異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 「カオスヴァイロンver.1.2」TOPヴァイロン ≫ 「カオスヴァイロンver.1.2」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「カオスヴァイロンver.1.2」

モンスター(19枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
輝白竜 ワイバースター×2枚
暗黒竜 コラプサーペント×2枚
トラゴエディア×2枚
クリッター
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カードガンナー×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
ヴァイロン・プリズム×3枚

魔法(13枚)
大嵐
死者蘇生
禁じられた聖槍×2枚
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
ブラック・ホール
サイクロン×3枚
ヴァイロン・エレメント×2枚

罠(8枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-×2枚
神の宣告
激流葬×2枚
異次元からの帰還
リビングデッドの呼び声×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.50 ブラック・コーン号
ヴァイロン・エプシロン
ガガガガンマン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
機械竜 パワー・ツール
虚空海竜リヴァイエール
交響魔人マエストローク
閃珖竜 スターダスト
発条機雷ゼンマイン


先日載せたキルルートが不可能だったのと、大分と構築も定まってきたので。
とはいえやることは以前の記事に大方書いてあるのですが、《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》の枚数は減らしました。6枚体制だと平気で初手プチカオス3枚とかやらかすので、出遅れて負けてしまうことが多く、40枚デッキなら4枚体制が安定かなという気がします。少なくとも6枚体制にするならデッキ枚数を44枚ぐらいに増やすか、あと2~3枚のスタートモンスターが必要かなと思います。
4枚体制だとサーチ先がもうない、手札に被り辛いから気軽にエクシーズ素材として使えないという面もありますが、それを意識したプレイに変えたことや《ヴァイロン・プリズム》と星8シンクロのカードパワーのお陰か意外と気にはならなくなりました。(最初は6枚体制のサーチしまくりの感覚に慣れてたので、すごく微妙に感じたんですけどねw)

デッキの動かし方としては、序盤は極力デッキを掘り下げ《ヴァイロン・プリズム》を発掘することを狙います。《カードガンナー》然り《魔界発現世行きデスガイド》からの《クリッター》然り。もちろん《召喚僧サモンプリースト》でもいいんですが、《エフェクト・ヴェーラー》の採用率も考えるとあまり信用おけず、《クリッター》でサーチする時や展開する際は、極力《ヴァイロン・プリズム》直の方が良さそうです。
《ヴァイロン・プリズム》さえ手に入ればあとはシンクロするだけの簡単なお仕事。状況に応じて《スクラップ・ドラゴン》を投げたり、《機械竜 パワー・ツール》でライフを削りに行ったり。《閃こう竜 スターダスト》を立てて《激流葬》構えるのが個人的に好きな布陣です。

またこれは結構前に書いた気がしますが、《ヴァイロン・プリズム》1体が棒立ちの時に戦闘破壊される際、《トラゴエディア》を特殊召喚することで、特殊召喚されてから墓地へ送られるため、《トラゴエディア》に《ヴァイロン・プリズム》を装備することが出来ます。例え手札3枚だとしても2800打点になれるため、仕方なくプリズムビートするときなど覚えておいて損はないと思います。どうしようもない感じで《ヴァイロン・プリズム》を出すことで、突然の《トラゴエディア》で殺しにいけるかも…?
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。