異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2011年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年03月
ARCHIVE ≫ 2011年03月
      

≪ 前月 |  2011年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ユニオンヴァリー」

モンスター(22枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×2枚
バトルフェーダー×2枚
ジャンク・コレクター
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー×2枚
クリッター
カオス・ソーサラー
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×3枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(15枚)
封印の黄金櫃×3枚
増援
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
ミラクル・フュージョン
ブラック・ホール
ヒーローアライブ
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(5枚)
奈落の落とし穴
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
激流葬
異次元からの帰還

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
E・HERO The シャイニング
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
アームズ・エイド
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レアル・ジェネクス・クロキシアン
氷結界の龍 ブリューナク


「ユニオンヴァリー」という名に恥じないよう《サイバー・ヴァリー》を2枚に増量。
XYZということもあってモンスターを特殊召喚する手段が少なく、効果発動後場ががら空きになってしまい易い《サイバー・ヴァリー》は敬遠しがちで、それでも《XYZ-ドラゴン・キャノン》の効果を使用するには手札が必要ときている。一応《バトルフェーダー》があれば今でも《サイバー・ヴァリー》後のアフターケアは可能ですが、2積みの《バトルフェーダー》では手札にない時の方が多い。
そこで特殊召喚手段が豊富なHEROサポートである《ヒーロー・アライブ》と《ミラクル・フュージョン》を採用。前者はデッキ圧縮を兼ねた潤滑油として、後者は《異次元からの帰還》への布石且つ戦前維持の打点確保としてアフターケア以上の力を持っています。

今のままではデッキ枚数が42枚とあと2枚削りたいところですが、《ヒーロー・アライブ》も《ミラクル・フュージョン》も複数枚積みたいくらいです。特に《ヒーロー・アライブ》は以前紹介したように《A・ジェネクス・バードマン》と相性が良く、《E・HERO プリズマー》での墓地肥し共に1ターンで《A・ジェネクス・トライフォース》まで繋げることが可能で、《次元合成師》がいれば「トライフォース合成師」ができつつ《E・HERO プリズマー》を手札に温存しておくことができるため非常に相性が良いです。

また、以前採用していた《未来融合-フューチャー・フュージョン》は抜きました。確かに《未来融合-フューチャー・フュージョン》は言わずもがなの超強力墓地肥しカードではあるんですが、伏せ環境である今場アドを0にする《キメラテック・オーバー・ドラゴン》は出てきてほしくないですし、《未来融合-フューチャー・フュージョン》使用後の《E・HERO プリズマー》の紙っぷりが異常で、サポートカード合わせて引くと腐るというのが理由です。VWXYZなら、落とすカードの多さから採用は可能かもしれませんが、XYZはパーツと《サイバー・ヴァリー》合わせて4体と、《未来融合-フューチャー・フュージョン》に頼らずとも落とせる範囲ですし、その分エクストラ等他のカードに枠が割ける方が良いように思えますしね。
スポンサーサイト

ヴァイロン拡張

「ヴァイロンver.8.0」と相性のいいカードをご紹介。
とその前に、制限改訂で今では《カオス・ソーサラー》が3積みできるんですよねー。すっかり忘れておりましたwただ、3積みできると言っても、そこまで墓地が肥え易いデッキではないので注意。
それでも闇属性と光属性の配分はもうほとんど半分半分なので、腐らないとは思いますが。
さて、相性の良いカードですが…


《ヴァイロン・スフィア》
《ヴァイロン・オメガ》へは《ヴァイロン・シグマ》+《ヴァイロン・テトラ》でアクセスできますが、《エフェクト・ヴェーラー》とレベル1チューナーという点で被っていましたし、特に墓地から装備させたい装備魔法もないので採用を見送りました。
しかしながら、《エフェクト・ヴェーラー》とは違い名前に「ヴァイロン」と付くので、《墓守の偵察者》2体と《氷結界の龍 トリシューラ》《ヴァイロン・アルファ》、《スクラップ・ドラゴン》と《ヴァイロン・エレメント》からの《ヴァイロン・アルファ》へと繋げることができます。また、他にも《カオス・ソーサラー》から《アーカナイト・マジシャン》そして新カード《ワンダー・ワンド》を装備させて2ドローを狙うといった芸当も可能となります。


《ブラック・ガーデン》
実質”攻撃力800のモンスターの蘇生カード”として運用することができるカードです。
そしてあのデッキで採用されてる攻撃力800のモンスターは《召喚僧サモンプリースト》《ヴァイロン・キューブ》の2体。単純に《召喚僧サモンプリースト》を蘇生できれば強力ですが、《ヴァイロン・キューブ》あたりは《カオス・ソーサラー》との兼ね合いもあるのでピン挿しぐらいが丁度良いかもしれません。


あと、《カオス・ソーサラー》が3積みできるようであれば、《ヴァイロン・テトラ》の枚数を増やしても良いかもしれませんね。このデッキの軸である《スクラップ・ドラゴン》+《ヴァイロン・エレメント》のコンボを狙うための《墓守の偵察者》+《ヴァイロン・プリズム》からの《スクラップ・ドラゴン》のように、《カオス・ソーサラー》+《ヴァイロン・テトラ》でもヴァイロンチューナーを装備しつつ《スクラップ・ドラゴン》に繋げることができます。
デッキ自体の”強い流れ”は出来ているので、あとはそれをスムーズに行えるような微調整、ですな。

光るエンジェル

光る天使

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》等々を買うために秋葉へ行ってきました。
ラジオ館のKBOOKSでマスターガイドを買いましたが、あまり入荷はしてないのか売れてたのかあまり在庫はなかったみたいでしたね。
その後シェーラとアメニティードリームでずっとデッキを回してましたが、やはりというか《シューティング・クェーサー・ドラゴン》はフィニッシャーとしての能力は申し分ないスペックの持ち主ですね。普通に《TG ハルバード・キャノン》の流れで出せますし、4000の2回攻撃は1キルレベルです。
しかも《スターダスト・ドラゴン/バスター》の効果を内蔵と、4000打点と相まって除去するのも一苦労です。今後は出されることも多いでしょうし、出された時の答えはしっかりと用意しておきたいですね。

閑話休題。デッキのパーツを買うついでに、画像にもあるように《シャインエンジェル》のウルパラを偶然にも見つけてしまいました。《シャインエンジェル》は米版でもホイル加工されてる(反る)カードはないと思ってたので驚きです。今のところユニオンヴァリーで使う予定はありませんでしたが、見つけたのも何かの縁かと2枚ほど買ってしまいました><*580円は決して高くない…はず!
ちょっと最近下級の不安定さが気になってきたので使ってみますかね。

「ヴァイロンver.8.0」

モンスター(21枚)
墓守の末裔
墓守の偵察者×3枚
召喚僧サモンプリースト
トラゴエディア
サイバー・ドラゴン
クリッター
カオス・ソーサラー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・プリズム×3枚
ヴァイロン・ハプト×2枚
ヴァイロン・テトラ
ヴァイロン・キューブ×3枚

魔法(14枚)
死者蘇生
月の書
禁じられた聖槍
ワンダー・ワンド
ブラック・ホール
ハリケーン
ヴァイロン・マテリアル×3枚
ヴァイロン・セグメント×2枚
ヴァイロン・コンポーネント
ヴァイロン・エレメント×2枚

罠(7枚)
神の宣告
神の警告×2枚
リビングデッドの呼び声
ソウル・オブ・スタチュー×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ
アーカナイト・マジシャン
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン
ヴァイロン・オメガ
ヴァイロン・シグマ
ヴァイロン・ディシグマ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
スクラップ・ドラゴン×2枚
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


前回の構築は割と《ヴァイロン・オメガ》は狙えるものの、”強い流れ”というのがなく、手札を見ても強いと言える状態ではなかったため、動画でも上げた「墓守軸」に形を直しました。

「墓守軸」の強いところは何と言っても
・《アーカナイト・マジシャン》にアクセスできる
・《スクラップ・ドラゴン》にアクセスしやすくなる
・《カオス・ソーサラー》を無理なく出せる
この3点です。どれも以前の形ではできない、アドバンテージをプラスにできる強力なギミックです。
中でも《墓守の偵察者》と《ヴァイロン・キューブ》で《アーカナイト・マジシャン》が出せるというのが大きく、2枚の消費が3枚のカードになり、更に相手のカードを2枚破壊できるというアド+3のコンボです。そして新パックGENFでは《ワンダー・ワンド》というドロー加速できる装備魔法も登場します。

《ワンダー・ワンド》装備魔法
魔法使い族モンスターにのみ装備可能。装備モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。また、自分フィールド上に存在するこのカードの装備モンスターとこのカードを墓地へ送る事で、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

このデッキとはすこぶる相性が良く、《アーカナイト・マジシャン》をシンクロ召喚しつつ《ヴァイロン・キューブ》でサーチ。効果を使用し終えた《アーカナイト・マジシャン》をコストに2ドローすることができるのです。「既に手札にヴァイロン装備があって《ヴァイロン・キューブ》でサーチする必要がない。かといって入れたい装備もない」という理由で敬遠してた《ヴァイロン・キューブ》ですが、入れる理由も見つかって何よりです。

現在判明している分を見る限り、積極的に狙うメリットがあまり見られないエクシーズですが、デッキの性質上このデッキではかなり狙い易くなっています。《墓守の偵察者》、そして今回新たに採用した《ソウル・オブ・スタチュー》─それも《ヴァイロン・プリズム》《ヴァイロン・キューブ》と合わせてシンクロし易くするための採用ですが、どちらもレベル4と《ヴァイロン・ディシグマ》《No.39 希望皇ホープ》共に無理なくエクシーズ召喚することができます。
ただ、やはり現状ではシンクロ─《スクラップ・ドラゴン》《アーカナイト・マジシャン》を出した方が圧倒的に強いので、エクシーズ召喚するのはチューナーがない、もしくはチューナーしかないという時に限られそうです。

エクシーズ召喚

レベルの概念がない
エクシーズ素材があるのはフィールド上でも墓地でもない特別な場所
エクシーズ素材はカードとして扱わない
トークンは素材にできないが罠モンスターは可能

エクシーズの主な特徴はこんなところでしょうか。
レベルの概念がなくなってしまい、シンクロ素材にできないのは仕方ないというか惜しいですね。
前情報ではトークンが使用できるといった噂がありましたが、無事使えないということでホッとしています。

ところで気になるのは、エクシーズ素材が存在するのはフィールド上でも墓地でもないどこかということです。どこかのシロノスさんがエクシーズ召喚を《神の宣告》で無効にされた時、エクシーズ素材を場に残すといったプレイをしていましたが、そんなことはなく、エクシーズ召喚が無効になればエクシーズ素材も墓地へ送られます
ただ、ここで気をつけなければならないのが、この時エクシーズ素材は「フィールド上から墓地へ送られた」扱いではないということ。これは素材を重ねてあるエクシーズモンスターが墓地へ送られる時やエクシーズ素材を取り除く行為と同様で、一度エクシーズ素材にしてしまうと、素材となったモンスターはその「フィールド上でも墓地でもないどこか(エクシーズモンスターの下)」に置かれ、そこから墓地へ送られる場合《クリッター》や《ゴブリンゾンビ》のような「フィールドから墓地へ送られた時に発動する効果」は一切発動することができなくなってしまいます。
また、エクシーズ素材はフィールド上に存在しているわけではないので、《サンダー・ブレイク》で破壊することはできません。

素材の時点ではカードとして扱わないようですが、墓地へ送られる場合、《マクロコスモス》発動下だと除外され、(モンスターとして扱わないので)《次元の裂け目》発動下だと除外されないという裁定も出ているようです。
実際にシンクロもする「ヴァイロン」に搭載し回してみたところ、意外と便利だということが実感できました。4+4でシンクロすることが多いですが、《墓守の偵察者》だけでチューナーがない、逆に《ヴァイロン・エレメント》からの展開でチューナーしかないという時にエクシーズすることで誤魔化しが利くのがいい感じです><*流石にエクシーズ素材を3体も求める《ヴァイロン・ディシグマ》だとアレですが、《No.39 希望皇ホープ》は出し易さもあって、エクストラにピン挿ししておいても良さそうです。

「CS2B」

モンスター(21枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
救世竜 セイヴァー・ドラゴン
黄泉ガエル×2枚
レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター
フィッシュボーグ-ガンナー×2枚
スターダスト・ドラゴン/バスター
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サルベージ・ウォリアー×3枚
グローアップ・バルブ
エア・サーキュレーター×2枚

魔法(14枚)
貪欲な壺×3枚
死者蘇生
思い出のブランコ×3枚
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ワン・フォー・ワン
ブラック・ホール
ハリケーン
おろかな埋葬

罠(5枚)
バスター・モード×2枚
ダメージ・コンデンサー×2枚
サンダー・ブレイク

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
E・HERO セイラーマン
TG ハイパー・ライブラリアン
TG ハルバード・キャノン
TG ブレード・ガンナー
TG レシプロ・ドラゴン・フライ
シューティング・クェーサー・ドラゴン
シューティング・スター・ドラゴン
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
セイヴァー・スター・ドラゴン
セイヴァー・デモン・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
レッド・デーモンズ・ドラゴン


放課後デュエル30回で使用した「トップバーニングマインド」を改良し、《TG ハルバード・キャノン》《シューティング・スター・ドラゴン》《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》以外に、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《セイヴァー・スター・ドラゴン》《セイヴァー・デモン・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン/バスター》《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》も出せるようにしたデッキです。
今まで重い切り札と言えるカードは全てエクストラに入れることが出来るモンスターのみでしたが、バスターを入れることで2種のバスター及び《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》が手札に来るようになって事故が多発するようになってしまいました。まぁロマンを求めるには仕方ないですかね。

新たな装備、セグメント

セグメント
新装備来ました!他のDTテーマは色々と判明していましたが、ヴァイロンは前回のフラゲで来てるので仕方ないですね。(使えるかどうかは別として…)


《ヴァイロン・セグメント》
装備魔法
「ヴァイロン」と名のついたモンスターにのみ装備可能。装備モンスターは相手の魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にならない。フィールド上に表側表示で存在するこのカードが墓地へ送られた場合、自分のデッキから「ヴァイロン」と名のついた魔法カード1枚を手札に加える事ができる。


展開をサポートするようなサポートではないものの、対象を取る魔法罠モンスター効果を完全にシャットアウトする中々に幅広い耐性を持たせることができますね。《ヴァイロン・マテリアル》《ヴァイロン・コンポーネント》でサーチすることが可能で、《氷結界の龍 トリシューラ》や《ブラック・ホール》には対応しなくても《氷結界の龍 ブリューナク》《精神操作》《次元幽閉》といった汎用除去に耐性が付くのはありがたいです。

しかしながら《ヴァイロン・コンポーネント》に続きまた打点が上がりません…。下級は1800や1700、シンクロしても3000を超えるのは《ヴァイロン・オメガ》ぐらいで、地味に困ることが多いんですよね。出来れば200か300ぐらいのパンプアップは欲しいところでしたが…。

今までと同様に墓地へ送られた時のサーチ効果もありますし無理なく採用できそうです。《ヴァイロン・コンポーネント》の枚数を減らし1~2枚程入れるのが無難でしょうか。ほぼ同じ理由で採用していた《禁じられた聖槍》との兼ね合いもありますが……あちらはあちらで《奈落の落とし穴》や《月の書》に強い利点もありますしね。
折角ユニオンで新カードが出るのですから、やはりユニオンサポートか墓地に無理なく落とすサポートが欲しいところです。ヴァイロンのリクルーターや《終末の騎士》があると使い易くなるんですけどね、ユニオン。

「ヴァイロンワーム」

モンスター(18枚)
ワーム・リンクス×3枚
ワーム・ヤガン×2枚
ワーム・ゼクス×3枚
シャインスピリッツ×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・ペンタクロ×3枚
ヴァイロン・スフィア×3枚

魔法(13枚)
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
巨大化
機械複製術×3枚
ブラック・ホール
ハリケーン
カードトレーダー×3枚

罠(9枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告×2枚
くず鉄のかかし×2枚
W星雲隕石×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン×2枚
ヴァイロン・オメガ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク
(ヴァイロン・ディシグマ)
(No.39 希望皇ホープ)


レベル7+《ヴァイロン・スフィア》+《機械複製術》の組み合わせで《ヴァイロン・オメガ》を出すことを狙ったデッキ。レベル7であれば特になんでもいいんですが、今回は特殊召喚し易い《W星雲隕石》を用いたワームギミックを軸としています。

◆オメガへの道
基本的には相手ターンに《W星雲隕石》を発動し、《シャインスピリッツ》を特殊召喚。返しに《機械複製術》で《ヴァイロン・スフィア》を3体並べ、《シャインスピリッツ》 と《ヴァイロン・スフィア》で《ヴァイロン・エプシロン》をシンクロ。《ヴァイロン・エプシロン》に《ヴァイロン・スフィア》2体をチューニングすることで《ヴァイロン・オメガ》になります。
因みに《ヴァイロン・エプシロン》をシンクロした際に《ヴァイロン・スフィア》を装備させることで、経由地点である《ヴァイロン・エプシロン》の効果を発動することが可能です。

◆ギミック解説
基本的にはワームを軸に戦います。《W星雲隕石》はぶっ壊れと言っても過言でないほどのアドバンテージを稼げるカードですので、積極的に《強欲で謙虚な壺》で手札に呼び込みましょう。
《ワーム・ゼクス》を召喚し《ワーム・ヤガン》を落としてセットする流れに《W星雲隕石》を絡めることで、相手の行動に合わせて《ワーム・ヤガン》のバウンス効果を発動させたり、《ワーム・ヤガン》が表になることで《ワーム・ゼクス》が戦闘で破壊されなくなったり……2体とも生き残れば2ドローしつつ《シャインスピリッツ》 を特殊召喚することができます。

近況報告

皆さんご自宅は大丈夫でしたか。
我が家は1階ということもあって、机の端に置いてあったカードが散乱したり、カラーボックスに無理やり並べてたビデオテープが落ちてたりするぐらいで、棚類のものは何一つ倒れず吹っ飛ばず…でした。

因みにバイト先の某黄色い看板の本屋は、雑誌が散乱したぐらいで、翌日普通に営業でした。
ただ、無事だったのは自分が働く店舗だけらしく、他の店舗は営業すらできなかったとか。
結局その日は節電のために19時で閉店しましたが…まぁ本屋なんてやってもアレですしね。

もうひとつうp予定の動画がありますが、地震の慌ただしさが収まった頃に上げたいと思います。
コナンが完結するまでは死ねません><
皆さまの無事と被災地の一日でも早い復興を祈ります。

放課後にデュエルしてみた30



何だかんだで今年初うpになります。あけまして(ryですね;
対戦カードは【ロード・オブ・シンフォニア】VS.【トップバーニングマインド】となってます。
一応シェーラのデッキも変わっているのですが、今回の動画では一部しかお見せできてないのでそのままにしてあります。(気分次第で変わるかもですが><)
自分のデッキの方は、このブログ見てくださってる方は分かるかとは思いますが、先日載せた「アクセルシンクロジェネクス」を《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》も出せるようにエクストラをちょっと改良したものになっています。

それと今回は初の我が家での撮影です。(むかーし一瞬だけうpしたことはありますがw)
学校では2時間弱ぐらいしかなかったのに対して、家では体力が持つ限り撮影できるのがいいですね、やっぱ。難題だった撮影方法も、ちょっと長めのテーブルの端にビデオテープを重ねることで解決できましたw
まだ確認してませんが、もう1,2本うpできそうなのがあるので、時間がある時にうpできればと思います(`・ω・')

エクシーズシステム

エクシーズ登場となるスターターデッキ2011の発売が来週末とあと僅かです。
それに合わせてエクシーズに関する情報も色々と出ているようですね。

1、エクシーズはエクストラデッキに。
2、レベルの代わりにランクがあり、レベルに関する効果は適用されない。
3、同レベルのモンスターを指定数重ねてエクシーズ召喚。
  その際素材のカードはエクシーズモンスターの下に置く。
4、素材はフィールド上のカードとして扱わない(破壊やリリースできない)。
5、素材を取り除く場合、フィールド上から墓地へ送る扱いではない(召喚を無効にされたような状態)

そして気になるのは赤文字にした「フィールドから墓地へ送る扱いではない」という部分。
これって結果的に墓地へ送られるため《ダンディライオン》の効果は発動するものの、《クリッター》や《ヴァイロン・プリズム》のようなフィールドから墓地へ送られることで発動する効果は発動しない、ということですよね…。そうだとしたら大番狂わせです><
《ヴァイロン・エレメント》からの複数展開からエクシーズ、そしてエクシーズ素材をコストに効果を発動し、更にはヴァイロンチューナーの効果も発動する…そんな目論見だったんですが、これだと無理そうです><;うーん、適当な攻撃を《ヴァイロン・プリズム》をコストに《No.17 希望皇ホープ》で防ぎ、《ヴァイロン・プリズム》を装備し高打点で殴る─そんなトリッキーな動きが出来て面白そうだったんですが、ますますシンクロの方が良くなってしまいますね…。

エクシー…ユニオン?

《ヴァイロン・ディシグマ》
ランク4/光属性/天使族/攻2500/守2100
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、相手フィールド上に表側攻撃表示で存在する効果モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。このカードが、この効果で装備したモンスターカードと同じ属性のモンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わずそのモンスターを破壊する。

ついに効果が判明しました《ヴァイロン・ディシグマ》。なんとエクシーズ素材にレベル4モンスターを3体も要求します。《ヴァイロン・オメガ》に続いてこれとは相変わらず重いですね…。効果の方は某書き込みにもあったように《サクリファイス》と《A・O・J カタストル》を足したような感じです。攻撃表示の効果モンスターと縛りはありますが、きっと問題はないでしょう。あるとすれば《ゴヨウ・ガーディアン》の枠に入ってくるであろう《大地の騎士ガイアナイト》が装備できないくらいでしょうか。そして装備したモンスターと同属性のモンスターを効果破壊する─最近では属性が統一されているデッキが多いので腐ることは少なそうです。
とは言いつつもレベル4モンスター3体を消費してまで出す価値はあるのでょうか。勿論代償ガジェットなどチューナーを必要としないので、そういう意味では強いかもしれませんが、個人的にヴァイロンでレベル4が並べられる状況ならシンクロした方が強いように思えます。


《ヴァイロン・テセラクト》
星4/光属性/機械族・ユニオン/攻 800/守 600
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールド上の「ヴァイロン」と名のついたモンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、自分の墓地のレベル4以下の「ヴァイロン」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

何故ユニオンになったし。ユニオンには《ゲットライド!》というそこそこ優秀なサポートがありますが、それにはユニオンを墓地に落とさないといけないという難関があってだな…。とりあえずここでは置いておいて効果の方を見ていきましょう><;装備モンスターが戦闘破壊すると…という不安な発動条件ですが、墓地の下級ヴァイロンを蘇生できるという中々に便利なものです。どこかの《トライゴン》を髣髴とさせますね。まず思いつくのは、《ヴァイロン・プリズム》に《ゲットライド!》で装備し、相手モンスターを戦闘破壊して《ヴァイロン・テトラ》を蘇生。このカードの装備を解除することで《ヴァイロン・オメガ》へと繋げることが可能です。デッキによってはレベル3チューナーの《ヴァイロン・キューブ》や《ヴァイロン・ステラ》2体でもいけますね。


《ヴァイロン・ペンタクロ》
星4/光属性/機械族・ユニオン/攻 500/守 400
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールド上の「ヴァイロン」と名のついたモンスターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で装備カード扱いになっている場合のみ、装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する事ができる。(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

ヴァイロンユニオンその2。こちらは装備モンスターが戦闘破壊をすることで相手フィールド上のカードを1枚破壊することができます。《ヴァイロン・テセラクト》と違い、シンクロやエクシーズに繋げづらいものの、墓地が肥えていない序盤から使っていけるメリットがあります。そしてこのカード最大の利点は《機械複製術》に対応しているというところでしょう。つまりこのカードと《機械複製術》からレベル4のモンスターが3体並び、即座に《ヴァイロン・ディシグマ》に繋げることができるのです。レベル7モンスターと合わせると《ヴァイロン・オメガ》に繋げられる《ヴァイロン・スフィア》と《機械複製術》を共有することができるため、新たな構築が可能かもしれません。ただ、個人的に《機械複製術》は事故と隣り合わせということであまり好きではないんですよね。《機械複製術》する前に2枚引いてしまい、手札には通常召喚するしかできないモンスターが2体…そんな悪い未来しか見えず、、。


《ヴァイロン・スティグマ》
星4/光属性/天使族/攻1600/守1000
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する「ヴァイロン」と名のついた装備カード1枚を、他の正しい対象となるモンスター1体に移し替える事ができる。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

《ヴァイロン・マテリアル》のような装備魔法を始め、装備カード扱いとなった《ヴァイロン・プリズム》も装備対象を移し替えられそうですが、正直今のヴァイロンにはそんなことをする余裕も必要性もないです。相手ターンにできるといっても要は展開しつつこのカードも出さないと機能しないわけで。


◆総括
期待の新規カードでしたが、何とも言えない微妙な印象です。まず、チューナーとは比較にならない固さのユニオンで出されてしまった残念感。XYZのような融合体もいないので《E・HERO プリズマー》では落とせず、かといって《スクラップ・リサイクラー》や《ファルシオンβ》はシナジーがないしで困ったものです。手札に来られても特殊召喚できるヴァイロンは現在存在しないので、動き辛くなる要因にしかならない…。今のところ《シャインエンジェル》で呼ぶのが一番良さそうですが、それじゃあ《ゲットライド!》まで採用してられなさそうですし。どうしたものか…。今回の判明は一部で、ユニオンのサポートか特殊召喚を可能にする魔法カードあたりに期待……ですね><

「アクセルシンクロジェネクス」

モンスター(22枚)
魔轟神獣キャシー×2枚
黄泉ガエル×2枚
フィッシュボーグ-ガンナー×2枚
バトルフェーダー×2枚
ネクロ・ガードナー
ドラゴン・アイス
トラゴエディア
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
サルベージ・ウォリアー×3枚
クリッター
エフェクト・ヴェーラー

魔法(13枚)
貪欲な壺×3枚
死者蘇生
思い出のブランコ×3枚
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ブラック・ホール
サイクロン
エネミーコントローラー

罠(5枚)
激流葬
ダメージ・コンデンサー×2枚
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライアーム
TG ハイパー・ライブラリアン
TG ハルバード・キャノン
TG ブレード・ガンナー
TG レシプロ・ドラゴン・フライ
シューティング・スター・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
フレイム・ゴースト
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


クリアマインドの境地へ達するための「ジェネクス」。
先日載せた「ジェネクス2011」のアクセルシンクロ特化型です。
アクセルシンクロするためには、《フォーミュラ・シンクロン》《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》に繋げる「黄泉ボーグ」のコンビが必須となるため、《黄泉ガエル》《フィッシュボーグ-ガンナー》をそれぞれ2積みし、《ジェネクス・ウンディーネ》及び《ダメージ・コンデンサー》で全力で揃えます。

◆《A・ジェネクス・アクセル》+《フォーミュラ・シンクロン》+《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》
「黄泉ボーグ」によって《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》を作り、《A・ジェネクス・アクセル》の効果で《フォーミュラ・シンクロン》を蘇生。《A・ジェネクス・アクセル》と《フォーミュラ・シンクロン》で《TG ブレード・ガンナー》を召喚。《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》の効果で蘇生制限を満たした《TG ブレード・ガンナー》を墓地におきつつ、戻ってきた《A・ジェネクス・アクセル》《フォーミュラ・シンクロン》とともに《TG ハルバード・キャノン》へと繋げます。
※《A・ジェネクス・アクセル》は「黄泉ボーグ」時の2体目の《フィッシュボーグ-ガンナー》や《バトルフェーダー》をリリース要因に《サルベージ・ウォリアー》から。もしくは《簡易融合》+《ジェネクス・コントローラー》でシンクロ召喚します。また、《A・ジェネクス・アクセル》を《スターダスト・ドラゴン》にすることで、《シューティング・スター・ドラゴン》を召喚することが可能です。

テトラ裁定三度

《ヴァイロン・テトラ》の裁定を確認するのもこれで3度目です…。
そろそろ確定してほしいものですが、果たして…?

Q.
装備カードの状態の《ヴァイロン・テトラ》と装備モンスターが《終焉の王デミス》や 《ブラック・ローズ・ドラゴン》等の対象を取らない全体除去効果で同時に破壊される場合に、《ヴァイロン・テトラ》だけを代わりに破壊し装備モンスターをフィールド上に残すことはできますか?
A.
「終焉の王デミス」や「ブラック・ローズ・ドラゴン」の効果によって装備モンスターと 装備カード扱いの「ヴァイロン・テトラ」が破壊される場合、装備モンスターの代わりに「ヴァイロン・テトラ」を破壊して、「ヴァイロン・テトラ」を装備していたモンスターをフィールド上に残す事ができます。

これは今まで通りですね。やはりユニオン裁定で確定っぽいです。
単純に「守れない」→「守れる」なので嬉しい裁定です。さて問題は次、です。

Q.
装備カードの状態の《ヴァイロン・テトラ》と装備モンスターが《ゴッドバードアタック》や《剣闘獣ガイザレス》等の効果で同時に対象を取られ破壊される場合に、《ヴァイロン・テトラ》だけを代わりに破壊し装備モンスターをフィールド上に残すことはできますか?
A.
この度頂きましたゲームルールに関するお問い合わせの件につきましては(ry

引き続き調整中でした^q^
《ヴァイロン・テトラ》装備してる時に《ジャンク・デストロイヤー》出されたらどうすんねーんって話しなわけですよ。因みに《強化支援メカ・ヘビーウェポン》も調整中です。うーん…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。