FC2ブログ

異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドラフト
CATEGORY ≫ ドラフト
       次ページ ≫

ラディドラ-ドラフトプール更新

主が所有しているドラフトの記事紹介になります。
いむドラと共に高田馬場や中野で不定期開催中!!
興味のある方はラディウス(@radius4869)もしくはいむな(@anumimna)まで。
馬場ドラ結果 - オンラインドラフト


■『07ドラフト』
2005~2007年頃の環境やカードパワーを再現!
「バブーン」や「ライダー」を用いて環境さながらのドラフトが楽しめます。
□『ラディドラのすゝめ~開闢の受け皿』
□『ラディドラのすゝめ~サウサクを巡る戦い』


■『融合ドラフト』
新感覚!融合モンスターが主役のドラフトです。
シンクロさながらの多彩な融合召喚が楽しめます。

ラディドラvol.2『融合ドラフト』

vol2_11.png 融合表12

ラディドラ第2弾となる融合ドラフトの紹介です。

融合召喚をメインテーマとし、敢えてそれ以外の戦法では勝ちづらい構成になっています。
融合召喚しか存在しないというよりかは、リンク召喚やシンクロ召喚を行う要領で様々な角度から融合召喚をして欲しいというコンセプトから成ります。


◆ピックの流れ
基本的にはコンボを主軸としたドラフトと同様に、汎用よりも強いギミックやエクストラからピックされます。このドラフトでは《融合再生機構》や《捕食植物キメラフレシア》といったカードです。以下が普段プレイしていて、優秀とされるカードたちです。

S:キメラフレシア、再生機構
A:シャドールビースト、シャドールドラゴン、ブラックマジャンズ、キャバルリー
B:サウサク、簡易融合、サクリフュージョン、脱出装置、次元障壁
C:マスマ、グランモール、呪印闇、竜魔導、ネフィリム、ネオスフュージョン

当ドラフトの特徴として、ピックが進めば進むほど受けが広くなり、あれもこれもと狙えてしまうため、ある程度的を絞ってピックするのがコツです。ピック序盤は再生機構やネオス・フュージョンなど方針を決めやすいカードと、ヴァサーゴのような構築の幅を広げるカードをピックし、2週目、3週目に備えるのも手でしょう。
例えば、マジシャンズやサクリフュージョンといったカードをピックしたならば、どの様な形で融合代用を絡められるようにするかだったり(融合代用の評価に関しては後述)、キメラフレシアをピック出来ればある意味融合代用の要らないデッキにできますから、簡易サウサクを主体にしたコントロールにするかだったりが考えられます。そしてそのどちらにもシフトできるシャドールのようなカードは受けも広くパワーも高いため、ファーストピック級の価値があります。

一方で、融合召喚は比較的事故を伴い易い召喚方法です。ジレルスやバオバブーンなど、場持ちの良い潤滑油をピックしておくと安定感も上がっておすすめです。


◆ゲームの流れ
スローゲームです。基本的にはセットモンスターから入り、損失のしづらい組み合わせを揃えたのちに融合モンスターを展開していく感じでしょうか。1キルが発生することはまずなく、如何に損失なく、リソースを維持しながら打点を用意できるか、相手の融合モンスターに対応できるかのゲームになります。
意識したいのは《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》のような対象耐性を持ったカードと、《N・グラン・モール》といったハメゲーになりがちなカードで、ミラフォのような除去等これらに詰まないようにしたいところです。

ラディドラのすゝめ~サウサクを巡る戦い

ラディドラって何?って方はこちらの記事にプールとサンプルレシピが載ってます。
もしよかったら合わせて読んでみてください。馬場ドラの参加はどなたでも可能です。
ラディドラ-ドラフトプール更新

今回は当ドラフトの目玉でもある《サウザンド・アイズ・サクリファイス》について書いていこうと思います。ドラフトや04以外で、このカードが盤面にのさばる遊戯王をしたことがある方は殆どいないんじゃないでしょうか。自分もそうです。

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「サクリファイス」+「千眼の邪教神」
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドのモンスターは表示形式を変更できず、攻撃できない。(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。(3):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。


簡単に書くと…

・相手モンスターを除去しながら打点アップ!
・自身以外は攻撃宣言と表示形式の変更が行えない(実質的な戦闘破壊耐性)


とあります。この制約は自分にも課せられるものであり、その除去効果で相手の脅威を取り払ったはいいものの、ライフが取れず中々ゲームが進まないなんて経験は誰もがあると思います。しかし、これ程までの制圧力を持ったカードをうまく使えれば相手は手のひらの上のような存在、そんなゲームに発展できるこのカードの召喚手段は2通りほどあります。

ラディドラのすゝめ~開闢の受け皿

ラディドラって何?って方はこちらの記事にプールとサンプルレシピが載ってます。
もしよかったら合わせて読んでみてください。馬場ドラの参加はどなたでも可能です。
ラディドラ-ドラフトプール更新

当ドラフトには各種1枚ずつしか用意されていないSSRとして、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《混沌帝龍 -終焉の使者-》《強奪》の3枚があります。他のカードと比べて破格のスペックを有するこれらのカードは見たら即ピックするレベルのカードではありますが、うち2枚は光と闇を要求するカオスであり、意識したピックをしなければ活躍させるのが難しい一枚でもあります。

大抵のデッキには意識せずとも闇属性が複数体入ります。しかし、光属性は意識してピックせねば、デッキにそぐわないカードを入れざるを得なくなり、

「【バブーン】を組んだ所為で開闢がサイドに行ってしまった!!」

なんてことにならないように、2週目3週目のパックから開闢が現れても喜べるように、1週目からカオス、特に強弱のブレが激しい光属性を意識したピックをしていくのがお勧めです。

ラディドラvol.1『07ドラフト』

6draft19.png


主に高田馬場のバトロコにて不定期開催している
『馬場ドラ』にて使用している自分のドラフトプールです。

2005年~2007年ころの遊戯王の環境をイメージとしたドラフトで、
「バブーン」や「ライダー」、「ガジェット」をはじめ、
帝によるアドバンス召喚や《突然変異》による疑似融合召喚を主戦術とします。

過去の馬場ドラ優勝デッキはこちらから確認できます。
馬場ドラ結果 - オンラインドラフト


紹介程度に以下にピックアップカードをいくつか。
※サンプルレシピには現在プールにないカードもあります。