異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2010年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年04月
ARCHIVE ≫ 2010年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

いくらかかろうと

ヴァイロン

今回は回したい衝動を抑えつつ、無難にシングル買いしてきました。
しかし、5月上旬稼働予定だからかシングルで置いているところが非常に少なく、今回はどれも様子見で高めに値段設定している感じでした。
意外と安いかも…と思って見たら意外とウルレアは1000円程度と安定した値段で、それを踏まえて、自分の中のレートの値段ハードルを上げつつ揃えていったのですが……大体集まった後に行ったショップでは、シングルで揃えたカードのほとんどが半値で売られてまして…。完全に「はめられた!」状態でした('A`)

いつも行くショップでもそれなりの値段がしていたのと、どこも売り切れか置いてないの連続で、今回のターミナルはこれといった壊れというか必須になりそうなカードがないためか、全くと言っていいほどレンタルショーケースに並んでいなかったのも、相場が分からなかった原因かもしれません。もうちょっと待てばレンタルショーケースにも並んでいるでしょうし、安定して買うならもう少し待ってみるのも良いかもしれませんね。(自分の場合は1日でも早くヴァイロンを組みたかったという方が強かったのでしょうがないですね…)

デッキの方は、だいたいは草案の形でいけそうです。
まわした感じは、光属性レベル4と《ヴァイロン・キューブ》で《ヴァイロン・シグマ》になり、《ヴァイロン・キューブ》で《ヴァイロン・マテリアル》をサーチ。《ヴァイロン・シグマ》に装備し、《ヴァイロン・シグマ》の効果で《アームド・チェンジャー》を装備して殴るのが中々に強かったです。
あとは《A・ジェネクス・バードマン》もあるので、《アームド・チェンジャー》で回収しておいしいモンスターが欲しいのと、除去が貧しいので、そのあたりの要素をうまく取り入れられれば面白いデッキに仕上がりそうです。
次のDTまで待ち遠しいですが、《ヴァイロン・マテリアル》以外にも安定した装備魔法が欲しいところです。それと、ヴァイロンでは《ヴァイロン・シグマ》の効果上《団結の力》よりも《魔導士の力》の方が良いですね。
まあデッキの感触もだいたいは掴めたので、これから色々試してみたいと思います><
スポンサーサイト

(枚数的に)ラヴァル降臨

ジャンプには稼働日は5月上旬とあったみたいですが、もう稼働している店舗もあるようです!
もうオークションにも出回っていますし、某カードショップのブログにも27日から稼働してるという記事もありましたしね。
いやー、5月まで稼働してないと思ってただけに朗報でした><これは嬉しい。

が、こんな時に限ってバイトとは('A`)
でもって木曜は祝日なのに学校の課題があるという…。
まあ午後には終わるだろうからいいんですけど
ヴァイロン気になって課題に集中できるか心配だ(笑)

あくまでアニメ効果だが

《フォーミュラ・シンクロン》
効果・シンクロ・チューナー
星2/光属性/機械族/攻200/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のデッキからカードを1枚ドローすることができる。

星2なのに1体以上って…w
普通にチューナーとして使用できるなら中々に強いんじゃないでしょうか。
《黄泉ガエル》と《フィッシュボーグ-ガンナー》から出せますし、こいつの効果で1ドローできればアド損なしでレベル2チューナーが作れることに。やっと《ジェネクス・ウンディーネ》を面白く利用できそうです。《異次元の一角戦士》の条件にも丁度いいですし、この組み合わせだとガエルで悪用されそうですね…。
他には《ロード・ウォリアー》がいる状況で《レベル・スティーラー》を特殊召喚し、《ロード・ウォリアー》の効果で《チェンジ・シンクロン》なり呼んでやれば作れますね。レベル8、もしくはレベル9のアクセルシンクロモンスターが出ればそのまま《ロード・ウォリアー》となれるのも魅力的です。

しかしイラストがアレなのと、また複数入れたいシンクロモンが増えてエクストラの圧迫がやばそうです。

「ヴァイロン」草案

モンスター(24枚)
冥府の使者ゴーズ
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×2枚
バトルフェーダー
トラゴエディア
シャインエンジェル×3枚
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
コーリング・ノヴァ×2枚
クリッター
カオス・ソーサラー
オネスト×2枚
ヴァイロン・キューブ×3枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(16枚)
団結の力×2枚
大嵐
折れ竹光×2枚
強制転移×2枚
黄金色の竹光×3枚
サイクロン
ヴァイロン・マテリアル×3枚
アームド・チェンジャー×2枚

罠(2枚)
激流葬
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
アームズ・エイド
ヴァイロン・エプシロン×2枚
ヴァイロン・シグマ×2枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
神聖騎士(ホーリーナイト)パーシアス
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


とりあえずこんな感じ?という感じ。
《折れ竹光》は電波にしては悪くないと思うよ。
エクストラとか出したいカード入れてたら汎用シンクロのスペースなくなったw

他のヴァイロンも強くはないけど採用できる範囲。
正直、丁度いい装備魔法の枚数とか分からないし、本格的に組むのは稼働してからかな。
《ヴァイロン・シグマ》がコストなしで装備できるなら、それにシフトしても良いかも。

期待した結果がこれだよ

ターミナルのスポイラーキター!

……え?

DUEL TERMINAL-ヴァイロン降臨!!-(遊戯王カードWiki)
「編集」から全リスト確認可。

やっぱ既存の全シリーズがリストラされてたー/(^0^)\
のはいいとして、各シリーズの枚数配分が意味不明すぎる。
モンスター:シンクロ・融合:魔法・罠という割合でみると…

ジェムナイト 6:3:2
ラヴァル   8:2:2
ヴァイロン 4:2:1

少ねえぇぇ('A`)
ヴァイロンって看板シリーズじゃなかったのかよ…!
結局1枚も増えてないし
ラヴァルの半分しかないとかどういうことなの。

期待して待ってたのに結局欲しいのは《ヴァイロン・キューブ》《ヴァイロン・エプシロン》《ヴァイロン・シグマ》《ヴァイロン・マテリアル》が3枚ずつだけ…とは。やってくれますね、コナミは。

「ユニコーンジェネクス」カード解説

変わったデッキなので、ユニコーンジェネクスのカード解説を。
長いので追記へ続きます。


《冥府の使者ゴーズ》
安定。

《トラゴエディア》
安定。手札アド稼ぐデッキだし、アタッカーとしても《A・ジェネクス・バードマン》で戻すコストとしても申し分ない。

《カオス・ソーサラー》
除外要因としても《A・ジェネクス・バードマン》のコストとしても優秀なモンスター。自分の場にモンスターを残しつつ特殊召喚できるのが強い。これを引けるか引けないかで大分変わる。有限ループにも持っていけるし、除去効果なくてもいいから3枚入れたいカード。
状況によっては、相手モンスターを除去した揚句、《A・ジェネクス・バードマン》と《レアル・ジェネクス・クロキシアン》に繋げてコントロール奪取もできる。成功すればアドは+3となる。
基本的に除外したいのは、《次元合成師》で回収しておいしいものを選ぶ。
例:《トラゴエディア》《異次元の一角戦士》《クリッター》等。

「ユニコーンジェネクスver.3」

モンスター(28枚)
冥府の使者ゴーズ
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×3枚
異次元の一角戦士×3枚
バトルフェーダー×3枚
ネクロ・ガードナー
トラゴエディア
ダンディライオン×2枚
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
サイバー・エルタニン×2枚
サイバー・ヴァリー×3枚
クリッター
カオス・ソーサラー
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(10枚)
大嵐
増援
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
ワン・フォー・ワン
ハリケーン
サイクロン
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×3枚

罠(2枚)
激流葬
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル×2枚
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


デッキ枚数の多さは、前の形に戻し《ジェネクス・コントローラー》と《思い出のブランコ》《簡易融合》を抜いて解決(したつもり)。完全にチューナーは《A・ジェネクス・バードマン》に頼ってしまうことになるが、《ジェネクス・ニュートロン》でのサーチ、《次元合成師》での再利用があれば大丈夫だろうと。
一応、現在のコンセプトではこれが完成型。

回し方は、最初の形で書いたのとは変わらず、キーカード(主に《異次元の一角戦士》)が揃う、除外ゾーンが肥える(主に《サイバー・ヴァリー》《ネクロ・ガードナー》)までは《A・ジェネクス・トライフォース》で、《次元合成師》をセットして《A・ジェネクス・バードマン》を回収できる状態にしながら戦前を維持。キーカードが揃えば《サイバー・エルタニン》あたりから始動する。

「ユニコーンジェネクスver.2」

モンスター(33枚)
冥府の使者ゴーズ
邪帝ガイウス×3枚
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×2枚
黄泉ガエル
異次元の一角戦士×3枚
ユニバード
バトルフェーダー×3枚
ネクロ・ガードナー
トラゴエディア
ダンディライオン×2枚
ジェネクス・コントローラー×2枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サイバー・ドラゴン×2枚
サイバー・ヴァリー×3枚
クリッター
カオス・ソーサラー
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(16枚)
大嵐
大寒波
増援
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
終焉の焔×2枚
思い出のブランコ×3枚
ワン・フォー・ワン
サイクロン
おろかな埋葬
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×3枚

罠(4枚)
激流葬
リビングデッドの呼び声
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル×2枚
A・ジェネクス・トライアーム
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


強いが事故要素になり易い《サイバー・エルタニン》はOUT。
その代わり…になるか分からないが事故りにくい《邪帝ガイウス》を採用。共に《サイバー・ヴァリー》と相性のいい《終焉の焔》や、《黄泉ガエル》を落としつつ《ジェネクス・コントローラー》をサーチできる《ジェネクス・ウンディーネ》も入れてみた。

しっかし、この53枚というデッキ枚数はどうにかならないものか。
《A・ジェネクス・バードマン》《ジェネクス・コントローラー》の2枚体制に加えて《サイバー・ヴァリー》もあるからしょうがないのか。まぁデッキ枚数が多くても安定はするが、こんなに多いと《異次元の一角戦士》が引けなくて困る。

A・ボム自重しろw

急展開ではありますが、面白いことになってきましたね。
A・O・J好きな自分としては「いいぞーもっとやれー!」状態なんですが、期待していたアニメオリジナルカードも「A・O・J トラクター」なる動きの硬いA・O・Jにとっては微妙だけど優秀なサーチモンスターしか来なく、バトル・ロイヤル・モードなる何でもアリなルールのお陰でまともなデュエルが行われないのは残念。
しかしながら、こうソリッドビジョンのイラストを見ると使いたくなってきますね。《A・O・J ガラドホルグ》や《A・O・J ブラインド・サッカー》なんかは実際のカードよりもイラストがはっきりしているので、新鮮でもありました。《ダーク・ダイブ・ボンバー》とかも似た感じですね。(アニメだとイメージ変わるあたりが)
次回はようやくアクセルシンクロに触れるようです。また新パックの販促タイムなのか。原付の様なDホイール?で遊星を追うように出て行ったブルーノの覚醒シーンも見られるのでしょうか。気になるところです。

ユニコーンジェネクスの有限ループ?

■条件
手札:《カオス・ソーサラー》《異次元の一角戦士》《A・ジェネクス・バードマン》
墓地:《クリッター》他光属性複数

1.《クリッター》と光属性1体を除外し《カオス・ソーサラー》SS。
2.《カオス・ソーサラー》効果で相手モンスター1体除外。
3.《カオス・ソーサラー》を戻して《A・ジェネクス・バードマン》SS。
4.《異次元の一角戦士》SS、効果で《クリッター》帰還。
5.《A・ジェネクス・バードマン》と《クリッター》でシンクロし《氷結界の龍 ブリューナク》SS。
6.《クリッター》の効果で《A・ジェネクス・バードマン》をサーチ。
7.《氷結界の龍 ブリューナク》の効果で《異次元の一角戦士》を戻す。
8.1に戻る。

こんな感じで続けて、5番でシンクロするのを《ゴヨウ・ガーディアン》に変えたり、《異次元の一角戦士》巻き込んで《A・O・J ディサイシブ・アームズ》になったり。もちろん《クリッター》でサーチできる《A・ジェネクス・バードマン》の数でループ回数も限られる。てか制限カードを2枚も要求する(1枚は墓地だけど)条件なので、こういうループっぽいことも出来るよ、という程度でw


「ユニコーンジェネクス」

モンスター(33枚)
冥府の使者ゴーズ
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×3枚
異次元の一角戦士×3枚
ユニバード
バトルフェーダー×3枚
ネクロ・ガードナー
トラゴエディア
ダンディライオン×2枚
ジェネクス・ニュートロン×2枚
ジェネクス・コントローラー×3枚
サイバー・ドラゴン×2枚
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー×3枚
クリッター
カオス・ソーサラー
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(14枚)
大嵐
増援
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
思い出のブランコ×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ワン・フォー・ワン
サイクロン
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×3枚

罠(2枚)
激流葬
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル×2枚
A・ジェネクス・トライアーム
A・ジェネクス・トライフォース×2枚
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
ブラック・ローズ・ドラゴン
フレイム・ゴースト
レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト
レアル・ジェネクス・クロキシアン
雷神の怒り


ようやくまとまった感じです。最初は超サイバー流と《シンクロ・フュージョニスト》とか《ファントム・ドラゴン》とかも入っていましたが、最終的には制限改定で崩れたA・ジェネクスの構築寄りで落ち着きました。

基本的な狙いとしては…
自分フィールド上にモンスターがいる、又は《サイバー・ドラゴン》等の特殊召喚できるモンスターを特殊召喚し、そのモンスターをコストに《A・ジェネクス・バードマン》を特殊召喚。《次元合成師》を通常召喚し、《A・ジェネクス・トライフォース》をシンクロ召喚。《A・ジェネクス・トライフォース》の効果で《次元合成師》をセットすることで、破壊されても《A・ジェネクス・バードマン》を回収することが可能です。(これは昔からの定石コンボですねw)

通常召喚していない状況で、自分フィールド上にモンスターがいる、又は《サイバー・ドラゴン》等の特殊召喚できるモンスターが手札に、それと《A・ジェネクス・バードマン》《異次元の一角戦士》《ダンディライオン》があり、《サイバー・ヴァリー》が除外されているのが条件となりますが
《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚し、それをコストに《A・ジェネクス・バードマン》を特殊召喚。《異次元の一角戦士》を特殊召喚し、効果で《サイバー・ヴァリー》を帰還。3体でシンクロし《A・ジェネクス・アクセル》をシンクロ召喚。《A・ジェネクス・アクセル》の効果で、手札の《ダンディライオン》を捨てて墓地より《サイバー・ヴァリー》を蘇生。《ダンディライオン》の効果でトークンが生成され、そのトークンと《サイバー・ヴァリー》を除外して2ドローすることで、実質手札1枚で、場に《A・ジェネクス・アクセル》と綿毛トークン1体が存在する状況にできます。

もちろん《D・D・R》で《A・ジェネクス・バードマン》を帰還させるのも良いですし、《サイバー・エルタニン》のコストとして墓地に《サイバー・ヴァリー》を落としておくのアリです。特に自身の効果で特殊召喚した《サイバー・エルタニン》を戻して《A・ジェネクス・バードマン》を特殊召喚した場合は、墓地に光機械が空の状態ですしね。

《A・ジェネクス・バードマン》に頼りすぎるのも脆いので、上の手順の《A・ジェネクス・バードマン》の部分を《思い出のブランコ》で《ジェネクス・コントローラー》を蘇生することで、同じ流れに持ち込むことが可能です。
それなりにコンボパーツが必要ですが、決まったら勝ち同然というのではなく、あくまで手札消費1枚で出来る省エネコンボなので、積極的にというより、出来たらいいな程度に考えておきましょう。
これができなくとも、手札の《ダンディライオン》コストに《ワン・フォー・ワン》を発動し《サイバー・ヴァリー》でのトークン残しつつの2ドローや、同様に《ダンディライオン》コストに《D・D・R》で《サイバー・ヴァリー》を帰還させての2ドロー等、2枚で出来るおいしいコンボもありますしね。
他にも《サイバー・エルタニン》で場を空けた後に《ユニバード》したり、《簡易融合》から《A・ジェネクス・トライアーム》や《レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト》に繋げたり等、その手札によって様々な動きができるので、デッキ枚数が多いなりの面白い動きができるデッキになったかと思います(`・ω・')

デッキ全体の形は固まってきたので、後は微調整しながら煮詰めていく感じです。

まさかの延期

ヴァイロン降臨、稼働日5月上旬なのかよおおお/(^O^)\

ずっと4月の20日に稼働するものだと思って今日を待ち望んでたのに…。
稼働日2日前にもなってリスト判明してないからまさかとは思ってたけど、そのまさかとは…。

流石のコナミもDREV発売3日後に稼働させるのは非効率的だと思ったのだろうか。
まぁ当たり前っちゃ当たり前だけど、待ってた人にとってはショックですねえ。5月が待ち遠しい。

てかその前に《Sin トゥルース・ドラゴン》付録のVジャン、4月末にはコミックの発売もあるし…。

希望には繋がらない

Q.
「異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン」を「リビングデッドの呼び声」で特殊召喚した後、「大嵐」で「リビングデッドの呼び声」を破壊したらどうなりますか?
A.
「大嵐」の効果によってフィールド上に存在する「リビングデッドの呼び声」が破壊される場合でも、特殊召喚された「異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン」は破壊されず、フィールド上に残り続けます。

な、なんだってー。
一応言っておきますと、《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》は対象を取らない魔法・罠へ破壊耐性があり、《リビングデッドの呼び声》は対象を取る効果なんですよね。ということは、《リビングデッドの呼び声》の蘇生する効果は対象を取る効果で、フィールドから離れたら蘇生したモンスターを破壊する効果は対象を取らない効果ということなんでしょうか。

Q.
獣族を指定した「DNA改造手術」が発動している時に「ジェネクス・コントローラー」と「モノケロース」でシンクロを行った場合、「モノケロース」の効果で「ジェネクス・コントローラー」を特殊召喚することは可能ですか?
A.
シンクロ召喚の素材として使用した「ジェネクス・コントローラー」は、墓地に送られた時点で獣族として扱われない為、「モノケロース」の効果を発動する事はできません。

墓地判定でしたか。ギミック的には面白いと思ったんですが…残念。《輪廻独断》来い。

フォア・ザ・チーム

さて、今日は友人と秋葉にDREVを買いに行ってきました。
友人が箱買いしてたので、その開封結果でも。

レリ
《ボルテック・バイコーン》
ウル
《ライトニング・トライコーン》
《スクラップ・ドラゴン》
スー
《エフェクト・ヴェーラー》
《トライデント・ウォリアー》
《サンダー・ユニコーン》

何このチームユニコーン箱。
でもまぁその他は当たりの《スクラップ・ドラゴン》と《エフェクト・ヴェーラー》ですし、まぁ良箱なんじゃないかなと。《トライデント・ウォリアー》が《アルティメット・サイキッカー》だったらと本人は嘆いてましたが。個人的には欲しかった《エレキマイラ》が当たってくれれば嬉しかった。

因みにノーレアは《ファイナルサイコオーガ》《災いの装備品》の2枚。
《災いの装備品》の方は使って見たいカードではありますが…。

箱を開けた後は足りないパーツを買いに各カードショップに。
結構《ユニバード》が回収されてて見つけるのに手間取いましたが、何とか目的のカードは3枚ずつ確保。
回す予定の60枚デッキはあえなく失敗したので、シンクロ率のいいジェネクスと組み合わせることになりそうです。

それと今日は秋葉に行く前に小中の頃の友人とコナン天空の難破船観に行きました。
昔の作品には敵いませんが、ひとつ終わったと思ったら次から次へと展開していくので中々に楽しめました。5月に入ったころにはもう1度、今度は幼馴染の子と観に行ってきます。(本来はこっちが本命なんですけどねw)
懐中時計
と、なんと劇場に売ってた映画限定懐中時計を衝動買いしちゃいました。
こういうのは買わない主義なんですが…何ででしょう、まさに衝動が走ったというか…。
このコナンのイラストもいいですし、暗い所で見れるキッドのマークもいい感じです><
天空の難破船サントラ
こちらは毎回買っているサウンドトラック。
1作品目の時計仕掛けの魔天楼のを除けば、一応全部揃ってます><摩天楼のは中古探しても中々見つからないんですよね。
今回の映画はサウンドトラックも去ることながら、主題歌のGARNET CROWのOver Driveがいい感じです。GARNET CROWは昔からコナンの主題歌を担当してきましたが、映画の主題歌を歌うのは初めてなんですよね。興味がある方は一度聴いてみてはいかがでしょうか。

「エクゾディアビート」

モンスター(16枚)
冥界の使者×2枚
封印されし者の左腕
封印されし者の左足
封印されし者の右腕
封印されし者の右足
封印されしエクゾディア
終末の騎士
魂を呼ぶ者
メタモルポット
ジャンク・シンクロン×3枚
クリッター
キラー・トマト×2枚

魔法(12枚)
増援
光の護封剣
下克上の首飾り×3枚
マジック・プランター×2枚
ハリケーン
ダーク・バースト×2枚
サイクロン
エネミーコントローラー

罠(12枚)
補充要員×2枚
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
窮鼠の進撃×3枚
リミット・リバース×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
アーカナイト・マジシャン
アームズ・エイド×2枚
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
ジャンク・デストロイヤー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


名前の通りエクゾディアパーツでビートダウンするネタデッキです。
エクゾディア各種パーツの戦闘を《窮鼠の進撃》で補いながら戦います。
もちろん《窮鼠の進撃》で戦闘に打ち勝ってもライフ差は不利になるばかりなので、《アームズ・エイド》を装備して、こちらからもダメージを与えていきます。(イラスト的に《封印されし者の右腕》に装備するのが理想的です)又は《下克上の首飾り》でもある程度はこちらのライフコストを補えます。

《アームズ・エイド》は《ジャンク・シンクロン》で本体以外の体いずれかを蘇生することで簡単にシンクロすることが可能です。
右腕・左腕・右足・左足のいずれかが墓地に落ち、手札に《ジャンク・シンクロン》、場に《リミット・リバース》があれば即戦闘モードに移れます。《リミット・リバース》で蘇生するのを《魂を呼ぶ者》にすれば《アーカナイト・マジシャン》にもなれたりします。

基本はビートダウンしていくので、戦闘サポートの方が多めです。
ただ、倒せない大型モンスターや《一族の結束》でパンプアップされた時など、戦闘では勝てないとなったらエクゾディアを揃える方向にチェンジしましょう。
※タッグフォース4内で組んだデッキなので、未収録など新規カードで強化も可能かもしれません。このレシピ自体も1年くらい前に組んだのを遊星やミスティ相手ぐらいには勝てる程度に調整しただけなので、まだまだ考えれば面白く強くできると思います(`・ω・')
いつか動画に登場する…かも?

気分転換

テンプレ変えてみました。昔候補に登録しておいたやつを選んだだけなので、すぐ変えるかもです。
しばらく試してみて見辛かったら変えますけどね。

明日はバイトなので、DREVを買いに行くのは日曜ですね。
昼にコナン観に行くので、秋葉に行くのは午後になるかな。
とりあえず《異次元の一角戦士》《ユニバード》《賢者の聖杯》《幻獣の角》だけでも3枚ずつ確保したい。《シンクロ・フュージョニスト》は2枚でもいいかなあ。
汎用性的に《神の警告》あたりも確保したいけど…《バトルフェーダー》並みだと助かります。

幻獣

久々のオリカ。カード名は考えない性質なのです。

星3/光属性/獣戦士族/ATK0/DEF0/チューナー
自分の墓地に存在する「幻獣」と名のついたモンスター1体を選択し、自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外して発動する。選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。

星4/地属性/獣戦士族/ATK1700/DEF0
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからレベル4以下の「幻獣」と名のついたモンスター1体を特殊召喚することができる。

星4/地属性/獣戦士族/ATK1500/DEF1700
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分の墓地に存在する「幻獣」と名のついたモンスター1体を選択して発動することができる。 選択したモンスターを手札に加える。その後、自分の手札とデッキから「幻獣」と名のついたモンスターを1体ずつ墓地へ送る。

星7/闇属性/獣戦士族/ATK2000/DEF2200/シンクロ
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のゲームから除外されている「幻獣」と名のついたモンスター1体を墓地に戻すことができる。相手がコントロールするカードの効果によってこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。


上2つは二番煎じだけども、幻獣にもこういうのが欲しいなぁと。
2番目ので1番目の呼んでシンクロ4番目!みたいな。
4番目のシンクロモンスターは《幻獣サンダーペガス》を戻すのが目的。で、それだけだと寂しいので1番目みたいなのも作ってしまった。インフェルニティも上級呼べるし問題ないよね!
3番目は、墓地に落ちた2番目や《幻獣ワイルドホーン》をサルベージしつつ、手札に来た《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーペガス》をデッキからも落としてしまおうと。

チームユニコーンも幻獣を使えば良かったんだ。
《幻獣サンダーペガス》も除外して効果使うんだし、除外シンクロデッキに理想的だよ!

AOJktkr!!

来週の今日のキーカードが《A・ボム》とはっ!楽しみすぎる><
しかし、《トラップ・イーター》に食べられてたのが《DNA改造手術》の方はどういうことなんでしょう…。普通なら《DNA移植手術》の方なんですけどね。いやー良い強化フラグですね。既存のだけとかはやめてね。

っと、DREVのスポイラーでましたね。もう発売日になるまで出ないと思ってたので嬉しい限り。てか《ユニバード》キター><これで《ファントム・ドラゴン》計画が遂行できます。
《次元均衡》らがOCG化されなかったのは残念ですが、《パラレル・セレクト》等々はアニメ効果そのままでのOCG化で、色々面白いことができそうです。中々な発動条件があるので強くはないですけどね;

今回の気になる(使いたい)収録カードは…
《一角獣の使い魔》※未定
《モノケロース》※未定
《異次元の一角戦士》※トライフォース計画
《ユニバード》※ファントム計画
《エレファン》※何故レベル3以下なんだよ…
《シンクロ・フュージョニスト》※超融合をサーチするか否か
《ユニコーンの導き》※何故獣戦士族入れなかったし
《災いの装備品》※フリント的な?
《賢者の聖杯》※ユニバヴァリーとは好相性
《召喚の呪詛》※除外ギミックを利用できれば或いは※ノーレアか…
《パラレル・セレクト》※合成師のミスをカバー
《幻獣の角》※幻獣サポートかと思ったわ※もちろん獣戦士にも対応
《パラドックス・フュージョン》※名前wSinサポートだと思ったし※フォートレスに使えない(同然)なのは残念
《神の警告》※こう2000コスが連続すると次元融合思い出す

欲しいカードもスポイラー判明して結構増えたな…。
にしてもウルレアもスーレアも欲しいカードに挙がらないのは珍しい。
量はありますが、今回はシングル買いで大丈夫…かな。
字キラ連中がいくらになるのやら。

「幻獣」

モンスター(22枚)
冥府の使者ゴーズ
魔轟神獣ルビィラーダ×2枚
召喚僧サモンプリースト
幻獣ワイルドホーン×3枚
幻獣ロックリザード×3枚
幻獣サンダーペガス×3枚
幻獣クロスウィング×3枚
シャインエンジェル×3枚
クリッター
オネスト×2枚

魔法(10枚)
大嵐
浅すぎた墓穴×2枚
月の書×3枚
ライトニング・ボルテックス
ハリケーン
サイクロン
おろかな埋葬

罠(8枚)
奈落の落とし穴×2枚
激流葬
威嚇する咆哮×2枚
リビングデッドの呼び声
くず鉄のかかし×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
ライトニング・ウォリアー
神聖騎士(ホーリーナイト)パーシアス
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


まだ調整段階ではあるけど、大体はこんな感じかな。
ただ、除去などシンクロモンスターに頼ってるところがあるので、そこら辺をどうにかしたい。

単純に《王宮の弾圧》入れた方がいいのかなぁ。あまり好きではないんだけど。

あー確かに

《エーリアンモナイト》を《A・ジェネクス・バードマン》すれば様々な《A・ジェネクス・トライフォース》が出せるのね。これは面白い。けど作ることはないかなあ…。
今は《異次元の一角戦士》で《A・ジェネクス・トライフォース》出したいね!

てか《ユニバード》マジで来てくれ><
こいつがOCG化されたら《ファントム・ドラゴン》と除外するんだ(`・ω・')

「無差別トワイライト改」

モンスター(20枚)
星見鳥ラリス
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×3枚
霞の谷(ミスト・バレー)のファルコン×2枚
異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン×2枚
異次元の女戦士
シャインエンジェル×3枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・ヴァリー×2枚
クリッター
カオスエンドマスター×2枚
オネスト×2枚

魔法(8枚)
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
月の書×2枚
強者の苦痛×2枚
ハリケーン
サイクロン

罠(12枚)
無差別破壊
魔宮の賄賂
底なし流砂×3枚
神の宣告
砂塵の大竜巻
激流葬
リビングデッドの呼び声
つり天井×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
アームズ・エイド
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
ミスト・ウォーム
霞の谷(ミスト・バレー)の雷神鬼
神聖騎士(ホーリーナイト)パーシアス
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


最近のカードを使用しないデッキなので、タッグフォース4、久しぶりにCGIで調整。いい感じにまとまったかなと思います。
事故要因だった《ダークシー・フロート》を抜いて、破壊されてもアドを失わない《次元合成師》に変え、それとの兼ね合いで《シャインエンジェル》を共有できる《異次元の女戦士》も採用。前の構築よりも殴りに行けるモンスターが増え、大分安定するようになりました。
モンスター除去は充実してる分、魔法・罠の除去が貧しいところが気になりますが…。

《強者の苦痛》はほぼ下級しかいない全体的なパワー不足を補う他、《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》の戦闘破壊耐性の範囲を広くすることができます。《カオスエンドマスター》で1800ラインを倒せるのも心強いです。

7万HIT!

6万HITから僅か25日で7万HITとなりました!
訪問して下さった皆様に感謝、感謝です><
以前よりもアクセス数も増え嬉しい限りです!

さてさて、4月も中旬に入ります。下旬の発売ラッシュまであと少しですね。
17日にはDREVが発売され、恐らく20日にはターミナルの9弾が稼働。
そして21日には《Sin トゥルース・ドラゴン》付録のVジャンプが発売されます。
それに加えてVジャンプの定期購読申込み期間と言うのだからえげつない。こんなに一斉に発売して何がしたいんでしょう…コナミは。

個人的に手をつけるのはターミナルだけになりそうです。
といっても興味があるのはヴァイロンだけで、ジェムナイト、ラヴァルには関心ないんですけどね。レートによっては単品買いも考えてますが、タイトルのシリーズでイラストも綺麗ですし、人気になれば揃えにくそうですしね…。迷いどころです。

DREVは欲しいのが《異次元の一角戦士》と《スクラップ・ドラゴン》ぐらいですしねぇ。
前者は《A・ジェネクス・バードマン》や《サイバー・ヴァリー》らと相性がよく、除外ゾーンを利用する効果も好きなので是非ともメインに捉えたデッキを組んでやりたいものです。こいつに加えて《ユニバード》や《異次元のバリア-ロスト・フォース-》《次元均衡》もOCG化してくれると飛んで喜ぶんですが。番号が飛んでるスペースに来ることを祈ります。
後者はまぁ…単体で強いですからね。エクストラに空きがあるなら入れたい1枚です。

定期購読は…昔の様な流れだったら申し込みたいところですが、最近はようやくプロモらしい観賞用効果なので、欲しくなったら単品買いでいいかなぁという感じです。
そういえば、ストラクで毎回定期購読特典を再録するという流れは、次のドラグニティストラクで打ち切られそうですね。水は《アイス・ブリザード・マスター》、炎は《怨念の魂 業火》など、面白い連中が手に入り易くなるのを期待してたんですけどね。まぁウルトラの方を見ちゃうとノーマルはすごく安っぽく見えちゃいますよねw

「無差別トワイライト」

モンスター(21枚)
霞の谷(ミスト・バレー)のファルコン×2枚
異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン×2枚
ダークシー・フロート×3枚
ジャンク・シンクロン×2枚
シャインエンジェル×3枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・ヴァリー×3枚
クリッター
カオスエンドマスター×2枚
オネスト×2枚

魔法(9枚)
貪欲な壺×2枚
地獄の暴走召喚
月の書×2枚
機械複製術×2枚
ハリケーン
サイクロン

罠(10枚)
無差別破壊×2枚
底なし流砂×2枚
激流葬
リミット・リバース
リビングデッドの呼び声
つり天井×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
アームズ・エイド
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
ミスト・ウォーム
霞の谷(ミスト・バレー)の雷神鬼
神聖騎士(ホーリーナイト)パーシアス
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


最近遊戯王を始めた、という下級生が遊びに来るので、昔のデッキを掘り起こして調整してる。これもそのひとつ。
しかし、こうやって改めて組んでみるとガラッと変わるもんだなー。タッグフォースに保存してあるのを釣ってやってるが、それ以上にreticulant @に載せてるレシピが古すぎて笑った。

コンセプトは昔と変わらず、対象を取らない魔法・罠に耐性のある《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》中心に、《無差別破壊》《底なし流砂》《つり天井》での一方的な破壊を狙う。もちろん、自分フィールド上に《異次元流 トワイライトゾーンドラゴン》以外がいないなんてことはないので、下手に使うとアド損になるので注意。

追記より簡単にカード解説。

超サイバー流ねぇ

《超融合》を主軸に融合する場合、《ギブ&テイク》を積極的に使いたい。しかし、《ギブ&テイク》を使う場合、《サイバー・エルタニン》とアンチシナジーになってしまう。片方の枚数を調整しても《サイバー・エルタニン》を使った時点で《ギブ&テイク》が腐り、次の《サイバー・ドラゴン》が落ちたら…なんてやってられないし、やはりどちらかに絞らないとなーと苦渋の選択を強いられる。

《サイバー・エルタニン》は実質手札1枚で《ライトニング・ボルテックス》が撃て、場にモンスターも出せる。実用性を考えたら絶対にこちら。
しかし、《ギブ&テイク》は《超融合》から《サイバー・エンド・ドラゴン》を出す難易度を格段に下げることができ、墓地利用も可能になるので、非力ながら4枚目の《プロト・サイバー・ドラゴン》にもなりうる《ファルシオンβ》も使っていけるという利点もある。

言わば、前者は実戦向きなサイバー流向けで、後者は《サイバー・エンド・ドラゴン》を出すロマンのあるカード。しかし実際は、後者だけでは確実にアド損のかたまりで(またそれが良いんだけど…)、勝率もうんと下がる。《超融合》を使えば手札は1枚、あって2枚みたいな状態なので、その手札が《サイバー・エルタニン》の時は、これ以上に心強いものはないのが本音。
《超融合》でラッシュをかけるまで使わない、というのもアレだし…。ピン挿し安定なのか…今後サイバー流において墓地をどう利用するかが課題なのかもしれない…。

追記に簡易超サイバー流レシピ。

そうそう



動画うpしました~。
お互い手に汗握る熱いデュエルだったんですが、気が付いてみれば自分の方はXYZ1体も手札に来ておらず、何デッキか分からん内容でしたw(デッキ名見なかったらヴァリーの入ってるA・ジェネクスの動きそのもの…)
それでも早々にうれしいコメントも頂けたので嬉しい限りです。

話は変わり5D'sのOP、ED変わりましたね。
冒頭で幻獣とジェネクスが出てきたのには驚いた。
それとオープニングのライディングロイドの後ろにいたモンスター、どこかで見たことあるなと思ったら…A・O・Jの方々じゃないですかw
まさかのOPにAOJ
(上からクラウソラス、左がガラドホルグ、右にブラインドサッカー、周りにいるのがAボム)
今後アニメで使われるとしたらサポートカードも登場するでしょうし、期待が募ります。
内容も今後が気になる展開になってきましたね。クロウがどこまであのカードについて突き止められるか…。1枚しか渡してないように見えましたが、フィールドに残せず敗北した場合はどうするんでしょうね…。

「幻獣」

モンスター(29枚)
冥府の使者ゴーズ
混沌球体(スフィア・オブ・カオス)×2枚
幻獣ワイルドホーン×3枚
幻獣ロックリザード×2枚
幻獣サンダーペガス×3枚
幻獣クロスウィング×3枚
レベル・スティーラー×2枚
クリッター
キラー・トマト×3枚
カオスエンドマスター×3枚
カオス・ソーサラー
オネスト×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(7枚)
大嵐
月の書×3枚
ハリケーン
サイクロン
おろかな埋葬

罠(4枚)
奈落の落とし穴×2枚
激流葬
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
カオス・ゴッデス-混沌の女神×2枚
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《A・ジェネクス・トライフォース》と《カオス・ゴッデス-混沌の女神》の2大態勢です。
(あくまでメインは幻獣であり、この2枚はサポート役です)

■《A・ジェネクス・トライフォース》
《A・ジェネクス・バードマン》+下級幻獣
《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーペガス》なら、素材にしたモンスターをセットすることができ、《幻獣サンダーペガス》なら生き残る確率も高いので、返しのターンにそれをリリースして《幻獣ロックリザード》を召喚することができるかもしれません。
あまりやらない気がしますが、地属性の《幻獣ワイルドホーン》を素材とすれば、アンティークギアの効果を得られます。

■《カオス・ゴッデス-混沌の女神》
出し難さ故にサポート役には向いてないんですが…幻獣と相性の良いカードが思い浮かばないので採用。出す手段としては《カオスエンドマスター》で《混沌球体》をリクルートし、《混沌球体》のレベルを下げ《レベル・スティーラー》を特殊召喚して出します。他に良い手段があればそれにしたいんですが…今のところこの組み合わせオンリーです。
本題の効果については、手札の光属性を捨ててレベル5以上の闇属性蘇生なので、手札に来た《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーペガス》を捨てつつ、墓地の《幻獣ロックリザード》を蘇生することができます。下手に破壊すると2000ダメージを喰らう《幻獣ロックリザード》なので、それが蘇生されれば厄介なんじゃないかな、と。もちろん《邪帝ガイウス》《氷結界の龍 ブリューナク》に弱いのはお約束で、《氷結界の龍 トリシューラ》なんて出された日には墓地の《幻獣クロスウィング》ごと除外されてしまうので、気をつけましょう。

とまぁ、《カオス・ゴッデス-混沌の女神》の方は、出せればそこそこ強いシナジーがあるので、こいつに特化してみるのも良いかなーと思ったりします。
他には《幻獣ワイルドホーン》と相性がよく、《幻獣ロックリザード》を蘇生できる《浅すぎた墓穴》なんかも良いかもしれません。

また、今回リクルーターとして《シャインエンジェル》ではなく《キラー・トマト》を採用してみました。前者は《幻獣クロスウィング》や《カオスエンドマスター》等をリクルできるので相性はいいんですが、《おろかな埋葬》の制限化で《レベル・スティーラー》を落とす方法がなくなったので、仕方なくこちらを採用しました。《A・ジェネクス・バードマン》と相性の良い《終末の騎士》と《D-HERO ディアボリックガイ》あたりも入れてやりたいところですが、前者は後が続かなく、後者は手札に来た時の事故を回避するほどのスペースがないので諦めました。

とりあえずは、課題だった幻獣以外のデッキスペースを《カオス・ゴッデス-混沌の女神》で埋められたので、あとはこれを調整していく感じでしょうか。まぁ思いつきで組み合わせただけなので、他にも相性の良いカード(というかギミック)はありそうですし、暇な時には考えていきたいと思います><;

ふと

王室前のガーディアン


《王室前のガーディアン》を無限回収しようかなー…と。

まぁ、ノーマルを大量に扱ってるとこ秋葉には少ないし
これ以上見つからない気はしないけどw


幻獣
それと、幻獣が3枚セット1000円で売られていたので、つい買ってしまいました。
《幻獣ロックリザード》の方は、今度財布に余裕がある時に買ってきます…。

あ、あと、《サイバー・エンド・ドラゴン》の米SEのやつが50円で投げ売りされてたので購入。
サイバー・エンド・ドラゴン
いつか…《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》がOCG化されることを祈って…。

「誘爆サイバー」

モンスター(19枚)
プロト・サイバー・ドラゴン×3枚
デブリ・ドラゴン×2枚
サイバー・ドラゴン・ツヴァイ×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
サイバー・エルタニン×2枚
サイバー・ヴァリー×3枚
クリッター
オネスト×2枚
エア・サーキュレーター×2枚

魔法(10枚)
超融合×2枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
次元誘爆×2枚
パワー・ボンド
サイクロン
オーバーロード・フュージョン

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
激流葬
リビングデッドの呼び声
スターライト・ロード×2枚
ギブ&テイク
DNA改造手術×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・トライフォース
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
キメラテック・オーバー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×3枚
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《次元誘爆》を使おうデッキ第1弾。(第2弾があるかは分からない)
《次元誘爆》のコストで戻す融合モンスターは《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を使用。《DNA移植手術》+《サイバー・ドラゴン》で特殊召喚する。
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を使う利点は蘇生が可能な点。特殊召喚の制限があるのはエクストラデッキから出す場合のみで、墓地からの蘇生、除外ゾーンからの帰還は自由。そして攻守の表記が?でなく0なので、《デブリ・ドラゴン》《リミット・リバース》で釣り上げることが可能です。

と、1度出してしまえば、破壊されてもフィールドに持ってくることが可能な《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》ですが、やはりやっかいなのは《次元誘爆》の方です。
面倒なのが相手の特殊召喚可能なモンスターも除外されていなければならないという隠された条件。この発動すれば、必然的に相手にもモンスターを特殊召喚されてしまう裁定によって、いっきにこのカードの使いやすさが変わりました。
上記のレシピでは、除外手段は《奈落の落とし穴》と《サイバー・ヴァリー》+《精神操作》《洗脳-ブレインコントロール》の2手段。どちらも相手の主力モンスターを除去できる優秀な方法ですが、《次元誘爆》の相手も帰還させてしまうデメリットによって、そう易々と打てなくなってしまっています。単純に除外ソースは《D.D.クロウ》あたりで良い気はしなくもないんですけど…。

まぁまだ発案段階なので、ちょこちょこ回しながら改良していくつもりです。
《次元誘爆》中心の「融合モンスターを用意でき」「対象(相手モンスター)を選べる除外手段」「でも基本は自分モンスターを除外しながら戦う」デッキにしなくては…。

過去のデッキ達

昔作ったことのあるデッキの名前を見るとまた作りたくなる…。

>ディフォーマー
昔に比べてずいぶん見なくなりましたね。だからこそ久々に名前見ると組みたくなる。
使わなくなった理由が、装備魔法を装備した《パワー・ツール・ドラゴン》を倒す手段が相手にないから、だからなぁw今はバリバリ除去飛んでくるけどwパッケージモンスターのスリーブで唯一パワーツールスリーブ持ってることだし、また組もうかのう。
《パワー・ツール・ドラゴン》軸にするかディフォーマー軸にするか。《リボーンリボン》が強かった記憶しかないんだけどね。

>幻獣
昔組もうかと思ったけど断念したシリーズ。ゲーム特典やあまり使われないスーパーレアが好きなんですよね、自分。久しぶりにタッグフォース4で確認したら《幻獣サンダーペガス》のイラストやべぇwてか全体的にイラストが良いですよね。機械以外であまりイラスト好きになることないんですけど、イラスト見ちゃうと組みたくなります。レートも以前より半額ぐらいまで下がってますしね。
問題はどういう構築にするか…か。数が少ないゲーム特典に加えてサポートのない獣戦士族。獣なら《猿魔王ゼーマン》がいるんですけどねぇ。《ユニコーンの導き》に対応してないのも悔やまれます。ちょい無理やりですが、下級が地属性と光属性に分かれてるので《A・ジェネクス・トライフォース》と組み合わせるとか。う~む、難しいですな('・ω・`)

「超サイバー流」

モンスター(18枚)
冥府の使者ゴーズ
プロト・サイバー・ドラゴン×2枚
シャインエンジェル×2枚
サイバー・ドラゴン・ツヴァイ×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
サイバー・エルタニン×2枚
クリッター
オネスト×2枚
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×3枚

魔法(13枚)
超融合×3枚
大嵐
増援
パワー・ボンド
ハリケーン
デュアルスパーク×3枚
サイクロン
E-エマージェンシーコール×2枚

罠(9枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
砂塵の大竜巻×2枚
激流葬
リビングデッドの呼び声
ギブ&テイク

エクストラデッキ
E・HERO Great TORNADO
E・HERO The シャイニング
E・HERO アブソルートZero
E・HERO ガイア
キメラテック・オーバー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
サイバー・エンド・ドラゴン
サイバー・ツイン・ドラゴン×2枚
超合魔獣ラプテノス
他、適当に


パワー不足とキーカードが集まるまでの戦前維持として、《オネスト》《超融合》を共有できるE・HEROの2人に助けを借りました。
《サイバー・エルタニン》と《ギブ&テイク》が怪しいけど、どっちも抜きたくないからなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。