異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2013年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
      

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ファントムクエーサー」

モンスター(18枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
終末の騎士×2枚
幻獣機メガラプター×3枚
幻獣機ブルーインパラス
幻獣機ブラックファルコン×2枚
幻獣機ハムストラット
幻獣機テザーウルフ×2枚
ダーク・シムルグ
クロック・リゾネーター
グリード・クエーサー
エフェクト・ヴェーラー
E-HERO ヘル・ゲイナー

魔法(14枚)
冥界流傀儡術×3枚
大嵐
死者蘇生
月の書
簡易融合(インスタントフュージョン)
ブレイク・ドロー×2枚
ブラック・ホール
トランスターン
おろかな埋葬
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×2枚

罠(8枚)
神の宣告
手のひら返し×3枚
空中補給(エアリアル・チャージ)×3枚
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ
スクラップ・ドラゴン
パワー・ツール・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マブラス
ラヴァルバル・チェイン
虚空海竜リヴァイエール
恐牙狼 ダイヤウルフ
幻獣機コンコルーダ
幻獣機ドラゴサック
交響魔人マエストローク
獣神ヴァルカン
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
電光千鳥
発条機雷ゼンマイン


幻獣機をギミックとして使いたくて組んだ《グリード・クエーサー》デッキです。
けっして《シューティング・クェーサー・ドラゴン》デッキではないのであしからず。(大きいエだよ!)

思ってた様にはうまくは行かず、あまり煮詰めれてはないんですが…
幻獣機の星7の確保のし易さから、《冥界流傀儡術》での《グリード・クエーサー》蘇生を狙っていきます。幻獣機トークンが星3であるため、《空中補給》や《幻獣機ブルーインパラス》の効果で生成しつつ、《終末の騎士》で《グリード・クエーサー》を墓地へ落としながら《冥界流傀儡術》に繋げてやると言ったこともできるのはちょっぴり綺麗です。

幻獣機をベースにしているため、それなりに安定した動きをしていくれます。《幻獣機ブラックファルコン》で《グリード・クエーサー》の戦闘補助を担えるのもいいですね。
そして《A・O・J フィールド・マーシャル》の記事でも紹介してましたが、このデッキでも《手のひら返し》が強いです。幻獣機+幻獣機トークンという場だけでも簡単に発動条件が満たせる安定性が売りで、また看板である《グリード・クエーサー》も、レベルこそリセットしてしまいますが、逆にいえばレベルさえ変動させてしまえば、返しのターンで《手のひら返し》を撃つことが出来、再び戦闘破壊が望めます。
《幻獣機ハムストラット》を裏にするといった芸当も出来るかも…?

あとは《幻獣機ブルーインパラス》からの《パワー・ツール・ドラゴン》で《D・D・R》をサーチしたり、《魔界発現世行きデスガイド》から《虚空海竜リヴァイエール》出したりの、《冥界流傀儡術》絡みで除外利用も狙ってみましたが、これは中々に難しかったです。
《幻獣機ブルーインパラス》や《クロック・リゾネーター》はそれぞれ《トランスターン》が対応してたのも面白いかなァとも思いましたが、もうちょっと強いシナジーが欲しいところですね…w
スポンサーサイト

「スペースタイムマーシャルver.6.2」

モンスター(23枚)
静寂のサイコウィッチ×3枚
終末の騎士×2枚
寡黙なるサイコプリースト×3枚
レベル・スティーラー×3枚
マックス・テレポーター
ゾンビキャリア
スペースタイムポリス×2枚
サイコ・コマンダー×3枚
サイ・ガール×2枚
ガスタ・サンボルト
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(9枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
緊急テレポート×3枚
強欲で謙虚な壺
ワン・フォー・ワン
おろかな埋葬

罠(8枚)
手のひら返し×3枚
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J フィールド・マーシャル×2枚
No.83 ギャラクシー・クィーン
アームズ・エイド
サイコ・ヘルストランサー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
ラヴァルバル・チェイン
霞鳥クラウソラス
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
獣神ヴァルカン
超念導体ビヒーマス


《スペースタイムポリス》を絡めてやるのはもちろん、《ナチュル・パルキオン》や《超念導体ビヒーマス》といったモンスターで戦線を維持し、チャンスを窺って《手のひら返し》等から《A・O・J フィールド・マーシャル》に繋げていきます。
《A・O・J フィールド・マーシャル》へは、《レベル・スティーラー》絡めた5+1+3や6+1+2、3+3+3や4+3+2等、兎に角様々な組み合わせから狙っていきます。

この短期間で大分と安定するようになったのと、
《A・O・J フィールド・マーシャル》の出し易さが向上しました。

一番の変更点として、今まで色々と納得のいかなかった《連鎖破壊》を思い切って抜きました。
ちゃんと《レベル・スティーラー》を落とせるかも安定しないのに、序盤で落とせてしまうとランク1が出しやすすぎて、エクストラがキツイのに2枚目が欲しくなる場面があったり、逆にこのカードを引けないと落とせず、枚数を増やして《エア・サーキュレーター》等他にも対象となるモンスターを入れたくなったりとモヤモヤのしっぱなしでした。
今では《終末の騎士》や《ワン・フォー・ワン》等《レベル・スティーラー》にアクセスしやすいカードを増やしてやることで、ランク1に繋げていきます。
特に《静寂のサイコウィッチ》から《サイ・ガール》をSSし、《終末の騎士》をNSする流れは、星6+スティーラーという《手のひら返し》を狙いつつ、そのままなら《サイコ・コマンダー》から、《手のひら返し》をしたなら星2チューナーの追加で《A・O・J フィールド・マーシャル》に繋げてやることができます。

《ゾンビキャリア》は星2チューナーでも《A・O・J フィールド・マーシャル》が出しやすくなったのと、《寡黙なるサイコプリースト》のトリガー、手札に来ても捨てやすく、《終末の騎士》の選択肢として便利な1枚です。
序盤も大分と安定してきましたし、《激流葬》は抜いてしまってもいいのかもしれませんね。。

「4軸聖刻」

モンスター(11枚)
聖刻龍-ドラゴンヌート×3枚
聖刻龍-ドラゴンゲイヴ×3枚
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×2枚
アレキサンドライドラゴン×2枚

魔法(14枚)
大嵐
召集の聖刻印×2枚
死者蘇生
月の書
禁じられた聖槍×2枚
ライトニング・チューン×3枚
マジック・プランター×3枚
ブラック・ホール

罠(15枚)
復活の聖刻印×2枚
神の宣告
神の警告
激流葬×2枚
安全地帯×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚
デモンズ・チェーン×3枚
スキル・サクセサー×2枚

エクストラデッキ
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.50 ブラック・コーン号
ヴェルズ・ウロボロス
ガガガガンマン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・オメガ×2枚
セイクリッド・トレミスM7
輝光子パラディオス×2枚
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク
閃珖竜 スターダスト


無差別トワイライトを改良しよう
→《底なし流砂》弱すぎて抜く
→あれ?《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》要らなくね…?

そんなこんなで星4の聖刻である《聖刻龍-ドラゴンヌート》と《聖刻龍-ドラゴンゲイヴ》を中心に、他の要素は一切なしにシンプルに作ってみました。
動かし方はホントに簡単。ヌートやゲイヴを罠でサポートしながら、それぞれの効果の発動を狙っていくだけです。
《スキル・サクセサー》や《禁じられた聖槍》といった対象をとる戦闘サポートを中心に、どちらかと言ったらゲイヴよりもヌートを軸に、《安全地帯》や《デモンズ・チェーン》等でも積極的に効果の発動、エクシーズへと繋げていきます。残った永続罠は《マジック・プランター》でドローに変換。《復活の聖刻印》は《マジック・プランター》と合わせることで疑似的な聖刻リクルートとなります。召喚権を使用しないため、《聖刻龍-ドラゴンヌート》で《輝光子パラディオス》を作りつつ、《聖刻龍-ドラゴンゲイヴ》でそれを戦闘破壊するといったコンビネーション技も狙えます。

《聖刻龍-ドラゴンヌート》を対象に《ライトニング・チューン》を発動できれば《閃こう竜 スターダスト》の擁立が可能です。《閃こう竜 スターダスト》は《聖刻龍-ドラゴンヌート》と並べることで、お互いのターン毎に《アレキサンドライドラゴン》を生成することができるため、非常に相性がよく、《聖刻龍-ドラゴンヌート》を素材とせずともエクシーズに繋げられたり、×3である《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》等も出しやすくなったりします。
《スクラップ・ドラゴン》を出すことで《復活の聖刻印》を壊すということも出来るんだとか。

かなりシンプルなものを載せてみましたが、他にも《召喚僧サモンプリースト》《ヴァイロン・プリズム》から《閃こう竜 スターダスト》を出しやすくしたり、単純に《フォトン・スラッシャー》《ライオウ》あたりいれてみたりしても良さそうです。
《カードガンナー》で《スキル・サクセサー》や《ブレイクスルー・スキル》落とす型も割と良さげでした。
本当なら青眼ストラクで登場する《竜魂の城》が好相性の塊のようで使いたかったんですが、《マジック・プランター》のコストで墓地に送るとタイミングを逃すという最悪な事態に発展してしまうようで、渋々採用を諦めました。

発端となった《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》も《トランスターン》がきて出しやすそうで使ってやりたいんですけどね。中々それを活かした動きと言うのが難しくて難しくて…。
普段は細かいごちゃごちゃしたデッキばかり使ってるので、たまにこういうのを弄ってみるのも楽しいですね。

ゴーストリックとフィールドマーシャル

7月に出る新弾SHSPにて裏守備テーマである「ゴーストリック」なるものが登場します。裏守備表示を共通としたテーマが出るのは初めてでしょうか。このゴーストリックというのは自分らだけでなく、相手も裏守備表示にしてこそ真価を発揮できるため、そういったカードもサポートとして存在し、一見《A・O・J フィールド・マーシャル》のために生まれてきたかのようなカードたちに思えます。

しかしそんなサポートカードの中にとてつもないアンシナジーが存在していました。それがこれです。

《ゴーストリック・ハウス》
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのフィールド上のモンスターは、裏側守備表示のモンスターに攻撃できず、相手フィールド上のモンスターが裏側守備表示のモンスターのみの場合、相手プレイヤーに直接攻撃できる。また、このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーが受ける効果ダメージ及び、「ゴーストリック」と名のついたモンスター以外のモンスターがプレイヤーに与える戦闘ダメージは半分になる。

なんと裏守備表示への攻撃を封じてしまいます。これではいくら相手モンスターを裏守備にしたとしても、《A・O・J フィールド・マーシャル》を出す意味がありません。
だったら採用しなければ…と言いたいところですが、これはゴーストリックデッキにおいてかなり重要な部分を担うカードで、そういうわけにもいかないんですよね…。

ゴーストリックの強みであり、《A・O・J フィールド・マーシャル》と組み合わせたい最もな理由である《ゴーストリック・パニック》はサーチもサルベージも可能なので、是が非でもゴーストリック軸で組みたいんですが、《ゴーストリック・ハウス》の壁は中々に越えられそうな気がしません。
あとゴーストリックの命運を握るかのような気になる裁定も見つけてしまったので、組むのは発売後裁定が固まってからになりそうです…。

「スペースタイムマーシャルver.6.1」

モンスター(23枚)
嵐征竜-テンペスト
静寂のサイコウィッチ×3枚
終末の騎士
巌征竜-レドックス
寡黙なるサイコプリースト×2枚
レベル・スティーラー×3枚
マックス・テレポーター
デブリ・ドラゴン
スペースタイムポリス×2枚
サイコ・コマンダー×3枚
サイキック・ブロッカー
ガスタ・サンボルト
エア・サーキュレーター×3枚

魔法(10枚)
貪欲な壺
大嵐
死者蘇生
月の書
緊急テレポート×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)
トランスターン
おろかな埋葬

罠(11枚)
連鎖破壊(チェーン・デストラクション)×3枚
手のひら返し×3枚
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ
A・O・J フィールド・マーシャル×2枚
No.83 ギャラクシー・クィーン
アームズ・エイド
スクラップ・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マブラス
メカ・ザウルス
ラヴァルバル・チェイン
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
獣神ヴァルカン
閃珖竜 スターダスト
電光千鳥

マーシャル返し
《手のひら返し》
通常罠
元々のレベルと異なるレベルのモンスターが、フィールド上に表側表示で存在する場合に発動できる。フィールド上のモンスターを全て裏側守備表示にする。

まさに《A・O・J フィールド・マーシャル》で使ってくれと言わんばかりのカード。
こんなカード出てたんですねえ。
《A・O・J フィールド・マーシャル》を出すためであり、それに貫通を与える《No.83 ギャラクシー・クィーン》を出すための《レベル・スティーラー》と非常に相性がよく、条件さえ満たせればデメリットのない《皆既日蝕の書》と、まさに”使い辛いけど強い”1枚です。
《レベル・スティーラー》で下げたレベルをリセットできるのも地味にシナジーがあり、例えば《スペースタイムポリス》のレベルを下げて《レベル・スティーラー》を出しても、《サイコ・コマンダー》だけでは《A・O・J フィールド・マーシャル》は出せませんが、それをリセットすることで5+1+3と《A・O・J フィールド・マーシャル》を出す条件が整います。

《レベル・スティーラー》を早めに落とすために《終末の騎士》と、《ラヴァルバル・チェイン》に繋げやすい《簡易融合》、そして高レベルを用意しやすく相性もいい征竜も2種類ほど採用してみました。特に《巌征竜-レドックス》は《スペースタイムポリス》を特殊召喚することもできますし、《レベル・スティーラー》の枚数次第では《A・O・J フィールド・マーシャル》にも繋げられるのがいいですね。

追記に40枚に納めた形のものを。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。