異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 「緊テレプチカオス」TOPゼータ ≫ 「緊テレプチカオス」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「緊テレプチカオス」

モンスター(21枚)
終末の騎士×2枚
輝白竜 ワイバースター×3枚
暗黒竜 コラプサーペント×2枚
フォトン・スラッシャー
ダーク・グレファー
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
ゼータ・レティキュラント
ジャンク・シンクロン×2枚
クレボンス×3枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
D-HERO ディアボリックガイ×2枚

魔法(13枚)
念動収集機×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
緊急テレポート×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
サイクロン

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
激流葬×2枚
因果切断

エクストラデッキ
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
TG ハイパー・ライブラリアン
アームズ・エイド
オリエント・ドラゴン
ジャンク・アーチャー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
ダークエンド・ドラゴン
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
獣神ヴァルカン
閃珖竜 スターダスト
大地の騎士ガイアナイト


最近デッキレシピばかりなのは11月入ってから全く書いてなかったからであって、決して記事稼ぎなんかではないんですよ、よ!

当初はギャラクシーゼータを調整したものを《ズババジェネラル》が来たことで更に調整を重ねてたんですが、いつの間にか《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》も入れ出して、気が付いたらデッキ名に”ゼータ”と付かないくらいまで《ゼータ・レティキュラント》の存在は薄らいでしまいました。とはいえ調整してる中ではあった、全く存在意義がない構築から抜け出せただけでも良かったのかもしれません((
でもなんかこうデッキ名に”緊テレ”と付けると懐かしい気がしますね。

《ゼータ・レティキュラント》の依存度を最低限まで落とし、除外ソースも《ジャンク・アーチャー》に絞りました。理想の流れとしては、《ゼータ・レティキュラント》が墓地にある状態で《輝白竜 ワイバースター》(以降プチカオス)特殊召喚から《ジャンク・シンクロン》通常召喚で《クレボンス》を釣り上げること。プチカオスと《ジャンク・シンクロン》で《ジャンク・アーチャー》、相手モンスターを除外することでイーバトークンが生成されるので、サーチしたプチカオスと《クレボンス》とを合わせて《閃珖竜 スターダスト》のシンクロ召喚を行います。《閃珖竜 スターダスト》の効果から低ステータスである《ジャンク・アーチャー》を戦闘破壊から守ることが出来、返しのターンでもトークン生成が狙えます。

また、《クレボンス》は《念動収集機》に対応しており、これで2体展開できればプチカオス1枚と合わせてランク6エクシーズもしくは星8シンクロへと繋ぐことも出来ます。

ただ、モンスター単体では機能しにくいので止めどころがはっきりしてること、初動がぬるいのが欠点でまだまだ調整はしないとなあと感じます。折角星6シンクロを経由するので、その辺も活かしたいところですが、もう《ゴヨウ・ガーディアン》どころか《氷結界の龍 ブリューナク》もいないんですよね…。《獣神ヴァルカン》なるモンスターもいますが、《リビングデッドの呼び声》は微妙で抜いてしまいました。。もう何パターンか綺麗な流れが作れればいいんですけどね…。
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年12月31日(Mon) 19:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。