FC2ブログ

異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年07月
ARCHIVE ≫ 2018年07月
      

≪ 前月 |  2018年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

SOFU発売後の【フォトン銀河】の考察

新弾「ソウルフュージョン」にて追加されるフォトン、及び銀河カードが出そろいましたので、新弾後はどのような動きをするのが良いかを整理がてら書いていきます。

銀河眼の煌星竜 No.90 銀河眼の光子卿
銀河眼の煌星竜/No.90 銀河眼の光子卿

基本的には《輝光帝ギャラクシオン》から《銀河眼の光子竜》を特殊召喚し、その2体で 《銀河眼の煌星竜》をリンク召喚、適当なフォトンモンスターを回収しながら蘇生札を用いて《No.90 銀河眼の光子卿》を特殊召喚していきます。

盤面としては
特殊召喚されたモンスター除去
+効果破壊耐性付きモンスター効果無効
+フォトン及び銀河カードサーチ

となり、光子卿で《フォトン・サンクチュアリ》をサーチしたならば、再び煌星竜から同様の盤面及び1キルへと向かうことができます。

例を挙げてみます。

例1)《フォトン・スラッシャー》
+《フォトン・バニッシャー》
+《銀河騎士》


フォトスラSS、バニッシャーSS、効果で光子竜サーチ
フォトスラ&バニッシャーでギャラクシオンSS、効果でデッキから光子竜SS
ギャラクシオン&光子竜で煌星竜SS、効果でバニッシャー等回収
騎士NS、効果で光子竜SS
騎士&光子竜で光子卿SS

→ 《銀河眼の煌星竜》
+《No.90 銀河眼の光子卿》
(+手札に《銀河眼の光子竜》)


煌星竜の公開当初は騎士を着地させることでランク8を作るため、如何に召喚権を使わずに墓地に光子竜を置くかが重要でしたが、《銀河剣聖》という《フォトン・バニッシャー》のように展開できるレベル8の銀河が来ました。

銀河剣聖銀河剣聖

レベル8モンスターを1体でも盤面に残せればいいので、例えば…

例2)《フォトン・アドバンサー》
+《フォトン・バニッシャー》
+《銀河戦士》


アドバンサーNS、バニッシャーSS、効果で光子竜サーチ
アドバンサー&バニッシャーでギャラクシオンSS、効果でデッキから光子竜SS
光子竜コストに戦士SS、効果で剣聖サーチ
ギャラクシオン&戦士で煌星竜SS、効果で光子竜回収
光子竜見せて剣聖SS
剣聖&光子竜で光子卿SS

→ 《銀河眼の煌星竜》
+《No.90 銀河眼の光子卿》
(+手札に《銀河眼の光子竜》)


ギャラクシオンから光子竜を出したところで《銀河遠征》を発動すれば、同様の動きをしながら煌星竜で好きなカードを回収できます。

召喚権を使いながらバニッシャーを出すというシーンはよくありますので、遠征と戦士がその受け皿となれることは覚えておきたいですね。このパターン以外にも剣聖のお陰で光子卿単騎しかできなかった展開が煌星竜&光子卿となるパターンはかなり増えました。

また、ギャラクシオンを経由しない、違った角度からの展開も載せておきます。

例3)《銀河戦士》
+《銀河眼の光子竜》


光子竜をコストに戦士SS、効果で騎士サーチ
騎士NS、効果で光子竜SS
騎士&光子竜で光子卿SS

→《銀河戦士》
+《No.90 銀河眼の光子卿》


今更紹介するようなパターンでもないですが、希少な2枚パターンです。煌星竜が立たたないため先攻展開としては心許ないものですが、冒頭でも書いたように光子卿でサンクチュアリをサーチすれば返しに煌星竜ランク8へと持っていけますので、無理やりにでも光子卿を出すことがこのデッキの分かりやすい着地点なのかなと思います。
ちなみに、上記の組み合わせに《銀河遠征》《銀河の魔導師》《銀河剣聖》のいずれかがあれば、煌星竜と光子卿が並びつつ手札に光子竜を構えられます。

銀河天翔銀河天翔

基本的なパターンとしては大体こんなところでしょうか。最大のリターンを得られる展開パターンを載せましたが、環境や誘発をケアしながら動くとなるとまた変わってくるでしょうし、上記以外にも多くの分岐がありますので、上記のパターンを頭の隅にでも起きながら慣らすのが良いのかなと思いました。

ちなみに、フォトン銀河に於いて2枚で光子卿が出るパターンは
▶《銀河戦士》+《銀河眼の光子竜》
▶《銀河の魔導師》+《銀河遠征》
▶《フォトン・サンクチュアリ》+《フォトン・オービタル》
くらいしかありませんので、ほとんどの場合、数ある3枚コンボを噛み合わせるか、《トレード・イン》等で墓地を肥やすことによる実質2枚コンボを狙っていくことになります。


構築について
煌星竜の手札コストの確保、及びランク8に繋げる過程で如何に墓地に《銀河眼の光子竜》を置けるかが重要になってきます。そこで、カードアドバンテージを増やしながらそれを行える《輝光帝ギャラクシオン》が兎に角強いという印象を受けます。特にスラッシャーバニッシャーは3枚目のコンボ札の受けも広くお手軽な組み合わせです。銀河カードは展開力や高ランクを作るのには秀でていますが、カードを増やしづらいところがあるため、消費が激しかったり妨害に弱かったりという部分を、如何にフォトンカードから入って補ってやるかが大切なように感じました。

ただし、如何に初動として秀でるギャラクシオンとはいえ、《フォトン・アドバンサー》まで入れて狙うかというのは疑問です。バニッシャーがなかろうと、フォトスラアドバンサーと入れば、2枚で煌星竜を出しつつ墓地に光子竜を置けます。しかし、アドバンサーバニッシャーとなると召喚権を必要としてしまうので、その後のランク8に繋げづらくなってしまいます。召喚権ギャラクシオンの受け皿となれる3枚目のコンボカードは《銀河遠征》と《銀河戦士》くらいです。

また、アドバンサーのようなカードは所詮はバニラです。《BF-黒槍のブラスト》です。増やし過ぎてもワンアクションのリスクが増えかねませんし、これらギャラクシオンに向かうカードというは(バニッシャーを除き)「銀河」とのシナジーはイマイチです。

というのも、フォトンでデッキを回転させながら光子竜を確保し、銀河を用いてランク8へと繋げて制圧する――というのがこのデッキの大まかな関係性となりますが、フォトンに寄せすぎるとギャラクシオンを出すことしか出来なかったり、余分なバニラとして手札で浮きがちでこれが魔導師だったらなあということはよくあります。逆に銀河に寄せすぎると、上記でも書いたようにカードが増えづらく取れるアクションが狭くなったりと、この両者のバランスを程よく保つことがこのデッキのスタートであり、最大の難所のような気がしますね。




展開パターン等もし間違っていたり、気になるところがあれば是非コメントやTwitterで聞いてくださいませ。それでは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。