異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ユニオンヴァリーver.10.0」TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリーver.10.0」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ユニオンヴァリーver.10.0」

モンスター(25枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×2枚
フォトン・スラッシャー×2枚
ジャンク・コレクター
シャインエンジェル
ジェネクス・ニュートロン×2枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×2枚
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(7枚)
大嵐
増援
死者蘇生
月の書
禁じられた聖槍×2枚
強欲で謙虚な壺

罠(8枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の警告
異次元からの帰還
闇のデッキ破壊ウイルス×2枚
デモンズ・チェーン×2枚

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
ブラック・ローズ・ドラゴン
輝光子パラディオス
虚空海竜リヴァイエール
星態龍


新制限になってしばらくの間、納得いく構築が出来ずに悶々とした日々を過ごしてました(大げさ)というのも、《E・HERO プリズマー》で落とせる優秀な闇属性である《クリッター》が禁止になってしまい、代わりとなる闇属性が見つからなかったことにあります。《魂を削る死霊》や《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》といった候補はあるものの、前者は《フォトン・スラッシャー》と、後者は《サイバー・エルタニン》と相性が悪く、特に噛み合わせが強いこのデッキでは採用しがたいものでした。
現在は《カオス・ソーサラー》を抜き、《A・ジェネクス・トライフォース》を出しやすいようにすることで闇属性への依存度を下げる構築に落ち着いていますが、《A・ジェネクス・バードマン》や《次元合成師》をサーチしつつ《フォトン・スラッシャー》《サイバー・エルタニン》両者ともに相性の良かった《クリッター》の優秀さを改めて感じてしまいますね。

上記のことも相まって、エクストラに余裕が出来たことから《星態龍》を採用してみました。《サイバー・エルタニン》は最強の除去カードではありますが、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》等と違ってライフを削りに行けないのが課題でした。普段では《A・ジェネクス・バードマン》+星4モンスターから《A・ジェネクス・トライフォース》へ繋げることでダメージを取りに行けますが、毎回そんな手札が整ってることもありません。そんなとき、《エフェクト・ヴェーラー》が手札にあるのなら、通常召喚から《星態龍》、そして3200の直接攻撃へと繋げることができます。もちろん、《エフェクト・ヴェーラー》は自身の効果がメインなので通常召喚することなんて滅多にありませんし、積極的に狙うものではありませんが、攻めに転じれない時などあると便利な1枚です。
一応《A・ジェネクス・アクセル》で《A・ジェネクス・バードマン》を蘇生したり、《A・ジェネクス・バードマン》+星4×2で出せないこともなかったりします。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。