異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2012年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年07月
ARCHIVE ≫ 2012年07月
      

≪ 前月 |  2012年07月  | 翌月 ≫

2012.9 制限改訂予想

特に書くネタもないので。

「新禁止」
《E・HERO エアーマン》
《クリッター》
《血の代償》

「新制限」
《甲虫装機 センチピード》
《ラヴァル炎火山の侍女》
《レスキューラビット》
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《発条空母ゼンマイティ》
《召集の聖刻印》

「新準制限」
《Tour Guide From the Underworld》
《デブリ・ドラゴン》
《ローンファイア・ブロッサム》
《サイクロン》
《月の書》
《貪欲な壺》
《ワン・フォー・ワン》

「制限解除」
《召喚僧サモンプリースト》
《ネクロ・ガードナー》
《デステニー・ドロー》
《レベル制限B地区》

装備カードとSTP

Q.
《スペースタイムポリス》の効果によって魔法罠カードゾーンに
置かれた《宝玉獣 サファイア・ペガサス》をゲームから除外しました。
《スペースタイムポリス》がフィールドを離れた場合、
この《宝玉獣 サファイア・ペガサス》はどうなりますか?

A.
「スペースタイムポリス」の効果が適用された
「宝玉獣 サファイア・ペガサス」は、モンスターカードとして
相手フィールド上にセットされます。

Q.
《スペースタイムポリス》の効果によって装備カード扱いになっている
モンスターカードを除外しました。
《スペースタイムポリス》がフィールドを離れた場合、
その除外したモンスターはどうなりますか?

A.
装備カード扱いとなっているモンスターが、「スペースタイムポリス」の
効果によって除外された場合は、
モンスターカードとして相手フィールド上にセットされます。

なるほど。魔法罠カードゾーンにセットするわけにもいかないし、除外されたままなのかとも思いましたが、モンスターとしてモンスターカードゾーンにセットされるようです。
おまけ。

Q.
《超銀河眼の光子龍》の効果によって効果が無効になった
《宝玉獣 サファイア・ペガサス》をその効果で魔法罠カードゾーンに
置くことは可能ですか?

A.
「超銀河眼の光子龍」の効果によって無効化されている場合、
「宝玉獣 サファイア・ペガサス」を永続魔法扱いとして
魔法&罠カードゾーンに置く事はできません。

Wikiにも《超銀河眼の光子龍》の無効化効果を受けた《スターダスト・ドラゴン》の効果は無効化されるとあったので確認だったんですが、《超銀河眼の光子龍》の効果は《スキルドレイン》や《デモンズ・チェーン》ではなく、《エフェクト・ヴェーラー》《禁じられた聖杯》と同じ拘束力があるようです。
意外と強かった。

ABYR発売日ということで

今回は欲しいカードと言えば《H-C ガーンデーヴァ》ぐらいでしたが、シャークドレイクバイスのスリーブが格好良かったのでそれを買うべくGAOV以来朝から秋葉に行ってきました。

ドレバスリーブ

というわけで購入物はスリーブのみ。かっこええ。
以前はまとめ買いできたカーキンがひとりひとつまでになっていたので、隣のゲーマーズでまとめて購入。夕方にもレートを見るために秋葉へ行ったんですが、購入制限してるわりには制限のない店でも結構売れ残っているようでした。《超銀河眼の光子龍》の時は速攻で売り切れてたんですけどね。そんなに微妙ですかね、ドレイクバイス。

今回のトップレアは《クイーンマドルチェ・ティアラミス》が1600前後。
次いで《ガガガガンマン》は1500前後という感じでした。高いところだと2kもするようで。個人的には今のところ使うデッキがないんですが、《ガガガガンマン》はどれほどの採用率になるでしょう。《交響魔人マエストローク》と似た立場ではあると思いますが、《交響魔人マエストローク》は《エヴォルカイザー・ソルデ》を突破した姿を見てしまったので…。
そしてその少し下を《禁じられた聖衣》《水精鱗-メガロアビス》が1400~1200である模様。色々と人によって意見が分かれている《禁じられた聖衣》はどうなるか…。試そうにも高くて試し辛いような状況ですw
個人的に一番気になっている《H-C ガーンデーヴァ》は700で置いてる店もあれば980だったり1300だったりとバラバラです。優秀ではあるものの《機甲忍者ブレード・ハート》と同じぐらいの600とかその辺で落ち着いて欲しいものですが…。トップメタがHEROの今のうちは高いのかな…?

D-HEROで星に願おう

D-HEROというより《D-HERO ドレッドガイ》なんですがっ!
このカードがホント《星に願いを》と相性がいいので、どんなことが出来そうなのか少しまとめてみます。
ドレッドガイ星に願いを

《D-HERO ドレッドガイ》
星8/闇属性/戦士族/攻 ?/守 ?
「幽獄の時計塔」の効果で特殊召喚した場合、自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスター以外の自分のモンスターを全て破壊する。その後、自分の墓地から「D-HERO」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚する事ができる。このカードが特殊召喚されたターン、自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスターは破壊されず、コントローラーへの戦闘ダメージは0になる。このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールド上のこのカードを除く「D-HERO」と名のついたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

《星に願いを》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターと同じ攻撃力または同じ守備力を持つ自分フィールド上のモンスターのレベルは、エンドフェイズ時まで選択したモンスターと同じになる。

DUELIST PACK カイト編

「DUELISTPACK -カイト編-」の判明した新規カードがフォトンとは思えぬ優良効果を持っていました。今すぐにでもフォトンを組みたくなる衝動に駆られます。

《銀河騎士》
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2600
自分フィールド上に「ギャラクシー」または「フォトン」と名のついたモンスターが存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。この方法で召喚した場合、このカードの攻撃力は1000ポイントダウンし、自分の墓地から「銀河眼の光子竜」を表側守備表示で特殊召喚する。

まずはこちら。フォトンには《フォトン・スラッシャー》がいるので妥協召喚は容易です。
後半の効果は《銀河眼の光子竜》専用の釣り上げ効果であり、このカード1枚からランク8へと繋げることができます。《銀河眼の光子竜》共々《トレード・イン》に対応しているため、複数積みもし易く、《共振装置》があれば妥協召喚条件を満たすために特殊召喚した《フォトン・スラッシャー》含めて《超銀河眼の光子龍》になることもできますね。いざという時も《フォトン・スラッシャー》のお陰で《ラヴァルバル・チェイン》も作り易いです。《エフェクト・ヴェーラー》に強いのも見どころのひとつです。
《フォトン・カイザー》も同じく《トレード・イン》に対応していますが、こんなカードが出てしまってはわざわざアドバンス召喚する意味も薄いですよね…。

《フォトン・サテライト》
星1/光属性/機械族/攻 0/守 0
1ターンに1度、自分フィールド上の「フォトン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。このカードと選択したモンスターは、その2体のレベルを合計したレベルになる。

フォトンには《フォトン・スラッシャー》がいるので(ry このカードと2枚でランク5エクシーズ―《セイクリッド・プレアデス》を出すことができます。「またプレアデスか」そんな感じなんですが…それはさておき、《タンホイザーゲート》を内蔵していて《銀河眼の光子竜》と並べることで《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》にまで繋がりますね。
また、《機械複製術》に対応しているため、高ランクエクシーズを2体並べることができます。例えば、《フォトン・スラッシャー》特殊召喚後、このカードを複製したとします。まずサテライトAとスラッシャーとでレベルを合わせることで星5が2体、サテライトBでスラッシャーのレベルと合わせることで星5のサテライトA、星6のサテライトBとスラッシャーが並びます。最後にサテライトCがサテライトAとレベルを合わせればサテライトABCスラッシャー共に星6となり、星6モンスターが4体並ぶことになります。もちろん星6のサテライトを更にサテライトで合計してやれば、他に2体が星5星6で余りますが、星7エクシーズが可能です。最初に参照するモンスターが《フォトン・リザード》なら星5×4、《フォトン・レオ》なら星8×4、《銀河眼の光子竜》なら星10×4エクシーズまで可能ですねw

《銀河遠征》
通常魔法
自分フィールド上に「ギャラクシー」または「フォトン」と名のついたレベル5以上のモンスターが存在する場合に発動できる。デッキから「ギャラクシー」または「フォトン」と名のついたレベル5以上のモンスターを表側守備表示で特殊召喚する。「銀河遠征」は1ターンに1枚しか発動できない。

こちらは特殊召喚条件が星5以上なので残念ながら《フォトン・スラッシャー》は使えません。《サイバー・ドラゴン》のようなモンスターもいないので、効果を使うには何かしらの2枚以上のカードが必要になります。とはいえ《フォトン・スラッシャー》がいるのでリリース確保はし易いですし、。《竜魔人 クィーンドラグーン》ならば《銀河眼の光子竜》を蘇生できます。って《竜魔人 クィーンドラグーン》出すのにも《フォトン・スラッシャー》がry
発動条件は少しばかしキツイ気はしますが、デッキから上級フォトン(もしくはギャラクシー)を守備表示ながら特殊召喚できるのは強力ですよね。守備表示での特殊召喚なのでエクシーズしてって言ってるようなものですが、《銀河眼の光子竜》なら生き残りそうな気はします。ただ、他に特殊召喚して強いか、する価値はあるかと言われて答えられるモンスターがいないのが惜しいところです。《銀河騎士》も《フォトン・カイザー》も《フォトン・レオ》もただのバニラですしね。また、デッキからしか出せないので、引いてしまうと事故要因になりかねないので注意が必要です。

しかしこうして改めて見てみると《フォトン・スラッシャー》優秀すぎですねwwもうこいつを軸にデザインされてるような気がします。いや間違いなくそうでしょうね。しかもDPカイト編は新規カード12種類!これだけでデッキ組めるわってのが出たのにも関わらずまだ9枚も控えてるらしいです。いやはや。「フォトン・サブライメーション」(墓地のフォトン2体除外して2ドロー)とか出ると《トレード・イン》と合わせてかなり安定するようになる気がします。EXPでは「フォトン・サーベルタイガー(仮)」や「フォトン・トライデント(仮)」なんても来ますし、これからの情報、そして発売日である9月22日が楽しみです。

効果を失わない者 失うか分からない者

1ヶ月振りでしょうか。久しぶりに事務局へ問い合わせてみました。

Q.
相手フィールド上に存在する「ナチュル」と名のついたモンスターをリリースしてアドバンス召喚された《ナチュル・バンブーシュート》を対象に《エフェクト・ヴェーラー》の効果を発動しました。次のターン以降自分は魔法罠カードを発動することは可能ですか?


A.
「ナチュル・バンブーシュート」に対して「エフェクト・ヴェーラー」を発動した場合であっても、「エフェクト・ヴェーラー」の効果が適用されなくなった次のターン以降からは、再び「ナチュル・バンブーシュート」の効果が適用されます。


これは前から出ていた裁定ですよね。
《ナチュル・バンブーシュート》は、《エフェクト・ヴェーラー》を撃たれても「ナチュルをリリースしてアドバンス召喚をした」という過程は記憶されるようです。
一方…

Q.
《A・ジェネクス・トライフォース》を対象に《エフェクト・ヴェーラー》の効果を発動されました。次のターン以降《A・ジェネクス・トライフォース》の効果を発動することは可能ですか?


A.
調整中


《A・ジェネクス・トライフォース》は永遠の調整中のようです。
《エフェクト・ヴェーラー》の他に《デモンズ・チェーン》《禁じられた聖杯》の場合も同様に調整中です。これはアドバンス召喚とシンクロ召喚の違いなのか、永続効果と起動効果の違いなのか…。
また、ついでに他のカードについても聞いてみましたが、相変わらずの調整中でした。

Q.
特殊召喚したターン中に《D-HERO ドグマガイ》を対象に《エフェクト・ヴェーラー》の効果を発動されました。次の相手のスタンバイフェイズ、《D-HERO ドグマガイ》の 効果によって相手のライフは半分になりますか?
Q.
《光の護封剣》の効果によって相手のエンドフェイズに《光の護封剣》を破壊しました。この時、《連鎖旋風》を発動することは可能ですか?
Q.
《次元合成師》のデッキの一番上を除外する効果と攻撃力が上がる効果の処理は同時ですか?
Q.
《邪狂神の使い》の墓地の闇属性モンスターを除外する効果と守備力が上がる効果の処理は同時ですか?

A.
調整中

《エフェクト・ヴェーラー》や《デモンズ・チェーン》のような「効果無効化」の範囲ははっきりとしてもらいたいものです。

エメラルで蘇生できないおジャマナイトはオワコン

最近は日曜以外デュエルする機会がなく、暇な時に「スペースタイムマーシャル」を一人回ししてるくらい。それでも「スペースタイムマーシャル」自体は自分自身結構気に入っていて、こればかりいじっています。

以前上げた構築では《簡易融合》は抜いてしまいましたが、スタートカードとして優秀で、序盤に《サイコ・コマンダー》しかまともなモンスターを引けていない時、《エフェクト・ヴェーラー》等の妨害なく《スターダスト・ドラゴン》を出せるのが好印象で1枚戻しましました。序盤に《スターダスト・ドラゴン》を立てつつ墓地にサイキック族も送られるので、それ以降の《寡黙なるサイコプリースト》の効果で《スペースタイムポリス》を捨てつつ《スペースタイムポリス》を除外できる条件も満たせます。
また、《スターダスト・ドラゴン》が立てられれば《サイクロン》に妨害されることなく《リビングデッドの呼び声》を発動できることから安全に《スペースタイムポリス》の特殊召喚が行えます。同じく《サイクロン》から《連鎖破壊》を守れるのもいいですね。
他にもランク4が出し易くなるため、《アームズ・エイド》や《レベル・スティーラー》でレベルを下げた《スペースタイムポリス》からの《ラヴァルバル・チェイン》で《レベル・スティーラー》を落としたり、《交響魔人マエストローク》で《A・O・J フィールド・マーシャル》の的を作ったり、《ダイガスタ・エメラル》で下級サイキックや《エフェクト・ヴェーラー》を使い回したり出来やすくなりました。

他にも《レベル・スティーラー》で容易に発動条件を満たせる《ワンチャン!?》を採用したいなあとも思ってます。サーチ先は《エフェクト・ヴェーラー》や、素でも《レベル・スティーラー》と相性のいい《音響戦士ベーシス》あたり。《レベル・スティーラー》が2枚落ちてる状況で3枚目をサーチし、《No.83 ギャラクシー・クィーン》に繋げると言ったことも可能です。しかし問題はスペース。もう抜けるカードないヨ…。

最後に現在のエクストラデッキ。

A・O・J フィールド・マーシャル×2枚
No.83 ギャラクシー・クィーン
アームズ・エイド
カオス・ウィザード
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
音楽家の帝王(ミュージシャンキング)
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
氷結界の龍 ブリューナク


仕方なく出す機会があるかもと入れてる唯一の星7枠の《ブラック・ローズ・ドラゴン》は1度も出す機会は来ず…。他にも使用頻度は少ない《ラヴァルバル・チェイン》あたりは《寡黙なるサイコプリースト》で蘇生できる《サイコ・デビル》もしくは《ダイガスタ・エメラル》で蘇生できる《大地の騎士ガイアナイト》あたりに変えてもいいかなという気はします。
《大地の騎士ガイアナイト》を採用して星7枠を《スクラップ・デスデーモン》にすれば《簡易融合》と合わせて《ダイガスタ・エメラル》の蘇生対象だらけになるね!

「スペースタイムマーシャルver.5.0」

モンスター(21枚)
寡黙なるサイコプリースト×2枚
レベル・スティーラー×3枚
マックス・テレポーター×3枚
スペースタイムポリス×3枚
サイコ・コマンダー×3枚
ガスタ・サンボルト×2枚
カードガンナー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(10枚)
貪欲な壺
大嵐
死者蘇生
月の書
緊急テレポート×2枚
サイクロン×3枚
おろかな埋葬

罠(9枚)
連鎖破壊(チェーン・デストラクション)×2枚
鳳翼の爆風
神の宣告
強制脱出装置×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ
A・O・J フィールド・マーシャル×2枚
No.83 ギャラクシー・クィーン
アームズ・エイド
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ハイパーサイコガンナー
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
氷結界の龍 ブリューナク


先日上げた後少し弄って構築変えてみました。以前の構築から《墓守の偵察者》及び《簡易融合》を抜き、《ラヴァルバル・チェイン》依存をなくし、序盤は《ガスタ・サンボルト》《カードガンナー》に任せることにしました。「甲虫装機」さえ気にしなければ安定のスタートモンスターであるリクルーターの《ガスタ・サンボルト》は、《スペースタイムポリス》の効果を発動させつつ、返しのターンでシンクロへと繋がります。《簡易融合》を抜いてできたエクストラの枠に《クリムゾン・ブレーダー》を採用し、《スペースタイムポリス》でセットしたモンスターを餌に効果の発動が望めます。《カードガンナー》は単純に墓地へ落ちていいカードが多く、《リビングデッドの呼び声》や《寡黙なるサイコプリースト》の発動条件を満たしてくれます。

このデッキの《エフェクト・ヴェーラー》はかなり強く、本来の効果無効化はもちろんのこと、《リビングデッドの呼び声》で蘇生した《スペースタイムポリス》と《氷結界の龍 ブリューナク》を作れたり、《スペースタイムポリス》と《寡黙なるサイコプリースト》とで《A・O・J フィールド・マーシャル》を作れたり、チューナーとしての持ち味も十分に活かすことができます。
罠もそうですが、《A・O・J フィールド・マーシャル》で引けると幸せな気持ちになれます。序盤は《カードガンナー》や《ガスタ・サンボルト》、中盤の《マックス・テレポーター》の効果の起動に成功すれば、デッキ内のモンスター数は少なくなり、《A・O・J フィールド・マーシャル》でのドローの質は高くなります。
《マックス・テレポーター》への《エフェクト・ヴェーラー》は、どうしようもない時もありますが、出来るだけ立ち回りや《強制脱出装置》でケアしましょう><