異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPゴーストリック ≫ ゴーストリック・マリー

ゴーストリック・マリー

ghostrickmary

《ゴーストリック・マリー》
星1/闇属性/悪魔族/攻 100/守1600
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、戦闘またはカードの効果によって自分がダメージを受けた時、このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。「ゴーストリック・マリー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

11月に出る新弾LVALに収録されるゴーストリックです。シャドウスペクターズの時は特に気にはしていませんでしたが、星1は悪魔族なだけでなく手札誘発というコンセプトもあるんですかね。星1なので《ゴーストリック・キョンシー》でサーチし易いのが特徴です。

発動の条件は、ダメージを受けた時に手札から捨てるだけという手軽さ。相変わらず受動的ではありますが、《ゴーストリック・キョンシー》《ゴーストリック・シュタイン》《ゴーストリックの魔女》あたりを臨機応変にセットできるのは強そう…というか少しADSで使ってみた感じめちゃくちゃ強かったです。ゴーストリックは少し触ると分りますが、《ゴーストリック・キョンシー》を如何に初手に握れるかで、序盤の安定性が桁違いです。そんな「キョンシー」を捨てるだけで特殊召喚できるのだから、序盤の安定性はぐんと上がります。

また《ゴーストリック・ハウス》とも相性がよく、中盤以降でも無理なく使えることから、殴りに行くための展開札としても優秀です。序盤は《ゴーストリック・キョンシー》を特殊召喚し、その「キョンシー」でこのカードをサーチ。そして《ゴーストリック・シュタイン》を特殊召喚し――と、ゴーストリックに欲しかったこと全てをやってのけてくれますね…w「シュタイン」もまた、引きたいけど初手には欲しくない1枚でもあるので、3枚も積まずに済みそうなのもいいですね。

《ゴーストリック・アルカード》の攻撃力の低さも幸いし、発動タイミングが”ダメージを受けた時”と、《ゴーストリック・スペクター》とも喧嘩をせず(手札誘発系は同じタイミングだと複数発動できない)、手札を減らさずに場にゴーストリックを展開して行けます。
《ゴーストリック・ランタン》と《ゴーストリック・スペクター》は3:1ぐらいが安定してましたが、ダメージを受けることが前提となると「ランタン」よりも「スペクター」を優先した方が良さそうですね。以前載せた構築の《カオスポッド》をサイドに下げ、このカードにするだけでも十分すぎるくらいに戦い易かったです。序盤から動いて行けるので、1戦にかかる時間が減るのも幸い…ですねw
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL