FC2ブログ

異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年08月
ARCHIVE ≫ 2019年08月
      

≪ 前月 |  2019年08月  | 翌月 ≫

ラディドラのすゝめ~サウサクを巡る戦い

ラディドラって何?って方はこちらの記事にプールとサンプルレシピが載ってます。
もしよかったら合わせて読んでみてください。馬場ドラの参加はどなたでも可能です。
ラディドラ-ドラフトプール更新

今回は当ドラフトの目玉でもある《サウザンド・アイズ・サクリファイス》について書いていこうと思います。ドラフトや04以外で、このカードが盤面にのさばる遊戯王をしたことがある方は殆どいないんじゃないでしょうか。自分もそうです。

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「サクリファイス」+「千眼の邪教神」
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドのモンスターは表示形式を変更できず、攻撃できない。(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。(3):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。


簡単に書くと…

・相手モンスターを除去しながら打点アップ!
・自身以外は攻撃宣言と表示形式の変更が行えない(実質的な戦闘破壊耐性)


とあります。この制約は自分にも課せられるものであり、その除去効果で相手の脅威を取り払ったはいいものの、ライフが取れず中々ゲームが進まないなんて経験は誰もがあると思います。しかし、これ程までの制圧力を持ったカードをうまく使えれば相手は手のひらの上のような存在、そんなゲームに発展できるこのカードの召喚手段は2通りほどあります。

ラディドラのすゝめ~開闢の受け皿

ラディドラって何?って方はこちらの記事にプールとサンプルレシピが載ってます。
もしよかったら合わせて読んでみてください。馬場ドラの参加はどなたでも可能です。
ラディドラ-ドラフトプール更新

当ドラフトには各種1枚ずつしか用意されていないSSRとして、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《混沌帝龍 -終焉の使者-》《強奪》の3枚があります。他のカードと比べて破格のスペックを有するこれらのカードは見たら即ピックするレベルのカードではありますが、うち2枚は光と闇を要求するカオスであり、意識したピックをしなければ活躍させるのが難しい一枚でもあります。

大抵のデッキには意識せずとも闇属性が複数体入ります。しかし、光属性は意識してピックせねば、デッキにそぐわないカードを入れざるを得なくなり、

「【バブーン】を組んだ所為で開闢がサイドに行ってしまった!!」

なんてことにならないように、2週目3週目のパックから開闢が現れても喜べるように、1週目からカオス、特に強弱のブレが激しい光属性を意識したピックをしていくのがお勧めです。