異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2013年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

「フォトンver.2.2」

モンスター(16枚)
銀河騎士(ギャラクシー・ナイト)×3枚
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)×3枚
銀河の魔導師(ギャラクシー・ウィザード)×3枚
フォトン・スラッシャー×2枚
フォトン・クラッシャー
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(17枚)
大嵐
増援
死者蘇生
銀河零式(ギャラクシー・ゼロ)
銀河遠征(ギャラクシー・エクスペディション)×3枚
禁じられた聖槍×2枚
ブラック・ホール
フォトン・サンクチュアリ
トレード・イン×3枚
アクセル・ライト×3枚

罠(8枚)
神の宣告
神の警告
強制脱出装置
リビングデッドの呼び声×3枚
デモンズ・チェーン×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.107 銀河眼の時空竜(ギャラクシーアイズ・タキオンドラゴン)
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.50 ブラック・コーン号
ガガガガンマン
ジェムナイト・パール
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
輝光子パラディオス
輝光帝ギャラクシオン
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク
聖刻神龍-エネアード
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)
竜魔人 クィーンドラグーン


《輝光帝ギャラクシオン》の登場で大幅強化!なんてことはありませんでした。というのも元の素材が非常に弱く、《フォトン・クラッシャー》を複数入れれるような広い心を持ち合わせていなければ《輝光帝ギャラクシオン》特化は難しいように感じます。
それでも《輝光帝ギャラクシオン》が出せた時は本当にフォトンなのか疑うレベルに早い展開ができ、《銀河遠征》の発動条件を満たしつつ5000ダメージを狙えます。が、やはり個人的には下手に《輝光帝ギャラクシオン》を狙うよりも、《銀河の魔導師》《アクセル・ライト》《銀河遠征》をそれぞれ3ずつ投入し、各方面からそれぞれにアクセスし、《銀河眼の光子竜》の擁立を狙う方が好きで、その今までの構築に《フォトン・クラッシャー》を挿す形(増やしてもスラッシャー3枚目)で落ち着いています。

《No.107 銀河眼の時空竜》が来たことで《銀河騎士》からの流れが強くなりました。1体目の《銀河眼の光子竜》への除去は下手に止めようとせず、《禁じられた聖槍》等は極力伏せずに返しの《銀河騎士》の動きで刺しましょう。
《トレード・イン》は強気に3枚採用。被ると厳しい面もありますが、それ以上に序盤に素引きした《銀河眼の光子竜》を捨て、《銀河騎士》の蘇生効果を適用できるリターンの方が大きく感じます。1ターン目から動き出し易くなるのも、初動がとろいフォトンでは貴重です。

個人的にちょっと試してみたいのが《ピンポイント・ガード》です。《銀河眼の光子竜》の蘇生こそ出来ないものの、《銀河の魔導師》の性質上フィールドを空けてしまうことが多く、《銀河の魔導師》を使いまわしながらもライフを守れるのは中々に良さそうです。
ただ《リビングデッドの呼び声》とは違い、発動が相手に依存してしまっていたり、《銀河眼の光子竜》蘇生からの追撃ができなかったり、気になる部分も多いです。2:2か、はたまたピン挿しか。《リビングデッドの呼び声》との枚数配分が難しそうです。

JOTL幻獣機裁定まとめ

とりあえず気になるところだけですが、事務局に問い合わせました。
Twitterの方でも書いてましたが、まとめとして一応こちらにも。

《幻獣機コンコルーダ》

Q.
《幻獣機コンコルーダ》がダメージステップ中に相手によって破壊され墓地へ送られた場合、効果は発動できますか?
A.
ご質問頂きました状況の場合、「幻獣機コンコルーダ」の効果を発動する事ができます。

Wikiにはダメステ不可とありましたが、可能との返事を貰えました。

「幻獣機」キルパターンとか

モンスター(20枚)
幻獣機メガラプター×3枚
幻獣機ブルーインパラス×3枚
幻獣機ブラックファルコン
幻獣機ハリアード×2枚
幻獣機ハムストラット×3枚
幻獣機テザーウルフ×3枚
幻獣機コルトウィング×2枚
幻獣機ウォーブラン
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(13枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
緊急発進(スクランブル)×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
リミッター解除
ブラック・ホール
スケープ・ゴート
サイクロン×2枚

罠(7枚)
風霊術-「雅」
神の警告
空中補給(エアリアル・チャージ)×3枚
強制脱出装置×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
アームズ・エイド
カラクリ将軍 無零
ギアギガント X
スクラップ・ドラゴン
ハーピィズペット幻竜(ミラージュドラゴン)
フォーミュラ・シンクロン
フォトン・ストリーク・バウンサー
幻獣機コンコルーダ×2枚
幻獣機ドラゴサック×2枚
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
電光千鳥


ワンキルルートも確立し、割とやることは固まってきたのかな、ということで幻獣機を。
やることは決まってても中々メインの構築が固まらなくてモドカシイ今日この頃です…が。

幻獣機では以下の条件の時《緊急発進》が発動できれば8000ダメージを叩きだすことができます。
■トークン×2・召喚権未使用
□手札に《幻獣機ハリアード》(or《幻獣機メガラプター》or《幻獣機コルトウィング》)
1.《緊急発進》で《幻獣機メガラプター》《幻獣機コルトウィング》をSS。
お互いが反応し合いトークン×3SS。
2.「メガラプター」で《幻獣機ハムストラット》をサーチ。
3.「コルトウィング」と「メガラプター」で《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》をSSし、効果を発動。
4.「ハリアード」をNSし、効果で「ハムストラット」をSS。
5.「ハムストラット」の効果で「メガラプター」もしくは「コルトウィング」をSS。
6.「ハリアード」の効果でトークンSS
フルアタックで9800ダメージ。相手の場に障害物があるならば、最後《幻獣機メガラプター》を蘇生し効果を発動することで《電光千鳥》を出すことができ、2枚除去したうえで8000ぴったりのダメージが与えられます。
手札にあるのが「コルトウィング」や「メガラプター」だったとしても、要は場に「ハリアード」「メガラプター」「コルトウィング」トークン×2、手札に「ハムストラット」という布陣が敷けるので8000には届かせられます。

■トークン×3・召喚権行使
こちらはトークンが3体必要な代わりに召喚権を既に行使していたとしても8000に届きます。トークン×3は基本的に《幻獣機ドラゴサック》を用い、トークン生成効果後、自身をリリースすることで、相手フィールド上のモンスターが1体だけだったとしても《緊急発進》の発動条件が満たせます。
《幻獣機ドラゴサック》の効果にチェーンして《緊急発進》を発動することで、相手モンスターを除去しつつデッキから幻獣機を特殊召喚なんてことも可能です。
1.《緊急発進》を発動し、「メガラプター」「コルトウィング」「ハリアード」をSSし、「コルトウィング」の効果でトークン×2SS。(この時「メガラプター」の強制効果が発動しますが不発)
2.「メガラプター」で「ハムストラット」をサーチ。「ハリアード」効果でトークンSS。
3.「メガラプター」「コルトウィング」で《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》をSSし、効果を発動。
4.「ハリアード」効果で「ハムストラット」をSS。
5.「ハムストラット」の効果で「メガラプター」もしくは「コルトウィング」をSS。
さっきと行きつく先は同じでフルアタック9800、《電光千鳥》を出しても8000に届きます。

前者のルートは相手ターンで《幻獣機ハムストラット》によって生成されたトークンや、《幻獣機ブルーインパラス》+《空中補給》で揃えることができ、後者はデッキを動かしてる中で狙っていく形で、如何に《緊急発進》を強く打つか、それらが無い時にどう立ちまわるかが重要になってくると思います。先行ぶん回しや、序盤に一気に展開してくる相手に対して動き出せるのが遅い幻獣機だとかなり厳しいものがあって、その辺どう捌けるかが課題でしょうか。個人的に征竜入れるのはあまり好きではないんですが…切り返しや《風征竜-ライトニング》で序盤から《幻獣機ドラゴサック》狙えるのは魅力的なんですよね。悩ましいところではあります。

小さな黒いシミ

simi

先日デュエルするのでデッキを取り出してみると、スリーブの上部に画像のように黒い染み…というか黒いインク漏れ見たいなのがありました。。しかも1枚2枚とかではなくかなりの枚数がやられていました。そういえばこんなようなスリーブ上部の染みをどこかで見たような…。

simi1s

どこかで見たと思ったらカイトスリーブでした。これは結構前からこのような状態になっていて気付きもしていましたが、縁が黒いことでパッと見分かり辛いしでそこまで気にはしてませんでした。
が、トレミススリーブまでこんな状態になってしまうとは…。こんな状態になってはスリーブとして使いものになりませんし、トレミススリーブ自体地味に高いのもあってどうしたものか。
正直スリーブについては詳しくはないのでアレですが、手の脂分とかでインクが漏れだすとかあるんですかね…。ひとつ上のスリーブを上からかぶせてみたりもしてるんですが、どうなんでしょうね…。
他に同じような症状が起きてる人がいるかどうか気になるところです。

維持コスト後の効果発動

《空中補給》
永続罠
1ターンに1度、自分フィールド上に「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚できる。このカードのコントローラーはお互いのエンドフェイズ毎に自分フィールド上のトークンまたは「幻獣機」と名のついたモンスター1体をリリースする。またはリリースせずこのカードを墓地へ送る。

Q.
エンドフェイズに《空中補給》の効果で幻獣機と名のついたモンスターを
リリースした後に幻獣機トークンを特殊召喚することは可能ですか?
A.
ご質問頂きました状況のエンドフェイズにて、先に「幻獣機」と名のついた
モンスターをリリースし、その後に「空中補給」の効果によって
「幻獣機トークン」を特殊召喚することができます。

これは知らなかった…!というより、維持コストを支払った後に効果を発動するという発想に至らなかったですね…。他にも同じようなことができそうなカードも見あたりませんでしたし、もしかしたら初めてのケースだったり?
幻獣機を回してると《空中補給》を発動せずともフィールドが埋まってしまうことも多く、エンドフェイズに無駄にこのカードの維持コストでトークンを減らしてしまうこともありましたが、これならフィールド埋めたままでターンを返せますね。新規も来れば割と頻繁に起きそうでもあるので、これは覚えておいて損はないハズ。