異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2011年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年04月
ARCHIVE ≫ 2011年04月
      

≪ 前月 |  2011年04月  | 翌月 ≫

スリーブガチ勢

いざ2重スリーブに

3重スリーブの今、一番外側で使ってるKMCスリーブの不安定さ(ものによってサイズ・裁断面が疎ら、ものによって破け易い)から、スリーブの構成を変えることにしました。
買ってきた(注文した)のはおやつSとUltra・PROのぴったり+遊戯サイズの組み合わせです。この組み合わせは評判いいみたいで、よく大会の動画等で見かけますね。スリーブ左上の丸いシールみたいなものが何か今まで疑問でしたが、まさかロゴとは…正直驚きです。

3重から2重へ

さて、実際に変えて見るとこんな感じです。
従来の遊戯↑おやつY↓KMC↑の構成を、おやつS↓ウルトラプロ↑に変更。
スリーブが1つ減ったということもあってカードイラストが鮮明ですね。カード自体もかなり薄くなって多少のペラペラ感がきになりますが、一周り小さくなって扱い易くなった印象です。(まだ慣れないですけどね)
ただひとつ、ぴったりサイズのスリーブを使う上で気をつけなくてはいけないのが、9弾以降のDT仕様のカードで、乾燥した肌でもないと表面を触っただけで指紋が付いてしまいます。ぴったりスリーブは出し入れに多少力がいるだけに持つところを注意しないといけませんね。ただそれだけが難ですが、あとは中々いい感じです。シャカパチも静かですしねw

閃いた!

と思ったんだ。

1、《ヴァイロン・テセラクト》に《ヴァイロン・マテリアル》を装備
2、《ヴァイロン・エレメント》を発動
3、《魔導戦士 ブレイカー》を召喚
4、《魔導戦士 ブレイカー》で《ヴァイロン・マテリアル》を破壊
5-1、《ヴァイロン・エレメント》で《ヴァイロン・プリズム》をリクルート
5-2、《ヴァイロン・マテリアル》で《ヴァイロン・マテリアル》をサーチ
6、《魔導戦士 ブレイカー》と《ヴァイロン・プリズム》で《スクラップ・ドラゴン》特殊召喚
7、《ヴァイロン・プリズム》を適当なモンスターに装備
8、《ヴァイロン・テセラクト》に《ヴァイロン・マテリアル》を装備
9、《スクラップ・ドラゴン》で《ヴァイロン・マテリアル》を破壊
10-1、《ヴァイロン・エレメント》で《ヴァイロン・テトラ》をリクルート
10-2、《ヴァイロン・マテリアル》で《ヴァイロン・ポリトープ》をサーチ
11、《ヴァイロン・ポリトープ》で装備状態の《ヴァイロン・プリズム》を特殊召喚
12、《ヴァイロン・テセラクト》《ヴァイロン・プリズム》《ヴァイロン・テトラ》でシンクロ《ヴァイロン・オメガ》!

レベル4非チューナーヴァイロンがいる状態から《魔導戦士 ブレイカー》《ヴァイロン・エレメント》ヴァイロン装備が揃えば比較的ハイブリットに《ヴァイロン・オメガ》へアクセスできる手段。
《スクラップ・ドラゴン》《ヴァイロン・エレメント》や《アーカナイト・マジシャン》《ワンダー・ワンド》の流れを一切邪魔することなくデッキに組み込める─1つの戦術としていい感じだと思った。

が、それは不可能なアイデアであった。何故なら「6」のところ、《スクラップ・ドラゴン》をシンクロ召喚しているが、《ヴァイロン・エレメント》でリクルートしたチューナーはヴァイロンと名のついたシンクロモンスターにしか使えないのだ。
元は《ヴァイロン・ハプト》設定で、《ヴァイロン・ハプト》場に留めるの難しいなぁと思ったが、最後にサーチするのを《ヴァイロン・ポリトープ》にすることで解決できることにも歓喜した。何より新規カードの使い道を見出せたようで嬉しかったのだ。しかしこの喜びも数分後には《ヴァイロン・エレメント》の誓約によって消え去っていたのだった。めでたくない。

Q.確認作業を進めてますか?A.調整中

Q.
《ブラック・ガーデン》が発動している時に《魔導戦士 ブレイカー》を召喚しました。チェーン1《ブラック・ガーデン》チェーン2《魔導戦士 ブレイカー》とチェーンを組んだ場合、《魔導戦士 ブレイカー》の攻撃力はいくつになりますか?
A.
《魔導戦士 ブレイカー》の召喚に成功した時に、《ブラック・ガーデン》の効果にチェーンをして、魔力カウンターを置く効果を発動した場合、魔力カウンターが置かれる事によって攻撃力が1900になった後、《ブラック・ガーデン》の効果によって半分となり、攻撃力は950になります。

Q.
逆にチェーン1《魔導戦士 ブレイカー》チェーン2《ブラック・ガーデン》とチェーンを組んだ場合はいくつになりますか?また、上記の処理後《魔導戦士 ブレイカー》の起動効果を使用し、魔力カウンターを取り除いた場合、攻撃力は変化しますか?
A.
《魔導戦士 ブレイカー》の召喚に成功した時に、魔力カウンターを置く効果の発動にチェーンをして、《ブラック・ガーデン》の効果を発動した場合、攻撃力が1600の半分になった後、魔力カウンターが置かれますが、攻撃力は800のままとなります。また、その後に魔力カウンターが取り除かれた場合でも、攻撃力は800のままとなります。

まずは《魔導戦士 ブレイカー》と《ブラック・ガーデン》の関係性についてです。Wikiの《ブラック・ガーデン》の半減効果適用後、永続効果による攻守増減は発生しないというところの確認ですね。
《魔導戦士 ブレイカー》《ブラック・ガーデン》共に強制効果なので、好きな順番でチェーンを組むことができ、それによって攻撃力が950又は800と変わってきます。


Q.
《ブラック・ガーデン》が発動している時、《血の代償》などで1回のチェーンに複数のモンスターを召喚(特殊召喚)した場合、ローズトークンは複数特殊召喚されますか?
A.
調整中

Wikiには半減効果が適用されるかしか書かれていなかったので確認。
《ブラック・ガーデン》は召喚特殊召喚時に強制的に発動するものなので、《血の代償》→《ブラック・ガーデン》→《血の代償》→《ブラック・ガーデン》とチェーンを組むのかと思いきや調整中を頂いちゃいました。
ひとつのチェーン上で《ブラック・ガーデン》が複数回発動するのか分からないじゃないですかー。


Q.
《ブラック・ガーデン》と《ヴァイロン・エレメント》2枚が発動されている時に、《サイクロン》でヴァイロンと名のついた装備カードを破壊しました。この場合、《ヴァイロン・エレメント》の効果によって1回のチェーンで複数のモンスターが特殊召喚されますが、ローズトークンは何体特殊召喚されますか?
A.
調整中

《血の代償》とは違く、特殊召喚する効果が同時に発動した場合についても聞いてみました。
が、これも調整中。おいおいこれじゃぁ《ブラック・ガーデン》使えないじゃないか…。


Q.
装備カードの状態の《ヴァイロン・テトラ》と装備モンスターが《ゴッドバードアタック》や《剣闘獣ガイザレス》等の効果で同時に対象を取られ破壊される場合に、《ヴァイロン・テトラ》だけを代わりに破壊し装備モンスターをフィールド上に残すことはできますか?
A.
調整中

ずっと調整中だったこれも、そろそろ回答してくれるかなーと思いきややはり調整中。
《ヴァイロン・テトラ》で《ジャンク・デストロイヤー》から守れるか早く決めてほしいものですよ。

熱かった2年間。そして…

いつの間にやら「遊戯王で放課後にデュエルしてみた」2周年です!
ちょうど2年前の今日が第1回の投稿になるんですね。(実はそれ以前に上げたこともありましたが)
まだ2年もたったように感じません(笑)
しっかし上げ始めて2年も経つのに、動画数が30とはおかしいですねーwあんるぇ?

自分らが動画で上げて見ようと思った切っ掛けは三河の奥地で闇のゲームさん。
他には普通のデュエルさん、ちょっと遅れて効果音デュエルさんが好きになっていきましたねー。

ちょうど上げ始めたのは高3かぁ…懐かしい。
今ではもうお互い進路も違く、”放課後”ではなくなってしまいましたが、暇を見つけて撮影していきますので、これからも放課後デュエルをよろしくお願いします!(`・ω・´)

タイトルはそのままでいいかなあー。

Hey!Your cool G!

やだこのゴキブリイケメン…///

《インヴェルズ・ローチ》
ランク4/闇属性/悪魔族/攻1900/守 0
レベル4モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、レベル5以上のモンスターの特殊召喚を無効にし破壊する。

フラッと本屋に立ち寄ったら売ってたので買ってきましたーオーバーレイガイドです。
発売予定日は確かDT稼働と同じ26日だった気がしますが…もう売られてるんですね。
ゴヨウ、黒薔薇、ガジャルグ、アクセルと優秀なモンスターが収録される中で前回(アクセラレーションガイド)は《ヴァイロン・デルタ》と残念な感じでしたが、今回のカードは中々に優秀です。
情報が出てるエクシーズの中では一番強いかもしれませんね。

効果は、レベル5以上のモンスターの特殊召喚を無効化するというもの。
《No.39 希望皇ホープ》に比べて低ステータスですが、自身の効果により補えます。
《カードガンナー》の採用率が高い昨今ですが、基本的に1900を超えるステータスは上級モンスターですし、アドバンス召喚が衰退してる今では大抵のモンスターは潰せると考えて良さそうです。
(過信は出来ませんが)このカードを立てておくだけで《ブラック・ローズ・ドラゴン》《氷結界の龍 トリシューラ》されないと考えれば強く見えてきますね。
このカードの登場で《No.39 希望皇ホープ》をリストラするデッキも多いのではないでしょうか(笑)

敗因の追及

いつの間にか自信を持って”デッキ”と呼べるのがユニオンヴァリーだけになってしまいました。
ゼータは新規カードでの改良の途中とは言え、ほぼ未改良のヴァイロンが紙束状態に。
構築練るのをやめたってことは、とりあえずはその型で安定して戦えるようになったから…のはずなんだけどなぁ。

今のところ《墓守の偵察者》と《ヴァイロン・キューブ》による《アーカナイト・マジシャン》《ワンダー・ワンド》、《スクラップ・ドラゴン》《ヴァイロン・エレメント》の2つのコンボを軸にした構築…のはずが《墓守の偵察者》スタートが成功しない限り全くもって成立しないんですよね。
また、負ける原因の一つとして個々の能力の低さもあると思われます。例えば手札がモンスターばかりになってしまうと、通常召喚権の足りなさ+召喚条件の整わないそれ補う特殊召喚モンスターで手札が事故り、はたまた魔法罠ばかりになってしまうと、今度はモンスターの個々の能力の低さでサポート追いつかず戦闘負けしてしまいます。

─とここまで負ける要因が分かっているにも関わらず、
どう改良していいものか分からないんです><;
特殊召喚サポートを増やす、バックを強くする─色々と強化する方法はありますが、もう何が相性いいのかどうしたら強い流れが組めるのかが感覚的にも分からなくなってる気がします…。
《ブラック・ガーデン》や《スクラップ・リサイクラー》等色々と試してはいるんですが、どうしても墓守、装備魔法、エレメントからのチューナー、天敵であるぶっぱから身を守るカウンター…とスペースがキツキツで。新規でユニオン来たところで入れるスペースがないんですよね。チューナー抜くとユニオン入れる意味ないし、墓守抜いたら目玉である《ヴァイロン・キューブ》とのシナジーもなくなるしで限界を感じる今日この頃です…。

新たな異次元竜

海竜ェ

《虚空海竜リヴァイエール》
ランク3/風属性/水族/攻1800/守1600
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、ゲームから除外されている自分または相手のレベル4以下のモンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚する。

今パック「GENF」で最も期待の持てる一枚です。
除外、もしくは除外されたカードを利用するギミックが好きな自分としては、シンクロが出た頃から待ち望んだ帰還効果内蔵のメインデッキに入れる必要のないモンスターです。
特に指定のない帰還カードと言えば《D・D・R》《異次元からの帰還》ぐらいで、変わったところで《次元誘爆》等、制限カードであったりコストや発動条件で使い辛かったりするものが多く、満を期しての登場ですね。

さて効果を見てみると、エクシーズ素材を取り除くことでレベル4以下のモンスターを帰還させられることができます。発動コストのエクシーズ素材を取り除くというものは、ノーコスト同然でこれはシンクロモンスターにはない利点ですよね。数が限られているとはいえ、自身のステータス相まって2回も発動できればいい方です。逆に言えば、ノーコスト同然なため、生き残ればかなりのアドバンテージに繋げられます。《カオス・ソーサラー》や《サイバー・ヴァリー》、最近では《A・ジェネクス・バードマン》など、除外ギミックはいくらでも組めます。中でも《D-HERO デビルガイ》はこのカードのエクシーズ素材にできることもあって、疑似コントロール奪取に繋げたりと最高の相性ですね。

しかしながら、このカードが使い辛いところはランク3というところにあって、自分のデッキの場合、一工夫しないと出すのにも一苦労です。レベル3は《魂を削る死霊》や《カードガンナー》など一部に優秀なモンスターはいるものの、《墓守の偵察者》のようなステータスに恵まれ展開に長けたモンスターは少ないように思えます。ここが難点ですかね。基本的にデッキのアタッカーや軸となるモンスターはレベル4ですし。《A・ジェネクス・バードマン》特殊召喚から《異次元の一角戦士》でレベル3モンスターを帰還─なんて流れは、このカードの帰還効果から次に繋げ易そうですね。

◆総括
ほぼノーコスト帰還効果内臓と、効果は強力なものの下級モンスタークラスの低いステータス、他のランクに比べて出し辛いランク3という点でうまく調整されている感じです。使ってみるとやはりステータスの低さが目立ち、帰還効果を使える場面でも帰還できるのはレベル4以下と《氷結界の龍 ブリューナク》の方が良さそうな場面も多々あり、このカードを使うには「このカードである必要のあるフィールド」を作っていく必要がありそうです。

使い捨てプリズマー

《E・HERO プリズマー》─。
ユニオンヴァリーことXYZデッキでは、各種パーツをデッキから引き出す潤滑油として重要な位置にいるモンスターです。単体ではバニラ同然、ユニオン装備したとしても攻撃力2000ちょっとにしかならないX,Y,Zたちをピン挿しで抑えられるのもこのモンスターがいるからです。

◆サーチカードは何枚?
現在は《増援》と《ヒーロー・アライブ》の2枚。本体3積みと合わせての計5枚積みです。
しかしながら《E・HERO プリズマー》は極力序盤─初手で出していきたいモンスターです。後のドローで手札に来てほしくないパーツを引く確率も下がりますし、《強欲で謙虚な壺》でめくられるカードもより充実しますからね。
しかし5枚積みでは必ずしも初手で来るとは限らず、《E-エマージェンシーコール》の存在からも出来ればあと1,2枚は増やしたところです。が、《増援》《ヒーロー・アライブ》含めどれもサーチ先が《E・HERO プリズマー》しかないのはどうなんでしょう。

◆プリズマーは維持する?使い捨てる?
《E・HERO プリズマー》をどうやって運用していくかです。落とす対象はもちろんXYZなんですが、《E・HERO プリズマー》自身高いとは言えない攻撃力ですし、単純に召喚したのではすぐ戦闘破壊され効果も一度しか使えず仕舞いです。やはり落とさないといけないモンスターが3体はいる以上、2回以上の効果の発動を序盤で狙っていきたいところです。
そのためには《月の書》《奈落の落とし穴》で守るというのがシンプルかつ有効です。これは《次元幽閉》を1枚入れるだけでも良いように思えます。
また、もう一つの手段として使い捨てるという手も考えられます。非力な召喚誘発系のモンスターと相性のいい《アンノウン・シンクロン》を入れることでレベル5のシンクロモンスターになってしおうというものです。もちろんこれでは《E・HERO プリズマー》の効果は一回しか使えなので、後にまた《E・HERO プリズマー》を召喚する必要が出てきますが、これはサーチカードを増やすことで初手から《E・HERO プリズマー》を召喚していく戦術の場合に有効だと思います。「初手から《E・HERO プリズマー》を出していきたい。でもそれだと手札に《E・HERO プリズマー》がかさばってしまう」そんな問題を《アンノウン・シンクロン》なら解決してくれるのではないでしょうか。まぁ今度は効果を一度しか使えない《アンノウン・シンクロン》を何入れるのかって問題が浮上するんですけどね!

◆結局どうすればいい?
サーチカードが少ないと初手で出していけない。かといってサーチカードを増やすと手札でかさばる。そんな問題を《アンノウン・シンクロン》が解決してくれたかと思えたけどそうでもなかった。これはもうこの問題に焦点を合わせて答えを導き出せるまでデッキを回すしかないんですかね。
《次元幽閉》あたりを入れ《強欲で謙虚な壺》で頑張るしかないのでしょうか。《強欲で謙虚な壺》は《強欲で謙虚な壺》で《封印の黄金櫃》を選んでいきたいですからね…うーむ。

ポリトープの可能性

フラゲの一片
皆さんもうご存じかと思いますが、フラゲ来ました!ヴァイロンの新サポートです。

《ヴァイロン・ポリトープ》速攻魔法
装備カード扱いとして自分フィールド上に存在する「ヴァイロン」と名のついたモンスターカードを任意の枚数選択して発動する。選択したカードを表側守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合ゲームから除外される。

《ヴァイロン・ハプト》の魔法カード版ですね。
画像を見る限り、装備化となった《ヴァイロン・テセラクト》等を特殊召喚しよう!みたいなノリで紹介されてますが、それだったらユニオン自身の効果で特殊召喚すればいいですよね。装備状態にしたターンと言えど、特殊召喚手段が貧しいヴァイロンでは、ユニオンモンスターを通常召喚しユニオン装備すること自体も出来るか怪しいもので、そもそもこのカードを使ってまで装備を解除したいという場面なんて早々来るものではないように思います。
一応、《シャインエンジェル》から《ヴァイロン・テセラクト》をリクルート。返しに《ヴァイロン・プリズム》あたりを特殊召喚し、《ヴァイロン・テセラクト》を装備。相手モンスターを戦闘破壊し《ヴァイロン・テトラ》を蘇生─となれば、《ヴァイロン・オメガ》を特殊召喚するためにこのカードが欲しいと思えますが…。特殊召喚したモンスターが除外されてしまうのも《ヴァイロン・ハプト》との差別化を難しくさせます。「任意の枚数選択し─」と複数展開できる可能性がありますが、複数の装備だなんて…。

そんなこんなで、このカードをうまく使えるシチュエーションが中々思い浮かびません><;
個人的には自身で装備解除できる《ヴァイロン・テセラクト》らより、《ヴァイロン・プリズム》のような11弾で出たチューナーたちの方が使いやすいようにも思えますが…普通にビートしてるだけでは《トラゴエディア》《ダメージ・コンデンサー》でも使わない限り装備カード化されることなんてないでしょうしねぇ…(単純に並べては装備化の効果のない方を狙われる)。
今自分が組んでる構築では、基本的に《ヴァイロン・ハプト》で解除する、もしくは《スクラップ・ドラゴン》《サイクロン》で破壊し《ヴァイロン・エレメント》のトリガーにすることが多く、このカードが入ってる前提で回しても欲しいと思える場面が殆どないのが現状です。
唯一相性がいいのが《ヴァイロン・オメガ》で、シンクロ召喚時にチューナーを装備、《ヴァイロン・オメガ》の効果で《ヴァイロン・ハプト》を装備。このカードで《ヴァイロン・ハプト》の装備を解除し、更に《ヴァイロン・ハプト》の効果で装備したチューナーモンスターの装備を解除─なんて流れが組めますが、そうすると逆に《ヴァイロン・オメガ》の効果の発動コストがなくなってしまう欠点もあります。

ただ、この手のカードに課せられる「必要な時に引けない」という問題もヴァイロン装備各種でサーチができるためピン挿しでも機能するのが本当に便利で強いです。枚数的にもヴァイロンの新規はこれで最後…ですかねぇ。因みに「ポリトープ(polytope)とは二次元の多角形、三次元の多面体を一般次元へ一般化した図形を指す。」ということみたいです。かっこいいですね、”次元”という単語がもうw

Psychic Shockwave

サイキックウェーブ

「Psychic Shockwave」通常罠
相手が罠カードを発動した時に発動する事ができる。手札の魔法または罠カード1枚を捨て、自分のデッキからレベル6の闇属性・機械族モンスター1体を特殊召喚する。


海外版EXTREME VICTORYに収録される新規カードです。
イラストから見るに、《人造人間-サイコ・ショッカー》のサポートとしてデザインされてるようです。
が、《W星雲隕石》のように名指しではなくレベル6闇属性・機械族としか表記されてなく《人造人間-サイコ・ショッカー》の他にも《タイム・イーター》や《巨大戦艦 ビッグ・コア》等を特殊召喚することができますね。
特に《巨大戦艦 ビッグ・コア》の特殊召喚が可能ということで、通常召喚ができない場面が出てくる「巨大戦艦」デッキでは重宝されそうですね。特殊召喚が可能なモンスターのバリエーションが少ないとはいえ、デッキからの特殊召喚と最高のサポートとなりえます。
来日するのはかーなーり先ですが、公式では使えないだけなので、手に入れる機会があれば是非とも使ってみたいですね。

新たな時代へ

まずはじめに、最近更新停滞気味で申し訳ないです><;
新学期というか新生活というか、遊戯王じゃない方の環境の変化で忙しいこともあってブログ更新が覚束ない状態です。というのも中々遊戯王できてないんですよね…。暇を見つければ改良案を模索してますが、新デッキまでには手が回りませぬ;
落ち着くまでしばらくはこんな状況が続きそうです…。

そんな状況ですが、4月の後半にはGENF、DT12、HA04と発売ラッシュがあります。
特にDT12では(かなり数は出てしまってますが)ヴァイロンのサポートに期待ができますし、HA4が発売されれば「ユニオンヴァリー」で唯一反らない《A・ジェネクス・バードマン》を反らせることができ、完全ホイル化計画が完了されます!
ただ《A・ジェネクス・バードマン》はDT8が絶版なのも合わせて価格が1k越えるので、シクレアとかで収録されればそれなりの値段になりそうですけどね…。《魔轟神クルス》程度で落ち着いてくれることを祈るばかりです。

生活はバタバタとしてますが、遊戯王の新情報新商品はどんどんとリリースされます。
デュエルご無沙汰とはいえ、置いてかれないようにガツガツ触っていきたいですね。