異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPギャラクシー ≫ 光子竜の聖騎士

光子竜の聖騎士

光子竜の聖騎士 光子竜降臨
《光子竜の聖騎士》
星4/光属性/戦士族/攻1900/守 800
「光子竜降臨」により降臨。このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。また、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、デッキからカードを1枚ドローする。

《光子竜降臨》
儀式魔法
「光子竜の聖騎士」の降臨に必要。自分の手札・フィールド上からレベルの合計が4になるようにモンスターをリリースしなければならない。また、自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。レベルの合計が4になるように自分の墓地のモンスターをゲームから除外し、手札から「光子竜の聖騎士」1体を儀式召喚扱いとして特殊召喚する。

メインデッキに入るフォトンのサポートらしいサポートといえばカイト編以来ですかね。《白竜の聖騎士》のオマージュだと思われますが、儀式と聞くだけで不穏な空気が漂いますね…。

>《光子竜の聖騎士》
手札からも出せますが、よほどの理由でもない限りデッキから出すことになるでしょう。そこで気になるのがデッキに《銀河眼の光子竜》があるかということになります。2,3枚積んでいれば、1体は出せると思いますが、3積みでも2体目は手札から出さざるを得なくなることは少なくないはずです。このカードを採用しているのであれば、2体目を出すこともあるでしょう。基本的に手札に来た《銀河眼の光子竜》の処理手段として用いられるのは《トレード・イン》や《フォトン・サンクチュアリ》といったカードですし、ましてや《銀河眼の光子竜》を場に出せる優秀なカードである《銀河遠征》との被りも気になります。
一度出せてしまえば、《リビングデッドの呼び声》《ピンポイント・ガード》等から直接《銀河眼の光子竜》を出せたり、このカード自体がフォトンと名のついた星4モンスターなので、《フォトン・リザード》でのサーチ、《輝光帝ギャラクシオン》の素材に出来たりはします。しかし、《銀河遠征》と違って《銀河騎士》を代わりに出すということも出来ませんし、使いまわしたところでデッキに《銀河眼の光子竜》がなければ意味がありません。それらを全て乗り越えたうえで、儀式型の強みを見つけるとなるとちょっと怪しく思えます。

>《光子竜降臨》
パーデクあたりから儀式魔法にこういったサポート効果が付くことが恒例となってきましたね。消費を考えたら当然っちゃ当然ですが、1度は正規儀式してねという部分でもうつらいです。まして、リリースできるのが星4に限定されているので、手札の《銀河眼の光子竜》を切りつつ、《銀河騎士》に繋げられないのは残念極まりないです。
そんなこんなで、狙っていくのは後半の効果になるでしょう。少し話題になった《フォトン・スラッシャー》《マンジュ・ゴッド》で《光子竜の聖騎士》サーチしながらの《ラヴァルバル・チェイン》で落とすのが無難なんですかね。コストを《星邪の神喰》のトリガーにしたり、《銀河零式》と《D・D・R》を装備つながりで共有したりということも出来なくもなさそうですが。手札に来たこのカードを切れる《召喚僧サモンプリースト》も、《光子竜の聖騎士》をサーチできる《フォトン・リザード》がレベル3であるなど惜しい点も目立ちます。

少し触ってみても《銀河の魔導師》等の銀河シリーズとの連携が取りづらく、フォトン寄りになることから、ランク8ビートというよりも《銀河眼の光子竜》ビートという感じでした。狙うなら複数積むことになるでしょうし、ますます「フォトン・トレード」のOCG化欲が強まりますね…。
フォトンにはこれでエクシーズ・融合・儀式が揃ったことになり、あとシンクロさえクリアできれば《創星神 sophia》を狙えなくもなさそうで、《光子竜の聖騎士》を使うならそっちの方向で組んだほうが個人的には面白そうな気がします。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL