)
貪欲な壺×3枚
死者蘇生
思い出のブランコ×3枚
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ワン・フォー・ワン
ブラック・ホール
ハリケーン
おろかな埋葬

罠(5枚)
バスター・モード×2枚
ダメージ・コンデンサー×2枚
サンダー・ブレイク

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
E・HERO セイラーマン
TG ハイパー・ライブラリアン
TG ハルバード・キャノン
TG ブレード・ガンナー
TG レシプロ・ドラゴン・フライ
シューティング・クェーサー・ドラゴン
シューティング・スター・ドラゴン
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
セイヴァー・スター・ドラゴン
セイヴァー・デモン・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
レッド・デーモンズ・ドラゴン


放課後デュエル30回で使用した「トップバーニングマインド」を改良し、《TG ハルバード・キャノン》《シューティング・スター・ドラゴン》《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》以外に、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《セイヴァー・スター・ドラゴン》《セイヴァー・デモン・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン/バスター》《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》も出せるようにしたデッキです。
今まで重い切り札と言えるカードは全てエクストラに入れることが出来るモンスターのみでしたが、バスターを入れることで2種のバスター及び《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》が手札に来るようになって事故が多発するようになってしまいました。まぁロマンを求めるには仕方ないですかね。

「アクセルシンクロジェネクス」

モンスター(22枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
黄泉ガエル×2枚
フィッシュボーグ-ガンナー×2枚
バトルフェーダー×2枚
ネクロ・ガードナー
ドラゴン・アイス
トラゴエディア
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サルベージ・ウォリアー×3枚
クリッター
エフェクト・ヴェーラー

魔法(13枚)
貪欲な壺×3枚
死者蘇生
思い出のブランコ×3枚
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ブラック・ホール
サイクロン
エネミーコントローラー

罠(5枚)
激流葬
ダメージ・コンデンサー×2枚
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライアーム
TG ハイパー・ライブラリアン
TG ハルバード・キャノン
TG ブレード・ガンナー
TG レシプロ・ドラゴン・フライ
シューティング・スター・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
フレイム・ゴースト
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


クリアマインドの境地へ達するための「ジェネクス」。
先日載せた「ジェネクス2011」のアクセルシンクロ特化型です。
アクセルシンクロするためには、《フォーミュラ・シンクロン》《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》に繋げる「黄泉ボーグ」のコンビが必須となるため、《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ-ガンナー》をそれぞれ2積みし、《ジェネクス・ウンディーネ》及び《ダメージ・コンデンサー》で全力で揃えます。

◆《A・ジェネクス・アクセル》+《フォーミュラ・シンクロン》+《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》
「黄泉ボーグ」によって《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》を作り、《A・ジェネクス・アクセル》の効果で《フォーミュラ・シンクロン》を蘇生。《A・ジェネクス・アクセル》と《フォーミュラ・シンクロン》で《TG ブレード・ガンナー》を召喚。《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》の効果で蘇生制限を満たした《TG ブレード・ガンナー》を墓地におきつつ、戻ってきた《A・ジェネクス・アクセル》《フォーミュラ・シンクロン》とともに《TG ハルバード・キャノン》へと繋げます。
※《A・ジェネクス・アクセル》は「黄泉ボーグ」時の2体目の《フィッシュボーグ-ガンナー》や《バトルフェーダー》をリリース要因に《サルベージ・ウォリアー》から。もしくは《簡易融合》+《ジェネクス・コントローラー》でシンクロ召喚します。また、《A・ジェネクス・アクセル》を《スターダスト・ドラゴン》にすることで、《シューティング・スター・ドラゴン》を召喚することが可能です。

「ジェネクス2011」

モンスター(23枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
黄泉ガエル
フィッシュボーグ-ガンナー
バトルフェーダー×2枚
ネクロ・ガードナー
ドラゴン・アイス
トラゴエディア
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サルベージ・ウォリアー×2枚
サイバー・ドラゴン
クリッター
キラー・トマト×2枚
カオス・ソーサラー
エフェクト・ヴェーラー

魔法(14枚)
貪欲な壺×2枚
精神操作
死者蘇生
思い出のブランコ×3枚
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚
エネミーコントローラー

罠(5枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リビングデッドの呼び声
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライアーム
A・ジェネクス・トライフォース
アームズ・エイド
シューティング・スター・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
フレイム・ゴースト
レアル・ジェネクス・クロキシアン
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


「ジェネクス」とはいいつつも《ジェネクス・ウンディーネ》と《ジェネクス・コントローラー》のギミックを軸としたデッキ。《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ-ガンナー》を優先的に落としつつ《フォーミュラ・シンクロン》からのあわよくば《シューティング・スター・ドラゴン》を狙っていきます。
通常召喚権を使わず《フォーミュラ・シンクロン》に繋げられる「黄泉ボーグ」はチューナーの確保だけでなく、シンクロ連打による手札消費を補うこともできるので、《キラー・トマト》→《クリッター》→《ジェネクス・ウンディーネ》に繋げるなどして積極的に狙っていきたいところです。

◆《ジェネクス・コントローラー》+《簡易融合》
即《スターダスト・ドラゴン》や《A・ジェネクス・トライアーム》に繋げることができます。
場に《黄泉ガエル》、手札にこれと《フィッシュボーグ-ガンナー》がある時に《A・ジェネクス・トライアーム》や《氷結界の龍 ブリューナク》を出すことで、手札コストから《フォーミュラ・シンクロン》を出すことができ、レベル8の構えが作れます。

◆《バトルフェーダー》+《サルベージ・ウォリアー》
《黄泉ガエル》の効果の関係上、魔法罠が伏せ辛いので手札誘発や墓地発動で相手の行動を抑制しなくてはなりません。返しの強さはそこそこあるので、モンスターを守ることよりも自身を守ることを優先。そこで《バトルフェーダー》を採用することで、リリース確保及びシンクロ素材を残すことができ、《サルベージ・ウォリアー》で《ジェネクス・コントローラー》を蘇生しレベル8へと繋げられます。因みにそこに《黄泉ガエル》が絡まれば《氷結界の龍 トリシューラ》、「黄泉ボーグ」があるなら《シューティング・スター・ドラゴン》まで繋げられます。

◆《ドラゴン・アイス》+《魔轟神獣キャシー》
相手ターンにレベル5のモンスターを出しつつ表側のカードを割れるコンボです。今までは召喚時の優先権行使による起動効果の発動にチェーンする形で発動していた《ドラゴン・アイス》ですが、ルールの改訂によって効果起動の前に《魔轟神獣キャシー》で潰せるようになったので強化されたと言えます。他にも《魔轟神獣キャシー》は《サンダー・ブレイク》とのコンボも可能です。

◆総括
ちょっと「黄泉ボーグ」に頼りすぎな気もしますが、仕方ないかなぁ。守りの弱さから展開を重視した、どちらかというと魅せることを重視した構築なので、もう少し《シューティング・スター・ドラゴン》を中心にしていきたいものです。ただ、デッキスペース的にもこれ以上チューナーを増やすのは難しいかなぁという感じなんですよね。

「ジェネクス」

モンスター(21枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
黄泉ガエル
リサイクル・ジェネクス
フィッシュボーグ-ガンナー
ネクロ・ガードナー
ドラゴン・アイス
トラゴエディア
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サイバー・ドラゴン
クリッター
キラー・トマト×2枚
カオス・ソーサラー
A・ジェネクス・リモート
A・ジェネクス・チェンジャー

魔法(14枚)
貪欲な壺×2枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
思い出のブランコ×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
闇の誘惑
サイクロン
エネミーコントローラー×2枚

罠(7枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リビングデッドの呼び声
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライアーム
A・ジェネクス・トライフォース
アームズ・エイド
シューティング・スター・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
ブラック・ローズ・ドラゴン
フレイム・ゴースト
レアル・ジェネクス・クロキシアン
炎の剣士
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


ども、毎度おなじみのジェネクスです。
以前よりも《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ-ガンナー》での《フォーミュラ・シンクロン》を狙っていくようになり、その下準備に必要な《ジェネクス・ウンディーネ》の必要性が上がったので、それをサーチできる《クリッター》をリクルしてこれる《キラー・トマト》にリクルを変更。《ブラック・ローズ・ドラゴン》の効果が使えるといいネ!
また、それに伴って《闇の誘惑》も採用。全体的に闇属性が増えたのと、《ジェネクス・ウンディーネ》があるので腐ることはまずないですね。手札が《ジェネクス・コントローラー》祭という状況を解消できるのもグッドです。
抜けてしまった《ジェネクス・サーチャー》の利点でもある、ジェネクスと名のつくという点は《サーマル・ジェネクス》リストラで無くなり、《A・ジェネクス・アクセル》で蘇生すると3000超えという点は、それ以外でも悪い状況を打破する手段が増えたことにあります。流石《フォーミュラ・シンクロン》や!

あとは手札コストで捨ててうまいモンスターが多く、中でも《魔轟神獣キャシー》を捨てると2:2交換に持ってける《サンダー・ブレイク》を採用しました。
やはりシンクロしないと戦えないデッキですので、対《王宮の弾圧》やモンスターを守る手段としても優秀ですね。

それと、相性の良い《リミッター解除》や《おろかな埋葬》といったサポートも入れたいところですが、すでにデッキ枚数が42枚なので悩ましい限りです。後者は《フォーミュラ・シンクロン》を1ターンでも早く展開する手段として優秀なので枚数増やしてでも入れるべきか否か。

さて、エクストラ圧迫の問題ですが、《フォーミュラ・シンクロン》のお陰で出す機会が多くなったレベル5枠を作るために《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》をリストラ。たまに腐ってた《サイバー・ドラゴン》も枚数を減らして、出すことないだろうと自己暗示をかけます。
そして悩ましい《シューティング・スター・ドラゴン》ですが、《貪欲な壺》でチューナーを大量にデッキに戻してもニレンダァすらできない残念ぷりなので、抜いて《フォーミュラ・シンクロン》2枚目に変えた方が得策な気がしてきました。でも動画撮るときには《シューティング・スター・ドラゴン》出したいですね。攻撃できるかは別として。

P.S.毎月やってきたアクセス解析は廃止になりました(´・ω・`)