異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ DD
CATEGORY ≫ DD
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

8軸DDについて

今更書く意味もないのかなと思いつつ、8軸DDについて思うところを少し。

よく見かける8軸は(ラヴァゴ入りを除き)事故りやすく否定派で、ずっとコペル型、もしくはその両方を入れない構築を使ってました。

というのも、個人的にトレインの枚数をいくら調整しようと、レベル8が7枚(ゲドン1ラグナ3トーマス3)では事故るというのが体感で、かといってトレインが少ないと増やしたレベル8で事故る、やるならレベル8は8枚以上に増やしてトレインはフルで積みたい、でもレベル8DDはこれ以上増やしたくないというのが、8軸を回してみての結論でした。

ただ、墓地を肥やしながらデッキを掘れるDDのトレイン自体はとても強く、その魅力に憑りつかれ何度も8軸を回しては腐るトレインを見てやめるってのを繰り返してましたw

一応、地獄門を使えばトレインを腐らせないことも出来るシーンもありますが、スワラルやラミアといった強く動くには必要パーツが多いDDにおいて1度しかできないサーチをドローソースのコストにして本末転倒です。

一方で、トレインのコストを壊獣のような捲り札で補えるようになると、レベル8DDを増やさずともトレインのコストをデッキ内に用意できる、自然と8枚以上積むことができるため、8軸の悩みを解消してくれます。
ラヴァゴ入りの8軸がまさにそれで、より軽い壊獣が来て使いやすくなったのかなと、一昨日と昨日14マッチやってどうしようもない事故は2、3度とかくらいで、メイン壊獣が強い内しか使えませんが、使い良く安定感もあって良かったです。
スポンサーサイト

春フェス「DD」と結果レポ

昨日はFordさん主催の春フェスに参加してきました。
9回戦フルでやれたのは初めてなので、詳細はあまり覚えてないんですけど、久々にレポでも書いてきます。まずはレシピから。

DD春フェス仕様

モンスター(22枚)
増殖するG×2枚
DDラミア×3枚
DD魔導賢者トーマス
DD魔導賢者コペルニクス×3枚
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DDネクロ・スライム×3枚
DDスワラル・スライム×3枚
DDオルトロス
DDD壊薙王アビス・ラグナロク×3枚

魔法(15枚)
魔神王の契約書
地獄門の契約書×3枚
強欲で貪欲な壺×3枚
闇の誘惑×3枚
ワンチャン!?×3枚
ワン・フォー・ワン
ハーピィの羽根帚

罠(3枚)
戦乙女の契約書
神の宣告
虚無空間(ヴァニティ・スペース)

エクストラデッキ
DDD剋竜王ベオウルフ
DDD疾風王アレクサンダー
DDD呪血王サイフリート
DDD神託王ダルク×2枚
DDD双暁王カリ・ユガ
DDD烈火王テムジン×2枚
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
PSYフレームロード・Ω
TG ハイパー・ライブラリアン
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
月華竜 ブラック・ローズ
氷結界の龍 トリシューラ

サイドデッキ
A・O・J サイクルリーダー×2枚
サタンクロース
ツインツイスター×2枚
ペンデュラム・ストーム
闇のデッキ破壊ウイルス×2枚
闇の護封剣
神の通告×2枚
氷結界の鏡
幽鬼うさぎ
揺れる眼差し
竜魔王レクターP


イベント的な大会というのもあり、あまり分布が偏ってない、環境トップ以外とも当たることを考え、メインデッキは極力スタンダードに組んでいきました。といっても青眼のトップシェアは変わらないだろうということで《増殖するG》を減らし、《ツインツイスター》を全てサイドに落とし、罠ビ相手、少ない罠相手にも柔軟に対応できる《DDオルトロス》をメインに。《DD魔導賢者コペルニクス》3投のこのタイプの構築は《DDラミア》を絡めた展開をしてなんぼなので、《強欲で貪欲な壺》はもちろん、《闇の誘惑》や《ワンチャン!?》といった回すための札はフルで搭載していきました。

「ガイドDD」

ガイドDD

モンスター(24枚)
幽鬼うさぎ
魔界発現世行きデスガイド×3枚
魔サイの戦士
増殖するG×2枚
エフェクト・ヴェーラー
DDラミア×3枚
DD魔導賢者コペルニクス×2枚
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DDネクロ・スライム×3枚
DDスワラル・スライム×3枚
DDD壊薙王アビス・ラグナロク×2枚

魔法(7枚)
魔神王の契約書×2枚
地獄門の契約書×3枚
ワン・フォー・ワン
ハーピィの羽根帚

罠(9枚)
魔封じの芳香×3枚
死のデッキ破壊ウイルス×2枚
御前試合×3枚
虚無空間(ヴァニティ・スペース)

エクストラデッキ
DDD剋竜王ベオウルフ
DDD疾風王アレクサンダー
DDD呪血王サイフリート
DDD神託王ダルク×2枚
DDD烈火王テムジン×2枚
PSYフレームロード・Ω
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
幻影騎士団ブレイクソード
彼岸の旅人 ダンテ
氷結界の龍 トリシューラ

※サイドはガバガバなので割合(*_*)

少し前に開かれた小規模の非公認OCSにて使った先攻を取るタイプのDDになります。今期はCSに出る機会も作ってなかったので、ろくに環境も把握してない人間が作った突貫的な構築なのですが、よく見かける後攻型だと誘発への脆さや、EMの先攻展開に対応しきれないと思い、こちらも先攻を取り、《DDD呪血王サイフリート》と永続を構えにいく構築にしました。肝心のEMには負けてしまいましたが…。

環境に関してはにわかなのでこだわりの点だけ。
《魔界発現世行きデスガイド》
最近は採用する構築のが見かける気もしますが(そもそもDDのレシピを見かけない?)、先攻では《彼岸の旅人 ダンテ》の落ち次第で動けないハンドから《DD魔導賢者ケプラー》にアクセスできるようになってサイフリートに繋げたり、後攻ではDDの脆さを補いつつ、《幻影騎士団ブレイクソード》による攻め手を増やしてくれます。

《DD魔導賢者コペルニクス》
先攻型にする上で、サイフリートが立つ確率は是が非でも上げたかったので《魔神王の契約書》2枚目とともに採用しました。元々は3枚ずつ入れてたのですが、被りが弱すぎたために減らしました。《DDスワラル・スライム》とはあまり相性は良くないのですが、《DDラミア》へのアクセス数を伸ばせるのが優秀で、コペル+魔神王+適当なDD(星1ならフォーミュラ経由)でサイフリートが立ち、コペル+魔神王+ラミアのような組み合わせでは実質好きなDDをリクルートしてくることが可能で、《地獄門の契約書》の触り易さも向上します。
《フォーミュラ・シンクロン》と併せて最強《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》も作れるのですが、永続型故に自ターンでサイフリートになることしかなく、1度もやることはありませんでした(^^;

基盤の部分は割と気に入ってるのですが、やっぱり環境の把握が足りなかったなァと反省。
あと2週間ほどで改訂が来ますが、ガイドがなくなると厳しくなりそうですね。。。《ワン・フォー・ワン》帰ってきてくれ~

「ペンデュラム・ドミネーション」フラゲ考察その2

その1はこちら

《DDオルトロス》
星4/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/チューナー/攻 600/守1800
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードが特殊召喚に成功したターン、自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
【P効果 青3/赤3】
①:1ターンに1度、フィールドの魔法・罠カード1枚とこのカード以外の自分フィールドの「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。


星4ペンデュラムチューナーともあってかかなりパワーは抑えてあるような印象を受けます。ペンデュラム軸になれば《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》のP効果に反応して出しやすくはあるのかなという気もしますが、契約書以外にダメージを受ける新規もきてないので、相変わらず特殊召喚効果はあってないようなものなのかなというのと、SSした際の誓約もありEmあたりと組み合わせて悪用するのも難しそうです。
一方、P効果は魔法罠しか割れない上に《エキセントリック・デーモン》のような汎用性もありませんが、《地獄門の契約書》から疑似《サイクロン》サーチが出来るようになったのは悪くないのではないでしょうか。

《DDラミア》
星1/闇属性/悪魔族/チューナー/攻 100/守1900
「DDラミア」の効果は1ターンに1度しか発動できない。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から「DDラミア」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。


今回判明した…というよりDDSD新規の中で最も強いのはこのカードではないでしょうか。《グローアップ・バルブ》のハイパー上位互換みたいなカードで、《DDD神託王ダルク》と8シンクロになれるほか、《DDD烈火王テムジン》のトリガーにもなり、《DD魔導賢者ケプラー》と《森羅の姫芽宮》になれるすげーやつです。地獄門込みで《DDスワラルスライム》と揃えてやることで、テムジン経由で《氷結界の龍 トリシューラ》も狙えたりします。《ワン・フォー・ワン》にも対応し、《魔サイの戦士》にも対応することから今以上に《魔界発現世行きデスガイド》《彼岸の旅人ダンテ》のパワーが跳ね上がりますね。
エクシーズ素材にしてしまえば再度使えますし、除外されたとしてもガイドからの《虚空海竜リヴァイエール》や、ダルクと作った《PSYフレームロード・Ω》で使いまわすことも可能です。オルトロスのような誓約もないので、地獄門と出張させるのも出来なくもなさそうです。

《DDD呪血王サイフリート》
星8/闇属性/悪魔族/シンクロ/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外の「DD」モンスター1体以上
「DDD呪血王サイフリート」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果は次のスタンバイフェイズまで無効化される。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分は自分フィールドの「契約書」カードの数×1000LP回復する。


オルトロス+星4DDやラミア+ダルク、《DDバフォメット》を使えば《DDナイト・ハウリング》からでも出せますね。モンスターには触れないのでそこまでの拘束力はなさそうですが、出しやすさや星8DDDとしても優秀で、永続プランを取った際に《ツインツイスター》で負けなくなるのも良さそうです。地獄門込みでスワラルラグナラミアと揃えることで《DDD双暁王カリ・ユガ》+《DDD神託王ダルク》みたいな盤面を作れたりするのもいいですね。

《闇魔界の契約書》
永続魔法
「闇魔界の契約書」の①の効果は1ターンに1度しか発動できない。①:以下の効果から1つを選択してその効果を発動できる。
●自分の墓地の「DD]Pモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分のPゾーンに置く。
●自分のエクストラデッキから表側表示の「DD」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
②:自分スタンバイフェイズに発動する。自分は1000のダメージを受ける。


スケール用の地獄門みたいなカードですが、墓地や既にエクストラに送られたモンスターからしか選べない点でかなり使い辛そうな印象を受けます。《DD魔導賢者コペルニクス》で墓地へ落とせば疑似スケールサーチになるものの、《EMモンキーボード》のようなDDもないですし、新規を見る限りガイドやスライム寄りの構築を捨ててまでP召喚狙う価値はあまりなさそうなので使われるかはかなり怪しい気がします。P軸になれば強いのかな?

《DDリビルド》
永続罠
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの「契約書」カードは相手の効果では破壊されない。②:墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の「DD」カードを3枚まで対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。


《励輝士 ヴェルズビュート》や《ブラック・ローズ・ドラゴン》のような全体破壊に強くなるものの、肝心な初動の地獄門への《サイクロン》や《幽鬼うさぎ》から守れない時点で弱いですし、通った地獄門はラミアでさくってしまうことが多そうなので尚更欲しい場面は少なそうです。《DD魔導賢者ケプラー》でサーチできないのもマイナス。墓地効果もダルクが3枚以上使えるようになるぐらいで、除外されたモンスターを戻したいシーンはなさそうですし、コペルニクスで直接落とせるとしてもかなり微妙だと思われます。

総括
ラミアとサイフリートの登場で展開幅もバリエーションも増えて今以上にいいデッキになることは間違いないですが、《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》や《魔界発現世行きデスガイド》などなど活かすも殺すも改訂次第な感は否めないです。。。

総評
《DD魔導賢者ニュートン》:6点
《DD魔導賢者コペルニクス》:3点
《DDオルトロス》:3点
《DDラミア》:9点
《DDD極智王カオス・アポカリプス》:3点
《DDD剋竜王ベオウルフ》:7点
《DDD呪血王サイフリート》:7点
《闇魔界の契約書》:2点
《DDリビルド》:1点
ガイドスライム軸基準。

「ペンデュラム・ドミネーション」フラゲ考察

《DD魔導賢者ニュートン》
星7/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/攻 0/守 0
「DD魔導賢者ニュートン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨て「DD魔導賢者ニュートン」以外の自分の墓地の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
【P効果 青10/赤10】
①:自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。②:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、自分にダメージを与える罠カード効果が発動した場合、その効果を無効にできる。その後、このカードを破壊する。


《DD魔導賢者ガリレイ》のサルベージ版ですね。ガリレイのように《エフェクト・ヴェーラー》ケアが出来ないのと、こいつでサルベージをするならそもそも《地獄門の契約書》で持ってくればいいので、地獄門そのものや《彼岸の旅人ダンテ》で落としたDDも拾えるところに注目すべきでしょうか。レベル8をP召喚できるスケールであるのも、今後P軸へと移っていくとしたら重宝しそうですね。
ガリレイと違ってレベル7なので、《DDスワラル・スライム》等で特殊召喚して《DDD神託王ダルク》と《真紅眼の鋼炎竜》を作るチャンスがもしかしたらあるかもしれません。

《DD魔導賢者コペルニクス》
星4/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/攻 0
「DD魔導賢者コペルニクス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「DD魔導賢者コペルニクス」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送る。
【P効果 青1/赤1】
①:自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。②:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、自分にダメージを与える魔法カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる。その後、このカードを破壊する。


今回判明した中では最も期待の募る優秀な効果ですね。効果は《終末の騎士》と単純ながらその強さはガイド魔サイが実証済みな通り、《DDネクロ・スライム》を落として墓地融合へと繋げたり、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》を落として展開に繋げたり…。ただ、そのまま使っては、ネクロスライムを落とそうとガイド魔サイからのダンテのように同時に除外コストを落とせませんし、自身はペンデュラムモンスターなのでエクシーズ素材にする等しなければ墓地にDDを用意することが出来ないので、通常召喚する分には《魔界発現世行きデスガイド》に劣ってしまうのかなあという印象。P召喚であったり、《DDスワラル・スライム》や《DDD烈火王テムジン》の効果であったり、特殊召喚でも効果が発動できるところを活かしたいですね。
打点がなく、ターン制限がついてるあたり、《DD魔導賢者ケプラー》と扱いは似ています。嬉しいことに《DDD怒濤王シーザー》の素材にできる星4ですが、《DDバフォメット》のようにケプラー等を巻き込むことができないので、エクシーズ素材にして墓地へ送るのは少し難しそうな印象を受けます。
P効果にダメージを与える魔法の効果を無効にできるとありますが、《Emダメージ・ジャグラー》のように《揺れる眼差し》もケアできるんじゃないでしょうか。身代わりなのでもう1枚スケールを握ってる必要はありますが、エクストラデッキから自身を出すことができるので、P軸へと移り変わるようなら重宝されるやもしれませんね。

《DDD極智王カオス・アポカリプス》
星7/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/攻2700/守2000
「DDD極智王カオス・アポカリプス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンにのみ発動できる。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード2枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、このカードを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
【P効果 青4/赤4】
①:自分の墓地の「DD」モンスター2体を除外して発動できる。Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。


この手のカードで相手ターンのみ発動できるというのは珍しいですね。かなりコストが重い分、高打点(帝やペンマジでパンプされたドクバにはしっかり戦闘破壊される数値)を相手ターンに出せるのは弱くなく、《ブラック・ホール》からつっぱされて契約書のダメージで死ぬのを回避できたり、テムジンの効果を相手ターンにも発動できたりするのは面白そうです。誘発即時効果なので、速攻魔法や通常罠にチェーンしてそれらを割りながら出すなんてこともできそうですね。デメリットは《飛翔するG》と噛み合わないくらいでしょうか…?
P効果もスケールになりつつ打点やフレアメタルの素材を用意できるのは弱くなさそうですが、ただでさえネクロスライム等で墓地を除外していくのに2体もコストを用意できるのかはかなり怪しい気がします。

《DDD剋竜王ベオウルフ》
星8/闇属性/悪魔族/融合/攻3000/守2500
「DDD」モンスター+「DD」モンスター
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の「DD」モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。②:自分スタンバイフェイズに発動できる。お互いの魔法&罠ゾーンのカードをすべて破壊する。


《DDD神託王ダルク》と同様テキストをもたない融合モンスター…といいたいところですが、《群雄割拠》や《御前試合》を張った際に《Emヒグルミ》やP召喚で粘られなくなるのは有難そうですね(そういう次元のゲームができるかは置いておいて)。
素材の縛りはダルクとカエサルを足して2で割ったような組み合わせで、多少の気遣いは必要なものの、各種スライムで作れるレベル8DDDというだけでもかなり便利そうです。今まで欲しかったステータスですからね。

総括
全体的に新規らしく便利そうかもという印象は受けますが、本当に帝王SDのあとなのか疑いたくもなります。今みたいなスライム特化やガイドを入れた構築は見てわかるくらいオワコンになると思ってたんですが、そうでもなさそうなこの微妙な感じ…w
DDは他のテーマに比べてカード単体で見ても強さがイマイチ図れないところもありますし、まだまだ新規はあるはずなので、続報にも期待していきたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。