異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ コントロール奪取と一時的除去TOP裁定 ≫ コントロール奪取と一時的除去

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

コントロール奪取と一時的除去

《エネミーコントローラー》や《強制転移》、《死者蘇生》によって自分のモンスターが相手に奪われ、それが一時的にフィールドを離れ、またフィールド上に戻る場合、戻るのはコントロールを得ていた(相手)フィールド?それとも元々の持ち主である自分のフィールド?というお話です。

今回は《銀河眼の光子竜》の除外効果を例に上げていきたいと思います。

星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは自分フィールド上に存在する攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースし、手札から特殊召喚する事ができる。このカードが相手モンスターと戦闘を行うバトルステップ時、その相手モンスター1体とこのカードをゲームから除外する事ができる。この効果で除外したモンスターは、バトルフェイズ終了時にフィールド上に戻る。この効果でゲームから除外したモンスターがエクシーズモンスターだった場合、このカードの攻撃力は、そのエクシーズモンスターをゲームから除外した時のエクシーズ素材の数×500ポイントアップする。


Q.
自分の墓地に存在する《銀河眼の光子竜》を相手が《死者蘇生》で特殊召喚しました。
この《銀河眼の光子竜》の効果が発動された場合、どのように処理を行いますか?
A.
「死者蘇生」の効果で特殊召喚されている元々の持ち主が自分である「銀河眼の光子竜」が、相手フィールド上で自身と相手モンスター1体を除外する効果を発動した場合、バトルフェイズ終了時に、除外する際にコントロールしていたプレイヤーのフィールド上に戻ります。

Q.
自分フィールド上に存在する《銀河眼の光子竜》が《強制転移》によってコントロールが相手に移りました。この《銀河眼の光子竜》の効果が発動された場合、どのように処理を行いますか?
A.
「強制転移」の効果によってコントロールを得ている元々の持ち主が自分である「銀河眼の光子竜」が、相手フィールド上で自身と相手モンスター1体を除外する効果を発動した場合、バトルフェイズ終了時に、除外する際にコントロールしていたプレイヤーのフィールド上に戻ります。

Q.
自分フィールド上に存在する《銀河眼の光子竜》が《エネミーコントローラー》によってコントロールが相手に移りました。この《銀河眼の光子竜》の効果が発動された場合、どのように処理を行いますか?
A.
「エネミーコントローラー」の効果によってコントロールを得てる元々の持ち主が自分である「銀河眼の光子竜」が、相手フィールド上で自身と相手モンスター1体を除外する効果を発動した場合、バトルフェイズ終了時に、除外する際にコントロールしていたプレイヤーのフィールド上に戻った後、すぐに元々の持ち主のフィールド上に戻ります。

《死者蘇生》や《強制転移》のような、永続的にコントロールを奪取できる効果の場合、一時的な除去を行っても結局戻るのは相手フィールド上。しかし《エネミーコントローラー》のような、エンドフェイズまでしか奪えない一時的なコントロール奪取の場合は、自分にコントロールを取り戻せるようです。
というのは実は割と最近の話(のはず)で、自分が記憶している限り、少し前までは裁定が違っていたはずなんですよね。というのは、《強制転移》でコントロールが移っているモンスターに一時的な除去を行うと、コントロールを得ていたプレイヤーのフィールド上に戻った後、エンドフェイズに元々の持ち主のフィールド上に戻る、という裁定だったと思うんです。実際自分もそうだと思ってたんですが、《銀河眼の光子竜》を《死者蘇生》されたときに念のため事務局に問い合わせてもらったところ、戻ってこないという裁定を聞いて初めて知りました。

《エネミーコントローラー》こそ最近では見なくなりましたが、巷では《強制転移》が流行ってるような噂も時々耳にしますし、《死者蘇生》なんてのは大抵のデッキに入ってるもので、《銀河眼の光子竜》のような一時的にフィールドを離れさせる効果を持つカードを使う際は、覚えておいて損はないと思いますし、結構重要な裁定の変更だったりします。(特に《銀河眼の光子竜》は《H-C エクスカリバー》の特攻さえも嘲笑います。)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。