異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

「アーティファクトヴァイロン」

モンスター(22枚)
召喚僧サモンプリースト×2枚
輝白竜 ワイバースター×3枚
暗黒竜 コラプサーペント×3枚
クリバンデット×3枚
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
ヴァイロン・プリズム×3枚
ヴァイロン・ステラ×3枚
アーティファクト-モラルタ×3枚
アーティファクト-ベガルタ

魔法(14枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
ダブル・サイクロン×2枚
ソウル・チャージ×2枚
ヴァイロン・エレメント×2枚
アーティファクト・ムーブメント×3枚

罠(6枚)
リビングデッドの呼び声×3枚
アーティファクトの神智×3枚

エクストラデッキ
アーティファクト-デュランダル
ヴァイロン・アルファ
ヴァイロン・エプシロン
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・プレアデス
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
ライトロード・アーク ミカエル
炎魔竜 レッド・デーモン
機械竜 パワー・ツール
月華竜 ブラック・ローズ
始祖の守護者ティラス
閃珖竜 スターダスト
励輝士 ヴェルズビュート

クリバンデット ステラ

《クリッター》が禁止になってから、これといった優秀な闇属性が中々現れないが故に使い辛かった《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》ですが、《クリバンデット》の登場により、闇属性を墓地に用意する手段を手に入れることが出来ました。お陰で久々に触れれるカオスヴァイロン。

以前と同様《スクラップ・ドラゴン》と《ヴァイロン・エレメント》のコンボを元に、今回はアーティファクトを出張させてみました。《ダブル・サイクロン》による《ヴァイロン・エレメント》の起動を狙えるほか(ヴァイロン装備はスペースがなく見送り)、《アーティファクト-モラルタ》+《ヴァイロン・ステラ》でも《スクラップ・ドラゴン》の流れには入れるのが組み合わせたのが一番の目的です。《リビングデッドの呼び声》を無理なく入れれるのも利点ですね。
ちなみに《ヴァイロン・ステラ》は《ヴァイロン・エレメント》のトリガーにするほかにも《閃こう竜 スターダスト》に装備することで、そのあるかないか分からない効果を使うことが出来ます。

コレクターズパック 伝説の決闘者編

買ってきましたーコレクターズパック。前情報では1500前後という《マスマティシャン》が、発売当日には2000を越えてるということで予約を含めて3箱ほど買ってみました(上段予約分/下2段当日購入分)。

cp

結果はというと、すべての箱から《マスマティシャン》が出て安心した反面、当日買った箱はまったく同じ結果&ティマイオス関連が一切なしということで、何を楽しみに前日からドーマ編を見返しながら買いにいったのか…。

《RUM-千死蛮巧》もお前が光るくらいなら《魂のリレー》を光らせてくれ(と思う初代アニメ厨であった)。

一般パックの方はスーレアの枚数が増えましたが、コレクターズは以前と変わらず箱に2枚という、欲しいスーレアを当てるには1/3とちょっと危険目です。《オレイカルコスの結界》等と比べるとどうしても調整が雑だなーと感じちゃうカードが多いのが、《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》が良調整だけに惜しく感じちゃいます。《女神の聖剣-エアトス》を《ガーディアン・エアトス》で使うとタイミングを逃すのは本当に意味が分からない。
ただ今回のコレクターズレアは、どのカードが担ってもイラスト映えするのがいいですね。伝説の竜関連をコレレアで揃えたデッキは組んでみたいものです。

話題の《クリバンデット》や《ソウル・チャージ》も、秋葉に朝凸出来たお陰もあって1枚75、80くらいで揃えられてホクホクです。《ソウル・チャージ》に関しては《次元融合》や《異次元からの帰還》を禁止にしてなぜ出したのかってくらいですが、《魔導書の神判》を1度スルーしたコンマイが7月に規制かける気がしないんだよなあ…。その後も9月、11月と改訂の雨あられなのも気になるところ…。

そういえば《ティマイオスの眼》は《E・HERO プリズマー》でも行けるみたいですね。
《ティマイオスの眼》と《NEX》、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い…。