異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ フォトン・クラッシャーTOPギャラクシー ≫ フォトン・クラッシャー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フォトン・クラッシャー

Photon Crusher
《フォトン・クラッシャー》
星4/光属性/戦士族/攻2000/守 0
このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。

打点が欲しければ《フォトン・スラッシャー》、同じデメリットアタッカーでも《ゴブリン突撃部隊》などがいる中、何故か2000というデメリットアタッカーとは思えない打点で現代に登場してしまったこのカード。光属性フォトンという利点も、守備表示になってしまうことから《オネスト》《フォトン・トライデント》での返り討ちが狙えません。

そんな上位互換がひしめく中、このカードにも存在価値が生まれました。
《アクセル・ライト》の登場です。

《アクセル・ライト》
通常魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できる。デッキから「フォトン」または「ギャラクシー」と名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。「アクセル・ライト」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。

このカードのミソは何と言っても《フォトン・スラッシャー》は特殊召喚できないということ。デメリットがミソというのも可笑しな話ですが、このカードで特殊召喚できる(通常召喚が可能な)星4のモンスターは、《銀河の魔導師》《フォトン・サークラー》《フォトン・クラッシャー》の3体しかおらず、その中で打点があるのは《フォトン・クラッシャー》しかいません。
もちろん《フォトン・リザード》を特殊召喚し、《フォトン・スラッシャー》を持ってくることは可能です。しかし、相手の場に《ライオウ》がいた場合、それは《フォトン・クラッシャー》でしか対応できないのです。フォトンデッキにとっての《ライオウ》はかなり厳しいものですが、《フォトン・クラッシャー》を1枚入れておくだけで、《アクセル・ライト》を含めた4枚もの解決札を得ることが出来ます。

また、素引きした場合、《フォトン・リザード》は《フォトン・スラッシャー》へと変換できますが、もしも《フォトン・スラッシャー》と被ってしまったら。《フォトン・リザード》ならただ手札に《フォトン・スラッシャー》を2枚抱えるだけですが、《フォトン・クラッシャー》であれば、《輝光子パラディオス》や《H-C エクスカリバー》等と言った強力なエクシーズモンスターへと繋げることが出来ます。
《銀河眼の光子竜》ビートのようなデッキになると、デッキ全体のフォトンの枚数も減らさざるを得なくなり、《フォトン・リザード》だとサーチ先を引き切ってしまうことが懸念されますが、《フォトン・クラッシャー》ならばデッキ枚数をその分抑えつつ、割と悪くない選択肢として入れておけます。

このように、星4フォトンの層の薄さから採用機会を得た《フォトン・クラッシャー》。今後のフォトンの展開によっては立場も危ぶまれますが、ギャラクシーと並行してリリースされている今なら、しばらくはピン挿しとしての運用が安定なように思えます。まあ《ライオウ》キツイなら、まずは《フォトン・スラッシャー》の増加と《聖なるバリア-ミラーフォース-》を
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。