異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPゴーストリック ≫ LVAL ゴーストリックあれこれ

LVAL ゴーストリックあれこれ

LVALのフラゲが来て、ゴーストリックの新規の効果も一通り判明したので、それの考察というか感想になります。しかしながら、前回のSHSPが不作だったからかプレイマットキャンペーンがあるからか、今回のパックはカードパワーの高いカードが目立つのが気になりますね。
《ゴーストリック・マリー》に関しては以前書いたこちらを。
長くなるので追記からどうぞー。

《ゴーストリック・フロスト》
星1/闇属性/悪魔族/攻 800/守 100
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、相手の直接攻撃宣言時に発動できる。
その相手モンスターを裏側守備表示にし、このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚する。

《ゴーストリック・ランタン》のように相手の直接攻撃に反応し、その攻撃モンスターを裏側守備表示にすることで実質攻撃を無効にしつつ、手札からセットすることが出来るゴーストリック。《月の書》を内蔵しているため、返しに《闇の護封剣》等を使わずとも《ゴーストリック・アルカード》での除去が行えるのが強みですが、ほぼ同じ役割を持つ《ゴーストリック・ランタン》と比べて、《ゴーストリック・アルカード》等の表側で存在するゴーストリックを守れないという欠点もあります。
完全に《ゴーストリック・ハウス》に依存してしまい、《ゴーストリック・パニック》でリバースさせた《ゴーストリック・キョンシー》でサーチし、後続のモンスターからキョンシーを守るという動きもできないため、ランタンとは状況に応じて使い分けていくことになりそうです。

《ゴーストリック・猫娘》
星2/闇属性/魔法使い族/攻 400/守 900
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、フィールド上にこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する限り、レベル4以上のモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターを裏側守備表示にする。

《ゴーストリック・ハウス》発動下でも表側で維持する系のメインデッキに入るゴーストリックは初めてでしょうか。表側表示での維持が前提の効果ですが、このカードに攻撃が集中するのは言うまでもなく、《ゴーストリック・ランタン》や《ゴーストリック・アルカード》での防衛が前提となります。
《ゴーストリック・パニック》の頭数に数えられないのも難点ですが、その効果はかなり強いので、狙う価値は十分にありそうです。ただ、狙うとなるとかなりロック色が強めになりそうですし、構築にひと工夫は必要になりそうですね。

《ゴーストリック・スケルトン》
星3/闇属性/アンデット族/攻1200/守1100
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードがリバースした時、自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数まで、相手のデッキの上からカードを裏側表示で除外する。「ゴーストリック・スケルトン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

今まで出てきたゴーストリックとはまた別ベクトルの効果を持っています。デッキデスといえばアンデット族の特徴のひとつでもありますが、それをゴーストリックでやろうとしてくるとは思ってもいませんでしたねwゴーストリックでデッキデスを狙うとすると《ゴーストリック・ランタン》等で耐えながらじわじわ削っていく形になるんでしょうか。ぶっちゃけた話ヴァンパイアでやれよと。《ゴーストリック・キョンシー》らのようにカード名でのターン1縛りがあるため、複数並べてがっつり落とすことは出来ないので、悪用は難しそうです。
ちなみに裏側での除外とありますが、《サイ・ガール》の裁定を見るに、何が除外されたか分からずサーチカードが不発になるってことにはならずに済みそうですかね。征竜のようなのを誘発しない利点はありますが…?

《ゴーストリック・マミー》
星3/闇属性/アンデット族/攻1500/守 0
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ「ゴーストリック」を名のついたモンスター1体を召喚できる。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分は闇属性以外のモンスターを特殊召喚できない。

《ゴーストリック・マリー》に引き続き優秀なのがこのカード。単純に召喚権を増やすゴーストリック版の《ヴェルズ・カストル》みたいなモンスターですが、展開力が貧しいゴーストリックではマリーに続いて貴重な展開手段となります。マリーに比べて能動的に展開することが可能で、《ゴーストリック・アルカード》+αという場が作りやすく、《ゴーストリック・シュタイン》や《ゴーストリックの魔女》といった手札でかさばると扱いに困りやすいモンスターが活かしやすいです。「フィールド上に表側表示で存在する限り~1度~」という制限もゴーストリック共通効果故にあってないようなものですしね。
《ゴーストリック・キョンシー》+ゴーストリックという場のとき、このカードを出してからキョンシーを反転することで、星3までサーチ可能にしつつ、サーチしたモンスターをそのまま追加召喚するということもできます。
闇属性しか特殊召喚できないというデメリットもありますが、これも自身を裏側守備表示にしてしまえば気にする必要がなく、響くとしたらこのカードをエクシーズやシンクロの素材にするときぐらいでしょう。シュタイン共々《悪夢再び》に対応してるのも魅力的ですね。

《ゴーストリック・デュラハン》
ランク1/闇属性/悪魔族・エクシーズ/攻1000/守 0
レベル1モンスター×2
このカードの攻撃力は、自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたカードの数×200ポイントアップする。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターの攻撃力をエンドフェイズ時まで半分にする。この効果は相手ターンでも発動できる。また、このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地からこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。

《ゴーストリック・アルカード》に続くゴーストリックのエクシーズはランク1でした。星1域には《ゴーストリック・ランタン》をはじめ場をつなぐためのカードが揃っているため、意識して動かせばそこそこ早い段階から出していけます。
その効果は汎用ランク1とも言える誘発即時効果の《アーマード・ビー》で、パンプアップ効果もあり自身単体でも攻撃力2400までのモンスターに対応でき、横にゴーストリックがいれば400ずつ対応ラインは上がっていきます。魔法罠もカウントされるため、《ゴーストリック・ハウス》や《ゴーストリック・ロールシフト》を発動しておくだけでも実質2800~3200打点となります。自分のモンスターも対象に取れることから、先出ししておくことでアルカードやシュタインを《奈落の落とし穴》等から守ることもできますね。
アルカードを出すための《クレーンクレーン》ではないですが、このカードのために《金華猫》という選択肢もなくもなさそうです。アルカード同様、墓地へ送られた時の回収効果もあって優秀な1枚です。

《ゴーストリック・ミュージアム》
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、「ゴーストリック」と名のついたモンスター以外の自分フィールド上のモンスターは攻撃できず、お互いのフィールド上のモンスターは、裏側守備表示のモンスターに攻撃できず、相手フィールド上のモンスターが裏側守備表示のモンスターのみの場合、相手プレイヤーに直接攻撃できる。また、プレイヤーに戦闘ダメージを与えたモンスターは、ダメージステップ終了時に裏側守備表示になる。

ゴーストリック2枚目のフィールド魔法。《ゴーストリック・ハウス》はある意味でゴーストリックを象徴するような存在ですし、まさか2枚目が出るとは思ってもいませんでした。裏側守備表示への攻撃不可効果もありますし、戦い方が大きく変わるといことはなさそうですが、ダメージ半減の効果はないため、直接攻撃合戦に持ち込まれると、ゴーストリックでしか殴れないデメリットも相まってダメージレースで負けかねません。
しかしながら抑制力はこちらのが上で、戦闘ダメージを与えたモンスターは裏側守備表示になることから、メイン2でのエクシーズ等を封じることが出来、《ゴーストリック・アルカード》で返しやすくなります。
逆に自分のモンスターも裏側守備表示になってしまうため、《ゴーストリック・シュタイン》で殴った後にアルカードを出すという動きもできなくなります。これには「ゴーストリック以外の」という一文が欲しかったですね…。一応自分から殴りにいくことで、アルカード等を返しのターンの戦闘から守ったり、相手ターンパニック等から一度裏にして効果を使用したキョンシーを裏側守備表示にしたりすることもできなくもないです。ただ、自爆特攻でも裏側守備表示にできそうなのに、《発条機雷ゼンマイン》が戦闘に参加できないのは残念ですね。

《ゴーストリック・ロールシフト》
永続罠
1ターンに1度、バトルフェイズ中に以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体を選択して裏側守備表示にし、相手フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスター1体を選んで表側攻撃表示にする。
●自分フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスター1体を選択して表側攻撃表示にし、それが「ゴーストリック」と名のついたモンスターだった場合、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

永続罠になった代わりに規模が縮小した小型の《ゴーストリック・パニック》という感じの1枚。フリーチェーンであるパニックに比べバトルフェイズでしか使えないのが難点ですが、永続罠故に序盤から撃てる気軽さがウリです。特に序盤裏側守備表示で置いた《ゴーストリック・キョンシー》を守るためだけに《ゴーストリック・パニック》を使わなくていいのは嬉しいですね。
また、パニックと違い攻撃表示にするところがミソで、自爆特攻から起動させた《ゴーストリック・マリー》でセットしたモンスターを攻撃に参加させるといった運用も可能です。
基本的には第2効果のほうをメインに使っていくことになりそうですが、第1効果も《ゴーストリック・ハウス》発動下なら、《ゴーストリック・アルカード》のような表側で置くゴーストリックを裏側守備表示にすることで《ゴーストリック・ランタン》なしに守るということもでき、意外と器用に使えそうな気がします。

総括
相変わらずというかゴーストリックはどれも利用法が思い付き、産廃と呼ばれるようなカードがないのはすごいですね。《ゴーストリック・マリー》や《ゴーストリック・マミー》はよほど特殊な構築をしない限り、殆どの構築で入るでしょうし、《ゴーストリック・マリー》はゴーストリックを出張させれるほどのパワーがあると思います。
《ゴーストリック・ロールシフト》も、永続罠であることから罠版《太陽の書》としてリバース起動に、《A・ジェネクス・トライフォース》や《浅すぎた墓穴》等の起動に一役買えそうです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL