異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2013年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年05月
ARCHIVE ≫ 2013年05月
      

≪ 前月 |  2013年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

続小さな黒いシミ

simi2

こいつ…進化してやがる…!
捨てるのもアレだったのでとっておいたのですが、以前記事を書いてからおよそ1ヵ月…改めて見たら大変なことになっていました。なんと小さな黒いシミが大きな黒いシミへとランクアップしていたのです(アホなことを言ってる場合ではない)。

流石に気になったのでコナミにメールで問い合わせてみたのですが、この画像は送れませんし、前例がないのか向こうもよく分っていない様子で、結局原因や他に例があるのかは分りませんでした。
他のスリーブでこういうシミらしきものが出てる人もいないことは無いようですが、周りでトレミススリーブを使ってる人がこういう事態に陥ってるという話は聞かないので、ホント極稀に起きる欠陥的なものなんでしょうね…。おぞましい限りです。
スポンサーサイト

聖騎士はじめました

Noble Knight

全てはよしえさんと秋葉原の某王国へ行ったのが始まりでした。
当日はEXP発売日ということもあって寄ってみると、そこには《聖騎士モルドレッド》が500円。
衝動買いでした。
次の日には売値が2000にまでなっていたりと、倍以上の値段で売ることもできるとか何とか…。
一方、デッキに1枚か2枚しか入らない《聖騎士ランスロット》さんは900円と割高でした。そんなこんなでランスロット難民。今は《黒蠍-強力のゴーグ》さんがプロキシで頑張ってくれてます()

組む予定は全くありませんでしたが、折角手元に《聖騎士モルドレッド》が3枚揃ったのでADSとリアル両方で調整しつつ、今はこのような形で落ち着いてます。
撃つためにそれなりのカードを使うため、あまり好きではないんですが、思考停止で《闇のデッキ破壊ウイルス》をメインに3枚。《聖騎士モルドレッド》《聖騎士ランスロット》+《聖剣ガラティーン》や、《A・ジェネクス・バードマン》からの《A・ジェネクス・トライフォース》で撃ちにいくことが出来ます。
聖騎士の《レスキューラビット》は大して強く感じなかったので、引けたらワンチャン程度でピン挿し。
聖剣に関しては《聖騎士モルドレッド》が《エフェクト・ヴェーラー》で止められた際でも強い《聖剣ガラティーン》《天命の聖剣》を3投し、他はカードパワーに合わせて2積み、ピンにしてます。スペースさえあればもう少し増やしたいですね。
エクストラはキツ過ぎて困ってます。バードマン型なのが原因ですが、戦士族の《No.39 希望皇ホープ》や《ガガガガンマン》はもちろん、《No.50 ブラック・コーン号》も欲しい時ありますし、《ブラック・ローズ・ドラゴン》がないのも色々とおかしい気がしますね…。

海外で出てたとはいえ、まだ来日して間もないからかあまり強い動きも確立されてないようです。《エフェクト・ヴェーラー》を《サイクロン》で避けれるかの裁定も調整中避けれないという裁定が出たようです…。き、気長にやっていければいいですねえ。

「幻獣機ver.1.1」

モンスター(18枚)
幻獣機メガラプター×3枚
幻獣機ブルーインパラス×2枚
幻獣機ハリアード×3枚
幻獣機ハムストラット×3枚
幻獣機テザーウルフ
幻獣機コルトウィング×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(15枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
緊急発進(スクランブル)×3枚
強欲で謙虚な壺
リミッター解除
トランスターン×3枚
デビルズ・サンクチュアリ×3枚
スケープ・ゴート

罠(7枚)
風霊術-「雅」
神の警告
空中補給(エアリアル・チャージ)×3枚
強制脱出装置×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
アームズ・エイド
カラクリ将軍 無零
ギアギガント X
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
ハーピィズペット幻竜(ミラージュドラゴン)
フォトン・ストリーク・バウンサー
幻獣機コンコルーダ
幻獣機ドラゴサック×3枚
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
電光千鳥


「幻獣機」キルパターンとか
「幻獣機」動かし方とか
《トランスターン》を採用したタイプの幻獣機です。以前は当時の構築にただ採用しただけだったので使い辛く感じていましたが、改めて組みなおしてみると思いのほか使いやすく、ヴェーラーケアだったりキルパターンに絡んだりと、トークンがコストに使えなくても十分な強さがありました。
特に《幻獣機メガラプター》にアクセスしやすくなったことで、《幻獣機メガラプター》への依存度が高くてムラが激しかった《デビルズ・サンクチュアリ》が使いやすいカードになり、序盤の安定感が増しました。

また、《トランスターン》を入れることで1キルがより容易になります。召喚権未行使で場に幻獣機トークン×2、《緊急発進》と《トランスターン》が手札にあることが条件です。
1.《緊急発進》で《幻獣機メガラプター》《幻獣機コルトウィング》をSS。
お互いが反応し合いトークン×3SS。
2.「メガラプター」で《幻獣機ハムストラット》をサーチ。
3.《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》SS。「メガラプター」外して効果。
4.「ハムストラット」NS。効果で「メガラプター」SS。
5.「ハムストラット」をコストに《トランスターン》で《幻獣機ハリアード》SS。
6.「メガラプター」で適当な幻獣機(攻撃力1100以上)をサーチ。
「ハリアード」効果でトークンSS。
7.「ハリアード」効果でサーチした幻獣機SS。
最大ダメージ数は10600、最後に《電光千鳥》を出したとしても8800ダメージです。要は以前のトークン×2パターンの必要カードがラプターハリアードハムストラットの他に《トランスターン》でも可能になった感じですね。

また、《トランスターン》が絡む強いパターンもメモも兼ねて書いておきます。
手札に《幻獣機ハリアード》《トランスターン》があり、《幻獣機メガラプター》+幻獣機トークン×1でターンが返ってきたことを想定しています。(《幻獣機ハリアード》がなくても《幻獣機ハムストラット》《空中補給》で可能です)
1.「ハリアード」NS。「メガラプター」効果で「ハムストラット」サーチ。
お互いが反応し合ってトークン×2SS。(合計トークン数:2)
2.「ハリアード」効果で「ハムストラット」SS。「ドラゴサック」SS。
「ハリアード」を外してトークン×2SS。(合計トークン数:3)
3.「ハムストラット」効果で「ハリアード」SS。(合計トークン数:2)
4.「ハムストラット」コストに《トランスターン》で「メガラプター」SS。(メガラプターとハリアードは逆でも可)
5.「メガラプター」で適当な幻獣機をサーチ。「ハリアード」効果でトークンSS。(合計トークン数:2)
6.「ハリアード」効果でサーチした幻獣機SS。(合計トークン数:1↑)
最後に《幻獣機ハリアード》の効果で特殊召喚した幻獣機の攻撃力が1700以上ならば合計ダメージ数は8000を超え、手札に《幻獣機ブルーインパラス》もしくは星4幻獣機があればサックサックルーダトークンという固いフィールドを作ることも可能です。

《幻獣機ハムストラット》の蘇生効果を使いつつ《トランスターン》で《幻獣機ハリアード》と《幻獣機メガラプター》を並べれるのが強く、1ターンでそれらの効果を複数発動できるあたり、1ターンに1度という制限から抜け出した、まさに”遊戯王”をしているという感じがして楽しいです。
構築に関しては《幻獣機ハリアード》3枚目、《風霊術-「雅」》あたりが少々怪しいでしょうか。
罠の採択が難しい…。

「幻獣機」動かし方とか

幻獣機はどう動くのか、どう回せばいいのか分らないという声をちょくちょく目にしたり、周りでも幻獣機ユーザーが少なかったりするのは、動きが分り辛い、難しいからなのかなと思う今日この頃です。少しでも幻獣機を組む力添えになれればと、今回はキルパターン以外での回し方について書いていこうと思います。キルパターンはこちら

メガラプター 空中補給

まず初動ですが、基本的には《幻獣機メガラプター》+トークン生成カード(《デビルズ・サンクチュアリ》《空中補給》等)で動いていきます。《幻獣機メガラプター》はサーチャーでありながらトークンを量産することもできるため、他の幻獣機の効果の発動へ繋げていくことができます。初手になければ《幻獣機ブルーインパラス》をコストに《トランスターン》でリクルートしてきましょう。
また、《幻獣機ハムストラット》も優秀なスタートモンスターです。リバースし効果の発動に成功すればトークンを2体も生成できるため、継続の幻獣機へと繋げやすく、自身がレベル3であることから《トランスターン》で《幻獣機メガラプター》へと変換することができ、召喚権を残しつつのサーチが行えます。相手ターンでリバースし戦闘破壊されようものなら、《緊急発進》の発動条件を相手から満たしてくれるようなものなので、手札次第では1キルルートへと入ることが出来ます。

ハリアード コルトウィング

上記のようなスタートが切れれば理想的。《空中補給》等が絡み《幻獣機メガラプター》+幻獣機トークンという場でターンが帰ってきて、手札に《幻獣機ハリアード》があればなお理想的です。召喚権がありますから、《幻獣機ハリアード》を通常召喚し、《幻獣機メガラプター》の効果を発動。サーチ後にお互いが反応し合ってトークンが2体生成され、尚且つ《幻獣機メガラプター》でサーチした幻獣機を《幻獣機ハリアード》の効果で特殊召喚することが出来ます。更にそれぞれのレベルは7なので、《幻獣機ドラゴサック》でトークンを増やしながら、サーチした幻獣機の効果へと繋ぐことが出来ます。
この《幻獣機メガラプター》+《幻獣機ハリアード》+トークンという布陣、少ない手札で《緊急発進》に頼らずに展開できる数少ない手段です。この《幻獣機ハリアード》を如何に他の幻獣機と反応させ合えるかが、中盤以降にデッキを回す鍵となるのではないでしょうか。

そんな《幻獣機ハリアード》と相性がいいのが《幻獣機コルトウィング》です(どちらかと言えばコルトウィングと相性がいいのがハリアード、でしょうか)。《幻獣機ブルーインパラス》や《空中補給》と言ったトークン生成カードを起点に《幻獣機ハリアード》通常召喚から、自身の効果で《幻獣機コルトウィング》を特殊召喚。生成されたトークンをコストに《幻獣機コルトウィング》の効果を発動すれば、《幻獣機ハリアード》が反応し《幻獣機ドラゴサック》を出す条件が整い、《緊急発進》があればそのまま1キルルートです。《緊急発進》は1キルも狙える強力なサポートカードですが、発動条件故に常に意識して動くことが重要になります。

コンコルーダ

《幻獣機コルトウィング》が来たからと言って1キルがすべてではないのが幻獣機の面白いところです。《幻獣機コンコルーダ》はトークンに破壊耐性を与えることが出来、トークンがいれば《幻獣機コンコルーダ》以外の幻獣機も破壊されなくなるため、攻撃力の最低ラインを2400まで上げることが出来ます。
ただ、たかが2400、簡単に突破されてしまうラインでもあります。なので、このカードを出す際は、墓地に《幻獣機コルトウィング》を落としつつ、隣には適当な幻獣機及びトークンを置いておきましょう(逆にいえば、そういった状況でないときに出しても弱いです)。そのような布陣は、相手にしてみれば破壊できるのはこのカードだけなので、まずはこのカードを破壊しなくてはならないのですが、このカードを破壊すればその効果によって《幻獣機コルトウィング》を蘇生することが出来てしまいます。《幻獣機コルトウィング》は特殊召喚時にトークンを生成することが出来るので、幻獣機本体を破壊するにはあと3回殴らなくてはなりません。もしもこの時、トークン以外の幻獣機が存在しなければ、トークンは《幻獣機コンコルーダ》の効果でリリースしてしまうため、発動条件が満たされず《幻獣機コルトウィング》の効果が発動できなくなってしまいます。

このように《緊急発進》から1キルするもよし、《幻獣機コンコルーダ》を絡めた固いフィールドを作るのもよし、展開して《幻獣機ドラゴサック》を並べるのもよし、様々な動きやフィールドを作ることが出来るのが幻獣機です。これといったテンプレートは存在せず、幅広く、自分なりの構築も楽しめるので、お勧めのデッキです。

「ユニオンヴァリーver.10.0」

モンスター(25枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×2枚
フォトン・スラッシャー×2枚
ジャンク・コレクター
シャインエンジェル
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×2枚
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(7枚)
大嵐
増援
死者蘇生
月の書
禁じられた聖槍×2枚
強欲で謙虚な壺

罠(8枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の警告
異次元からの帰還
闇のデッキ破壊ウイルス×2枚
デモンズ・チェーン×2枚

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
ブラック・ローズ・ドラゴン
輝光子パラディオス
虚空海竜リヴァイエール
星態龍


新制限になってしばらくの間、納得いく構築が出来ずに悶々とした日々を過ごしてました(大げさ)というのも、《E・HERO プリズマー》で落とせる優秀な闇属性である《クリッター》が禁止になってしまい、代わりとなる闇属性が見つからなかったことにあります。《魂を削る死霊》や《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》といった候補はあるものの、前者は《フォトン・スラッシャー》と、後者は《サイバー・エルタニン》と相性が悪く、特に噛み合わせが強いこのデッキでは採用しがたいものでした。
現在は《カオス・ソーサラー》を抜き、《A・ジェネクス・トライフォース》を出しやすいようにすることで闇属性への依存度を下げる構築に落ち着いていますが、《A・ジェネクス・バードマン》や《次元合成師》をサーチしつつ《フォトン・スラッシャー》《サイバー・エルタニン》両者ともに相性の良かった《クリッター》の優秀さを改めて感じてしまいますね。

上記のことも相まって、エクストラに余裕が出来たことから《星態龍》を採用してみました。《サイバー・エルタニン》は最強の除去カードではありますが、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》等と違ってライフを削りに行けないのが課題でした。普段では《A・ジェネクス・バードマン》+星4モンスターから《A・ジェネクス・トライフォース》へ繋げることでダメージを取りに行けますが、毎回そんな手札が整ってることもありません。そんなとき、《エフェクト・ヴェーラー》が手札にあるのなら、通常召喚から《星態龍》、そして3200の直接攻撃へと繋げることができます。もちろん、《エフェクト・ヴェーラー》は自身の効果がメインなので通常召喚することなんて滅多にありませんし、積極的に狙うものではありませんが、攻めに転じれない時などあると便利な1枚です。
一応《A・ジェネクス・アクセル》で《A・ジェネクス・バードマン》を蘇生したり、《A・ジェネクス・バードマン》+星4×2で出せないこともなかったりします。

星態龍

星態龍

《星態龍》
星11/光属性/ドラゴン族・シンクロ/攻3200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。このカードのシンクロ召喚は無効化されず、このカードがシンクロ召喚に成功した時、魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。また、このカードが攻撃する場合、このカードはダメージステップ終了時まで、このカード以外のカードの効果を受けない。

JOTLで登場した初のレベル11シンクロ。昔の高レベルシンクロだったら当たり前の非チューナー×2の要求もなく、その魅力ある出しやすさが特徴です。
そして高レベルに似合った召喚無効・召喚反応への耐性があり、攻撃時のみではあれどカード効果への耐性もあります。このカードの魅力は出しやすさ、今までにない星11枠ですし、フリーチェーンに弱いのはご愛敬ですね。。

しかしそんな《星態龍》にはフリーチェーン以上の敵が潜んでいました。それはこのカードのシンクロ召喚時にはいかなるモンスター・魔法・罠の発動も効果も封じてしまうこと。一見召喚反応に強くするための効果に見えますが、実際には墓地へ送られた時に発動する、シンクロ素材にされたモンスターたちの効果までをも封じてしまうことになります。具体的な例を上げるならば《ヴァイロン・プリズム》や《チューニング・サポーター》のようなカード。シンクロしてこそ輝くコラプワイバーの効果までをも封じてしまうのは頂けません。
故にそれらのカードでシンクロ召喚のディスアドバンテージを補うことはできず、単純に便利なレベルのモンスターとしてしか使うことが出来ないのです(それでもそこそこ強いんですが…)。

そんなおいしい動きが好きな自分にとってこんな仕打ちはなかろうと、ネガティブキャンペーンを続けてきたんですが、少し前の記事にも書いたようなデメリットを打ち消す使い道もあることに気づき、見事なまでの手のひら返しをすることになりました。
というのも墓地へ送られた時に発動するのはメリットだけではなく、デメリットもあるということ。マーシャルの記事に載せた《スペースタイムポリス》とのコンボはもちろん、《サイコ・チューン》の蘇生したモンスターのレベル分のダメージを受けるデメリットもチェーンブロックを作るため、《星態龍》で打ち消すことが出来ます。《サイコ・チューン》は高レベルモンスターをチューナーとして蘇生できるので、とても相性がいいですよね。ただ、このフィールドを離れた時にチェーンブロックを作って発動するデメリットは中々に数が少なく、パッと思いつくのが《グラナドラ》ぐらいしかありませんでした。。
《神の警告》や《奈落の落とし穴》に反応されずにそれらのデメリットを打ち消せれば、ひとつのデッキの強い動きとして組みこめそうですし、何かひとつこれを狙ったデッキを組んでみたいところです。

トライフォースとヴェーラー

Q.
《A・ジェネクス・トライフォース》を対象に《エフェクト・ヴェーラー》の効果を発動されました。次のターン以降《A・ジェネクス・トライフォース》の効果を発動することは可能ですか?
A.
ご質問の状況の場合、「A・ジェネクス・トライフォース」は、「エフェクト・ヴェーラー」の効果が適用されなくなるエンドフェイズ以降、『●地属性:』の効果を通常通り発動する事ができます。
なお、「A・ジェネクス・トライフォース」の『●炎属性:』『●光属性:』の永続効果も同様に、再び適用されます。

このブログで以前からちょくちょく取り上げていて、半月ほど前に《エフェクト・ヴェーラー》の効果を受けた《A・ジェネクス・トライフォース》は、そのターン以降も効果を発動することが出来なくなる裁定を貰いましたが、意外にも発動可能という裁定に変わっていました。(一応5日と8日、2度問い合わせて2回とも発動可能の裁定でした)

《A・ジェネクス・トライフォース》自体、決して場持ちがいいモンスターではありませんが、《エフェクト・ヴェーラー》を受けても破壊されないことがあったり、発動が可能なのであれば守る意味が出てきたりと、少し扱いが変わってきます。
今はどうせバニラになってしまうならと《闇のデッキ破壊ウイルス》で投げようとしてましたが、出来るなら場に維持してやりたいモンスターですしね。

「スペースタイムマーシャルver.6.0」

モンスター(24枚)
沈黙のサイコウィザード×2枚
静寂のサイコウィッチ×3枚
寡黙なるサイコプリースト×2枚
レベル・スティーラー×3枚
マックス・テレポーター
ファイナルサイコオーガ
スペースタイムポリス×2枚
サイコ・コマンダー×3枚
サイキック・ブロッカー
ガスタ・サンボルト
エフェクト・ヴェーラー×2枚
エア・サーキュレーター×3枚

魔法(11枚)
貪欲な壺
大嵐
死者蘇生
月の書
緊急テレポート×3枚
ワン・フォー・ワン
トランスターン×2枚
おろかな埋葬

罠(7枚)
連鎖破壊(チェーン・デストラクション)×2枚
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ
A・O・J フィールド・マーシャル
No.83 ギャラクシー・クィーン
アームズ・エイド
クリムゾン・ブレーダー
サイコ・ヘルストランサー
シャイニート・マジシャン
スクラップ・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
フォトン・ストリーク・バウンサー
メンタルスフィア・デーモン
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
獣神ヴァルカン
閃珖竜 スターダスト
超念導体ビヒーマス


《スペースタイムポリス》軸のフィールドマーシャルデッキ。自分のモンスターを墓地に送れる《トランスターン》が来たことで、再び《沈黙のサイコウィザード》をメインに構築してみました。
《トランスターン》によって《沈黙のサイコウィザード》を墓地へ送ることで、即座に《沈黙のサイコウィザード》の効果に繋げられ《スペースタイムポリス》を特殊召喚。そこから《トランスターン》によって特殊召喚された《ファイナルサイコオーガ》とランク5エクシーズでデメリットの帳消し、《緊急テレポート》から《スペースタイムポリス》をシンクロ素材に用いることで、《ファイナルサイコオーガ》やシンクロ召喚した《メンタルスフィア・デーモン》《クリムゾン・ブレーダー》等の効果の発動が狙えます。もちろんそこに《レベル・スティーラー》が絡めば、《A・O・J フィールド・マーシャル》です。

また、《トランスターン》は《沈黙のサイコウィザード》の効果トリガーだけでなく、《静寂のサイコウィッチ》でリクルートが出来る《サイキック・ブロッカー》をコストに《スペースタイムポリス》の特殊召喚にも繋げられます。予め《サイキック・ブロッカー》で《エフェクト・ヴェーラー》等を宣言し、ほぼ確実に《スペースタイムポリス》の効果を通したり、そこからさらに《マックス・テレポーター》へと繋げたり。
《スペースタイムポリス》は《ガスタ・サンボルト》にも対応してますが、戦闘破壊に頼らず、割と能動的にデッキから特殊召喚できるのは中々によさげです。

ただ、予想以上に《トランスターン》が使い辛く、下手したら《沈黙のサイコウィザード》メインにするのは怪しいのではという疑惑も出てきてしまいました。結局のところ《スペースタイムポリス》の特殊召喚に召喚権を使ってしまい、《トランスターン》でチューナーを呼べないあたり、《A・O・J フィールド・マーシャル》デッキとしては、このギミックは合わないのかもしれないですね…。《スペースタイムポリス》として悪くなくとも、《A・O・J フィールド・マーシャル》に繋がらないんじゃ、使う意味がないかなあと。

おまけ

Q.
相手のカードを除外した「スペースタイムポリス」をシンクロ素材に「星態龍」を特殊召喚しました。この場合、「スペースタイムポリス」によって除外されたカードはフィールド上にセットされますか?
A.
ご質問の状況の場合、「スペースタイムポリス」によって除外されたカードは、フィールド上にセットされません。

《星態龍》見直しました(手のひら)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。