異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

「神風機」

モンスター(24枚)
嵐征竜-テンペスト×2枚
冥府の使者ゴーズ
幻獣機メガラプター×3枚
幻獣機ハムストラット×3枚
幻獣機テザーウルフ×2枚
デブリ・ドラゴン×2枚
ジェネクス・ブラスト
エフェクト・ヴェーラー×2枚
エア・サーキュレーター×2枚
アーマード・サイバーン×3枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(13枚)
大嵐
死者蘇生
古の森×2枚
機械複製術×2枚
霞の谷(ミスト・バレー)の神風×2枚
リミッター解除
テラ・フォーミング
スケープ・ゴート
サイクロン×2枚

罠(3枚)
強制脱出装置×2枚
強制退出装置

エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
エンシェント・フェアリー・ドラゴン×2枚
ギアギガント X
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
ダイガスタ・エメラル
恐牙狼 ダイヤウルフ
幻獣機ドラゴサック×2枚
閃珖竜 スターダスト
電光千鳥×2枚
妖精竜 エンシェント


2月発売の新弾LTGYで登場する幻獣機。独自のトークン生成手段、破壊耐性効果から、はまればかなり嫌らしく立ち回ることができるデッキです。
「自分フィールド上にトークンが存在する限り、このカードは戦闘及び効果では破壊されない。」という幻獣機共通のこの効果は、《奈落の落とし穴》や《聖なるバリア-ミラーフォース-》等から守る強力な盾となってくれます。現在判明している幻獣機は基本どれもそこまで柔軟な動きはできないため、これらの盾を武器に展開していくことになります。

「ホルスの黒炎竜」

モンスター(18枚)
焔征竜-ブラスター×3枚
ラヴァルのマグマ砲兵
ラヴァル・ランスロッド
ラヴァル・キャノン×2枚
ホルスの黒炎竜 LV8×2枚
ホルスの黒炎竜 LV6×2枚
フレムベル・ヘルドッグ×2枚
バトルフェーダー
カードカー・D×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(11枚)
封印の黄金櫃×3枚
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
マジック・プランター
サイクロン×2枚

罠(11枚)
暴君の威圧
神の宣告
神の警告×2枚
安全地帯×3枚
リビングデッドの呼び声×2枚
デモンズ・チェーン×2枚

エクストラデッキ
CNo.39 希望皇ホープレイ
No.11 ビッグ・アイ
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
ガガガガンマン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
恐牙狼 ダイヤウルフ
幻獣機ドラゴサック
交響魔人マエストローク
閃珖竜 スターダスト
陽炎獣 バジリコック
竜魔人 クィーンドラグーン


「ホルスの黒炎竜」サーチ可能記念に簡単にですが。
個人的に《王宮のお触れ》が好きではないので、バックを敷きながらあまりホルスに拘りすぎない形で組んでみました。

《焔征竜-ブラスター》
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2800/守1800
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または炎属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。また、このカードと炎属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。このカードが除外された場合、デッキからドラゴン族・炎属性モンスター1体を手札に加える事ができる。「焔征竜-ブラスター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

《封印の黄金櫃》で除外するだけでサーチが出来るというお手軽ギミックを基本に、《ホルスの黒炎竜 LV8》の擁立を目指します。当初は《ラヴァル・キャノン》や《フレムベル・ヘルドッグ》から《ラヴァルバル・チェイン》作って《炎王炎環》でもしようかと思いましたが、カードの消費に見合わないのでやめ…たらランク4作るギミックが良く分からなくなり、なら《フレムベル・マジカル》呼んで《閃こう竜 スターダスト》作った方が強い説が浮上する始末。ただ、《フレムベル・マジカル》を入れ出すと《真炎の爆発》も欲しくなり、すると《焔征竜-ブラスター》とアンシナジーなので困りものです。
《ラヴァル・キャノン》なら《焔征竜-ブラスター》とシナジーしてる…というか《焔征竜-ブラスター》ありきというか。どちらにせよ《封印の黄金櫃》を絡められれば動けなくもなく、思ったよりは安定してる感じでした。

問題と言えば《焔征竜-ブラスター》の効果が1ターンに1度という部分。まだ発売前で裁定が確立してないので何とも言えませんが、《水精鱗-アビスディーネ》の前例を見ると、どれかひとつでも効果を発動したターンは他の効果は発動できなさそうなので、その辺の運用が難しく感じました。それでも黄金櫃で同名モンスターを持ってくるだけでも強く、サーチ・手札を捨てての破壊・墓地除外での特殊召喚、このデッキではどの効果にも頼ってしまってるので、そこも含めてもう少しデッキ全体を丸くまとめられるといいんですが…。

たま遊Part.24



今回はCS等でジャッジをやられたりもしているよしえさんに来ていただきました!
世間では炎星やセイクリッド、X-セイバーなど《炎舞-「天キ」》の恩恵を受けられる獣戦士族を中心としたデッキが話題ですが、今回登場している「バルバライザー」は、そんな獣戦士たちをまた違ったアプローチでとても面白いデッキです!

対して塵さんの方は「ワーム」。
たま遊でワームと言うとススムんが良く使っていますが、
今回は使用者が違ういつもとは少し違う雰囲気が楽しめると思います。
それでは、どうぞご視聴下さいませ!

「カオスヴァイロンver.1.2」

モンスター(19枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
輝白竜 ワイバースター×2枚
暗黒竜 コラプサーペント×2枚
トラゴエディア×2枚
クリッター
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カードガンナー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・プリズム×3枚

魔法(13枚)
大嵐
死者蘇生
禁じられた聖槍×2枚
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
ブラック・ホール
サイクロン×3枚
ヴァイロン・エレメント×2枚

罠(8枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-×2枚
神の宣告
激流葬×2枚
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.50 ブラック・コーン号
ヴァイロン・エプシロン
ガガガガンマン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
機械竜 パワー・ツール
虚空海竜リヴァイエール
交響魔人マエストローク
閃珖竜 スターダスト
発条機雷ゼンマイン


先日載せたキルルートが不可能だったのと、大分と構築も定まってきたので。
とはいえやることは以前の記事に大方書いてあるのですが、《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》の枚数は減らしました。6枚体制だと平気で初手プチカオス3枚とかやらかすので、出遅れて負けてしまうことが多く、40枚デッキなら4枚体制が安定かなという気がします。少なくとも6枚体制にするならデッキ枚数を44枚ぐらいに増やすか、あと2~3枚のスタートモンスターが必要かなと思います。
4枚体制だとサーチ先がもうない、手札に被り辛いから気軽にエクシーズ素材として使えないという面もありますが、それを意識したプレイに変えたことや《ヴァイロン・プリズム》と星8シンクロのカードパワーのお陰か意外と気にはならなくなりました。(最初は6枚体制のサーチしまくりの感覚に慣れてたので、すごく微妙に感じたんですけどねw)

デッキの動かし方としては、序盤は極力デッキを掘り下げ《ヴァイロン・プリズム》を発掘することを狙います。《カードガンナー》然り《魔界発現世行きデスガイド》からの《クリッター》然り。もちろん《召喚僧サモンプリースト》でもいいんですが、《エフェクト・ヴェーラー》の採用率も考えるとあまり信用おけず、《クリッター》でサーチする時や展開する際は、極力《ヴァイロン・プリズム》直の方が良さそうです。
《ヴァイロン・プリズム》さえ手に入ればあとはシンクロするだけの簡単なお仕事。状況に応じて《スクラップ・ドラゴン》を投げたり、《機械竜 パワー・ツール》でライフを削りに行ったり。《閃こう竜 スターダスト》を立てて《激流葬》構えるのが個人的に好きな布陣です。

またこれは結構前に書いた気がしますが、《ヴァイロン・プリズム》1体が棒立ちの時に戦闘破壊される際、《トラゴエディア》を特殊召喚することで、特殊召喚されてから墓地へ送られるため、《トラゴエディア》に《ヴァイロン・プリズム》を装備することが出来ます。例え手札3枚だとしても2800打点になれるため、仕方なくプリズムビートするときなど覚えておいて損はないと思います。どうしようもない感じで《ヴァイロン・プリズム》を出すことで、突然の《トラゴエディア》で殺しにいけるかも…?

たま遊Part.23



新年1本目はこちらです!「黒庭ターボ」VS.「ドレッドギンガ」。
塵さん(旧蝦原さん)の楽しく回してる感じがいいですね!
《ブラック・ガーデン》系のデッキは単体で機能するモンスターが少ないので事故率が高めなのが気になりますが、こういうの見てるとホント面白そうです。

自分はと言うと相変わらずのド安定「ドレッドギンガ」でございます……。
あまり構築に代わり映えしないのでそろそろ封印した方が良さげですね(滝汗
《オレイカルコスの結界》との相性も一面ながら見せられましたし。
しかしそれでも対戦相手に困った時にはホント丁度いいんですわ…。

っと、次回からはゲスト登場です、乞うご期待!
絶賛テスト期間中なので週一更新なるかは分かりませんがお楽しみに…!

機械竜 パワー・ツール

pp15-jp005
《機械竜 パワー・ツール》
星7/闇属性/機械族・シンクロ/攻2300/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のターンにこのカードが装備魔法カードを装備した時、デッキからカードを1枚ドローできる。「機械竜 パワー・ツール」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。また、1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する装備カード1枚を選択し、正しい対象となるこのカードに移し変える事ができる。この効果は相手ターンでも発動できる。

まだ一般発売されてないのにも関わらず(幕張に近い東京だからか)安いところでは150円くらいで買えてしまうこのカード、最初見た時は久しぶりに面白い星7シンクロが縛りなしで出て喜んでたんですが、2度のテキスト読み違いによるショックを受け「まあこんなもんなのか」って思うくらいにテンション下がってる今現在です。

とゆーのは置いといて、装備魔法をサーチすることでシンクロ召喚の消費を補える《パワー・ツール・ドラゴン》に比べて、装備魔法を装備することで装備魔法分の消費を補えるようになっています。
《スターダスト・ドラゴン》もそうでしたが、同じパワーツール、同じ装備魔法に関する効果を持っていても使い方は全く違うもので、より幅広い戦術を持たせることができるのは良カードの証拠です。

単純に《ブレイク・ドロー》あたりを装備するのも良さそうですが、《D・D・R》や《ヴァイロン・プリズム》、ユニオンを装備しても1ドローすることが出来ます。《ゲットライド!》で《メタル化寄生生物-ルナタイト》を装備して1ドローしつつランク7に繋げるのも面白そうですし、装備化できるヴァイロンチューナーならばシンクロ召喚しながらドローできるので無駄がありません。
中でも強いと思うのが《ヴァイロン・プリズム》で、隣にモンスターを立たせつつこのカードをシンクロ召喚することで、《ヴァイロン・プリズム》をそのモンスターに装備させパンプアップ、攻撃した後にこのカードにつけ直すことで、ドローしつつこのカードの攻撃力も上げることが出来ます。出来るならば自身に付けた装備魔法を他のモンスターに付け替えることができれば中々面白かったんですが…。

また、ドロー効果は自分のターンにしか使えないため、後半の自身に装備魔法を付け替える効果が誘発即時なのが勿体なく感じてしまいます。自身の装備を他のモンスターに付け変えられないことからも、本家《パワー・ツール・ドラゴン》とは相性がいい《暗黒魔族ギルファー・デーモン》とも相性がいいと見せかけてそうでもなかったりもします。
縛りなしの星7シンクロ自体が微妙なので、その辺も出来るならかなり色々と出来たんですが…そううまくも行かないもんですね。

「カオスヴァイロンver.1.1」

モンスター(21枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
輝白竜 ワイバースター×3枚
暗黒竜 コラプサーペント×3枚
フォトン・スラッシャー
トラゴエディア
クリッター
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カードガンナー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・プリズム×3枚

魔法(12枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
ブラック・ホール
サイクロン×3枚
ヴァイロン・マテリアル
ヴァイロン・ポリトープ
ヴァイロン・エレメント

罠(7枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
激流葬×2枚
デモンズ・チェーン×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.50 ブラック・コーン号
ヴァイロン・エプシロン
ガガガガンマン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
レッド・デーモンズ・ドラゴン
機械竜 パワー・ツール
虚空海竜リヴァイエール
交響魔人マエストローク
閃珖竜 スターダスト
発条機雷ゼンマイン


先日載せたヴァイロンを数十回のデュエルのもと改良してきました。
回してみて印象的だったのはヴァイロン魔法のかさ張りで、負ける時は必ずと言っていいほど手札にあって、言い逃れできないほどの敗因となっていたので思いきって計3枚に抑えてしまいました。もう本末転倒レベルなんですが、プチカオスもきて、前回の記事に書いたような《ヴァイロン・エレメント》を絡めた流れをやらなくても勝てるようになったのが大きいです。
《ヴァイロン・プリズム》とシンクロし、サーチ後そのままプチカオスを送り出すだけでライフの半分以上は削りきれます。無理に動かなくても強いため、ワンキル等を狙うよりも、プチカオスらを事故ることなく使っていく方にデッキスペースを割いた方が良いいように感じました。

また、《魔界発現世行きデスガイド》が予想以上に強かったです。序盤で《発条機雷ゼンマイン》作るのはパッとしませんが、中盤以降――墓地の《ヴァイロン・プリズム》を除外しながら出すプチカオスと共に使うと、実質手札消費1枚で《虚空海竜リヴァイエール》と《閃こう竜 スターダスト》にプチカオス+《ヴァイロン・プリズム》もくっつけることが出来、一気にフィニッシュまで持っていける火力を作り出せます。

これは個人的にキツいエクストラを割いてまで狙う必要があるかは怪しいかなと思うんですが、直接攻撃可能な時に限り、プチカオスと《ヴァイロン・プリズム》、《ヴァイロン・ポリトープ》(もしくは《ヴァイロン・マテリアル》)でワンキルすることが出来ます。
1.《暗黒竜 コラプサーペント》SS《ヴァイロン・プリズム》NS
2.《レッド・デーモンズ・ドラゴン》SS《輝白竜 ワイバースター》サーチプリズム装備
3.ワイバーSSして2体でアタック
4.《ヴァイロン・ポリトープ》で装備状態のプリズムSSしてアタック
5.メイン2《ガガガガンマン》SS効果で800ダメージ
これでプチカオスどちらから入ろうと3000+1700+1500+800で8000に届きます。結構限定的かつ《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を採用しないといけないので、もしかしたらそこに汎用ランク4を積んだ方が強いのかなーという気はしますw
と思ったら《ヴァイロン・ポリトープ》は守備表示での特殊召喚でした。すみません。

閃珖竜 スターダスト

yf05
《閃こう竜 スターダスト》
星8/光属性/ドラゴン族・シンクロ/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して発動できる。このターン、選択したカードはこのターンに1度だけ戦闘及びカードの効果では破壊されない。この効果は相手ターンでも使用できる。

1月4日に発売される5フィール5巻に付属されるこのカード、個人的に星8シンクロに革命を起こすとまではいきませんが、かなり評価の高い1枚です。本家《スターダスト・ドラゴン》と比べて裏側のカードを守れない代わりに戦闘破壊からも守ることが出来ます。この戦闘破壊に対応しているのが大きく、バックが薄い、攻撃から守るカードを置きづらいデッキでも安心して序盤から出していくことが出来、”とりあえず出しておける”便利なカードだと思います。

属性が風属性から光属性へとなりました。風属性ではないため《ダイガスタ・フェニクス》の連続攻撃こそ狙えませんが、《オネスト》に対応し、墓地へ送られてもカオスのコストにもでき、何より《ヴァイロン・キューブ》の発動条件を満たすことが出来るのは大きいです。今まで《ヴァイロン・キューブ》のトリガーになれる星8光属性シンクロと言えば《ヴァイロン・エプシロン》、素材に縛りが付いても《神聖騎士パーシアス》や《ライトエンド・ドラゴン》ぐらいしかなく、汎用シンクロと呼べるものはありませんでした。これで心おきなく《サイバー・ドラゴン》とシンクロできますね(ニッコリ

また、破壊耐性を付与する場合にフィールドを離す必要がないのも利点だと思います。要は装備魔法やその他の効果付与で、例えば《ヴァイロン・プリズム》でシンクロ召喚する際に非常に便利で、《スターダスト・ドラゴン》では適当にマストカウンターを撃たれるだけで《ヴァイロン・プリズム》を外されてしまいますが、このカードなら召喚反応に対しても破壊耐性効果を使いながら《ヴァイロン・プリズム》を装備することが出来ます。
バックを固めて動くなら本家《スターダスト・ドラゴン》、安定を取るなら《閃こう竜 スターダスト》として新たな汎用シンクロとして活躍してくれるはずです。自身以外の低ステータスのモンスターを戦闘破壊から守ることができるのもこのカードの魅力のひとつですね。

あとは発動したカードを対象に取れるかが気になるところですが…出来るなら《サイクロン》チェーン《リビングデッドの呼び声》チェーン《閃こう竜 スターダスト》で《リビングデッドの呼び声》を守るなんて事ができなくもなさそうですね。
〔追記〕
発動した永続魔法や永続罠を対象に《閃こう竜 スターダスト》の効果をチェーン発動することは可能ですが、15日現在、通常魔法及び通常罠を対象に取れるかは調整中とのこと。

明けまして

おめでとうございます!

ホントは1年を締めくくる記事として年が変わる前に上げようと思ってたんですが、
寝落ちしちゃって書き逃しちゃいました(*ゝω・*)

というわけで(?)今年は色々とありました。
兎に角Twitterでの交流が盛んだったと思います。
「たまの休みを遊戯王に」を一緒にやってる塵さん(旧蝦原さん)ススムんと出会ったのは今年の2月ですし、それを火蓋にTwitterを通じていろんな人とデュエルできました。
結果はどうあれ人生初のCSも今年ですし、大学生活をふつーに送ってたと思いきや遊戯王の方はすっごい色んな事があった1年だった気がします笑

大晦日も塵さんと中野で楽しいいいデュエルでデュエル納めができましたw
それでは今年もどうぞよろしくお願いします。ブログや動画もね!