異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
      

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「フォトンver.2.1」

モンスター(16枚)
銀河騎士(ギャラクシー・ナイト)×3枚
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)×3枚
銀河の魔導師(ギャラクシー・ウィザード)×3枚
フォトン・スラッシャー×3枚
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(14枚)
大嵐
死者蘇生
銀河零式(ギャラクシー・ゼロ)
銀河遠征(ギャラクシー・エクスペディション)×3枚
禁じられた聖槍
ブラック・ホール
フォトン・サンクチュアリ
トレード・イン×2枚
アクセル・ライト×3枚

罠(10枚)
神の宣告
神の警告
砂塵の大竜巻×2枚
強制脱出装置
リビングデッドの呼び声×3枚
デモンズ・チェーン×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.107 銀河眼の時空竜(ギャラクシーアイズ・タキオンドラゴン)
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
ジェムナイト・パール
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
輝光子パラディオス
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク
聖刻神龍-エネアード
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)
竜魔人 クィーンドラグーン


JOTLが発売され《輝光帝ギャラクシオン》が来ると大幅な改良が求められそうなので、見納めに。そういえばカイト編発売以降1度しか更新してなく、前の構築と大分違うんだろうなあとレシピを見返してみましたが、案外変わってなくて驚きました(小並感)。

このデッキの進化は何と言っても《No.107 銀河眼の時空竜》で、苦手だったリクルーターに対してや、《フォトン・スラッシャー》からの《銀河騎士》が強くなり、1キルまでは届かないもののライフ削るペースは格段に速くなりました。
この構築でもまだまだ悩んでるところは多々ありますが、《輝光帝ギャラクシオン》入りも考えていきたいですしね。攻撃表示での特殊召喚は弱くないはずなので、如何にうまくアクセスさせるかがカギとなりそうです。また、今の《銀河の魔導師》を入れるスペースがあるのか、《銀河の魔導師》を抜くと《銀河遠征》も使い辛くなりそうなので、その辺の枚数調整も難しそうです。
スポンサーサイト

たま遊Part.32 と ぽれぽれその27



ラディウス【カオスヴァイロン】VS.蝦原(塵さん)【カオスヴァイロン】【爆発坊主】

今回で9月制限のもラストになります。
チョウレンビート、別の日にリベンジ…と思いきや当日すでにやっていました…。
最近ではラヴァルに加えて3軸炎星なんていうデッキも出てきましたが
《真炎の爆発》で単体で高いスペックのが出てくるのはチョウレンビートの魅力ですね。

そして宣伝!


ぽれぽれ勢と遊ぶ勢いで動画にも出てきましたー。いつかどこかで言ってたやつですね。
動画でも言ってますが、《ナチュル・ビースト》さえいなければもっと強い展開が魅せれただけに惜しい><しかしぽれぽれデュエルタイム…なんて画質なんだ…(たま遊を見ながら)
たま遊にも知り合いの方にゲストで来ていただいたので、そちらもお楽しみに…!

スターターデッキ2013

昨日はスターターの発売日…とプロモパック第2弾も始まるということで、試しにスターターを1つ買ってみました。強化パックは2枚ずつぐらいしか入ってないものだと思っていて、メインデッキに全く興味が湧かなかったこともあって買う気は殆どなかったんですが、それぞれ5枚ずつだということで…。
《サイクロン》の8期スーパーというのも魅力的ですしね。

starter2013

結果はと言うと《サイクロン》は当たらなかったものの《クレーンクレーン》が当たって爆死回避…!というか新規ノーマルが4枠もあるのに2枚しか当たらないって偏りすぎじゃないですかね…。自分にも限らず、開封報告を聞くと全体的に偏っている様子。
プロモパックもマドルチェなんちゃら回避できましたし、折角《クレーンクレーン》も当たったので何かデッキを考えたいですね。

輝光帝ギャラクシオン

《輝光帝ギャラクシオン》
ランク4/光属性/戦士族・エクシーズ/攻2000/守2100
「フォトン」と名のついたレベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つまで取り除いて発動できる。この効果を発動するために取り除いたエクシーズ素材の数によって以下の効果を適用する。
●1つ:手札から「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。
●2つ:デッキから「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。

JOTLで登場する恐らくカイトが使うであろうエクシーズです。
効果は非常にシンプルで、強いのは明らかですよね。今までフォトンでは《銀河の魔導師》のレベルを上げて《銀河遠征》を用いて”守備表示で”《銀河眼の光子竜》を特殊召喚していましたが、このカードがくればそんなまどろっこしい事をせずとも、《発条空母ゼンマイティ》の要領で《銀河眼の光子竜》を特殊召喚することができます。しかも攻撃表示で。《銀河遠征》にしろ《銀河騎士》にしろ守備表示での特殊召喚しかできなかったので、これは嬉しい強化。

また、銀河眼ビートでは、《銀河眼の光子竜》を出せる時と出せない時の落差が激しく、《銀河眼の光子竜》が出せない時は《フォトン・スラッシャー》ビートしかできません。そんなときにこのカードが出せれば《銀河眼の光子竜》を特殊召喚できるだけでなく、《銀河遠征》の発動条件すら満たすことが出来てしまいます。もう《竜魔人 クィーンドラグーン》に頼ることもなくなりそうですね・・。

しかしこのカードには大きな欠点があり、それはこのカードのエクシーズ素材に出来る星4のフォトンと名のついたモンスターが3種類しかないところでしょう。星4のフォトンは超有名超優秀な《フォトン・スラッシャー》に、何故か打点が劣るのにデメリットしか書かれていない《フォトン・クラッシャー》、メリットどころか存在意義も分からない《フォトン・サークラー》の3種類。《フォトン・スラッシャー》以外お世辞にも実用的とは言えず、《フォトン・スラッシャー》だけではエクシーズできないという重し付き。
こんなカードが出るんだから、何かしら星4でマシと言えるフォトンが来てほしいところですが、いつもの雰囲気のままだとスラッシャークラッシャーでエクシーズ召喚しかねませんね…。一応《フォトン・サテライト》2体でもこのカードが出せますが、それなら《銀河の魔導師》と《銀河遠征》を狙った方が良さげですしね。まあそんな下級フォトンが来れば確実にこのカード特化構築安定になりますが、これは期待が募ります。

たま遊Part.31



ラディウス【カオスヴァイロン】VS.蝦原(塵さん)【チョウレンビート】

無事Part.30まで上げきり、Part.31へ。
世間ではもう3月半ばですが、もう少し旧制限が続きます…。
とはいっても、この時割と自由な感じで撮ってたのと、デッキのバリエーションがなかったので、同じデッキが続いちゃうんですよね…。出来れば別の日に撮ったのと混ぜたいんですが、旧制限ですしね。
もう使わなそうなデッキもあるので、上げておきたいってところもあるのでちょっと迷ってたりしますw

因みにこの勝負、別の日にリベンジしてたので、もしかしたらそれも上げるかもしれません~。

「ドレッドギンガver.6.2」

モンスター(13枚)
終末の騎士
邪龍アナンタ
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)
カゲトカゲ
Sin スターダスト・ドラゴン
E・HERO エアーマン
D-HERO ドレッドガイ×3枚
D-HERO ダイヤモンドガイ×3枚
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(18枚)
幽獄の時計塔×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
ブラック・ホール
トレード・イン×3枚
テラ・フォーミング
デステニー・ドロー×3枚
サイクロン×2枚

罠(11枚)
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚
デモンズ・チェーン×2枚
くず鉄のかかし
エターナル・ドレッド×3枚

エクストラデッキ
H-C エクスカリバー
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.22 不乱健
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル
キングレムリン
ジェムナイト・パール
スターダスト・ドラゴン
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク
聖刻神龍-エネアード
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)
竜魔人 クィーンドラグーン


爬虫類王
《キングレムリン》
ランク4/闇属性/爬虫類族・エクシーズ/攻2300/守2000
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。

ランク4が作り易いことから《キングレムリン》によるギミックを搭載してみました。《カゲトカゲ》をサーチすることで継続の《D-HERO ダイヤモンドガイ》、《邪龍アナンタ》をサーチすることで《D-HERO ドレッドガイ》の棒立ちを防ぐことができ、また闇属性であることから《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》や《No.22 不乱健》へと繋ぐことができます。

戦線維持として序盤にエクシーズするのに《キングレムリン》は非常に便利で、《カゲトカゲ》の採用で《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》が出し易くなり、《邪龍アナンタ》も一応《トレード・イン》でドローに変えてしまうことも出来ます。《邪龍アナンタ》で《幽獄の時計塔》を壊すことも出来なくもなさそうですし、《くず鉄のかかし》等で守ったりしてもまた面白そうです。

聖コレクター ついに決着?!

Q.
「ジャンク・コレクター」の効果で「光霊術-「聖」」をゲームから除外しました。
相手は手札の罠カードを見せることでこの効果を無効にすることは可能ですか?
A.
「ジャンク・コレクター」の効果を「光霊術-「聖」」の効果として処理する場合、
手札から罠カードを見せる事で効果を無効にすることはできます

GAOV――《光霊術-「聖」》が出てから1年が過ぎましたが、調整中という名の森を抜け、ようやく回答がもらえました。正直こんな急にもらえるなんて思ってもなかったので、実感ががが((

しかし、結果は無効に出来てしまう裁定…。
単純に低攻撃力を晒してしまっている《ジャンク・コレクター》を守備表示で帰還させる手段としても、気軽なトリガー的な感じで使いたかったんですが、無効に出来てしまうんじゃ狙うのは難しそうですね。
一応《ジャンク・コレクター》が手札の罠を落とせる《闇のデッキ破壊ウイルス》をノーコストで撃てたり、光属性と組み合わせやすい《A・ジェネクス・トライフォース》も《闇のデッキ破壊ウイルス》に対応してたりもしますが…そこまで苦労して《D・D・R》する意味は薄い気もしますしねえ。うーん

たま遊Part.30



ついにPart.30!そしてたま遊1周年です!
ホントはPart.1を上げた6日に上げたかったんですけど、5日の夜から始めたカラオケオールのあと、15時過ぎまでカドショでパック剥きまくってた所為で、家帰って寝て起きたら日付が変わっていました…(言い訳)

ラディウス【カオスヴァイロン】VS.蝦原(塵さん)【TG代行天使】

《ヴァイロン・エレメント》と《スクラップ・ドラゴン》でキルを狙うヴァイロンは以前何度か使いましたが、プチカオス入りのは今回が初めてですね。割とざっくり構築でしたが、かなり強い動きは見せられたんじゃないかと思います><*
しかし《ヴァイロン・エレメント》の流れは《エフェクト・ヴェーラー》入ってるデッキ相手には決まる気がしませんね…。

たま遊Part.29



ラディウス【ライトレイブレード】VS.蝦原(塵さん)【宝玉獣】

もうすぐPart.30ですね!
自分は前回に引き続き「ライトレイブレード」ということで…これ《ミラー・レディバグ》も入ってるんですが、うまいタイミングで来てくれず手札コストとライロで落ちていくだけになってますね…悲しい。
《神聖なる魂》を序盤で腐らせたくなくてライロに頼る形にしてるんですが、そうすると《ミラー・レディバグ》を出すための墓地調整がかなり難しくなってしまうので悩みどころです…。

塵さんの「宝玉獣」はTGタイプ。新規エクシーズとの相性はもちろん、《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》の展開力が恐ろしい…。それに反応して《TG ワーウルフ》からエクシーズまで飛んでくるもんだから、ちょっと事故ってる間に殺されてしまう…。

「たまの休みを遊戯王に」ももうすぐ1周年!Part.30もお楽しみに~!

「神風幻獣機」

モンスター(18枚)
幻獣機メガラプター×3枚
幻獣機ブラックファルコン
幻獣機ハムストラット×2枚
幻獣機テザーウルフ×3枚
霞の谷(ミスト・バレー)のファルコン
ハーピィ・ダンサー×2枚
ジェネクス・ブラスト
エフェクト・ヴェーラー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(14枚)
大嵐
死者蘇生
古の森
霞の谷(ミスト・バレー)の神風×3枚
リミッター解除
テラ・フォーミング×3枚
スケープ・ゴート
サイクロン×3枚

罠(8枚)
神の宣告
神の警告
空中補給(エアリアル・チャージ)×3枚
リビングデッドの呼び声
デモンズ・チェーン×2枚

エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ
エンシェント・フェアリー・ドラゴン×2枚
ギアギガント X
ジェムナイト・パール
ダイガスタ・エメラル
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
霞の谷(ミスト・バレー)の雷神鬼
恐牙狼 ダイヤウルフ
幻獣機ドラゴサック×2枚
獣神ヴァルカン
電光千鳥
妖精竜 エンシェント


何の変哲もない神風幻獣機。《ハーピィ・ダンサー》の登場で、LTGYの幻獣機だけでも戦えそうなので、JOTL組はちょっと置いておいて今はこれを回してます。《ハーピィ・ダンサー》と《霞の谷の神風》の相性は言わずもがな、幻獣機でもそれを利用していきます。

幻獣機での神風の使い道は大きく分けて2つ。ひとつは《ジェネクス・ブラスト》を絡めた《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》の連打による《幻獣機ドラゴサック》です。これは普通の神風の動きをするだけで、2体目の《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》で《幻獣機メガラプター》を立てればサーチ、《幻獣機ブラックファルコン》を立てればトークンへの攻撃すらもさせない布陣を敷くことが出来ます。

もうひとつは《ハーピィ・ダンサー》で《幻獣機テザーウルフ》を出すというもの。《霞の谷の神風》発動下でこれを行うと《幻獣機テザーウルフ》の強制誘発効果がチェーン1で発動し、それにチェーンする形で《霞の谷の神風》を発動することになり、トークン生成前に《幻獣機メガラプター》を特殊召喚することが出来るので、《幻獣機メガラプター》のトークン生成効果も問題なく発動させることが出来ます。そのままサーチ効果を使えば星は7になり、神風を絡めることで幻獣機では難しい先攻《幻獣機ドラゴサック》を実質0枚消費で行うことが出来ます。

神風でガツガツぶん回しながらも、幻獣機ながらの堅実な動きもやっていきます。《幻獣機テザーウルフ》+《A・ジェネクス・バードマン》による1枚消費の《獣神ヴァルカン》はもちろん、《幻獣機メガラプター》+《スケープ・ゴート》《空中補給》はかなり安定したスタートで、その後の安定した立ちまわりに繋がります。

あとはどうJOTL組を神風と絡ませていくか…これでも結構スペースがキツキツなので難しいです。前上げた記事のように神風を使わない形でもいいんですけどね。幻獣機でスピード求めるとどうしても神風パワーを借りざるを得ない感じもあって悩みどころです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。