異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPギャラクシー ≫ 銀河戦士

銀河戦士

priojp85
《銀河戦士》
星5/光属性/機械族/攻2000/守 0
手札の光属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から表側守備表示で特殊召喚する。このカードが特殊召喚に成功した時、デッキから「ギャラクシー」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。「銀河戦士」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

PRIMAL ORIGINで登場するフォトン(ギャラクシー)界のホープ。やはり強いカードが来るのはOCGオリジナルだったか…という感じですが、中国のフラゲ通り?フォトンにも新規が来て何よりです。メリケンは付けててもどこをどう略したら「フォトン・テーブル・クラッシャー」になるかはわかりませんがw

さてそんな《銀河戦士》ですが、効果はギャラクシー専用の《水精鱗-ディニクアビス》といったところでしょうか。手札コストによって手札に来た《銀河眼の光子竜》を捨てることが出来、そのまま《銀河騎士》《銀河の魔導師》をサーチすることが出来ます。召喚権は残ってますから、《銀河騎士》なら《銀河眼の光子竜》つり上げからの《神竜騎士フェルグラント》、《銀河の魔導師》なら《銀河遠征》サーチからの《セイクリッド・プレアデス》が狙えます。《銀河眼の光子竜》《銀河遠征》ともに握っていれば、ランク8とランク5その両方を一度に並べることもでき、非常に使い勝手がいい1枚です。

フォトンにおいては、場にモンスターがいても特殊召喚が出来る《銀河騎士》の妥協召喚条件を満たせるモンスターであり、かつ《銀河の魔導師》でサーチできる手札にきた《銀河眼の光子竜》の処理要員まで兼ねるとんでもないやつです。

また、サーチ効果は特殊召喚時なら発動するので、1ターンに1度とはいえ《リビングデッドの呼び声》や《銀河遠征》によって特殊召喚した際でも発動できます。特にエンドリビデから戦士で戦士をサーチし、その戦士で騎士をサーチし銀河眼をつり上げるだけで、ランク8とランク5の両方が並び、多少の壁も《No.62 銀河眼の光子竜皇》の横に《セイクリッド・プレアデス》で9100、打点なら《シャーク・フォートレス》を置いてやれば13000(ガイドラを乗せれば13600)ダメージと、今まで届き辛かった1キルもかなり狙いやすくなりました。

正直《フォトン・スラッシャー》がお役目ごめんになるほどの強さですが、守備表示での特殊召喚になるので《銀河遠征》がないとアタッカーや打点にならず、単体で《ライオウ》も倒すことが出来ないとちょっと使い辛い面もあり、運用にはひと工夫は必要かなあという感じもします。
戦士という名ながら種族は機械族と、レベルも相まってさりげなくサイバーの強化まで図ろうとしてきます。このカード以外にサイバーと相性のいいギャラクシーが他にいるかと言われればかなり怪しいですが、手札のサイバードラゴンを能動的に切れたりと便利そうではあります。

そうそう、気づけばデッキの中のフォトンと名のついたカードはついに《銀河眼の光子竜》だけになってしまいました。輝光子や輝光帝も出さなくなってしまいましたし、本格的にデッキ名は「ギャラクシー」になるんですかね。フォトンのがなじみ深くて呼びやすさはありますが。
他にもギャラクシーアイズサポートも出てましたが、ひとまず採用予定はこのカードだけなので、ほかのカードに関しては気が向いたらということで。弱くはないんですが、ああいった専用過ぎるカードはどうも好きになれないです。。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL