異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2013年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月
ARCHIVE ≫ 2013年11月
      

≪ 前月 |  2013年11月  | 翌月 ≫

光子竜の聖騎士

光子竜の聖騎士 光子竜降臨
《光子竜の聖騎士》
星4/光属性/戦士族/攻1900/守 800
「光子竜降臨」により降臨。このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。また、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、デッキからカードを1枚ドローする。

《光子竜降臨》
儀式魔法
「光子竜の聖騎士」の降臨に必要。自分の手札・フィールド上からレベルの合計が4になるようにモンスターをリリースしなければならない。また、自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。レベルの合計が4になるように自分の墓地のモンスターをゲームから除外し、手札から「光子竜の聖騎士」1体を儀式召喚扱いとして特殊召喚する。

メインデッキに入るフォトンのサポートらしいサポートといえばカイト編以来ですかね。《白竜の聖騎士》のオマージュだと思われますが、儀式と聞くだけで不穏な空気が漂いますね…。

>《光子竜の聖騎士》
手札からも出せますが、よほどの理由でもない限りデッキから出すことになるでしょう。そこで気になるのがデッキに《銀河眼の光子竜》があるかということになります。2,3枚積んでいれば、1体は出せると思いますが、3積みでも2体目は手札から出さざるを得なくなることは少なくないはずです。このカードを採用しているのであれば、2体目を出すこともあるでしょう。基本的に手札に来た《銀河眼の光子竜》の処理手段として用いられるのは《トレード・イン》や《フォトン・サンクチュアリ》といったカードですし、ましてや《銀河眼の光子竜》を場に出せる優秀なカードである《銀河遠征》との被りも気になります。
一度出せてしまえば、《リビングデッドの呼び声》《ピンポイント・ガード》等から直接《銀河眼の光子竜》を出せたり、このカード自体がフォトンと名のついた星4モンスターなので、《フォトン・リザード》でのサーチ、《輝光帝ギャラクシオン》の素材に出来たりはします。しかし、《銀河遠征》と違って《銀河騎士》を代わりに出すということも出来ませんし、使いまわしたところでデッキに《銀河眼の光子竜》がなければ意味がありません。それらを全て乗り越えたうえで、儀式型の強みを見つけるとなるとちょっと怪しく思えます。

>《光子竜降臨》
パーデクあたりから儀式魔法にこういったサポート効果が付くことが恒例となってきましたね。消費を考えたら当然っちゃ当然ですが、1度は正規儀式してねという部分でもうつらいです。まして、リリースできるのが星4に限定されているので、手札の《銀河眼の光子竜》を切りつつ、《銀河騎士》に繋げられないのは残念極まりないです。
そんなこんなで、狙っていくのは後半の効果になるでしょう。少し話題になった《フォトン・スラッシャー》《マンジュ・ゴッド》で《光子竜の聖騎士》サーチしながらの《ラヴァルバル・チェイン》で落とすのが無難なんですかね。コストを《星邪の神喰》のトリガーにしたり、《銀河零式》と《D・D・R》を装備つながりで共有したりということも出来なくもなさそうですが。手札に来たこのカードを切れる《召喚僧サモンプリースト》も、《光子竜の聖騎士》をサーチできる《フォトン・リザード》がレベル3であるなど惜しい点も目立ちます。

少し触ってみても《銀河の魔導師》等の銀河シリーズとの連携が取りづらく、フォトン寄りになることから、ランク8ビートというよりも《銀河眼の光子竜》ビートという感じでした。狙うなら複数積むことになるでしょうし、ますます「フォトン・トレード」のOCG化欲が強まりますね…。
フォトンにはこれでエクシーズ・融合・儀式が揃ったことになり、あとシンクロさえクリアできれば《創星神 sophia》を狙えなくもなさそうで、《光子竜の聖騎士》を使うならそっちの方向で組んだほうが個人的には面白そうな気がします。

「ゴーストリックver.3.0」

モンスター(19枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
増殖するG×2枚
デブリ・ドラゴン×2枚
ゴーストリック・ランタン×3枚
ゴーストリック・マリー×3枚
ゴーストリック・マミー
ゴーストリック・スペクター
ゴーストリック・シュタイン×2枚
ゴーストリック・キョンシー×3枚

魔法(11枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
サイクロン×2枚
ゴーストリック・ハウス×3枚

罠(10枚)
神の宣告
神の警告
強制脱出装置×2枚
つり天井×2枚
ゴーストリック・パニック×3枚
ゴーストリック・アウト

エクストラデッキ
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
ゴーストリック・アルカード×2枚
ゴーストリック・デュラハン×2枚
ダウナード・マジシャン
ブラック・ローズ・ドラゴン
炎魔竜 レッド・デーモン
機装天使エンジネル
虚空海竜リヴァイエール
弦魔人ムズムズリズム
発条機雷ゼンマイン
氷結界の龍 トリシューラ
妖精竜 エンシェント


LVALで新規も追加され、まだまだ煮詰め途中ですが、大分安定してきたのでひとまず。
最近は《虹クリボー》を使ったレベル1軸が話題のようですね。

《ゴーストリック・キョンシー》で比較的容易にサーチできる豊富な手札誘発を中心に、罠を絡めながら展開およびそのサポートに充て、星3のアタッカーである《ゴーストリック・シュタイン》で罠を供給しながらのハメゲーに近いビートダウン、要所で《ゴーストリック・アルカード》《ゴーストリック・デュラハン》に変換し、ライフを削りに行くのがゴーストリックの基本的な動きになります。
新規が来てからは《ゴーストリック・アルカード》と《ゴーストリック・デュラハン》を並べたビートダウンをすることも多くなりましたが、いずれにせよキーマンは《ゴーストリック・キョンシー》です。

ゴーストリックは相手の動きを阻害するのに長けたテーマでもあり、動きを制限させる手段だけでも《ゴーストリック・ハウス》の裏守備に殴れなくなる効果・ダメージ半減に、《ゴーストリック・パニック》の複数月書、《ゴーストリック・アルカード》のゴーストリック及び裏守備を守る効果、各種手札誘発に、収縮内蔵の《ゴーストリック・デュラハン》と様々で、如何に上手く連携させるかがゴーストリックを使う上で重要な部分になります。
相手を圧殺できるパワーはゴーストリックにはないので、これらで相手の展開をいなし、キョンシーで稼ぐ小さな小さなアドバンテージを大きなものにしていきます。

また、これをサポートするのが《魔界発現世行きデスガイド》や《デブリ・ドラゴン》といったサブウェポンで、1枚1枚のカードのパワーが低く、展開された後に弱いゴーストリックの返しの部分を補います。特に《つり天井》は妨害と返しを両立できる強力な1枚で、ゴーストリックならば《サンダー・ボルト》に等しく、例えアルカードやデュラハンが立っていたとしても墓地からゴーストリックカードの回収が行えます。

LVAL ゴーストリックあれこれ

LVALのフラゲが来て、ゴーストリックの新規の効果も一通り判明したので、それの考察というか感想になります。しかしながら、前回のSHSPが不作だったからかプレイマットキャンペーンがあるからか、今回のパックはカードパワーの高いカードが目立つのが気になりますね。
《ゴーストリック・マリー》に関しては以前書いたこちらを。
長くなるので追記からどうぞー。

森羅の守神 アルセイ

アルセイ
《森羅の守神 アルセイ》
ランク8/光属性/植物族/攻2300/守3200
レベル8モンスター×2
1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。自分のデッキの一番上をめくり、宣言したカードだった場合、手札に加える。違った場合、めくったカードを墓地へ送る。また、カードの効果によって自分のデッキからカードが墓地へ送られた場合、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。フィールド上のカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番上または一番下に戻す。「森羅の守神 アルセイ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

LVALに収録されるランク8エクシーズです。
森羅はデッキからめくられて墓地へ送られるとそれぞれの効果が発動するという特徴があり、それらのトリガーとなる効果を内蔵しつつ、そこから繋がる後半の除去効果が強く、《幻獣機ドラゴサック》のように自己完結しているため、汎用ランク8としての活躍が望めます。

ランク8にはこのカードの他にも除去役が揃っていますが、《聖刻神龍-エネアード》のようにカードを消費する必要もなく、《No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー》よりも高い攻守があり、メイン2での発動も可能です。デッキへのバウンスであることから破壊耐性にも強く、軽いドローロックも掛けれますね。
複数除去こそ出来ないものの撃ち易く、特にフォトンのようなモンスターが少ない、《聖刻神龍-エネアード》のコストを確保しづらいデッキでは嬉しい1枚です。光属性であることから、《フォトン・サンクチュアリ》発動ターンに出せるのも便利ですね(その場合出すのは9割エネアードでしょうけど…;)。

また、他の森羅らとは違い、このカードの効果を発動するのに、めくられて墓地へ送られる必要がありません。つまり、《星邪の神喰》や《二者一両損》のような単純な墓地肥やしカードをトリガーにすることが出来るんですね。とはいえ自分のターンでは自身の前半の効果があるので、狙うなら相手ターンでの発動になります。《D-HERO ドレッドガイ》でこのカードを出し、《D-HERO ダイヤモンドガイ》でめくろうと思いましたが、自己完結してました…。ダイヤダイヤで《ラヴァルバル・チェイン》でも並べますかね()
トップが把握できる天変ディバイナーはこのカードを出すことの方が難しそうですし、そこまでする必要があるかも怪しそうです。