異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
      

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

No.62 銀河眼の光子竜皇

No.62
《No.62 銀河眼の光子竜皇》
ランク8/光属性/ドラゴン族・エクシーズ/攻4000/守3000
レベル8モンスター×2
このカードが戦闘を行うダメージ計算時に1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの攻撃力はダメージ計算時のみ、フィールド上のモンスターのランクの合計×200ポイントアップする。「銀河眼の光子竜」を素材としているこのカードが相手の効果によって破壊された場合に発動できる。発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードの攻撃力を倍にして特殊召喚する。「銀河眼の光子竜」を素材としていない場合、このカードが相手に与える戦闘ダメージは半分になる。

PRIOで登場するランク8エクシーズです。
このカードの魅力は何といってもその高打点で、実質5600もあり、縛りなしの×2ランク8では破格の数値です。《武神器-ハバキリ》のように1度のダメステでしか打点は維持されませんが、素でも4000と十分すぎるくらいなのでそれほど問題にはならないでしょう。
《聖刻神龍-エネアード》以外で《神樹の守護獣-牙王》を倒せるようになるのは嬉しいですね。《輝光帝ギャラクシオン》から《銀河遠征》と繋げれば6200打点になり、がら空きなら1キルです。

しかしながら、またしても《銀河騎士》の条件を満たせるフォトンエクシーズなのに、メインフェイズで素材を外せません。しかも《銀河騎士》を意識し、《銀河眼の光子竜》から素材を外してしまうとダメージが半分になってしまいます。フォトンと名がつくからといって特別強いかと言われるとそこまででもないんですね…。

また、《時空混沌渦》意識からか、破壊耐性?効果もあります。これはフォトンの特権でしょうか。墓地へ送られる必要がないので、一応次元下でも発動できます。(《奈落の落とし穴》あたりには強いですが、《神竜騎士フェルグラント》も候補にある以上、落とし穴に落ちるのは素材の方でしょう)
特殊召喚に成功すれば攻撃力が倍になるので、ダメージ半分でも4000打点のモンスターとしての運用が可能です。2回目のスタンバイフェイズを迎えられれば…ですが。
スポンサーサイト

「サイバー先史遺産」

モンスター(19枚)
増殖するG×2枚
先史遺産ネブラ・ディスク×3枚
先史遺産ゴールデン・シャトル×3枚
先史遺産クリスタル・ボーン×3枚
先史遺産クリスタル・スカル×3枚
サイバー・ドラゴン・コア×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
オネスト

魔法(10枚)
大嵐
先史遺産-ピラミッド・アイ・タブレット
月の書
強欲で謙虚な壺
リミッター解除
サイバー・リペア・プラント×2枚
サイクロン×3枚

罠(11枚)
鳳翼の爆風
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告
次元幽閉×2枚
激流葬×2枚
強制脱出装置×2枚

エクストラデッキ
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー
No.19 フリーザードン
No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック
No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク×2枚
No.61 ヴォルカザウルス
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴルゴニック・ガーディアン
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
セイクリッド・ヒアデス
セイクリッド・プレアデス
始祖の守護者ティラス
深淵に潜む者
迅雷の騎士ガイアドラグーン


《先史遺産ネブラ・ディスク》が来てからちょこちょことCSでも入賞するようになり、わざわざこのブログで書く必要もないかなーと思いつつも。サイバー型先史遺産になります。CSで結果出した~というのが純構築だったので先にそっちを使ってみたんですが、《先史遺産ネブラ・ディスク》を引けなかった時がすこぶる弱く、《先史遺産クリスタル・スカル》を召喚して《先史遺産クリスタル・スカル》を起動したり、罠でひたすら遅延したりということが多く、かなり引きに頼ってしまう部分が大きかったです。

《先史遺産クリスタル・ボーン》と特殊召喚条件が被ってしまっているため、ほぼ序盤用にはなってしまいますが、《サイバー・ドラゴン・コア》を採用することで、より安定した《先史遺産ネブラ・ディスク》の供給を可能にしてくれます。あまりスペースを割きたくもないんですが、《サイバー・ドラゴン》の枚数を減らすと今度は《サイバー・リペア・プラント》が腐りやすくなってしまうため、それよか《サイバー・ドラゴン》がかさばる方がマシということで、2枚ずつの採用です。

キルパターンは《先史遺産クリスタル・ボーン》によるつり上げと通常召喚、《先史遺産ネブラ・ディスク》の蘇生を合わせて《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》と《No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク》を並べるだけで、攻撃力2800以上のモンスターを対象に取れれば、《ゴーストリック・フロスト》や《速攻のかかし》に掛からず8000削ることが出来ます。

動かし方としてもあまり特殊なものはないんですが、最近では《奈落の落とし穴》に加え《次元幽閉》の採用率も上がってきてるので、ネブラの扱いには気を付けたいところです。
また、基本的にはネブラ→スカルから《先史遺産クリスタル・ボーン》や《先史遺産ゴールデン・シャトル》といったキルパーツを集めに行きますが、他に先史遺産を持っていなかったり、バックの多いビートダウン系に対しては《先史遺産ネブラ・ディスク》によるビートダウンで戦闘アドを得ていきます。即座に《先史遺産-ピラミッド・アイ・タブレット》をサーチしてくるのも手で、相手によってはそのままゴリ押せます。

一般的に固いとされている《神竜騎士フェルグラント》は《ゴルゴニック・ガーディアン》や《No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク》で処理でき、《神樹の守護獣-牙王》は《セイクリッド・ヒアデス》からの《セイクリッド・トレミスM7》や《No.19 フリーザードン》からの《FA-クリスタル・ゼロ・ランサー》で対処ができます。
ホントもうシャトル依存やー言ってガイドとかを入れてた頃が嘘のようです。PPに収録された《先史遺産ゴルディアス・ユナイト》は《先史遺産ゴールデン・シャトル》ぐらしか特殊召喚して強いのがいないので、(《先史遺産モアイ》とかを入れてるとまた違うのかもしれませんが)抜けてしまいました。もう1体くらい、ネブラほどとは言わないので、安定した下級があると純でも安定して動けると思います。

ジャンプフェスタ2014

jf2013

お久しぶりです。。ジャンフェスに行くのは2009年以来でしょうか…いつも遊んでるメンバーと盛り上がったのもあり、ガンスリメインで参加してきました。

フォトン、ゴーストリック、サイバー型先史遺産を持っていって、
フォトン:SD暗黒×IF×墓守×ヴェルズ○エクシーズビート×
ゴーストリック:ギアギア○水精鱗×
先史遺産:サイバー○○水精鱗○IF○素早い○儀式代行○途中までやろうぜ○忘れた○○
先史遺産タッグ(パートナー先史遺産):カラクリ&サイキック○カオドラ&ライロ○
フォトンは構築変えたのに事故りまくってボロボロでした…。
ヴェルズをダブルフェルグラスラッシャーで殺したのが最初で最後です。
その点先史遺産はコンスタントに立ち回れて楽でしたね。

今回は連勝してもプロモが1パックしかもらえないのもあって、デュエルします?とか真面目にやります?とか聞いてくる人もいました。
サレンダー禁止アナウンスもあってからか、自らダメージを受けたり、自爆特攻を繰り返したりで負けてく人どころか、デッキを忘れたとかデッキが枚数云々とか、正式な場ならロスを食らうような行為をしてまで負けを選ぶ人も見かけましたね。

気持ちは分かりますが、純粋に遊戯王のイベントを楽しみに来てる人との相性は最悪です。少なくとも、自分が開催者なら当たってほしくないです。(2日目には、故意による負けの禁止アナウンスもあったみたいですが)

それでも今回のジャンフェスは、参加したかたは体感したと思いますが、効率や、負けてもいいと思える気軽さはかなり好印象でした。会場早々なんて、人はそこそこいたのに回転率が良すぎてスペースが埋まらないほどでした。20分で卓に着けるガンスリは聞いたことがないですw
今回のような回転率を維持するには、3勝5パックは多すぎで、以前のようなチートしてまで勝つとも思わないレベルとなると、3勝で2パック+何か(今回でいうパタメルンフィールド)くらいが丁度良いのかなと思いました。
両日参加できる身としては、プロモも1日目2日目で別なのを用意して欲しいですけどねw同じラインナップでは、ヴァルカン並みのがなければ、2日とも行くモチベーションは保てないですし…。

そんなこんなで、始発凸のために中佐氏宅に止まって遊戯できたのもあって充実した2日間でした。また来年も行きたいですね。

「フォトンver.2.3」

モンスター(12枚)
銀河騎士(ギャラクシー・ナイト)×3枚
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)×2枚
銀河の魔導師(ギャラクシー・ウィザード)×3枚
フォトン・スラッシャー×2枚
フォトン・クラッシャー
オネスト

魔法(18枚)
大嵐
増援
死者蘇生
銀河零式(ギャラクシー・ゼロ)×3枚
銀河遠征(ギャラクシー・エクスペディション)×3枚
禁じられた聖槍×3枚
トレード・イン×3枚
アクセル・ライト×3枚

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア -ミラーフォース-×2枚
神の宣告
神の警告
強制脱出装置×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ
No.101 S・H・Ark Knight
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.107 銀河眼の時空竜(ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン)
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
ジェムナイト・パール
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
輝光子パラディオス
輝光帝ギャラクシオン
森羅の守神 アルセイ
深淵に潜む者
神竜騎士フェルグラント×2枚
聖刻神龍-エネアード
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)


自分でも驚くほどに代わり映えしないなと思いながら上げてしまうフォトン。2月のパックは久しぶりに銀河眼がパッケージを飾りますし(プライムはエクストラカードでしょうけど)メインデッキでの変化にも期待したいところです。しかしネオタキオンの白文字は悲しいですね。今までの流れを守って、銀河眼にはホロで突き進んで欲しかった…。

さてデッキですが、実はカード検索にいくつかデッキを投稿してまして、そっちでも書いてるんですが、今回は《トレード・イン》に注目した構築になっています。《トレード・イン》の強みは以下の4つ。

・手札に来た《銀河眼の光子竜》の処理
・《銀河零式》及び《銀河騎士》の蘇生先の用意

・ドローによるキーカードの掌握率向上
・《銀河眼の光子竜》がサーチの選択肢に生まれることから、
 早い段階でデッキから《銀河眼の光子竜》を引き出せる

主に重要なのが上の2つで、デッキを回転させながら《銀河零式》の発動条件を満たせることから、従来の《銀河の魔導師》+《銀河遠征》という組み合わせのほかに、《銀河零式》+《銀河遠征》or《銀河の魔導師》or《銀河騎士》でも先攻《神竜騎士フェルグラント》が可能になります。
理想のコストは《銀河眼の光子竜》ですが、《銀河騎士》だったとしても《銀河零式》で蘇生するだけで《銀河遠征》の発動条件は満たせますし、《トレード・イン》だけを握っているときは積極的に《銀河の魔導師》で《銀河眼の光子竜》をサーチし、中盤以降の《銀河騎士》からの展開に備えます。

このほかにも、上記のように間接的ながら《銀河零式》が採用しやすくなる(《フォトン・サンクチュアリ》で手札の《銀河眼の光子竜》を処理する構築は墓地が肥えにくく、複数積みづらい)ことから、下級モンスターでのエクシーズも狙いやすくなります。
《フォトン・クラッシャー》は言わずもがな、単体で優秀な《フォトン・スラッシャー》もフォトンにおいては《アクセル・ライト》との発動条件の被りであったり、場持ちのいい《銀河眼の光子竜》や《神竜騎士フェルグラント》とのかみ合わせであったり、《銀河騎士》のトリガーにしても余るという気になる部分が多く、積み過ぎると事故を起こしやい、中途半端になりがちなカードなんですが、《銀河零式》を多めに積むことで少ない枚数でもエクシーズへと変換してやりやすいです。

序盤からランク8を投げれるのはもちろん、中盤以降でも《銀河騎士》等からの巻き返しが強みでもあるので、序盤から《銀河眼の光子竜》をデッキから持ってこれる今の構築はかなりしっくりきてます。《銀河零式》《銀河遠征》で召喚権を使わないランク8が狙いやすいのもいい感じです。
召喚権に若干余裕が持てるので、《トリオンの蟲惑魔》ピン挿しが結構良さげでしたが、先攻展開されたときなど遅く感じてしまうこともあって、抜けてしまいました。《虚無空間》に無力なのはご愛嬌。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。