異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP考察 ≫ 輝光子パラディオス

輝光子パラディオス

paradios

《輝光子パラディオス》
ランク4/光属性/戦士族・エクシーズ/攻2000/守1000
光属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つ取り除き、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターの攻撃力を0にし、その効果を無効にする。また、フィールド上のこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、デッキからカードを1枚ドローする。

先日発売されたDPカイト編で登場した光属性縛りのエクシーズモンスターです。
同じ光属性縛りの《セイクリッド・オメガ》が様子見で召喚されるのに対して、こちらは突破要員といったところ。1ドロー効果があるとはいえ、様子見で出すには攻撃力が足りず、《No.50 ブラック・コーン号》にすら除去されてしまう打点。最近採用率が上がってきた《奈落の落とし穴》や《強制脱出装置》にも弱く、とりあえず出すというメリットはほとんどありません。1ドローの条件も相手によって破壊された時なので、《強制転移》等には気をつけたいところです。

しかし突破力で言えばランク4エクシーズの中でもピカイチで、《銀河眼の光子竜》であろうとも戦闘破壊が可能で、効果無効化までしてくれるため、《シューティング・スター・ドラゴン》を一方的に戦闘破壊できるのは魅力的です。ランク4の突破要員は他に《交響魔人マエストローク》や《ガガガガンマン》もいますが、3000打点のモンスターも確実に戦闘破壊でき、且つ2000ダメージを与えられるダメージソースとしても機能するのは、やはり縛りありのエクシーズといったところでしょうか。また、効果無効化によって《発条機雷ゼンマイン》等も処理できるため――と思いきや守備力は0に出来ないため、戦闘破壊するには他のモンスターが必要になってしまいます。《No.50 ブラック・コーン号》の役割も同時に担ってくれる…まではいかないようです。ただ、《交響魔人マエストローク》なくとも《A・O・J カタストル》を戦闘破壊できるのは便利ですね。

裁定の方に目を向けてみると、攻撃力0のモンスターを対象にとることは出来ない、効果解決時に対象モンスターの攻撃力が別のカードの効果によって0になっている場合は効果の無効化は適用されない、といった裁定が出されています。攻撃力0のモンスターを対象に取れないことで、《サイバー・ヴァリー》のようなモンスターを突破することはできないようです。
効果モンスター以外を対象にとれるかという質問に対しては調整中のようですが、これは発売直後あるあるの調整中…だといいんですが…。

今はまだ使えるデッキが限られてますが、高打点と耐性持ちの両方に対応できる優秀な効果を持ってますし、1枚は持っておきたいカードではあります。
関連記事

Comment

編集
ゼンマインは多くの場合守備表示(DEF2100)で出されます。
そうなると単体では突破できないのでは?

なのでブラックコーン号と役割を兼ねる事はできないと思います。
2012年09月18日(Tue) 16:02
編集
守備力は0にできないんですね…見落としていました。。
ご指摘ありがとうございます。
2012年09月25日(Tue) 22:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL