異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ DUELIST PACK カイト編TOP考察 ≫ DUELIST PACK カイト編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

DUELIST PACK カイト編

「DUELISTPACK -カイト編-」の判明した新規カードがフォトンとは思えぬ優良効果を持っていました。今すぐにでもフォトンを組みたくなる衝動に駆られます。

《銀河騎士》
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2600
自分フィールド上に「ギャラクシー」または「フォトン」と名のついたモンスターが存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。この方法で召喚した場合、このカードの攻撃力は1000ポイントダウンし、自分の墓地から「銀河眼の光子竜」を表側守備表示で特殊召喚する。

まずはこちら。フォトンには《フォトン・スラッシャー》がいるので妥協召喚は容易です。
後半の効果は《銀河眼の光子竜》専用の釣り上げ効果であり、このカード1枚からランク8へと繋げることができます。《銀河眼の光子竜》共々《トレード・イン》に対応しているため、複数積みもし易く、《共振装置》があれば妥協召喚条件を満たすために特殊召喚した《フォトン・スラッシャー》含めて《超銀河眼の光子龍》になることもできますね。いざという時も《フォトン・スラッシャー》のお陰で《ラヴァルバル・チェイン》も作り易いです。《エフェクト・ヴェーラー》に強いのも見どころのひとつです。
《フォトン・カイザー》も同じく《トレード・イン》に対応していますが、こんなカードが出てしまってはわざわざアドバンス召喚する意味も薄いですよね…。

《フォトン・サテライト》
星1/光属性/機械族/攻 0/守 0
1ターンに1度、自分フィールド上の「フォトン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。このカードと選択したモンスターは、その2体のレベルを合計したレベルになる。

フォトンには《フォトン・スラッシャー》がいるので(ry このカードと2枚でランク5エクシーズ―《セイクリッド・プレアデス》を出すことができます。「またプレアデスか」そんな感じなんですが…それはさておき、《タンホイザーゲート》を内蔵していて《銀河眼の光子竜》と並べることで《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》にまで繋がりますね。
また、《機械複製術》に対応しているため、高ランクエクシーズを2体並べることができます。例えば、《フォトン・スラッシャー》特殊召喚後、このカードを複製したとします。まずサテライトAとスラッシャーとでレベルを合わせることで星5が2体、サテライトBでスラッシャーのレベルと合わせることで星5のサテライトA、星6のサテライトBとスラッシャーが並びます。最後にサテライトCがサテライトAとレベルを合わせればサテライトABCスラッシャー共に星6となり、星6モンスターが4体並ぶことになります。もちろん星6のサテライトを更にサテライトで合計してやれば、他に2体が星5星6で余りますが、星7エクシーズが可能です。最初に参照するモンスターが《フォトン・リザード》なら星5×4、《フォトン・レオ》なら星8×4、《銀河眼の光子竜》なら星10×4エクシーズまで可能ですねw

《銀河遠征》
通常魔法
自分フィールド上に「ギャラクシー」または「フォトン」と名のついたレベル5以上のモンスターが存在する場合に発動できる。デッキから「ギャラクシー」または「フォトン」と名のついたレベル5以上のモンスターを表側守備表示で特殊召喚する。「銀河遠征」は1ターンに1枚しか発動できない。

こちらは特殊召喚条件が星5以上なので残念ながら《フォトン・スラッシャー》は使えません。《サイバー・ドラゴン》のようなモンスターもいないので、効果を使うには何かしらの2枚以上のカードが必要になります。とはいえ《フォトン・スラッシャー》がいるのでリリース確保はし易いですし、。《竜魔人 クィーンドラグーン》ならば《銀河眼の光子竜》を蘇生できます。って《竜魔人 クィーンドラグーン》出すのにも《フォトン・スラッシャー》がry
発動条件は少しばかしキツイ気はしますが、デッキから上級フォトン(もしくはギャラクシー)を守備表示ながら特殊召喚できるのは強力ですよね。守備表示での特殊召喚なのでエクシーズしてって言ってるようなものですが、《銀河眼の光子竜》なら生き残りそうな気はします。ただ、他に特殊召喚して強いか、する価値はあるかと言われて答えられるモンスターがいないのが惜しいところです。《銀河騎士》も《フォトン・カイザー》も《フォトン・レオ》もただのバニラですしね。また、デッキからしか出せないので、引いてしまうと事故要因になりかねないので注意が必要です。

しかしこうして改めて見てみると《フォトン・スラッシャー》優秀すぎですねwwもうこいつを軸にデザインされてるような気がします。いや間違いなくそうでしょうね。しかもDPカイト編は新規カード12種類!これだけでデッキ組めるわってのが出たのにも関わらずまだ9枚も控えてるらしいです。いやはや。「フォトン・サブライメーション」(墓地のフォトン2体除外して2ドロー)とか出ると《トレード・イン》と合わせてかなり安定するようになる気がします。EXPでは「フォトン・サーベルタイガー(仮)」や「フォトン・トライデント(仮)」なんても来ますし、これからの情報、そして発売日である9月22日が楽しみです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。