異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2016年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年01月
ARCHIVE ≫ 2017年01月
      

≪ 前月 |  2017年01月  | 翌月 ≫

「セフィラ霊獣」

セフィラ霊獣

モンスター(25枚)
増殖するG×3枚
霊獣使いの長老
精霊獣 アペライオ
精霊獣 カンナホーク×3枚
精霊獣 ラムペンタ×3枚
精霊獣使い ウィンダ×3枚
影霊獣使い-セフィラウェンディ×2枚
英霊獣使い-セフィラムピリカ×3枚
宝竜星-セフィラフウシ
秘竜星-セフィラシウゴ×2枚
智天の神星龍×3枚

魔法(11枚)
おろかな埋葬
セフィラの神意×3枚
テラ・フォーミング×3枚
セフィラの神託×3枚
脳開発研究所

罠(7枚)
セフィラの星戦
霊獣の騎襲×2枚
霊獣の連契×3枚
竜星の九支

エクストラデッキ(15枚)
聖霊獣騎 アペライオ×2枚
聖霊獣騎 カンナホーク×3枚
聖霊獣騎 ペトルフィン
聖霊獣騎 ガイアペライオ×2枚
スターダスト・チャージ・ウォリアー
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
幻竜星-チョウホウ
十二獣ドランシア
十二獣ブルホーン
電光千鳥
No.24 竜血鬼ドラギュラス

《智天の神星龍》《セフィラの神意》の登場により、優秀な出張――サブギミックとして応用の利くようになったセフィラを主軸にした霊獣です。
智天のペンデュラム効果によって《英霊獣使い-セフィラムピリカ》または《影霊獣使い-セフィラウェンディ》をエクストラに置き、対応スケールを貼ることによるペンデュラム召喚で、実質《緊急テレポート》のような使い方が出来ます。しかも緊テレと違って使いセフィラそれぞれの効果は出るため、例えば

《智天の神星龍》
《影霊獣使い-セフィラウェンディ》(上スケールならなんでも)
《精霊獣 ラムペンタ》

のような手札を持っていれば
ラムペンタで落とした《精霊獣 カンナホーク》を蘇生できるので

《精霊獣 ラムペンタ》
《聖霊獣騎 カンナホーク》(分解可能[ピリカ、カンナホーク])
《霊獣の騎襲》
《霊獣の連契》

墓地[ウィンダ、アペライオ]

のような盤面が狙えます。ラムペンタで落とす以外にも《霊獣使いの長老》絡みで墓地へ送った獣を蘇生できるとオシャレ感が増します(長老ライオ智天ウェンディで騎カンナ騎カンナウィンダ騎襲連契まで行けます)。
また、上記のように智天の相方が霊獣のセフィラであれば、手札に集合した獣を一度に放出できるため、合体分離を繰り返したのちウィンダを融合体の横に添えたり、融合体の数を増やしたりすることも可能ですね。

他にも《秘竜星-セフィラシウゴ》をペンデュラムに混ぜれると、霊獣にはないカウンター(《竜星の九支》)やバックに触れれるカード(《セフィラの星戦》)をサーチできるようになるのもセフィラを主軸に置くいいところですね。騎襲を使わされるなどして霊獣のループが途切れても、ピリカやシウゴペンデュラムから継続をサーチし、再スタートを切れるのも良いです。
シウゴは聖霊獣騎と同じレベル6なので、《No.24 竜血鬼ドラギュラス》になって妨害札を増やすこともできます。例えば

《智天の神星龍》
《英霊獣使い-セフィラムピリカ》
(下スケールなら何でも)
《精霊獣 ラムペンタ》

のような上記とは逆に下スケールがある場合、ラムペンタとシウゴをペンデュラムし神意でピリカを、ピリカで落としたカンナホークを蘇生することで

《No.24 竜血鬼ドラギュラス》
《精霊獣使い ウィンダ》
《霊獣の騎襲》
《霊獣の連契》

の盤面を作ることができます。

また、《宝竜星-セフィラフウシ》は《幻竜星-チョウホウ》や《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》などで霊獣の不器用さを補ったり、使いのセフィラ2体を横に用意できれば、お馴染みの神託チャージで《精霊獣 カンナホーク》にアクセス、セフィラカードのみで霊獣の動きに繋げれたりします。
当然環境には歯が立たない所詮ファンデッキレベルですが、WW型よりも綺麗で強く、久々に十二獣の絡まない一人回ししていて楽しいデッキに出会えたので、死んでたモチベが少しだけ上がりました。