異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ No.22 不乱健TOP考察 ≫ No.22 不乱健

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

No.22 不乱健

kenchan

《No.22 不乱健》
ランク8/闇属性/アンデット族/攻4500/守1000
闇属性レベル8モンスター×2
このカードはエクシーズ召喚でしか特殊召喚できない。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、手札を1枚墓地へ送り、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して発動できる。このカードを守備表示にし、選択したカードの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

本日発売の遊戯王ZEXAL3巻付録の《No.22 不乱健》です。
ランク8待望の耐性持ち…と言いたいところですが、何ともつよわいモンスターです。
4500という《超銀河眼の光子龍》に匹敵する攻撃力を持ちながらも、マストカウンター1枚でたかが守備力1000の弱小モンスターへと様変わり。中でもランク8で唯一《交響魔人マエストローク》に倒されてしまうこともあり、耐性持ちの特権でもある「とりあえず出しておく」ということが出来ません。このカードを出すという状況はかなり限られてくると思われます。

また、何故か付いてしまった闇属性限定の素材縛り。
故に出せるデッキは大きく限定されてしまいます。
《暗黒界の龍神 グラファ》有する暗黒界。《D-HERO ドレッドガイ》や《D-HERO ドグマガイ》を有するD-HERO。他には《Sin スターダスト・ドラゴン》《ダーク・クリエイター》《A・O・J コズミック・クローザー》と出せないこともないですが、そこまでして出す価値がこのカードにあるかと言うと、かなり怪しい気がします。弱くはない…のですが。

このカードを出す状況というのは詰めの局面、もしくは《デモンズ・チェーン》や《エフェクト・ヴェーラー》といった防御札を握れている時ぐらいでしょうか。大体は《聖刻神龍-エネアード》や《No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー》で除去できてしまい、中々打点を活かすことも難しそうです。このカードを先に立ててやることで《激流葬》等と気にせず展開できるのはいいのですが、このカード出して更に展開と言うのは中々に難しいですしね。
ドレッドギンガでは《D-HERO ドレッドガイ》の展開から隣に《No.39 希望皇ホープ》を立てるなどのサポートをしてやらないと厳しいように感じてます。ただ、相手の場にモンスターがいない際、《機甲忍者ブレード・ハート》や《H-C エクスカリバー》と並べてやると8000削れるのは、このカードならではの魅力のひとつです。

ダメージステップには使えないので気をつけたいところですが、無効化の範囲は《エフェクト・ヴェーラー》と同じなので《レスキューラビット》や《カードカー・D》、《ならず者傭兵部隊》あたりに強いです。ギリギリ《甲虫装機 ダンセル》にも戦闘破壊されませんしね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。