異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2009年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年06月
ARCHIVE ≫ 2009年06月
      

≪ 前月 |  2009年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2万HIT!

reticulant @に引き続き、こちらもアクセス数2万HIT達成です!
いつも訪問して下さってる皆様、ありがとうございます!

中々更新できない日もありますが
1日1更新目指していきますので
これからもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

ゲリラ梅雨

おいおい今月は降水確率10%じゃなかったのかよ・・。
昨日確認したのに・・確認したのに・・。

今日はバイト先の人とデュエルしてきました。
再開して1ヶ月ほど経ち、ようやく完成に近づいてきましたね。
「ファンカスノーレ」の使用するのですが
「ゼータ」と丁度良いデッキパワーなので、こちらも本気出せて楽しいです。
たまにはガチデッキというのも良いですね。

15時ぐらいまでカードショップのデュエルスペースでデュエルするも大会で追い出され
仕方なくマックの端のテーブルで1時間ぐらいやってたら
カード禁止ですとこちらも追い出されてしまいました。
他の席でPSPやパソコンやってる人はおkなのになんでカードはダメなんだ・・。
トレーを片したのが失敗でしたかね。

その後はヨドバシに移動し、良いスリーブがないか漁ることに。
何故かカードショップで売ってる5D'sの銀スリーブがヨドバシではないんだが・・?
友人は《闇の誘惑》狙いで買ったエクストラパック1パックで「ゼラート」当てる強運を披露。
使わないからと《馬頭鬼》と交換してくれる友人に歓喜!
これを機会に「ダークゼータ」組んでみますかね。何番煎じかは知りませんが。
その後調子に乗ってターミナル回すもジュラックナチュルてめ・・。
お前らは組んでないんじゃー。
折角なので無意味にスピードデュエルに熱くなってみました。
偶然出た「ジェネクス」デッキで頑張るも
遊戯に「ライボル」+「蘇生」のコンボ?を決められ「ゴヨウ」奪われて死亡しました。
主人公流れで選んだ遊星には「ブリュ」「ゴヨウ」ゲーして余裕でした^q^
かわいいよ、ソリットビジョンのジェネクスかわいいよ。
雨さえなければ楽しい一日でした。

発売日待ちな今日この頃

今日の5D'sはどう見ても最終回ですよねwww
次のアニメ情報出てないからそのまま終わるかと思ってしまったw
そういえば5人目のシグナ-はクロウという事なんでしょうか。
EDの「パワーツール」らしき竜をクロウが使うとは思えませんが・・。

ダークシグナ-編も終わり、来週からの5D'sが楽しみです。
イェーガーと話をしていた上官らしき人などの伏線も気になります。
それはそうと《ジャンク・アーチャー》はカード化してほしいですね。
「ゼータ」で「デビルガイ」より使いやすい除外ソースとして期待のシンクロモンです。
地味なシンクロモンなので不安は残りますが・・。

ノースウェムコ

友人からアップしてほしいと要望があったので
某所から頂いてきました。ありがとうございます。
そういえば、確定情報ではありませんが《インフェルニティ・フォース》は収録されるみたいですね。
さて「ネクロマンサー」は収録してくれるだろうか・・。

「リバースキャッチャー」

モンスター(20枚)
A・O・J サンダー・アーマー×2枚
A・O・J エネミー・キャッチャー×3枚
A・O・J リバース・ブレイク
A・O・J アンリミッター×2枚
ジャンク・シンクロン×3枚
墓守の偵察者×3枚
墓守の番兵
クリッター
メタモルポット
サイバー・ヴァリー×3枚

魔法(18枚)
死者蘇生
大嵐
サイクロン
抹殺の使徒
リミッター解除
月の書×3枚
おろかな埋葬×2枚
城壁壊しの大槍
闇の護封剣
精神操作×2枚
終焉の焔×2枚
ワン・フォー・ワン×2枚

罠(2枚)
血の代償×2枚


「A・O・J」のリバースモン対策の部分を中心としたデッキ。
主に「エネミーキャッチャー」で奪うのが目的である。
「エネミーキャッチャー」で奪えるのはエンドフェイズまでなので
《サイバー・ヴァリー》や《血の代償》で、奪ったモンスターを利用する。

それなりに調整はしたが、まだまだ要調整。
埋め合わせで入れたカード等、ふわふわしてる部分も多い。
「アンリミッター」を落とすための「おろ埋」も時には事故要因にもなるので
もっと効率良くする手段が必要だろう。

ライフスター

グリード・クエーサー

特に書くことなくなったので、穴埋めに先日書いた《グリード・クエーサー》でも。
毎週火曜日の家庭科の授業は、先生の話を聞くだけという
とんでもない暇な授業なので、こうして模写してます。
今回は時間が余ったので背景も書いてみたんですが・・
うん・・まぁ、正直書かなければよかったなと。
「クエーサー」自体も若干縦長になってしまい、残念作となってしまいました;

明日(正確には今日)はその火曜日なのでまた何か書いてきます。
何書こう・・。といより2時限しかないのはちょっと時間的に厳しいんですよね。
(これは奇跡的に2週続けて書いたので)
うむむ・・。

下の記事の追記感覚。

あれから「DNAフォートレス」をずっと回してるわけだけど
《シャインエンジェル》が強い。というよりリクルーターが強いのか。
こいつのお陰でわざわざ《ファルシオンβ》で「プロト」を墓地へ送る必要がなくなるわけで。
「プロト」通常召喚→《ギブ&テイク》で《シャインエンジェル》SS
→「プロト」で《シャインエンジェル》攻撃→「プロト」リクルート
で《サイバー・ドラゴン》が2体並ぶ。
これは《パワー・ボンド》ではできない業。
やはり速攻魔法という点は大きい。
さらには相手フィールドも巻き込めるのも
デッキに「プロト」がなくなった時などに助かったりする。

これでわりと「サイバーエンド」が出しやすくなった。
上記の「サイバーツイン」の方法に「プロト」1体加えるだけでできるので従来より断然楽。
「プロト」がなくとも、《シャインエンジェル》の自爆特攻から呼んでこれる。

何だかんだ言って、デッキの大部分がこの《超融合》中心になってきたので
デッキ名は「DNAフォートレス」じゃなくていい気がしてきた。
《DNA改造手術》も保険として入ってる感じなので
《ギブ&テイク》とのシナジーは勿体ないけど抜いてしまっても良いかもしれない。
《光の召集》以外の丁度良いサルベージカードでもあれば
もっと融合しやすいデッキになるのだが・・。
デッキ名何にしよう・・。

「DNAフォートレス」

モンスター(17枚)
カオス・ソーサラー
サイバー・ドラゴン
混沌球体(スフィア・オブ・カオス)×2枚
シャインエンジェル×3枚
ファルシオンβ×3枚
プロト・サイバー・ドラゴン×3枚
サイバー・ヴァリー×3枚
クリッター

魔法(16枚)
死者蘇生
大嵐
サイクロン
リミッター解除
強制転移×2枚
パワー・ボンド
精神操作×2枚
封印の黄金櫃×2枚
超融合×3枚
終焉の焔×2枚

罠(7枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
DNA改造手術×3枚
ギブ&テイク×3枚


《DNA改造手術》と「フォートレス」のコンボを軸としたサイバー流デッキ。
《サイバー・ドラゴン》の制限化に加え、蘇生カードに恵まれない《プロト・サイバー・ドラゴン》をどう揃えるかというのをテーマに組まれた。

そして《ギブ&テイク》と《超融合》のコンボに行きついた。(以前紹介しちゃったけ?)
これによりバトルフェイズ中の融合で追撃が可能になった上に「ツイン」での2回攻撃も加わる鬼畜さ、それこそヘルカイザーの勝利への欲求を表現することができるようになった・・はず。

この連続攻撃を演出する役目として《ファルシオンβ》が登場した。
まぁ普通に「プロト」を通常召喚すればよいのだが、ダメージ量を優先するならばこっち。
戦闘破壊→「プロト」蘇生→《ギブ&テイク》で「プロト」蘇生→《超融合》
といった具合に繋げていくのが理想である。
「プロト」を墓地に送っておく必要があるが、序盤に「DNAフォートレス」ができれば自然と落ち、それでも足りない場合は《ファルシオンβ》で落としていく。
また、「プロト」は《混沌球体》でサーチすることができる。

他にも「プロト」を蘇生する手段として考えたのが《復活の墓穴》。
「タイムマシーン」とは違く、戦闘破壊が発動トリガーであるだけで
蘇生させるモンスターは何でも良い。
これで《シャインエンジェル》の自爆特攻から「プロト」2体を並べることができる。
蘇生対象を問わない蘇生カードとして《奇跡の蘇生》や《戦線復活の代償》などがあったが
それのコストや相性の良いカードがどうもサイバー流自体とのシナジーが薄く
事故要因になりやすそうだった。

ちなみに、どうでもよいが「俺オネスト使わねぇから!」を実現することができた(テッテレー
もちろん《ファルシオンβ》の安定性は多少下がるが
それでもそれなりに戦えるので、思い切って抜いてしまった。
ただ、もしかしたら何かが原因で《オネスト》が復活してしまうかもしれない・・。

CGI対戦日記

今日は久々にエタバトのOCG制限やってきました。
といっても2戦だけなんですけど。
当たったのがBFと猫というあたり、やはりガチ部屋だなぁというのを思わされました。
まぁ半分はガチでどれだけいけるかを確認したかったので良しとするか。

こちらの使用デッキはもちろん「ジェネクスゼータ」。
「イシュザーク」をピン挿しするあたり、まだ甘いかなぁ。

1戦目 BF
初手から《黒い旋風》張られるも「ゴーズ」でラッシュは防ぐ。
「ブリュ」出されて「ゴーズ」戻される。
返しに「ブレコン」で「ブリュ」奪って《黄泉ガエル》「フィッシュボーグ」から「ギガンテック」。
相手は「旋風」伏せ1手札1の状態になり優位に立つも
返しに「旋風」2枚目+「シロッコ」から「ブラスト」「ゲイル」されて
最後はもちろん「DDB」アーッ

2戦目 猫
先攻「ウンディーネ」で《黄泉ガエル》落として「サイク」「奈落」セットエンド。
相手「操作」で「ウンディーネ」奪い「レスキャ」からの「ベルン」と「コアラッコ」に「奈落」でチューナー消す。
1伏せにエンドサイクして「コントローラー」から「ゴヨウ」で殴ったらまさかの《クリボー》。
そのままエンドで、相手はモン1セットに伏せ1。
「シーアーチャー」に《黄泉ガエル》装備させて「ゴヨウ」で殴ったら「番兵」で「ゴヨウ」戻される。
その後は相手闇引けずサーチした「ダムド」は手札で腐り、「ガイウス」でビートしたら終わりました。

結果として変わった形ではあるものの「猫」に勝てたのは嬉しかった。
ただ、やはり「BF」は強いと実感。
「旋風」があればパワーある「ガジェ」できてアド差をひっくり返せるのは問題もの。
9月には準制ぐらいにはなってほしいものです。

罠が引けなかったのもありますが、このデュエルでは「ゼータ」の効果が1度も使われませんでした。
主流に勝てるようにすることも含め、今後の課題ですね。
今日はこの辺で、それでは。

SOVRへの期待

とりあえず《インフェルニティ・ネクロマンサー》《インフェルニティ・フォース》は収録してほしい。
前回のパックもそうだが、何故かリアルオリジナルが登場しない。
「雲魔物」のような前例に沿って、是が非でも作ってほしいものだ。

そういえば、TF4の特典カードはダーク牛尾の「ワーム」のようですね。
攻略本合わせて4枚しかない種類でデッキデスは可能なのだろうか。
それに昆虫の「ワーム」なんてサポートするほどの枚数は出ていないだが・・。
それでも、特典カードが弱い傾向になってきたことは良いことか。

疑問



少し前から疑問だったのですが、これのルールミスってなんだったのだろうか・・。
友人と話しても”謎”ということで。

叩かれてるポイントが《ガーディアン・シール》《ガーディアン・バオウ》の登場時なんですが一体・・。
もし教えて頂けると、友人とすっきりさっぱりしますw

「天魔神」

モンスター(27枚)
トラゴエディア×2枚
天魔神 エンライズ×3枚
天魔神 ノーレラス×3枚
冥府の使者ゴーズ
タン・ツイスター×2枚
ダーク・グレファー×2枚
シャインエンジェル×2枚
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×3枚
オネスト×3枚
クリッター
ネクロ・ガードナー×2枚
ゾンビキャリア
クリボー×2枚

魔法(13枚)
死者蘇生
大嵐
サイクロン
鳳凰神の羽根×2枚
異次元からの埋葬×2枚
トレード・イン×2枚
終焉の焔×2枚
闇の誘惑×2枚

罠(0枚)


最近地味に凝ってる「天魔神」、その始まりは「ヘリオス」から。
除外⇔墓地の行き来は面白いのではまってる。

今回は素で天魔神を出そう、といったデッキ。
まだまだ各カードのシナジーが薄いのでこれから調整していくつもり。
といってもちょうど良い闇悪魔も光天使もいないため、これ以上何やれってんだ・・。

これを改良していくよりも派生作ってった方が良いかなぁ。

LE16-AGD

《A・ジェネクス・ドゥルダーク》
星4/闇属性/機械族/攻1800/守 200
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。このカードと同じ属性を持つ相手フィールド上に存在する表側攻撃表示のモンスター1体を選択し破壊する事ができる。この効果を発動するターン、このカードは攻撃する事ができない。

不確定情報だがLE16に収録されるカードの効果が判明していたので個人的にこいつだけ紹介。
名前だけ見れば「A・O・J」と「ジェネクス」にシナジーを持たせるカードと思いきや
まったく関係ないただの汎用性のありそうなモンスターとなってしまっている。

もともとの属性が闇なので効果はそれなりに使いやすい。
しかし、「A・O・J」が闇属性統一されているので闇になったのだろうが
対策目的である「ワーム」には有効ではなくなっている。
ただ、《DNA移植手術》を使う形の「A・O・J」でなら使う機会は十分か。

はっきり言って「ジェネクス」での出番はないだろう・・。
それでも《幻惑の巻物》入りの「ジェネクス」でなら使えないこともない・・か?

一応、《ブラック・ボンバー》の蘇生対象ではあるし、単体では十分な除去能力。
3冊買いは決定かなぁ。
できれば「A・O・J」と「ジェネクス」を繋ぐシンクロモンとかだったら面白かった。

「エレメント」

モンスター(24枚)
精霊術師(エレメンタルマスター) ドリアード×3枚
錬金生物 ホムンクルス×3枚
エレメント・ヴァルキリー×2枚
エレメント・ソルジャー
エレメント・デビル×2枚
エレメント・ドラゴン×2枚
エレメント・マジシャン
マンジュ・ゴッド×3枚
オネスト×3枚
クリッター
ローンファイア・ブロッサム×2枚
メタモルポット

魔法(11枚)
光の護封剣
死者蘇生
大嵐
サイクロン
契約の履行×2枚
ドリアードの祈り×3枚
貪欲な壺×2枚

罠(5枚)
風林火山×3枚
火霊術-「紅」
風霊術-「雅」


天魔神素材で見つけたエレメントたちに
前から組みたかった《精霊術師 ドリアード》と《風林火山》の組み合わせを同乗させたデッキ。
とにかく「ドリアード」さんが偉大。
もう「ホムンクルス」なんか目じゃねぇよ、って感じ。
まぁ「ドリアード」がいれば「ホムンクルス」もいらなくなるわけで
それが逆にデッキの簡略化に繋がり飽きやすくなっちゃうんですけどね。

「ドリアード」なしのエレメントたちは大変なので
今度はそっちに手を染めてみるかなぁ。
というか、《オネスト》・・。
なんかこいつ「ダムド」みたいにうざく感じてきた。
「俺もうオネスト使わねぇから!」宣言したいけど
するとパワー不足でコンセプト崩壊しそうなデッキがあるからできないジレンマ。
特にXYZとかXYZとかXYZとか...アー!

EXP02!

ついに9月に「EXTRA PACK」第2弾が発売されるみたいですね。
米版については詳しくないのでアレですが
恐らく「パーシアス」のシンクロモンや《ギガンテック・ファイター/バスター》の上陸は確実でしょうね。てかこれぐらいしか分からない^q^
何気に楽しみです(ワクワク

日本未発売を漁るのは面倒なので、リスト待ちですね。
まだ3ヶ月以上ありますし、気長に待つとしましょう。

「ヘリオス」

モンスター(34枚)
ヘリオス・トリス・メギストス×3枚
ヘリオス・デュオ・メギストス×3枚
原始太陽ヘリオス×3枚
天魔神エンライズ×3枚
天魔神ノーレラス×3枚
魂を喰らう者 バズー×2枚
次元合成師×3枚
オネスト×3枚
クリッター
暗黒のミミックLV3×3枚
暗黒のミミックLV1×3枚
ハネワタ
魔導雑貨商人×3枚

魔法(4枚)
死者蘇生
地獄の暴走召喚×2枚
手札断殺

罠(2枚)
リミット・リバース×2枚


先日載せた「原始太陽と恒星」から《グリード・クエーサー》を抜いて
「ヘリオス」たちを中心としたデッキ。
今回も、相手の墓地依存を邪魔しない構成。
《天魔神エンライズ》を除いて、相手のカードを除外するカードは入っていない。
正直、ギミックとしては《天魔神エンライズ》はなくても良いカード。
ただ、幾度となく助けられる面はあるので、ガチ相手だと必須になる。

《天魔神ノーレラス》は、「ヘリオス」たちと相性の良いリセットモンスター。
第2形態以降の「ヘリオス」で自爆特攻→《天魔神ノーレラス》効果で
リセット後も戦闘態勢を持ったモンスターを場に残すことができる。
《天魔神ノーレラス》のコストで4枚は除外されてるはずなので
最低でも「デュオ」は800、「トリス」は1200のステになる。
アタッカーとして使えないわけでもない。

このデッキのアクセントとして入れてみたのが
《暗黒のミミックLV1》と《地獄の暴走召喚》のコンボ。
前に友人から教えてもらったコンボであり
相手のエンドフェイズに《リミット・リバース》で《暗黒のミミックLV1》を蘇生させ
《地獄の暴走召喚》で《暗黒のミミックLV1》を3体並べる。
自分のスタンバイフェイズにレベルアップすることで《暗黒のミミックLV3》が3体並ぶというもの。
3体で自爆特攻をすれば6枚ドローにもなり、大幅なデッキ圧縮が行える。
欠点として、《魔導雑貨商人》などで《暗黒のミミックLV3》が墓地に落ちてしまうと
このコンボは行えなくなる。
できるだけ序盤に成功させたいところ。
それとも無理に狙わない方が良いのか。
一応《地獄の暴走召喚》は「ヘリオス」たちに使えるはずなので
1500以上にならなければ進化から「デュオ」3体や「トリス」3体を並べることができる。
実にキモい光景なので苦手な方は注意。

兎にも角にも噛み合わせなデッキな上に運が絡んでくるため使い辛い。
それでも、調整段階より安定して戦えるようになった方。
毎回でもないが《天魔神ノーレラス》に助けられる面が多々。
《魔導雑貨商人》が仕事しないのが仕様となってきてるのは気のせいか。

陰と陽

「太陽竜」「月影竜」に一目惚れしてしまった・・。
恐らく墓地に存在する限り入れ替わりで出てくると思われる。
イラストも効果も気に入るの久々かも。

これはOCG化願望!・・って思ったけど「月影竜」はダークシンクロなんですよね。
これだからダークシンクロは・・。

「原始太陽と恒星」

モンスター(18枚)
グリード・クエーサー×2枚
ヘリオス・トリス・メギストス×3枚
ヘリオス・デュオ・メギストス×2枚
原始太陽ヘリオス×2枚
速攻の黒い忍者×2枚
魂を喰らう者 バズー
終末の騎士×2枚
クリッター
異次元の偵察機×3枚

魔法(9枚)
死者蘇生
大嵐
ハリケーン
サイクロン
増援
おろかな埋葬×2枚
闇の誘惑×2枚

罠(13枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
亜空間物質転送装置×2枚
大火葬×2枚
マクロコスモス×3枚
ガード・ブロック×2枚
トラップ・スタン×2枚


《グリード・クエーサー》と「ヘリオス」たちを中心としたネタデッキ。
友人のデッキが墓地依存してるため、それをできるだけ阻害しないようにした結果。
《グリード・クエーサー》のリリース確保兼除外増やしの「偵察機忍者」のギミックを採用。
序盤は《終末の騎士》等で墓地を肥やしていく。
ある程度お互いの墓地が肥えたところで、《大火葬》で一気に除外しよう。

《マクロコスモス》と「ヘリオス」たちの相性の悪さは《亜空間物質転送装置》《トラップ・スタン》で補う。
前者は耐性のない除去や《マクロコスモス》中の戦闘破壊を防いでくれ
後者は戦闘破壊に合わせて使う事で《マクロコスモス》を無効化し、通常通りに戦闘破壊させることができる。
《速攻の黒い忍者》等でフィールドが空き易くなるのは《ガード・ブロック》で防いでやる。

・回してみて
うまく除外モンを増やすことができない。
=相手に依存する《大火葬》は不安定だった。
「ヘリオス」たちが光属性なのを利用して光属性で固めてみるか?
除外ソースは・・《大火葬》と《魂の解放》かなぁ。
自分のだけで大量に除外できれば良いのだが・・。

汎用性の罠

1500円 グリード・クエーサー
600円 原始太陽ヘリオス
350円 ヘリオス・デュオ・メギストス 2枚
350円 ヘリオス・トリス・メギストス 3枚
200円 大火葬 2枚

久しぶりに大きな買い物をしてきました。
やはりプロモカードを中心のデッキを組むには資金が必要になりますね;
それでも予定より安く組めたのは嬉しい限り。

「ヘリオス」系統はどれも通常召喚が可能という無駄な汎用性があり
《火口に潜む者》で簡単に最終形態が出せてしまう。
さらには《原始太陽ヘリオス》をサーチする《マクロコスモス》と
自己再生が噛み合わないのも困ったものです。

両方とも共存させるか、どちらか切り捨てるか・・。
進化を魅せるなら前者なんですけどねぇ。
《マクロコスモス》発動下でも事故再生するようにしてくれてれば作り易かったのに・・。

「レアル・ドロー」

モンスター(22枚)
トラゴエディア×2枚
冥府の使者ゴーズ
邪帝ガイウス×3枚
魔導ギガサイバー
タン・ツイスター×3枚
サイバー・ドラゴン
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
クリッター
黄泉ガエル
サイバー・ヴァリー×3枚

魔法(16枚)
死者蘇生
大嵐
ハリケーン
サイクロン
迷える仔羊
精神操作×2枚
洗脳-ブレインコントロール
二重召喚×3枚
終焉の焔×3枚
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×3枚

罠(2枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬


使いたかった《タン・ツイスター》と《レアル・ジェネクス・クロキシアン》を組み合わせてみたデッキ。
手札の枚数は変わらなくとも、デッキをどんどん回していくことが目的。

3分クッキングなので要調整。

「ガーディアン」

モンスター(18枚)
ガーディアン・グラール×2枚
ガーディアン・トライス
ガーディアン・シール
ガーディアン・エルマ
ガーディアン・バオウ
ウェポンサモナー×2枚
フレムベル・マジカル×3枚
俊足のギラザウルス×3枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
クリッター
メタモルポット

魔法(18枚)
死者蘇生
サイクロン
非常食
流星の弓-シール×2枚
重力の斧-グラール×2枚
破邪の大剣-バオウ×2枚
静寂のロッド-ケースト
閃光の双剣-トライス
貪欲な壺
ミスト・ボディ×2枚
カードトレーダー×2枚
化石調査×2枚

罠(4枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
ゴブリンのやりくり上手×3枚


《パワー・ツール・ドラゴン》から「ガーディアン」の装備魔法をサーチしよう、といったデッキ。
《フレムベル・マジカル》と《俊足のギラザウルス》で
1ターン目から「パワーツール」の召喚を狙っていく。
前者は「サモプリ」からリクルート可能で
後者は「グラール」とシナジーのある《化石調査》でサーチすることができる。

新メンバー登場とともに動画を撮ってうpしてみたが、あまりにも好評が悪く
これから使っていくかが疑問になってきた。
回ってなかったからか
「装備魔法ばっかだな」とか
「そのまま負けろ」とまで言われる始末。
正直、《アームズ・ホール》さえあれば「パワーツール」はいらないかなぁって思ってきた。
いろんな意味で迷走中なデッキ。

5月度アクセス解析

そういえば、やってなかったなーと、先月分。

順位 ワード 検索数 %

1 ジェネクス帝 38 8.5%
2 インフェルニティ デッキ 28 6.2%
3 Vジャンプ 7月号 10 2.2%
4 Vジャンプ le15 9 2.0%
5 ゼータ帝 8 1.8%
6 異次元旅行 8 1.8%
7 ゼータ・レティキュラント 7 1.6%
8 ジェネクス 7 1.6%
9 ジェネクスディーヴァ 7 1.6%
10 ゼロディーヴァ 6 1.3%

4月に続き、「ジェネクス帝」がトップとは
このブログの象徴は「ジェネクス帝」ということでしょうか。(違う)

動画でも600近いアクセスを頂いたこともあり
「インフェルニティ」はそこそこの需要はあるみたいですね。
いつか「ゼータ」も動画で使いたいです。
何故part1をゼータにしなかったか、今でも不思議です。
いつかゼータのアクセスがトップになる日が来ますように・・。
これからも当ブログをよろしくお願いします。

NR日和

LEのための小為替を買うついでに、そのまま秋葉原へ。
最近、休みの度にカードショップへ行ってるのは気のせいか・・?

500円 カードトレーダー 2枚
200円 ウィンドファーム・ジェネクス
50円 リボーンリボン 3枚
55円 Ωメガネ
35円 Ωメガネ

前から何かと必要だと感じていた《カードトレーダー》が安かったのでつい購入してしまった。
「パワーツールガーディアン」で《打ち出の小槌》と入れ替えですね。
「ウィンドファーム」は衝動買いです。
一応、ジェネクスのシンクロモンは2枚ずつ確保しておきたかったので。

《リボーンリボン》は思わぬ安さでお兄さんびっくりだ。
商品をちゃんと管理してるとこほど、使われないカードは安くて助かります。
その商品を売り場に出した日付を分かるようにしておけば
何日売れ残ってるか分かりますし。
ただ、高いとこだと本当にアホな値段付いてたりするんですよね。
《リボーンリボン》とかが普通に600円で売っているとこなんて
何考えてそんな値段付けてるのか理解不能です。

そんなこんなで、安いノーマルレアを見ていると
それを中心とした安価ノーレアデッキなんて組みたくなったりします。
《折れ竹光》と《黄金色の竹光》のドローターボはいつかやってみたいですね。
《オーバースペック》とかも、強いけど使われないカードなので
何とか使ってみたい気がします。

「パワーツールvol.2」

モンスター(19枚)
D・ラジカッセン×3枚
D・パッチン×3枚
D・ラジオン×3枚
D・スコープン×3枚
D・リモコン×3枚
D・モバホン×3枚
クリッター

魔法(17枚)
死者蘇生
大嵐
ハリケーン
サイクロン
リミッター解除
機械複製術
リボーンリボン×2枚
ジャンクBOX×3枚
ダブルツールD&C×3枚
D・リペアユニット×3枚

罠(4枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
威嚇する咆哮×3枚

エクストラ(6枚)
パワー・ツール・ドラゴン×3枚
アームズ・エイド×3枚


《団結の力》と《魔導師の力》の上昇率があまりにも高すぎたために
その2枚を抜いて、調整した形。
調整したといっても、まだ大雑把な感じだが。

《リボーンリボン》は、大抵のモンスターは戦闘破壊できるから入れてみた。
「パワーツール」に装備できない(しても意味がない)装備魔法だからアレなんだけども。
ただ、1ターンに「パワーツール」2体とか普通にできるようになったから
純粋に使ってて楽しいです。

SD17

ストラクチャーデッキ-ウォリアーズ・ストライク-

ニコニコに全収録カードが判明?という動画がうpされていまして
「おいおい」と思っていましたが、Wikiにも載っているとなると本当みたいですね。

・個人的に嬉しいカード
《黙する死者》
ジェネクスの速攻シンクロに「正統」では遅いんです
《アームズ・ホール》
何かと使いたい場面があったので

・個人的に嬉しくないカード
《聖導騎士イシュザーク》
定期2枚持ってる俺涙目
ノーマルのイシュザークなんてかっこよくないYO☆

とりあえず言えずことは、再録し過ぎだろコンマイ。
《アームズ・ホール》や《魔宮の賄賂》に加えて《精神操作》とは豪華にもほどがあると思うんですがw
《精神操作》なんてTPで再録したばかりなのに・・。
「ヴァリー」に使う程度には2枚で十分なんですけどね。

《無敗将軍 フリード》とか懐かしい。
《戦士ラーズ》は《ジャスティブレイク》するしかないですね^q^

画質を上げたい

パソコンに内蔵カメラが付いてることすかっり忘れてた。
これで動画の画質うp!と思いきや、あまり画質がよくなかった。
さらには、正面についてるため、動画が撮りにくい。
デジカメと大して変わらないというオチでした・・。

持ち運びやすいデジカメを使うのか。
はたまた容量が比べ物にならない内蔵カメラを使うのか。
やっぱ前者かなぁ・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。