異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2010年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年11月
ARCHIVE ≫ 2010年11月
      

≪ 前月 |  2010年11月  | 翌月 ≫

Vプリズムの有用性

昨日の記事の続きと言いますか、ツイッターのまとめと言いますか。
《ヴァイロン・プリズム》を採用することによって、今までの形を崩さずシンクロ素材の組み合わせに幅を持たせることが可能になります。
それを含めてシンクロの組み合わせについて書いていきます。

《ヴァイロン・シグマ》(光チューナー+光非チューナー)
《ヴァイロン・キューブ》+《ヴァイロン・ソルジャー》他星4光
最もベターな組み合わせですが、基本的に通常召喚権が2回も必要で、どちらかが前のターンを生き残らなければならないため難しいです。《レベル・ウォリアー》《トライデント・ウォリアー》を採用してる型も見かけますが、どちらも単体での汎用性が低く、スマートではないため個人的には採用したくありません。
《ヴァイロン・テトラ》+《サイバー・ドラゴン》
優秀なレベル2チューナーの登場で、ようやく《サイバー・ドラゴン》から《ヴァイロン・シグマ》が出せるように。《サイバー・ドラゴン》の使い道がまたひとつ増えたともいえます。戦闘にはめっぽう強い《ヴァイロン・シグマ》ですので、それに破壊耐性が付けば鬼に金棒です。

《ヴァイロン・エプシロン》(光チューナー+非チューナー)
《ヴァイロン・キューブ》+《サイバー・ドラゴン》
以前からあったとてもきれいな組み合わせですよね。
《ヴァイロン・プリズム》+《召喚僧サモンプリースト》
《召喚僧サモンプリースト》1枚から出せ、戦闘と除去の選択肢を持たせられる組み合わせです。
装備した《ヴァイロン・プリズム》を用いて除去するもよし、攻撃力3800のアタッカーとして《地天の騎士ガイアドレイク》を貫くもよしです。

《ヴァイロン・アルファ》(ヴァイロンチューナー+非チューナー)
《ヴァイロン・テトラ》+《ヴァイロン・シグマ》
前のターンに《ヴァイロン・テトラ》を用いて《ヴァイロン・シグマ》を出していたら、その破壊耐性から生き残り易く、返しのターンに《ヴァイロン・アルファ》で畳みかけることが可能です。また、《ヴァイロン・シグマ》の効果から、シンクロ素材に巻き込めば自然と装備魔法が墓地に落ちるため、墓地の装備魔法を装備する効果も腐り難くなるのもポイントです。追加の《ヴァイロン・テトラ》がなくとも、ワンチャン《ハリケーン》からのシンクロが狙えます。
《ヴァイロン・プリズム》+《サイバー・ドラゴン》
後攻1ターン目から出せる組み合わせではありますが、墓地に装備魔法がなく《ヴァイロン・アルファ》の効果が不発になってしまうため、中盤以降に場0からのシンクロができるのが強みですね(一応《ヴァイロン・プリズム》に《ヴァイロン・マテリアル》を装備させれば、アドバンテージを失わずに墓地に装備魔法を落とすことはできます)。《ヴァイロン・プリズム》の効果で《ヴァイロン・アルファ》の低ステータスを補えるため、《アームド・チェンジャー》を拾う選択肢ができるのも中々です。

《ヴァイロン・オメガ》についてはまだ有効な手段が思い浮かびません;自身の効果も相まって出せれば相当強いのは分かってるのですが…難しいですね。
ヴァイロンのシンクロにこだわらなければ、優先権こそ潰れてしまうものの《スクラップ・ドラゴン》とも相性がいい新規チューナーたちです。
さて《ヴァイロン・プリズム》の有用性は、シンクロ素材の幅と攻撃力を上げられない装備魔法との両立にあると思います。攻守のバランスにおいても中々に強度を増してきます。…が、一般的なデッキから見たら自分のヴァイロンの強度なんて高が知れてるレベルです。単体の弱さ、装備魔法の多様から《月の書》1枚で止められてしまい、高い攻撃力を持たせてもヴァイロンの耐性が効かない《次元幽閉》にめっぽう弱いのはどうにかしないといけませんね。まだまだ課題は残ってます。が、その壁を乗り越えるための試行錯誤こそが楽しいのです!頑張ってヴァイロンに革命を起こしていきますよ!

星4チューナーとそのお供

こんばんはー。早くヴァイロンを実際に組みたくて仕方がない今日この頃です。
現在の構築が中々に気にいってるので、DOでなくてカードで回したいです。
やっぱ対面でデュエルしないと楽しくないですよね!

さて、そのヴァイロンですが、《召喚僧サモンプリースト》と相性がいいのではないかと、考えてみればすごい今更に気がつきまして…。手札でダブった装備魔法等を捨てつつ展開に繋げられる。そしてレベル4チューナーの《ヴァイロン・プリズム》が登場するのだから採用しない手はないですよね。
ついでに《ヴァイロン・キューブ》とシンクロすれば《アーカナイト・マジシャン》になりつつ装備魔法がサーチできますが、これはエクストラがキツキツで厳しいかもしれません。
一応《カオス・ソーサラー》に繋げられる闇属性ですが、サーチできる《クリッター》と入れたとしてももう1,2枚は欲しいところです。
《ヴァイロン・プリズム》はジェムナイトとの関係もあってか雷族と《サイバー・エルタニン》のコストにできませんが…まぁ大丈夫でしょう。

何はともあれDT稼働する前に形にできて良かった><*

トレードリスト

需要があるかは分かりませんが、まとめてみました。
スーレア以上のモンスターについては全て打ちこめたと思います。
魔法罠や字キラ等は後ほど追加していきます。

基本的にプレイ用とお考えください。

とりあえずカードの種類ごとに50音順で並べてみましたが…
もっとこうした方が見易いよ!というアドバイスがありましたら、コメントお願いします。


【希望リスト】
A・O・J ディサイシブ・アームズ(DTシク)
次元幽閉×3枚(日ウル)

「ヴァイロンver.2.0」

モンスター(21枚)
異次元の女戦士
シャインエンジェル×2枚
サイバー・ドラゴン×3枚
サイバー・エルタニン×2枚
オネスト×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
ヴァイロン・テトラ×3枚
ヴァイロン・ソルジャー×2枚
ヴァイロン・キューブ×2枚
ヴァイロン・オーム

魔法(14枚)
魔導師の力
精神操作
死者蘇生
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚
ヴァイロン・マテリアル×3枚
ヴァイロン・コンポーネント
ヴァイロン・エレメント×2枚
アームド・チェンジャー

罠(7枚)
奈落の落とし穴
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン
ヴァイロン・オメガ
ヴァイロン・シグマ×2枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


現在の形。まだ空を掴む感じではあるけれど、だいたいは決まってきたかな。
動きの硬さは《エフェクト・ヴェーラー》《サイバー・エルタニン》各種罠でカバーしていきます。
いや《サイバー・エルタニン》は優秀な除去だけど、出したあと何にも繋がらないのがイマイチではありますが…。除去としてはこれ以上のものはないぐらい優秀だから仕方ないのかな。

基本は《サイバー・ドラゴン》を使い、シンクロモンスターで前線を維持しつつそのまま勝ちまで繋げるのがセオリーですが、それだけだと事故率も高くスマートではないので、下級でもビートダウンしていきます。元々優秀な下級ヴァイロンが少ないので難しいですが、《ヴァイロン・エレメント》の登場で《ヴァイロン・マテリアル》の需要も高まり、下級でのビートダウンも展開に繋げられるようになりました。
とはいっても採用できそうな非チューナーは《ヴァイロン・ソルジャー》と《ヴァイロン・オーム》くらいしか存在しません。前者はアタッカーとしては優秀ですが、後者はアドバンテージを失いにくい代りに序盤腐る可能性があるため1枚、多くても2枚積みが限界でしょう。他の2枚は個人的には論外かなという感じ。レベル1~4までのチューナーが揃うのは選択肢が増えて嬉しいですが、非チューナーが貧しいのが悔やまれます。《ヴァイロン・エレメント》を機能させるには、ヴァイロン装備を常に装備している状態にしておきたいので、その環境にするにはどうしても手っ取り早いヴァイロンの下級または《サイバー・ドラゴン》的なポジションのモンスターがいないと、ヴァイロン装備が手札で腐ってしまうんですよね。リクルーターか特殊召喚効果もちの非チューナーヴァイロンが欲しいところですが、高望みすぎですかね。

あとはバランスの悪い手札だと死ぬ(同系統のカードをまとめて引くと動けない)ので枚数を42枚と多めにしてみましたが、どうなんでしょう。《エフェクト・ヴェーラー》の需要も微妙なところです。序盤に引かないことが確定されてるなら《ヴァイロン・マター》は強いと思うんですけどね…。正直、きれいに回せないとそこまでする暇はないですね。
因みに《ヴァイロン・オメガ》はワンチャン《異次元からの帰還》から狙いますw今のところ効率のいい出し方が分からないです><;出せるとしたら、《ヴァイロン・エレメント》発動下で《ヴァイロン・テトラ》を装備した《ヴァイロン・シグマ》が破壊されるのを身代りに破壊された《ヴァイロン・テトラ》をトリガーに《ヴァイロン・エレメント》で《ヴァイロン・テトラ》を特殊召喚。《エフェクト・ヴェーラー》を追加してレベル10。蘇生カードを使わないでできるとしたらこれくらいですかね。

P.S.
前回の記事で《ヴァイロン・テトラ》を装備できれば《ブラック・ローズ・ドラゴン》に強くなると記載しましたが、《ヴァイロン・テトラ》のような破壊耐性は全体除去には無力でしたね。申し訳ないです><;

15万HIT!

ご訪問ありがとうございます!
中々更新できずにいたら、その間に15万ヒットしていました。
ようやく遊戯王できる時間ができたんですが、逆に打ち込みすぎて更新する暇がありません><
STORからデュエルディスク、オメガの裁きと発売ラッシュで、既存のデッキの強化の可能性を試していくと、「ブログを更新する」というところにいきつけないんですよね;まとまっても次から次へと改良案が出てきますし…。嬉しい悲鳴というやつですね。
少しでもこのブログを見てくださっている人の役に立てるデッキ構築ができるよう頑張ります><

さて、これだけだとアレなので、ちょっとした事務局への質問と返答を。

Q.
相手の攻撃によってリバースした戦闘破壊の確定した「幻想召喚師」の効果で「クリッター」をリリースして融合モンスターを特殊召喚しました。「クリッター」の効果が発動するのは、「幻想召喚師」が戦闘破壊される前ですか?
また、「クリッター」の効果で加えた「極星獣タングニョースト」を特殊召喚することはできますか?

お問合せいただきました内容につきましては、現在ルール確認の上ご返答文書の作成をさせて頂いております。内容の確認については1週間ほどお時間をいただく場合がございますので、恐れ入りますがご返答までしばしお時間を頂けます様お願い申し上げます。

と当日に返信がきたんですが、翌日に

A.
ご質問頂いた状況の場合、まず「幻想召喚師」の効果によって「クリッター」をリリースし融合モンスターを特殊召喚します。その後、「クリッター」の効果が発動し「極星獣タングニョースト」を手札に加え、「幻想召喚師」が戦闘にて破壊される為、「極星獣タングニョースト」の効果を発動し特殊召喚する事ができます。

と無事回答が返ってきました。以前に《召喚制限-猛突するモンスター》発動下での《素早いビッグハムスター》《ライトロード・ハンター ライコウ》と《ゴヨウ・ガーディアン》の関係を聞いていたので(あれ?これは正式に回答貰えたんだっけ?w)、予想通りの処理で何よりです(´ω`)まぁ、滅多にない状況ですけどね!

「ヴァイロン」

モンスター(19枚)
異次元の女戦士
シャインエンジェル×2枚
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・ドラゴン×3枚
オネスト×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・テトラ×2枚
ヴァイロン・ソルジャー×2枚
ヴァイロン・キューブ×2枚
ヴァイロン・オーム

魔法(14枚)
魔導師の力×2枚
死者蘇生
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚
ヴァイロン・マテリアル×3枚
ヴァイロン・コンポーネント
ヴァイロン・エレメント×2枚
アームド・チェンジャー

罠(8枚)
奈落の落とし穴
神の宣告
神の警告×2枚
リミット・リバース
リビングデッドの呼び声
トラップ・スタン×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン
ヴァイロン・オメガ
ヴァイロン・シグマ×2枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


デッキ調整の方が忙しくて中々更新できない今日この頃ですが、あまりにも更新しなさすぎなので、とりあえず昨日調整した「ヴァイロン」を。調整したと言っても、そう簡単に形にできるものではなく…特に《ジェネクス・ニュートロン》と《シャインエンジェル》の両立とか怪しすぎですね(笑)
一昨日の夕方あたりからフラゲ情報が出て、新規カードで今までと段違いの強さを得たヴァイロンです。ヴァイロンの降臨(笑)の収録枚数の少なさを挽回する新規カードの多さで嬉しい限りですね。では、その中から採用した新規カードについて。

《ヴァイロン・テトラ》
前にも書いたような気がしますが、改めて。今回の新規カードの中では、個人的にかなり革新的なカードだと思ってます。《大嵐》が禁止になったことで、魔法罠の全体除去の警戒が減ったことはプラスでしたが、今度はモンスターを除去されてのアド損を起こらないようにしないといけません。シンクロ体+装備魔法で1:1交換除去で1:3ぐらい持ってかれますからね…。そんな時に登場したのがこのカードで、基本的にこのカードを用いてシンクロすれば、そのモンスターに破壊耐性を付与することが可能です。もちろん《月の書》《次元幽閉》に弱いのは変わりませんが、《聖なるバリア-ミラーフォース-》《ブラック・ローズ・ドラゴン》に強くなるのは革新的です。また、優秀なレベル2光チューナーということで、《サイバー・ドラゴン》と《ヴァイロン・シグマ》《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》といった戦闘にめっぽう強いモンスターを出せ、そのモンスターに破壊耐性が付けられるのだから強力です。

《ヴァイロン・アルファ》
まさかのヴァイロンシンクロ2体目。タイトルである《ヴァイロン・オメガ》だけだと思ってたので朗報です。しかもジェネクスの《レアル・ジェネクス・クロキシアン》的なポジションで、素材を「ヴァイロン」と名のついたチューナー+チューナー以外1体以上という縛りです。つまり《ヴァイロン・エプシロン》と《ヴァイロン・スフィア》や《ヴァイロン・シグマ》と《ヴァイロン・テトラ》で出せてしまう手軽さです。デッキにもよりますが、《カオス・ソーサラー》に《ヴァイロン・キューブ》で出せるのもポイントです。
そしてこのカードのすごさは出し易さ(でも普通かな?)だけでなく、魔法罠に対する耐性です。装備カードを装備していれば、装備カード以外の魔法罠を受け付けないというものであり、《ヴァイロン・ステラ》と組み合わせれば中々の耐性で、デッキによっては積んでしまう可能性もあります。2200という低い攻撃力も、自身の墓地の装備魔法を装備する効果によって克服してしまいます。
※「魔法罠の効果を受けない」かと思ってたら「魔法罠によっては破壊されない」でした。相変わらず《次元幽閉》に弱いんですね…。どうにかならないものか。

《ヴァイロン・エレメント》
待ちに待ったヴァイロンのサポートカードです。普通だったらコンボパーツにし辛い永続魔法ですが、《ヴァイロン・マテリアル》、同時に登場する《ヴァイロン・コンポーネント》によってサーチすることが可能です。しかも、ヴァイロンに必要としていた展開を可能とする効果で、そこから《ヴァイロン・オメガ》《ヴァイロン・アルファ》に繋げることができます。
しかし、デッキからヴァイロンチューナーを特殊召喚するには、ヴァイロンと名のついた装備カードが破壊されなければいけません。また、《ヴァイロン・テトラ》や《ヴァイロン・マテリアル》とは違く、ヴァイロンを装備してるモンスターをシンクロ素材に巻き込んだ場合やチェーン2以降で破壊されるとタイミングを逃してしまうため、注意が必要です。いざ特殊召喚しても戦闘によって破壊されてしまうことも多いため、過信はできません。
それでもポンと置いておくだけで相手としては厄介なものですし、入れない手はないんですが…チューナーを入れすぎると手札でチューナー祭を起こしてしまうので、どの程度このカードに頼るかも難しいところです。

STOR考察 魔法罠編

はい、モンスター編の残り書いてたらインターネットが強制終了されてデータ消えました。マジで心折れてます。ああ…音響戦士に極神に…やったことが無駄になるってのが一番嫌いです。そして同じことを丸々繰り返すのもまた嫌いです。ということで、気分転換に魔法罠の方を書きます。

因みにFC2には、何分おきにか書き途中の記事を自動下書きしてくれる機能があるんですね。今までの様な30分そこらで書き終わる記事には必要性を感じないんですが、モンスター編の最初の4枚が生き残ったのはこの機能のお陰といえます。(あれが消えてたら考察なんてなかったんだ…となるところでした)
しかしながら、何故か数時間たつと下書きされてなかったり、一度投稿した記事を編集する形で書いていると、自動下書き機能が働きません。マジ役立たずです。どうせ自動下書き機能が付いてるなら、こまめに下書きしてくれよと。まぁこうなった以上、手動でこまめに下書きしないといけませんね。というわけで、ここで一度下書きです。(面倒くせえ)
さて、愚痴をこぼしててもしょうがないので、考察行きます。

《極星宝ドラウプニル》
アドバンテージを失いにくくデザインされているが、サーチができるのは表側表示で存在するこのカードがカード効果によって破壊された時である。《スーペルヴィス》や《ヴァイロン・マテリアル》とは違うのだ。どうしてこうなった。

《神々の黄昏》
Q:自分のこのカードの効果によって自分の極神が破壊された場合、極神の蘇生効果を発動できますか?
A:発動できません。(10/11/13)
Q:《王宮の鉄壁》が存在する場合、このカードを発動できますか?また、このカード発動後に《王宮の鉄壁》を発動した場合、コントロールを移したモンスターは破壊されますか?そして、相手フィールド上のカードはどうなりますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが相手のエンドフェイズ時に自分フィールド上に存在した場合、破壊されますか?破壊される場合、除外効果は適用されますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが相手のエンドフェイズ時に何らかの効果によって破壊されなかった場合、除外効果は適用されますか?また、その後の極神はどうなりますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが裏側守備表示になった場合、裏側守備表示のまま破壊され除外効果は適用されますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:コントロールを移したモンスターが2度のコントロール交換後に相手フィールド上に存在する場合、破壊されますか?
A:調整中。(10/11/13)
Q:極神のカード名をコピーした《ファントム・オブ・カオス》を選択できますか?できる場合、エンドフェイズ時に《ファントム・オブ・カオス》の効果が消滅しますが、破壊と除外の処理は行いますか?
A:調整中。(10/11/13)

《最後の進軍》
折角高い攻撃力あるんだから《禁じられた聖槍》でおk。

ピンポイント収集

異次元の精霊
まだSTOR収録カードの考察が途中ですが、日記更新です><
考察の方は少しずつ埋めていこうと思います;少しずつ…ね。

今日は、待望のOCG化の《異次元の精霊》がスーパーレアということで愚痴を呟いていたら、しぐれぼの芋さんという方が安く譲って頂けるということで、急きょ秋葉原に行ってきました。
何気に汎用性はあるので、そこそこの出費を覚悟してましたが、少なく済んでものすごい助かりました><しかも2枚も!ありがとうございました!
これでデュエルディスクの方に予算を回せます。

そこそこの良パックと評判のSTORですが、《異次元の精霊》が2枚、他極星獣も必要枚数分集まった自分は、今のところ買う予定はないです。買うとしてもデュエルスペース使うために1,2パック買うくらいでしょうw
《星屑のきらめき》や《フリッグのリンゴ》は使ってみたいなぁとは思いますけどねぇ。

さて、STORが発売されてもデュエルディスク、DT11、SD20が待ち構えます。
どれも個人的に欲しいカードが収録されるので、どれを買うかシングル買いで留めるか迷いどころです。

STOR考察 モンスター編

《クラスター・ペンギュラム》
相手依存の《幻銃士》といったところか。しかしこちらはある意味ステータス面で恵まれており、遊星のカードということもあって《フォーミュラ・シンクロン》になれるレベルである。また、地属性なため各種ナチュルシンクロや《地霊術-鉄》との相性は中々。種族も機械族と、《パワー・ボンド》からの《キメラテック・オーバー・ドラゴン》も狙える、色んなデッキに出張できる可能性を秘めたカードと言える。

《ドッペル・ウォリアー》
墓地から特殊召喚というと主に《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》《ダーク・バグ》《金華猫》あたり。蘇生が容易になった昨今では特殊召喚することは難しくなく、様々なカードと組み合わせることができる。トークン生成効果を有効活用することができるのは《ロード・ウォリアー》が最適か。基本的に《ロード・ウォリアー》を出す場合は《レベル・スティーラー》を使うため、特殊召喚は簡単である。が、レベル的に難しく、他にレベル1モンスターを用意しなければならない。しかしそれでもシンクロ素材に巻き込めれば《ロード・ウォリアー》からチューナーを呼んでレベル4~7ぐらいのシンクロモンスターを出すことは出来る。

《スターダスト・ファントム》
ほぼアニメ効果でのOCG化。3種類のスターダストの派生を出す《スターダスト・ドラゴン》中心のデッキでは活用できるだろう。蘇生カードが出たことで守るカードがなくても《スターダスト・ドラゴン》を出す意味ができたことは嬉しいはず。相手によって破壊されないといけないため、少し扱い辛い面はある。自分で破壊しても蘇生できるなら、《リミット・リバース》と《機皇帝ワイゼル∞》で《スターダスト・ドラゴン》とレベル1が通常召喚権残して用意できたが…まぁそこまで足は引っ張らないと思われる。

《異次元の精霊》
待望のOCG化。効果もアニメそのままであり、いろんなコンボを狙うことができるレベル1チューナー。初の特殊召喚可能なレベル1チューナーであり、組み方によっては通常召喚権を残して《フォーミュラ・シンクロン》を出すことができるのが素晴らしい。また、除外のコストも相手のスタンバイフェイズまでフィールドからどかしておけると考えると、チューナーとして以外にも様々なコンボが考えられる。《E・HERO アブソルートZero》のような基本的なところから、スピリットをフィールドに留めたり(一度召喚ターンのエンドフェイズを過ぎれば永久的に留まる)、《幻想召喚師》等の警約効果を断ち切るのには最適である。


…ここでまさかのトラブル発生。
第一次、バックスペースによって起きたブラウザバックによって数枚の考察が消える。
第二次、気を取り直して挑むも、今度はタブをクリックしたら消えて、同時に極星関連の考察も消失。やる気が失せる。

というわけで、とりあえず4枚しかありませんがここまでで(苦笑)
気を取り直して数時間後、もしくは後日、続きを書こうと思います><;

追記から続きを。
※13日18時更新。今回は既存テーマが多くて、組んでないと考察し辛い。
※第三次考察消失事件が起きたので、もうモンスター編は考察しないかもです。
残すはシンクロモンスターだし、微妙な極神だし今更なシエンだし別にいいよね…。
待ってる方がいたら申し訳ない><;

ユニオンヴァリーinDT

radius4869

なんで録画し忘れた今回だけ著作権で消されてるんだ…。遊戯王5D’sよ。
11-11 23:51

今度はやるときは、EXトライフォース・XYZ、メインリモートリミ解月の書がいいかな。DT月持ってないけど。
11-11 13:50

EXステージはカウンター6つ乗ったデベロッパーとゲットライドがあって、墓地にX、Y落ちてるワンチャンZメタルだっただけに悔しい。XYZパーツもデステニースキャンできるようにターミナルで再販してくれればいいのに。
11-11 13:49

EXステージはジャック。Z引ければ勝てるって状況でドローはバードマンと何故かHELPで入ったジェリービーンズ。ストロングウィングの貫通が防げず乙りました。残念><
11-11 13:46

1戦目に新キャラおじさんにメンタルスフィアでライフ5000オーバーされたけど、何かメンスフィ生贄にブローニングしたんで、返しにトライフォースとXYZ並べて勝利。
11-11 13:44

そういえばコナミにターミナルでフィギュアコレクションのカードのデッキで他のカード使えるか聞いたら、遠まわしに秘密って返ってきた。実際に試したら出来たけど。
11-11 13:42

バードマンは3枚あればいいやって思ってたけど、スピードデュエル用にもう1枚欲しいわ。
11-11 13:31

【電波】あまりの人気に《A・ジェネクス・バードマン》がまさかのGS収録。
11-11 13:22

放課後デュエル28



学校の忙しさは相変わらずですが、ようやく機会ができたので、撮影してきました。
対戦カードは「下っ端ロード」VS.「猛突する幻想召喚師」です。
といっても、これだ!っていう熱い戦いはなかったので、
放課後のデュエル風景という感じでご視聴ください><

割と何試合もしたんですが、《召喚制限-猛突するモンスター》のすごさは出し切れなかったかなと少し残念です。できれば《リミット・リバース》《月の書》のコンボは魅せたかったのですが…。
次回頑張ります!今度は「猛突リバース」か「ジェネクス」あたりを使う予定です。
出来れば今月中にもう1つぐらい上げたいですが果たして…?

無限回収の狼煙を上げろ

DT-XYZ
といわけで、ようやく100円をきったので、あるだけ買ってきましたw
まぁ1つのお店にしか置いてなかったので、収穫はこれだけなんですけどね…。
しかし、DT9弾以降の光り方はどれも違うため、XYZスリーブが作れません><;
ちょっとした夢だっただけに残念です。
それにしてもこの光り方は完全ランダム制なんでしょうか。製造方法が気になります。
何パターンかあるとしていちいち変えてたら生産性悪そうですが果たして…?


話は変わり、とあるカードショップにこんな張り紙が…
高値武士
た…高い。数日前の販売価格を超える買取価格です。
真六武衆のフラゲ情報が出てからしばらくしてからカードショップで確認しても1200とかが相場だったので、予想以上に高くならないなぁ…と思ってたらこれですw
転売すれば400のアドでしたw面倒なのでアレですけど。
自分が持ってる《六武衆の師範》ノーマルが1000買取とかだったので売ろうかな…。昔売りに行ったら200とか言われたのが嘘のようだw
実際六武衆のキーカードの売り時っていつなんでしょう。今でも十分高価買取な気がしますが、STOR発売後方が上がるのか疑問です。もし欲しい方がいたらトレード等致しますが…。
まぁ師範売って《氷結界の龍 トリシューラ》の資金にするのが妥当かなという感じですね。
《氷結界の龍 トリシューラ》もGSの確定情報が出ないと安くならないのかな。断然ヤフオクの方が安いので迷います。見えない相手なのであまり高額商品には手出したくないんですけどねぇ…。

「闇石」

モンスター(21枚)
終末の騎士
邪狂神の使い×2枚
機皇帝ワイゼル∞
異次元の一角戦士
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
ゼロ・ガードナー
ジェスター・コンフィ×2枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・ウロボロス×3枚
クリッター
キラー・トマト×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚
A・ジェネクス・クラッシャー

魔法(7枚)
精神操作
死者蘇生
闇の誘惑
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(12枚)
能力吸収石×3枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告
捨て身の宝札×2枚
激流葬
リミット・リバース×2枚
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライアーム
A・ジェネクス・トライフォース
アームズ・エイド
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《邪狂神の使い》で《サイバー・ウロボロス》を除外することで、《サイバー・ウロボロス》の効果を発動できるだけでなく、相手のスタンバイフェイズ時にモンスター効果を2連打できるので《能力吸収石》にもカウンターが2つ乗る、といったデッキです。
《サイバー・ウロボロス》を活躍させようと作り始めたのが切っ掛けですが、中々効果で除外し、除外した後効果処理を行わないカードが少なく、最終的に《邪狂神の使い》からの《能力吸収石》という意外な組み合わせで落ち着いた感じです。当初は《霞の谷のファルコン》で《リミット・リバース》や《デモンズ・チェーン》を回収するギミックを搭載してましたが、ファルコンビートの劣化感が否めなかったので、それを全て抜き、《キラー・トマト》や《終末の騎士》を搭載し闇属性軸でとりあえずは、ということでデッキ紹介です。

デッキのメインは《サイバー・ウロボロス》ですが、それだけだとデッキとして成り立たないので《能力吸収石》を軸?に戦っていきます。前述した《邪狂神の使い》を墓地から蘇生できる《リミット・リバース》は、他にも《ゼロ・ガードナー》にも対応し、中々こういった機会はないかもしれませんが、相手のモンスター効果に合わせて自身の効果を発動することで、《能力吸収石》にカウンターを溜めることができます。

また、何を思ったか《捨て身の宝札》が採用されています。一応《A・ジェネクス・バードマン》のコストを用意できる《ジェスター・コンフィ》と《ゼロ・ガードナー》が相性いいわけですが、投入枚数が微妙なので難しいですね;《邪狂神の使い》も攻撃力が低いので、発動機会は多いとは思いますが…。

さて、ここまでデッキを紹介してきてなんですが、このデッキを使うには難があります。
デッキ自体のパワーもそうですが、最大の欠点は《邪狂神の使い》の効果が同時かどうかの裁定が揺れているということです!これは《次元合成師》も同様で、除外とステータスアップが同時処理なのかがはっきりしてません。以前聞いた時は同時という答えが返って来ても、数日後再確認したら調整中という魔法の言葉が返ってきました…。もし同時ではないと裁定が下ってしまった場合、《サイバー・ウロボロス》がタイミングを逃してしまうためデッキが成り立ちません!(笑)でもまぁ今は調整中と同時の間で揺れてるので希望の方が大きいですけどね…。使う際は、相手の友人に許可をもらっておきましょう。

「ユニオンヴァリー」

モンスター(28枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×3枚
バトルフェーダー×2枚
ジャンク・コレクター
シャインエンジェル×2枚
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー×2枚
クリッター
カオス・ソーサラー
オネスト
Z-メタル・キャタピラー×2枚
Y-ドラゴン・ヘッド×2枚
X-ヘッド・キャノン×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(13枚)
封印の黄金櫃×2枚
精神操作
死者蘇生
月の書×2枚
強欲で謙虚な壺×3枚
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(4枚)
奈落の落とし穴
激流葬
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
カラクリ将軍 無零
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
氷結界の龍 ブリューナク


初手によって動きが鈍くなることが多々あるので、デッキの回転率を上げるために《ジェネクス・ニュートロン》を採用。キーカードである《異次元からの帰還》を引き込むためにデッキ枚数は増やしたくないんですが、もう仕方がないことなのかなと半分諦めモードです。サーチカードが増えれば、初手率以外は誤魔化せるかな。

出来れば40枚に近付けたいものですが、汎用カードがないと積むカードが出てきたり(《ドリル・ウォリアー》とか特に)、事故時の対応が難しくなったりとデッキ自体のパワーが落ちてしまうというジレンマをかかえてます。コンボパーツ自体の枚数はこれ以上削れないので、どうしたものかと頭を悩ませます。

あとは《ジェネクス・ニュートロン》の採用に伴い、今まで《サイバー・エルタニン》《カオス・ソーサラー》2枚ずつ投入してたのを3:1に変更しました。どちらも出し易くなるんですが、どちらかというと《カオス・ソーサラー》の方が腐り易いですからね。なくてもいい気がしますが、そうすると返し手が減ってしまうのと、《レアル・ジェネクス・クロキシアン》への道がなくなるのでピン挿しで様子見です。

新入りニュートロン

radius4869

トレードリスト作ったところで何ができるだろう…。リアル限定なんて厳しそうだし。
11-06 22:24

3、ニュートロン入れる→エルタニン出し易くなる 相対的にエルタニンカオスソーサラー共に出し易くなるわけだが、ニュートロン2積みするだけでデッキ枚数は45枚…。
11-06 17:55

2、ニュートロン入れる→初手に出しておいしいモンスターが増える
11-06 17:52

1、ニュートロン入れる→バードマンが来やすい→トライフォース出し易い→墓地に闇が落ちやすい→カオスソーサラーが出し易くなる
11-06 17:51

モザイクマンティコア、ベヒーモス、ガリス、ハードアーム。こいつらでぐるぐるするシルミル組みたい。
11-06 17:41

レベル7枠で2500はいい方かなと(笑)XYZは7枠ばかり出せるので貴重なんですよね。RT@ragnov トライフォースって結構便利だけど打点低い RT @radius4869: エクストラにトライフォース5枚積みたい。3枚じゃ足りない><;
11-06 17:35

やっぱニュートロンの採用はアリだな。ニュートロンエルタニン合成師揃うと素晴らしい。
11-06 17:32

「猛突する幻想召喚師」

モンスター(20枚)
素早いビッグハムスター×3枚
幻想召喚師×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
ライオウ×3枚
メタモルポット
ジャンク・シンクロン×2枚
クリッター
カラクリ参謀 弐四八×3枚
A・ジェネクス・バードマン×2枚

魔法(11枚)
貪欲な壺×2枚
浅すぎた墓穴×2枚
死者蘇生
月の書×3枚
ブラック・ホール
サイクロン×2枚

罠(9枚)
神の宣告
神の警告
召喚制限-猛突するモンスター×3枚
リミット・リバース×3枚
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・ジェネクス・トライフォース
サイバー・ツイン・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・エクストリオ
ナチュル・ランドオルス
ブラック・ローズ・ドラゴン
猿魔王ゼーマン
極戦機王ヴァルバロイド
地天の騎士ガイアドレイク×2枚
氷結のフィッツジェラルド
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


「猛突リバース」のサイドデッキを以下のように組むと、《幻想召喚師》軸にシフトすることができます。だからといって苦手なデッキに対して強くなったり、弱点つけれるようになるわけではないですけどね。(※リンク先の「猛突リバース」の内容は若干現在の構築と異なります)

サイドデッキ
カラクリ参謀 弐四八×3枚
サイバー・ツイン・ドラゴン
ナチュル・エクストリオ
ナチュル・ランドオルス
ライトロード・ハンター ライコウ
リミット・リバース×3枚
極戦機王ヴァルバロイド
幻想召喚師×2枚
浅すぎた墓穴×2枚

《ADチェンジャー》で効果発動を狙う《幻想召喚師》デッキが一般的ですが、あえてコンボに複数のカードが必要な《召喚制限-猛突するモンスター》軸で狙います。

「基本的な組み合わせ」
■《幻想召喚師》+《カラクリ参謀 弐四八》+《リミット・リバース》
いつの間にやら《ワーム・バルサス》涙目なほぼ上位互換である《カラクリ参謀 弐四八》が登場。《幻想召喚師》をセットし、《リミット・リバース》で《カラクリ参謀 弐四八》を蘇生すれば、《カラクリ参謀 弐四八》の効果で《幻想召喚師》をリバースするとともにリリース素材が揃います。

■《幻想召喚師》+《カラクリ参謀 弐四八》+《浅すぎた墓穴》
今度は《浅すぎた墓穴》で《幻想召喚師》をセットし、《カラクリ参謀 弐四八》を通常召喚します。相手のモンスターも蘇生させてしまいますが、《地天の騎士ガイアドレイク》《極戦機王ヴァルバロイド》あたりを出せば問題なく戦闘破壊できます。

■《幻想召喚師》+《A・ジェネクス・トライフォース》or《浅すぎた墓穴》+《召喚制限-猛突するモンスター》+適当なモンスター
《召喚制限-猛突するモンスター》発動下で特殊召喚扱いのセットを行うことで、即座にリバース効果に繋げることができます。また、リバース効果モンスター以外にも、攻撃表示で置いておきたい《ライオウ》に対しても有効な蘇生手段です。

■《幻想召喚師》+《月の書》+《リミット・リバース》+《召喚制限-猛突するモンスター》
《召喚制限-猛突するモンスター》発動下で特殊召喚扱いのセットを行うほかにリバース効果を発動させる方法がこれです。《召喚制限-猛突するモンスター》は表示形式の有無にかかわらず必ず発動するところを利用し、その発動にチェーンする形で《月の書》を発動することで、逆順処理により、《月の書》で一旦裏側守備表示になったのちに《召喚制限-猛突するモンスター》の効果で表側攻撃表示になり、リバース効果が発動します。これは特殊召喚なら何にでも使えるので、他に《ジャンク・シンクロン》で《メタモルポット》《ライトロード・ハンター ライコウ》を蘇生した際にも使用できます。
また、リバース効果とは関係ありませんが、これは警約効果を切るのにも応用できます。《地天の騎士ガイアドレイク》なら問題ありませんが、その他のモンスターだと《幻想召喚師》の効果でエンドフェイズ時に自壊してしまいます。基本的にはそれを防ぐために《亜空間物質転送装置》等を使いますが、そのスペースはありません。そこで、普段は裏側で相手ターンに渡してしまうため使い辛い《月の書》ですが、《召喚制限-猛突するモンスター》と併用することで瞬時に警約効果を切ることができます。《幻想召喚師》で融合モンスターを場に出すのも特殊召喚なため、《召喚制限-猛突するモンスター》の効果が発動します。そこにチェーンして《月の書》を発動すれば、一瞬裏側守備表示になるため、警約効果を切りつつ攻撃表示で場に留めることができるのです。

「総括」
今のところはこんな感じでしょうか。個人的にはもっと《A・ジェネクス・トライフォース》を出す手段を増やして、そこからの《幻想召喚師》を狙っていきたいところですが、《A・ジェネクス・バードマン》が結構事故要因になってしまうのと、スマートな光属性レベル4モンスターがいないため、現状のカードプールでは難しいように思えます。
あとはハイリスクハイリターンな《皆既日食の書》がどこまで使えるか試してみたいです。このデッキにおいての《月の書》は汎用性が高すぎて足りないくらいなので、代用とまではいきませんが、4枚目5枚目の《月の書》になるなら利用しない手はないですからね。

ヴァイロンとか

radius4869

天使ダムドに代行者と名が付いてないのは、代行者のサーチが出て、それでサーチできないようにするためかな。ということは代行者ギアフレームみたいなのが出たりして。
11-03 23:59

少ないカードで機能する代行者出たら、ヴァイロンに天使ダムド入れられるかな。
11-03 23:40

カウンター罠だからダメステ中の水晶の占い師も止められますねw RT @hurl937371 なるほど、強烈なはたきおとしは手札シャカシャカメタだけじゃなくて強謙メタにも繋がるのか。 マジで投入してみようかな・・・?
11-03 23:20

ヴァイロンはレベル5枠が出せるといいな。気持ちアンドロイドで警告分のライフを補いたいw
11-03 23:17

紫光と緑光が合わさった青光の宣告者でも出れば使うんだけどなー。まぁ完全上位だから絶対出ないだろうけど。
11-03 23:05

手札誘発を積むことによる、動きの硬さの誤魔化し。
11-03 16:22

「シグマビート」

モンスター(16枚)
シャインエンジェル×3枚
サイバー・ドラゴン×3枚
オネスト×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・テトラ×2枚
ヴァイロン・ソルジャー
ヴァイロン・キューブ×2枚
ヴァイロン・オーム

魔法(15枚)
魔導師の力×2枚
死者蘇生
月の書×2枚
強制転移
レインボー・ヴェール
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚
ヴァイロン・マテリアル×3枚
アームド・チェンジャー

罠(9枚)
奈落の落とし穴
神の宣告
神の警告×2枚
リミット・リバース×2枚
リビングデッドの呼び声
トラップ・スタン×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
ヴァイロン・エプシロン×2枚
ヴァイロン・オメガ
ヴァイロン・シグマ×2枚
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


不器用なヴァイロンでは、モンスターでデッキを回すのは難しいように思えます。ということで、装備魔法と魔法罠ゾーンで喧嘩しそうですが、プレイングで補える範囲だと思うので罠中心の構築に。《月の書》《神の警告》《トラップ・スタン》等で守りながら《ヴァイロン・シグマ》でのビートダウンを狙います。

今までは《ヴァイロン・シグマ》を出すと言ったら《トライデント・ウォリアー》の名が上がりましたが、《ヴァイロン・テトラ》の登場で(12月ですが)《サイバー・ドラゴン》から出せるようになり、《ヴァイロン・キューブ》からの《ヴァイロン・エプシロン》とも使い分けられます。また、厄介な《マシンナーズ・フォートレス》や《A・O・J カタストル》、《ライオウ》を除去出来るのも心強く、ピン挿しですが《強制転移》との相性も中々です。
《強制転移》は《シャインエンジェル》以外にも《ヴァイロン・テトラ》を送りつけて戦闘破壊することで、そのモンスターに《ヴァイロン・テトラ》を装備する、なんてこともできたりします。

装備魔法は個人の好みもありますが、今回は無難なものを選択。《閃光の双剣-トライス》は、このデッキが1キル特化ではないのと、魔法罠ゾーンを圧迫し易いため見送りました。入れるとなると2回の効果発動もあり3~4か所は埋まってしまいますからね。
《レインボー・ヴェール》は意外と汎用性高いです。面倒な戦闘破壊耐性持ち(《魂を削る死霊》)やリバース効果モンスター(《素早いビッグハムスター》《スノーマンイーター》)を封じることができ、(レベル5は滅多に出しませんが)《A・O・J カタストル》に装備させれば《スターダスト・ドラゴン》を効果破壊することが可能です。
《アームド・チェンジャー》は2枚あってもいいですが、やはり手札に来られると困りますし、装備魔法の枚数も多すぎるように感じます。今の枚数または-1枚くらいが丁度いいのかなと。

あとは《シャインエンジェル》からのリクル候補&六武衆対策に《異次元の女戦士》なんかもいいかもしれません。一応ヴァイロンならでは動きは出来てるつもりではいますが、やはりというか除去に弱いですね…。これはテーマ的にどうしようもない気もしますが…。もうちょいまともに戦える構築にしたいですね。