異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 2012.9 制限改訂TOP雑記 ≫ 2012.9 制限改訂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2012.9 制限改訂

「新禁止」
《氷結界の龍 ブリューナク》
《未来融合-フューチャー・フュージョン》

「新制限」
《イビリチュア・ガストクラーケ》
《甲虫装機 ダンセル》
《甲虫装機 ホーネット》
《カオス・ソーサラー》
《スポーア》
《発条空母ゼンマイティ》
《月読命》
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《血の代償》

「新準制限」
《神秘の代行者 アース》
《BF-月影のカルート》
《デブリ・ドラゴン》
《レスキューラビット》
《E-エマージェンシーコール》
《強欲で謙虚な壺》
《召集の聖刻印》
《ヒーローアライブ》
《名推理》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《魔界発現世行きデスガイド》

「制限緩和」
《ネクロ・ガードナー》
《マシュマロン》
《緊急テレポート》
《デステニー・ドロー》
《光の護封剣》
《レベル制限B地区》
《魔法の筒》

まず一言。《E・HERO エアーマン》かからなかったよおおお!!
ただただこれだけが気がかりでしたが、やはり主人公デッキの主力カードだけあってか禁止は免れました。本当に良かった。

制限カードが2枚しか変わらなかった前回と見て比べるとかなり大幅な改訂になりましたね。大会上位を占めるデッキの殆どに規制の手が届いてるのだから驚きです。甲虫装機や聖刻といった大幅なデッキを否定するデッキが規制されたことで、どんな環境になるのか予想が出来ません。

個人的に一番嬉しいところは何と言っても《デステニー・ドロー》の制限解除です。早速この手札交換6枚体制のドレッドギンガを回してみましたが、かなり初動の安定性、回転率が上がったように思われました。
また、最大の天敵であった《氷結界の龍 ブリューナク》が禁止、除外とエクシーズの2段階で《D-HERO ドレッドガイ》を除去してくる苦手な《カオス・ソーサラー》も制限になったことで、警戒すべき対象がぐっと減りました。カラクリが流行るとかで先攻《ナチュル・ビースト》等ナチュルシンクロがキツイのは相変わらずですが、《氷結界の龍 ブリューナク》が減っただけでも大分動かし易くなりました。ホント平然と《氷結界の龍 ブリューナク》出せるデッキに対する勝率が低かったですからね。
ただ、一方で便利なレベル6シンクロが全滅してしまったのはどうしたものかという感じです。《リビングデッドの呼び声》の使い回しや《D-HERO ディアボリックガイ》を捨ててのエクシーズなど、綺麗な動きがいくつかできなくなってしまいます。同じく禁止指定された《未来融合-フューチャー・フュージョン》も、今になって《銀河眼の光子竜》落とす手段なくなるのはなァなんて悔しい思いですw

そういえば制限リストの判明と同時にさり気なくツアーガイドの愛称で親しまれてきたカードの名前が判明しましたね。案の定デスの2文字が入ってて笑いましたが、地獄の~とかにならず魔界発現世行きという面白い名前になってて良かったです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。