異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

「SRDDゴーストリック」

SRDDゴストリ

モンスター(20枚)
幽鬼うさぎ×2枚
ゴーストリックの猫娘
ゴーストリックの人形
ゴーストリック・ランタン
ゴーストリック・マリー×3枚
ゴーストリック・キョンシー
エフェクト・ヴェーラー
SRベイゴマックス×3枚
SRタケトンボーグ
DDラミア×2枚
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DDネクロ・スライム

魔法(12枚)
地獄門の契約書×3枚
簡易融合(インスタントフュージョン)×2枚
ワンチャン!?×3枚
ワン・フォー・ワン
ハーピィの羽根帚
ゴーストリック・ハウス
おろかな埋葬

罠(8枚)
神の宣告
神の警告
ゴーストリック・ロールシフト
ゴーストリック・パニック
ゴーストリック・ナイト
ゴーストリック・アウト
砂塵のバリア -ダスト・フォース-×2枚

エクストラデッキ
DDD呪血王サイフリート
DDD神託王ダルク
ゴーストリック・アルカード
ゴーストリック・サキュバス
ゴーストリック・デュラハン×3枚
ゴーストリックの駄天使×3枚
サウザンド・アイズ・サクリファイス
閃珖竜 スターダスト
超量機獣グランパルス
彼岸の旅人 ダンテ
魔装騎士ドラゴネス


以前EMや帝とやった際、《ゴーストリック・アウト》の耐性がまるで役に立たず(それらのデッキが単純に強かったのもありますが)、今までのようなアウトで耐えながら盤面を構築していくのがこれからの環境で通用するかも怪しく、《魔界発現世行きデスガイド》が制限になり3軸の構築も難しくなったこともあり、《地獄門の契約書》でランク1を繰り返し出せるDDギミックをメインとした構築に移行しました。

DDギミックの最大の利点は《ワンチャン!?》が使えることだと思っていて、《DD魔導賢者ケプラー》+《ワンチャン!?》で《ゴーストリックの駄天使》を立てつつ《ゴーストリック・パニック》と《ゴーストリック・マリー》をサーチ、ワンチャンのダメージによってマリーで《ゴーストリックの猫娘》を特殊召喚することで先攻から猫娘ロックをかけに行くことが出来ます。序盤から積極的に猫娘ロックをかけれるのは他デッキとの差別化、ゴストリを使う十分な勝ち筋になってくれそうです。
とはいっても単純に駄天使と猫娘を並べても戦闘破壊は防げないので、レベル3を擁するデッキには拘束力が薄く、《ゴーストリック・ランタン》や《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》はあるといっても心許ない部分でもあります。《簡易融合》や《ワン・フォー・ワン》が絡めば《DDラミア》の効果を使わず駄天使が立てれるため、《DDネクロ・スライム》からの《DDD神託王ダルク》を経由し横に《閃こう竜 スターダスト》を立てれたりもするのですが。
因みに簡易から出した《サウザンド・アイズ・サクリファイス》は素材になることが殆どですが、人形の効果に巻き込んでやれば自壊を防げ、盤面に維持するなんてことも可能です。

SRはDDギミックだけでは攻め手が薄くなってしまう点を補えるのと、召喚権を使わずに駄天使を立てれるため、手札の《ゴーストリックの人形》等をセットしながらパニックを構えれたり、先攻から星1ゴストリを通常できるようにしワンチャンの条件を満たしたりできます。因みに《SR赤目のダイス》を入れることで、SRのみでワンチャンの条件を満たしながら《ゴヨウ・ディフェンダー》を経由し駄天使を立てて猫娘ロックをかけにいくことが出来るのですが、赤目の素引きが弱すぎるのと、エクストラの関係上簡易融合を優先したかったため抜けていきました。

各種枚数について。
SRを入れるにあたってゴストリカードの枚数は最小限まで減らしました。ワンチャンを撃つ際にサーチを他に回せるマリーは3、他はリクル先の選択肢として1枚ずつという感じですが、可能ならテンポを取りやすい人形、それをサポートできるパニックは複数欲しいのでマリー2人形2とかでもいいかもしれませんね。《ゴーストリック・キョンシー》は召喚権のダブつき、猫娘周りの展開を優先したくどんどん減っていきました。0にしてもいいかなとも思ったのですが、ゴストリの枚数を絞ってるためアウトが打ちづらく、ジリ貧気味になることもたまにあるため、マリーからのリクル先としてピンに落ち着いてます。

DDは多ければ多いほど地獄門を残しながら《ゴーストリック・デュラハン》の擁立に向かえるのですが、こちらも枠の関係上起点になるケプラー地獄門を3、シンクロ素材にして除外される場合も含めラミアは2、動けてる前提のネクロは選択肢として1が丁度良く感じます。

見かけた構築を参考に組んでみたのですが、満を持して優秀なカードが増えたランク3が出しづらくなった点以外では、速度、安定性も以前と比べて向上していて今使ってて一番楽しいデッキです。あとは環境的にどれほどゴストリの動きが通用するのか(ゴストリカードは増やしたい…)を見ながら微調整していく感じでしょうか。

「ガイドDD」

ガイドDD

モンスター(24枚)
幽鬼うさぎ
魔界発現世行きデスガイド×3枚
魔サイの戦士
増殖するG×2枚
エフェクト・ヴェーラー
DDラミア×3枚
DD魔導賢者コペルニクス×2枚
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DDネクロ・スライム×3枚
DDスワラル・スライム×3枚
DDD壊薙王アビス・ラグナロク×2枚

魔法(7枚)
魔神王の契約書×2枚
地獄門の契約書×3枚
ワン・フォー・ワン
ハーピィの羽根帚

罠(9枚)
魔封じの芳香×3枚
死のデッキ破壊ウイルス×2枚
御前試合×3枚
虚無空間(ヴァニティ・スペース)

エクストラデッキ
DDD剋竜王ベオウルフ
DDD疾風王アレクサンダー
DDD呪血王サイフリート
DDD神託王ダルク×2枚
DDD烈火王テムジン×2枚
PSYフレームロード・Ω
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
幻影騎士団ブレイクソード
彼岸の旅人 ダンテ
氷結界の龍 トリシューラ

※サイドはガバガバなので割合(*_*)

少し前に開かれた小規模の非公認OCSにて使った先攻を取るタイプのDDになります。今期はCSに出る機会も作ってなかったので、ろくに環境も把握してない人間が作った突貫的な構築なのですが、よく見かける後攻型だと誘発への脆さや、EMの先攻展開に対応しきれないと思い、こちらも先攻を取り、《DDD呪血王サイフリート》と永続を構えにいく構築にしました。肝心のEMには負けてしまいましたが…。

環境に関してはにわかなのでこだわりの点だけ。
《魔界発現世行きデスガイド》
最近は採用する構築のが見かける気もしますが(そもそもDDのレシピを見かけない?)、先攻では《彼岸の旅人 ダンテ》の落ち次第で動けないハンドから《DD魔導賢者ケプラー》にアクセスできるようになってサイフリートに繋げたり、後攻ではDDの脆さを補いつつ、《幻影騎士団ブレイクソード》による攻め手を増やしてくれます。

《DD魔導賢者コペルニクス》
先攻型にする上で、サイフリートが立つ確率は是が非でも上げたかったので《魔神王の契約書》2枚目とともに採用しました。元々は3枚ずつ入れてたのですが、被りが弱すぎたために減らしました。《DDスワラル・スライム》とはあまり相性は良くないのですが、《DDラミア》へのアクセス数を伸ばせるのが優秀で、コペル+魔神王+適当なDD(星1ならフォーミュラ経由)でサイフリートが立ち、コペル+魔神王+ラミアのような組み合わせでは実質好きなDDをリクルートしてくることが可能で、《地獄門の契約書》の触り易さも向上します。
《フォーミュラ・シンクロン》と併せて最強《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》も作れるのですが、永続型故に自ターンでサイフリートになることしかなく、1度もやることはありませんでした(^^;

基盤の部分は割と気に入ってるのですが、やっぱり環境の把握が足りなかったなァと反省。
あと2週間ほどで改訂が来ますが、ガイドがなくなると厳しくなりそうですね。。。《ワン・フォー・ワン》帰ってきてくれ~