FC2ブログ

異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2020年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2020年03月
ARCHIVE ≫ 2020年03月
      

≪ 前月 |  2020年03月  | 翌月 ≫

ラディドラvol.2『融合ドラフト』

vol2_11.png 融合表12

ラディドラ第2弾となる融合ドラフトの紹介です。

融合召喚をメインテーマとし、敢えてそれ以外の戦法では勝ちづらい構成になっています。
融合召喚しか存在しないというよりかは、リンク召喚やシンクロ召喚を行う要領で様々な角度から融合召喚をして欲しいというコンセプトから成ります。


◆ピックの流れ
基本的にはコンボを主軸としたドラフトと同様に、汎用よりも強いギミックやエクストラからピックされます。このドラフトでは《融合再生機構》や《捕食植物キメラフレシア》といったカードです。以下が普段プレイしていて、優秀とされるカードたちです。

S:キメラフレシア、再生機構
A:シャドールビースト、シャドールドラゴン、ブラックマジャンズ、キャバルリー
B:サウサク、簡易融合、サクリフュージョン、脱出装置、次元障壁
C:マスマ、グランモール、呪印闇、竜魔導、ネフィリム、ネオスフュージョン

当ドラフトの特徴として、ピックが進めば進むほど受けが広くなり、あれもこれもと狙えてしまうため、ある程度的を絞ってピックするのがコツです。ピック序盤は再生機構やネオス・フュージョンなど方針を決めやすいカードと、ヴァサーゴのような構築の幅を広げるカードをピックし、2週目、3週目に備えるのも手でしょう。
例えば、マジシャンズやサクリフュージョンといったカードをピックしたならば、どの様な形で融合代用を絡められるようにするかだったり(融合代用の評価に関しては後述)、キメラフレシアをピック出来ればある意味融合代用の要らないデッキにできますから、簡易サウサクを主体にしたコントロールにするかだったりが考えられます。そしてそのどちらにもシフトできるシャドールのようなカードは受けも広くパワーも高いため、ファーストピック級の価値があります。

一方で、融合召喚は比較的事故を伴い易い召喚方法です。ジレルスやバオバブーンなど、場持ちの良い潤滑油をピックしておくと安定感も上がっておすすめです。


◆ゲームの流れ
スローゲームです。基本的にはセットモンスターから入り、損失のしづらい組み合わせを揃えたのちに融合モンスターを展開していく感じでしょうか。1キルが発生することはまずなく、如何に損失なく、リソースを維持しながら打点を用意できるか、相手の融合モンスターに対応できるかのゲームになります。
意識したいのは《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》のような対象耐性を持ったカードと、《N・グラン・モール》といったハメゲーになりがちなカードで、ミラフォのような除去等これらに詰まないようにしたいところです。