異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日記 ≫ 元住吉納涼遊戯祭

元住吉納涼遊戯祭

8月11日、神奈川の元住吉でCSがあり、いい機会だということで、フォロワーの方と(というには合わないくらいリアルで遊んでますが)出てきました。

先鋒:蝦原さん【カオスドラゴン】
中堅:ラディウス【ドレッドギンガ】
大将:りょーぎくん【インフェルニティ】

1回戦:六武衆××
先攻《カードカー・D》人身事故で《サンダー・ブレイク》セットで返すと《六武衆の結束》2枚《真六武衆-キザン》で《真六武衆-キザン》に《サンダー・ブレイク》撃つと《六武衆の荒行》から回されて負け。今の六武は《六武衆の師範》少ないの忘れて《六武衆の荒行》忘れるプレイング。
割と順調な滑り出しで《No.22 不乱健》立たすも殴ると《次元幽閉》。ここは《No.22 不乱健》を盾に《Sin スターダスト・ドラゴン》でビートするべきだった。

2回戦:ヒーロービート××
《E・HERO エアーマン》の破壊効果チェーン《超融合》からバック割られて通常召喚と《ミラクル・フュージョン》で負け。
苦手なタイプっぽくなくいけるかなと思ったら事故。兎に角モンスターが来ず《E・HERO エアーマン》にボコされる。動くには相手の《E・HERO エアーマン》を《死者蘇生》で奪うしかなく《次元幽閉》を温存するも、残りライフ800で《カードカー・D》引くあたり詰んでる。モン引き出す頃にはセットするしかできないライフだったというオチ。
因みに(対戦相手はマンガさんという有名な人らしいですけど)初デュエルで《幽獄の時計塔》の発動にチェーンして《サイクロン》撃たれたのは初めてでした。

3回戦:カオスドラゴン○○
初手《未来融合-フューチャー・フュージョン》されるも、こちらも初動から《幽獄の時計塔》を展開し、カウンターを4つまで溜めるのに初めて成功。カオドラ相手と言うこともあって《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》出されて4000削られるも、《F・G・D》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《ライトパルサー・ドラゴン》《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》《ライトロード・ハンター ライコウ》という場を黙らせる。こっちも《No.22 不乱健》は出せるものの、相手は《ライトロード・マジシャン ライラ》サーチ済みだったりで場を開けたくない状況。相手焦れてライコウを立ててきたので、エンド《サンダー・ブレイク》から《超銀河眼の光子龍》作ってライコウ殴って勝ち。
相手またしても初手《未来融合-フューチャー・フュージョン》するも、両側2人とも勝ってチームの勝ちは決まってたので40分経ったところで投了もらって終わり。

4回戦:カオスドラゴン×ET×
1戦目忘れた。思い出せた。初動4ドローと順調な滑り出しをするもコストで捨てた《銀河眼の光子竜》を《死者蘇生》で奪われそれが倒せない。相手が《銀河眼の光子竜》の効果を使った場合、エンドフェイズに戻るかジャッジに聞くと「戻ると思うけど、一応事務局に確認する」とのこと。対戦相手とも「戻ると思うんですけどねー」なんて話してると電話での確認が終わったジャッジが。「事務局に問い合わせてみたところ、戻らないみたいです」マジかよwww銀河眼TUEEEE。その卓全員でTUEEE言ってた気がするwww《H-C エクスカリバー》で殴りに行くこともできずそのまま負け。流石エクシーズキラーなだけあるwww
2戦目はドレッドドレッドドレッドダイヤという場を作るも《カオス・ソーサラー》と《セイクリッド・トレミスM7》で飛ばされて、ターン回ってくるも何もできずに負け。

5回戦:エクシーズIF××
《ヘルウェイ・パトロール》と《簡易融合》で作った《ラヴァルバル・チェイン》を《激流葬》で流すも、残った手札は《インフェルニティ・デーモン》。最終的に《ラヴァルバル・チェイン》×2《インフェルニティ・ネクロマンサー》《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ブレイク》×2《インフェルニティ・バリア》の場を構えられ、《インフェルニティ・バリア》ケアできたものの、《墓穴の道連れ》で《大嵐》抜かれたこともあって無理ゲー。
またもやぶん回し。りょーぎくんと対戦してても思ったけど、インフェルニティめっさ苦手。

結果:個人1-4 チーム1-4

流石に雑魚すぎる…。初見殺しとかそういうの以前にデッキ回らなかった。悲しい。
というかカオドラ多すぎだろ!虫はどこいった!
実際自分のいたブロックは虫は一人しかいなく、最後がチーム全員インフェということもあってインフェは5人もいたようで…。ヒロビは4人かな。結局虫は動画でしか見れずに終わりました。《ヴェルズ・サンダーバード》とは何だったのか…。

予選後は昼飯を挟み、ルネさんと閉会までずっとフリーしてました。
ルネさんとは同じブロックだったこともあってすぐ会え、XYZトークをしたりと盛り上がってました。大会も潤滑な運営で、終始チームメンバーとも盛り上げ楽しめたので良かったです。
また機会があればこういうCSにも出たいですね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL