異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPデッキレシピ ≫ 「4軸聖刻」

「4軸聖刻」

モンスター(11枚)
聖刻龍-ドラゴンヌート×3枚
聖刻龍-ドラゴンゲイヴ×3枚
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×2枚
アレキサンドライドラゴン×2枚

魔法(14枚)
大嵐
召集の聖刻印×2枚
死者蘇生
月の書
禁じられた聖槍×2枚
ライトニング・チューン×3枚
マジック・プランター×3枚
ブラック・ホール

罠(15枚)
復活の聖刻印×2枚
神の宣告
神の警告
激流葬×2枚
安全地帯×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚
デモンズ・チェーン×3枚
スキル・サクセサー×2枚

エクストラデッキ
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.50 ブラック・コーン号
ヴェルズ・ウロボロス
ガガガガンマン
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・オメガ×2枚
セイクリッド・トレミスM7
輝光子パラディオス×2枚
恐牙狼 ダイヤウルフ
交響魔人マエストローク
閃珖竜 スターダスト


無差別トワイライトを改良しよう
→《底なし流砂》弱すぎて抜く
→あれ?《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》要らなくね…?

そんなこんなで星4の聖刻である《聖刻龍-ドラゴンヌート》と《聖刻龍-ドラゴンゲイヴ》を中心に、他の要素は一切なしにシンプルに作ってみました。
動かし方はホントに簡単。ヌートやゲイヴを罠でサポートしながら、それぞれの効果の発動を狙っていくだけです。
《スキル・サクセサー》や《禁じられた聖槍》といった対象をとる戦闘サポートを中心に、どちらかと言ったらゲイヴよりもヌートを軸に、《安全地帯》や《デモンズ・チェーン》等でも積極的に効果の発動、エクシーズへと繋げていきます。残った永続罠は《マジック・プランター》でドローに変換。《復活の聖刻印》は《マジック・プランター》と合わせることで疑似的な聖刻リクルートとなります。召喚権を使用しないため、《聖刻龍-ドラゴンヌート》で《輝光子パラディオス》を作りつつ、《聖刻龍-ドラゴンゲイヴ》でそれを戦闘破壊するといったコンビネーション技も狙えます。

《聖刻龍-ドラゴンヌート》を対象に《ライトニング・チューン》を発動できれば《閃こう竜 スターダスト》の擁立が可能です。《閃こう竜 スターダスト》は《聖刻龍-ドラゴンヌート》と並べることで、お互いのターン毎に《アレキサンドライドラゴン》を生成することができるため、非常に相性がよく、《聖刻龍-ドラゴンヌート》を素材とせずともエクシーズに繋げられたり、×3である《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》等も出しやすくなったりします。
《スクラップ・ドラゴン》を出すことで《復活の聖刻印》を壊すということも出来るんだとか。

かなりシンプルなものを載せてみましたが、他にも《召喚僧サモンプリースト》《ヴァイロン・プリズム》から《閃こう竜 スターダスト》を出しやすくしたり、単純に《フォトン・スラッシャー》《ライオウ》あたりいれてみたりしても良さそうです。
《カードガンナー》で《スキル・サクセサー》や《ブレイクスルー・スキル》落とす型も割と良さげでした。
本当なら青眼ストラクで登場する《竜魂の城》が好相性の塊のようで使いたかったんですが、《マジック・プランター》のコストで墓地に送るとタイミングを逃すという最悪な事態に発展してしまうようで、渋々採用を諦めました。

発端となった《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》も《トランスターン》がきて出しやすそうで使ってやりたいんですけどね。中々それを活かした動きと言うのが難しくて難しくて…。
普段は細かいごちゃごちゃしたデッキばかり使ってるので、たまにこういうのを弄ってみるのも楽しいですね。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL