異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPドレッドギンガ ≫ 「ドレッドギンガver.6.0」

「ドレッドギンガver.6.0」

モンスター(13枚)
終末の騎士
光と闇の竜(ライトアンドダークネス・ドラゴン)
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)
Sin スターダスト・ドラゴン×2枚
E・HERO エアーマン
D-HERO ドレッドガイ×3枚
D-HERO ダイヤモンドガイ×3枚
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(16枚)
幽獄の時計塔×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
ブラック・ホール
トレード・イン×3枚
テラ・フォーミング
デステニー・ドロー×3枚

罠(11枚)
神の宣告
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚
サンダー・ブレイク×2枚
エターナル・ドレッド×3枚

エクストラデッキ
H-C エクスカリバー
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.22 不乱健
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ナイトメア
スターダスト・ドラゴン×2枚
機甲忍者ブレード・ハート
交響魔人マエストローク
聖刻神龍-エネアード
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)
竜魔人 クィーンドラグーン


新制限になり《デステニー・ドロー》が追加されました。新制限で回してると《強欲で謙虚な壺》で感じてる人もいるかもしれませんが、2枚と3枚では引ける頻度は大分と違く、《カードカー・D》に頼らずともドローソースとそのコストが噛みあうようになりました。序盤での手札交換力もかなり上がり、今まで出来る機会が殆どなかったコンボも出来るようになってきました。

例えば《光と闇の竜》であり、以前はデッキを回すことに必死で、このカードを召喚する余裕はありませんでしたが、デッキが回り易くなったことで積極的に狙っていけます。特に《幽獄の時計塔》にカウンターが3つ以上乗っている時などが狙い目で、相手ターンに移行するとともにカウンターは4つ溜まり、このカードでD-HEROを蘇生させつつ《D-HERO ドレッドガイ》による展開が行えます。(この場合《光と闇の竜》でD-HERO以外を蘇生するとドレッドガイの効果で破壊されてしまいます)
《D-HERO ダイヤモンドガイ》をリビデドレッドで守ることでリリースを確保することが出来、《幽獄の時計塔》を張っていないときでも《銀河眼の光子竜》の蘇生や、下級の蘇生から返しにエクシーズに繋げられるのは強力です。
《幽獄の時計塔》のカウンターが乗る効果はチェーンブロックを作りますが、効果の発動なので《光と闇の竜》で無効になることはありませんし、《D-HERO ダイヤモンドガイ》の効果でめくった通常魔法を発動しても無効になることはありません。また、闇属性として扱う永続効果を持つことから、弱体化し意味のない存在になったとしても、フィールド魔法が予め発動されていれば《Sin スターダスト・ドラゴン》と《No.22 不乱健》をエクシーズ召喚することができます。

召喚権を《カードカー・D》に使う必要がなくなったことから《終末の騎士》と《BF-精鋭のゼピュロス》のギミックを搭載しました。1ターン目から《Sin スターダスト・ドラゴン》と《ヴェルズ・ナイトメア》を並べていけたり、《リビングデッドの呼び声》を使い回していけたりするのが一番の利点です。
デッキ回転力が上がったことから墓地に《D-HERO ドレッドガイ》が2体落ちることが増えました。そんな時、終末ゼピュロスでこのターン《D-HERO ドレッドガイ》を蘇生した《リビングデッドの呼び声》を使い回し(ドレッドガイは自身の効果で破壊されない)、再び《リビングデッドの呼び声》を伏せることで、攻撃力0を曝け出している《D-HERO ドレッドガイ》をもう1枚の《D-HERO ドレッドガイ》で守りつつランク8――《No.22 不乱健》へと繋げられます。実質2枚の消費でランク4とランク8が出せる、地味ながら強い流れです。

最近では構築よりも、このデッキを隅々まで知っていて《幽獄の時計塔》を確実に《サイクロン》で狙ってくる人間を相手にする時のプレイングのが難しいように感じます。それこそ《幽獄の時計塔》の発動にチェーンして《サイクロン》を投げ込んでくるので「このやろう…!」といった思い。それこそ《魔宮の賄賂》や《スターライト・ロード》を入れて、予め《エターナル・ドレッド》を2枚構えてる状態で《幽獄の時計塔》を発動させたいぐらいです。
関連記事

Comment

編集
動画見ました。
やっぱり超銀河が出るとテンション上がりますよね!
あとデッキについて質問なのですが、オーバー・デステニーを抜いてしまったのはなぜなのでしょうか?
よろしければ教えてください。

2012年08月26日(Sun) 23:18
編集
ありがとうございます!
いいですよね、超銀河。相手の場にORU2つ以上持ったエクシーズがいる時に出せるとテンション上がりますw

《オーバー・デステニー》に関してですが、元々このデッキはエクシーズしても弱いというのがあります。
そこに強脱や奈落でも当てればリビデぐらいしか動けないですからね。
動画のようにどうしようもない時は便利っちゃ便利なのですが、それだったら別の解決方法のが良く…。
そういう意味で撮影後《ブラック・ホール》に変えました。
あとこれはホント個人的なことですが、このデッキはモンスターをあまり積めず、ダイヤ3だと腐ってしまう可能性が高いです。またそれを加味して《E・HERO エアーマン》のサーチをずらしたりっていうどうでもいい無駄な心理も働くため、そういう邪魔な要素を無くすためにも抜いたってのもあります。
2012年08月29日(Wed) 07:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL