異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP幻獣機 ≫ Mecha Phantom Beast Aerosguin

Mecha Phantom Beast Aerosguin

ピングー
Mecha Phantom Beast Aerosguin
星3/風属性/機械族/攻1600/守 400
1ターンに1度、自分の墓地の「Mecha Phantom Beast Aerosguin」以外の「幻獣機」と名のついたモンスターを1体をゲームから除外して発動できる。「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。このカードのレベルは自分フィールド上の「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。自分フィールド上にトークンが存在する限り、このカードは戦闘及び効果では破壊されない。

海外のJOTLに収録される海外新規の幻獣機です。
その…なんというか…すごく…ペンギンなモンスターですね。読みはエアロスギン(グイン)…?

そんな《Mecha Phantom Beast Aerosguin》(以下「エアロ」)は、起動効果でトークンを生成できる効果を持っています。日本でもつい先日《幻獣機グリーフィン》なる起動効果でトークンを生成できるモンスターが出ましたが、あまりの使い勝手の悪さに絶望していたので、「エアロ」のリリースは嬉しいですね。

星4だったらという声をよく聞きますが、確かに4だったら文句なしの採用でしたね。このままでは《幻獣機テザーウルフ》でおkともなりそうですが、《トランスターン》を絡めてやれるのは星3である利点です。何より、トランスターン型において、使い勝手がいい星3幻獣機が登場してくれるというだけでも朗報だったりします。(レベル変動はありますが)自身がレベル3ということもあって《虚空海竜リヴァイエール》を絡めてやれると面白そうです。

また、相手の場にモンスターが2体存在していれば、
「エアロ」《緊急発進》《トランスターン》で1キルをすることも可能です。
1.「エアロ」NSトークンSS
2.《トランスターン》発動《幻獣機コルトウィング》SSトークン×2SS(トークン合計3)
3.トークン3体のうち2体をコストに《緊急発進》発動
  《幻獣機メガラプター》《幻獣機ハリアード》SS(トークン合計1)
4.「ラプター」効果《幻獣機ハムストラット》サーチ
  「ハリアード」「ラプター」効果でトークン×2SS(トークン合計2)
5.「ラプター」「コルト」で《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》SS効果で2000バーン
6.「ハリアード」効果「ハム」SS(トークン合計1)
7.「ハム」効果「エアロ」SS(トークン合計0)
8.「エアロ」効果トークンSS(トークン合計1)
9.「ハム」「エアロ」で《ガントレット・シューター》SS
2000+3000+1800+2400で合計9200ダメージ。《ガントレット・シューター》の上に《迅雷の騎士ガイアドラグーン》を重ねられるので、3体目がいたとしても8000狙える可能性は高そうです。
以前紹介したキルパターンと違って、相手の場にモンスターが2体以上いなければ使えませんが、初動で必要なトークン生成スペルが「エアロ」だけで済むのが特徴です。

カラクリ幻獣機の方でもこのカードを使ったキルパターンがあるんだとか。
少し使ってみた感じ、起動効果といえど星3という点が足をひっぱることが多くて、どうしても《トランスターン》ありきになりがちなのは否めなかったです。立ち位置的には、核となるカードというよりも便利カードという感じでしょうか。海外新規ということもあってあまり触れてはないんですがっ><;

そういえば、次のEXPの発売はいつになるんですかね。また半年…年末年明けぐらいに出てくれるといいんですが、また1年となると、幻獣機然り聖騎士然り、優秀どこが出たテーマはデッキのモチベが消えてしまうのが辛いです。今じゃADSなんていう便利なものもありますが、やはりリアルで使えないと意味ないですからね…。待ち遠しい限りです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL