異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 機械竜 パワー・ツールTOP考察 ≫ 機械竜 パワー・ツール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

機械竜 パワー・ツール

pp15-jp005
《機械竜 パワー・ツール》
星7/闇属性/機械族・シンクロ/攻2300/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のターンにこのカードが装備魔法カードを装備した時、デッキからカードを1枚ドローできる。「機械竜 パワー・ツール」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。また、1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する装備カード1枚を選択し、正しい対象となるこのカードに移し変える事ができる。この効果は相手ターンでも発動できる。

まだ一般発売されてないのにも関わらず(幕張に近い東京だからか)安いところでは150円くらいで買えてしまうこのカード、最初見た時は久しぶりに面白い星7シンクロが縛りなしで出て喜んでたんですが、2度のテキスト読み違いによるショックを受け「まあこんなもんなのか」って思うくらいにテンション下がってる今現在です。

とゆーのは置いといて、装備魔法をサーチすることでシンクロ召喚の消費を補える《パワー・ツール・ドラゴン》に比べて、装備魔法を装備することで装備魔法分の消費を補えるようになっています。
《スターダスト・ドラゴン》もそうでしたが、同じパワーツール、同じ装備魔法に関する効果を持っていても使い方は全く違うもので、より幅広い戦術を持たせることができるのは良カードの証拠です。

単純に《ブレイク・ドロー》あたりを装備するのも良さそうですが、《D・D・R》や《ヴァイロン・プリズム》、ユニオンを装備しても1ドローすることが出来ます。《ゲットライド!》で《メタル化寄生生物-ルナタイト》を装備して1ドローしつつランク7に繋げるのも面白そうですし、装備化できるヴァイロンチューナーならばシンクロ召喚しながらドローできるので無駄がありません。
中でも強いと思うのが《ヴァイロン・プリズム》で、隣にモンスターを立たせつつこのカードをシンクロ召喚することで、《ヴァイロン・プリズム》をそのモンスターに装備させパンプアップ、攻撃した後にこのカードにつけ直すことで、ドローしつつこのカードの攻撃力も上げることが出来ます。出来るならば自身に付けた装備魔法を他のモンスターに付け替えることができれば中々面白かったんですが…。

また、ドロー効果は自分のターンにしか使えないため、後半の自身に装備魔法を付け替える効果が誘発即時なのが勿体なく感じてしまいます。自身の装備を他のモンスターに付け変えられないことからも、本家《パワー・ツール・ドラゴン》とは相性がいい《暗黒魔族ギルファー・デーモン》とも相性がいいと見せかけてそうでもなかったりもします。
縛りなしの星7シンクロ自体が微妙なので、その辺も出来るならかなり色々と出来たんですが…そううまくも行かないもんですね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。