異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

「クイック幻獣機」

モンスター(24枚)
終末の騎士×3枚
幻獣機オライオン×3枚
音響戦士ベーシス×2枚
レベル・スティーラー×3枚
デビル・フランケン
ダンディライオン
ジェネクス・ニュートロン×3枚
クイック・シンクロン×3枚
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
アンノウン・シンクロン
TG ワーウルフ×3枚

魔法(13枚)
貪欲な壺
調律×3枚
大嵐
精神操作
死者蘇生
闇の誘惑
ワン・フォー・ワン
スケープ・ゴート×3枚
おろかな埋葬

罠(3枚)
ブレイクスルー・スキル×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
アームズ・エイド
サイバー・ツイン・ドラゴン
ジャンク・デストロイヤー
シューティング・クェーサー・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
ドリル・ウォリアー
フォーミュラ・シンクロン
ロード・ウォリアー×2枚
霞鳥クラウソラス
月華竜 ブラック・ローズ
波動竜フォノン・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ

クイック・シンクロン 幻獣機オライオン

「クイック幻獣機」…のつもりが、いつの間にか《幻獣機オライオン》以外の幻獣機要素は消えてなくなりました。。いつかのデュエル動画のような《ロード・ウォリアー》をバシバシ出していくデッキですが、《幻獣機オライオン》が来てかなり狙いやすくなっていました。
というのも、《クイック・シンクロン》を使って《ロード・ウォリアー》を狙っていく際、《スケープ・ゴート》等を使った5+1+1+1や5+2+1もありますが、基本的には《レベル・スティーラー》を絡めて他に星3を用意した4+1+3で狙っていくことになります。そこで《幻獣機オライオン》をコストに《クイック・シンクロン》を特殊召喚することで、素材とする星3を用意することが出来、召喚権が余ることから《レベル・スティーラー》を落とすための《終末の騎士》に召喚権を割くこともできます。
もちろん《TG ワーウルフ》を使ったパターンもありますが、《ジェネクス・ニュートロン》で《幻獣機オライオン》と《クイック・シンクロン》とをサーチし分けられるというのも大きく、《スケープ・ゴート》が無制限になったのも相まって今まで以上に出す易く、かつ効率的になったのは確かです。

終末クイックオライオンから《ロード・ウォリアー》に繋げた場合、《フォーミュラ・シンクロン》を出しつつ《氷結界の龍 トリシューラ》と《月華竜 ブラック・ローズ》を出しわけられるのも魅力のひとつで、《デビル・フランケン》も出せるんだとかなんとか。
原案の下級幻獣機を採用した構築―といっても《幻獣機テザーウルフ》と《幻獣機メガラプター》くらいですが、ロード特化のこの構築より堅実的な攻め方が出来るのでまとめられれば面白そうです。(実はウリだったテザートランスターンでクイック出す動きがオライオンで白紙になったなんて言えない)

オライオンは絡まない以前からあったパターンですが、先攻でも狙えなくもないクェーサールートを書いて終わります。必要カードは《音響戦士ベーシス》《クイック・シンクロン》《レベル・スティーラー》《TG ワーウルフ》。
1.ベーシスNS。手札を伏せて(または2.を行うなどして)効果でレベルを4に
2.スティーラーを捨てクイックSS。クイックを対象にスティーラーSS
3.ベーシススティーラーで《TG ハイパー・ライブラリアン》SS。
4.ライブラを対象にスティーラーSS。それをトリガーにワーウルフSS
5.クイックスティーラーワーウルフでロードウォリアーSS。効果で星1チューナーSS
6.ロードを対象にスティーラーSS。フォーミュロンSS。スティーラーSSでクェーサー

「ギャラクシー」

モンスター(16枚)
銀河戦士(ギャラクシー・ソルジャー)×3枚
銀河騎士(ギャラクシー・ナイト)×2枚
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)×2枚
銀河眼の雲篭(ギャラクシーアイズ・クラウドラゴン)
銀河の魔導師(ギャラクシー・ウィザード)×3枚
オーバーレイ・ブースター×2枚
アーティファクト-モラルタ×3枚

魔法(12枚)
大嵐
成金ゴブリン×3枚
死者蘇生
銀河零式(ギャラクシー・ゼロ)
銀河遠征(ギャラクシー・エクスペディション)×3枚
アクセル・ライト×3枚

罠(12枚)
神の宣告
神の警告
リビングデッドの呼び声×3枚
ブレイクスルー・スキル×2枚
トラップ・スタン×2枚
アーティファクトの神智×3枚

エクストラデッキ
No.101 S・H・Ark Knight
No.107 銀河眼の時空竜(ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン)
No.61 ヴォルカザウルス
No.62 銀河眼の光子竜皇(ギャラクシーアイズ・プライム・フォトン・ドラゴン)×2枚
アーティファクト-デュランダル
シャーク・フォートレス
セイクリッド・トレミスM7
セイクリッド・プレアデス×2枚
始祖の守護者ティラス
神竜騎士フェルグラント×2枚
迅雷の騎士ガイアドラグーン
聖刻神龍-エネアード


《銀河戦士》の記事を書いてからかなり経ちましたが(細かい部分がまだしっくりきませんが)、現状でのフォトンことギャラクシーになります。

■銀河におけるアーティファクト
今さら書く必要があるのかというくらい当たり前となってしまった出張セット。個人的な好みも含めて純構築で頑張りたかったのですが、入れる理由が浮かばないくらい相性はかなりいいもので、アーティファクト出張で唯一懸念される「モラルタ」の素引きも《銀河戦士》で解決―むしろ《リビングデッドの呼び声》から蘇生の流れも汲めるぐらいで、相性だけをみたら、ほかのデッキより頭一つ抜けています。相性だけは。

■基本的な動き・狙い
先攻ドローは出来なくなってしまいましたが、それでも銀河は罠にかなり弱いデッキですので、手札誘発があまり見られない内は先攻を取っていくべきだと思われます。《成金ゴブリン》もそれを意識し、先攻初手5枚でも動けるようにキーカードを引きにいきます。
そこで主に狙っていく場ですが、最高理想は《神竜騎士フェルグラント》+《セイクリッド・プレアデス》、次点で《神竜騎士フェルグラント》単騎か、《銀河零式》を絡めた《セイクリッド・プレアデス》になります。「フェルグラント」単騎は悪くないのですが、少ない手札でスタートした場合継続に繋げづらく、そこでよく狙うのが後者の《銀河零式》を絡めた「プレアデス」です。
アクセス手段は様々で、とにかく《銀河の魔導師》を絡めて《銀河遠征》《銀河戦士》のやりくりから「プレアデス」の擁立、《銀河の魔導師》を蘇生させた《銀河零式》を手札に戻すことで、返しのターンに《銀河零式》での展開が望めるほか、《銀河の魔導師》で《銀河遠征》をサーチすることで召喚権を使わないランク5・ランク8エクシーズが狙えます。
《増殖するG》のメイン採用が減るだろうというのも追い風で、サーチこそターン1制限はあるものの、《銀河戦士》の特殊召喚効果に制限がないこともあって割と狙いやすく、少ない手札ながらも攻め手の確保はもちろん、伏せへの睨みをきかせられるのも良点です。
この流れの入り方次第では2枚のサーチが行え、とりあえずは《銀河遠征》をサーチするのが無難なところではありますが、今後の《銀河騎士》《銀河眼の雲篭》での展開に関わるので、少し無理をしてでも《銀河眼の光子竜》に触れられるようにしておくことが重要かなと思います。

とりあえずこんなところでしょうか。(採用枚数にも触れたほうがいいのかな…?)
罠構成がまだ悩んでるところでもあって、《トラップ・スタン》よりかは《奈落の落とし穴》や《聖なるバリア-ミラーフォース-》あたりの方がいいのかなあという気もします。
制限改訂によって征竜(《コアキメイル・ドラゴ》)を見ることはなくなりそうですが、数ある汎用罠の中で最もきつい《激流葬》が無制限になるなど、追い風なのか向かい風なのか…。

「アーティファクト幻獣機」

モンスター(16枚)
幻獣機メガラプター×3枚
幻獣機ブラックファルコン
幻獣機ハリアード
幻獣機ハムストラット
幻獣機テザーウルフ×2枚
幻獣機コルトウィング
幻獣機オライオン×3枚
アーティファクト-モラルタ×3枚
アーティファクト-ベガルタ

魔法(12枚)
大嵐
死者蘇生
緊急発進(スクランブル)
リミッター解除
スケープ・ゴート×3枚
サイクロン×2枚
おろかな埋葬
アーティファクト・ムーブメント×2枚

罠(12枚)
聖なるバリア -ミラーフォース-×2枚
神の警告
空中補給(エアリアル・チャージ)×3枚
リビングデッドの呼び声×3枚
アーティファクトの神智×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.101 S・H・Ark Knight
No.11 ビッグ・アイ
スクラップ・ドラゴン
ライトロード・アーク ミカエル
霞鳥クラウソラス
月華竜 ブラック・ローズ
幻獣機コンコルーダ
幻獣機ドラゴサック×2枚
獣神ヴァルカン
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
電光千鳥
波動竜フォノン・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
(セイクリッド・プレアデス)


《幻獣機コンコルーダ》や《月華竜 ブラック・ローズ》を積極的に狙っていきたくて組んでみました。
最近では「AF銀河」や「純銀河」、「ゴーストリック」等も回してるんですが、どうもしっくりきた構築が出来ずに気分転換にこんなので遊んでました。

冗談半分の構築なんですが、一応利点っぽいところもあって、一番に《幻獣機オライオン》が活き易くなるというのがあります。+《幻獣機オライオン》で7シンクロ――《幻獣機コンコルーダ》をはじめ「月華竜」や《ライトロード・アーク ミカエル》にもアクセスでき、そのまま《幻獣機オライオン》の追加召喚効果から《幻獣機ドラゴサック》のエクシーズ素材にまで繋ぐことが狙えます。
また、相手ターンで取れるアクションが少ない幻獣機でのアーティファクトは中々に魅力的で、銀河のように素引きこそ華麗に解決出来はしないものの、モンスターの展開力も上がるので相対的にチューナーである《幻獣機オライオン》が使いやすくなります。

《幻獣機オライオン》が使いやすくなることで、墓地が肥えづらくて使い難かった《リビングデッドの呼び声》も採用でき、アーティファクト及び「月華竜」とのシナジーも見込めます。結果、魔法罠による展開札を増やすことに成功し、幻獣機特有のモンスターが手札に溢れた時のもっさり感を嫌って、ある程度モンスターを少なめに設定しても動いてくれるはず。

サクッと組んでサクッと回したぐらいではありますが、普通の構築とはちょっと違った感じの幻獣機が楽しめるのではないかなあと思います。そんな約1ヶ月ぶりの更新でした(´A`)