異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPデッキレシピ ≫ 「クイックオライオン」

「クイックオライオン」

モンスター(28枚)
終末の騎士
工作列車シグナル・レッド×3枚
幻獣機オライオン×3枚
幻獣機ウォーブラン
巌征竜-レドックス
音響戦士ベーシス
レベル・スティーラー×3枚
マスマティシャン×3枚
ジェネクス・ニュートロン×3枚
クイック・シンクロン×3枚
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
アンノウン・シンクロン
TG ワーウルフ×3枚
TG ストライカー

魔法(10枚)
貪欲な壺
調律×3枚
大嵐
増援
手札抹殺
死者蘇生
闇の誘惑
おろかな埋葬

罠(2枚)
ブレイクスルー・スキル×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
TG ワンダー・マジシャン
ジャンク・デストロイヤー
シューティング・クェーサー・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
ドリル・ウォリアー
フォーミュラ・シンクロン
ミスト・ウォーム
ロード・ウォリアー×2枚
霞鳥クラウソラス
月華竜 ブラック・ローズ
閃珖竜 スターダスト
氷結界の龍 トリシューラ

マスマティシャン クイック・シンクロン

《ロード・ウォリアー》の素材にでき、かつ召喚時に《レベル・スティーラー》を落とせる《マスマティシャン》が来たことで、以前載せた「クイック幻獣機」からかなり安定して立ち回れるようになりました。というのも、以前は《クイック・シンクロン》《幻獣機オライオン》《終末の騎士》が揃ってようやく《ロード・ウォリアー》が出せていましたが、今では《マスマティシャン》と《クイック・シンクロン》とコストになるモンスターがあるだけで出せるようになったのです。

追記から新たに採用したカードなどの採用非採用理由を。

《工作列車シグナル・レッド》
薄くなりがちな防御面を補ってくれるトレインモンスター。星3であるため、返しにクイックスティーラーで《ロード・ウォリアー》になれるほか、初動の《ジェネクス・ニュートロン》を守りながら《幻獣機オライオン》等星2チューナー追加から《氷結界の龍 トリシューラ》を投げることもできます。幻獣機トークンが残るので、クイックスティーラーがあるなら、《ミスト・ウォーム》で伏せを剥がしながら《ロード・ウォリアー》に繋げることも可能ですね。

《幻獣機ウォーブラン》
《ロード・ウォリアー》から出せる星1チューナー。《フォーミュラ・シンクロン》を作りながら高レベルシンクロに向かうのが主な使い道で、マスマクイックオライオンから《ロード・ウォリアー》に繋げた際に残る《マスマティシャン》と《閃こう竜 スターダスト》を作ったり、レベルの下がった《TG ハイパー・ライブラリアン》と《氷結界の龍 トリシューラ》になったりします。ただし、機械族シンクロの素材に使うとトークン作る&風以外がSSできなくなる強制効果が発動してしまうので、《フォーミュラ・シンクロン》を作る際は《レベル・スティーラー》でレベル調整してからターンを返すことが出来なくなるので注意が必要です。《ロード・ウォリアー》を巻き込んで《氷結界の龍 トリシューラ》を作る布陣を作る際は大人しく他の星1チューナーを使いましょう。
手札6枚(マスマクイックオライオンウォーブランその他2枚)からスタートした場合、《ロード・ウォリアー》で《音響戦士ベーシス》を持ってきながら、《幻獣機オライオン》の追加召喚効果を使ってライブラフォーミュラ、ライブラを素材にしたトリシューラの構えまで狙えます。

《幻獣機オライオン》
《クイック・シンクロン》で切って《ロード・ウォリアー》、《レベル・スティーラー》がいなかったとしても召喚権を使わず《ジャンク・デストロイヤー》を投げれるのも魅力の一つ。手札にダブついても、その効果から+1体目で使ったオライオンで出した幻獣機トークンや《マスマティシャン》と《TG ハイパー・ライブラリアン》になれる小回りの利く便利なヤツです。

《巌征竜-レドックス》
シグナルレッドやマスマティシャンなど地属性が増えたことから採用してみました。《幻獣機オライオン》のようなコストにして強い地属性がいないのが惜しいところですが、《激流葬》ケアや、単純に《ロード・ウォリアー》を蘇生できるのは強いですし、《ロード・ウォリアー》から低レベルチューナーしか呼べない点を補えるのが好印象です。

《手札抹殺》
マスマクイックに到達するための1枚。多少ディスアドになろうと、《ロード・ウォリアー》が出せないと始まらないので必要な1枚かなと。また、このデッキは《増殖するG》を投げられると止まれないデッキなので、その時はスティーラーを過労死させデッキデスを狙いましょう。

《ライトロード・アーチャー フェリス》
《マスマティシャン》を召喚するだけで出せる星4チューナーで、マスマクイックスティーラーで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》まで行けるのが魅力ですが、手札に来た時の弱さが目立つためになくなく不採用…。その流れを活かすためにライロ型も組んでみましたがコレジャナイ感が拭えず諦め。ルミナスからフェリス蘇生クイックスティーラーでもクェーサーまで行けたりするんですけどね。

《カーボネドン》
こちらもクェーサー絡みで相性のいい1枚。星3なので《ロード・ウォリアー》の素材にでき、《ガード・オブ・フレムベル》を呼ぶことでライブラフォーミュラや《波動竜フォノン・ドラゴン》を絡めてクェーサーまで行くことが出来ます。が、バニラの枠などを捻出するのに削らないといけない部分が出てきたりで、やっぱり上の構築のが丸いかなということで見送りました。

《ダンディライオン》
《巌征竜-レドックス》のコストにもなりますし、星3なので《ロード・ウォリアー》の素材にできたり、昔ながらのドリルループが出来たり、何かと便利でしたがスペースの都合上採用を見送りました。それでも採用を渋ってるモンスターの中では最も使いたい1枚。

《ローンファイア・ブロッサム》
《ロード・ウォリアー》のような大振りな動き以外にも取り入れようかと、シグナルレッドやマスマで《メリアスの木霊》が作りやすいのも相まって試みてみましたが、結局のところ召喚権の面で《ジェネクス・ニュートロン》や《マスマティシャン》を差し置いて狙う強さがそこまでなく、スペースの都合も相まって抜けてしまいました。

《スケープ・ゴート》
《幻獣機オライオン》と《氷結界の龍 トリシューラ》になれたり、《レベル・スティーラー》がなくても《ロード・ウォリアー》が出せたりと、カードが揃ってない時に何かと便利でしたが、《マスマティシャン》が来たお陰でカードが揃いやすくなったのと、このカード要らずで展開できてしまう時がすこぶる弱かったので、枚数を減らしに減らし、気づいたら0枚になってました。

《ソウル・チャージ》
苦手な《激流葬》もケア出来るしで最初は3積み以外あり得ませんぞwwぐらいに思ってましたが、ただでさえリソースを使い切ってしまうことも多いくらい回転力があるデッキで、相手に干渉できると言ったらフォーミュラを絡めるくらいしかなく、序盤に罠ケアで使えると強いかなあくらいで抜けてしまいました。それよかそもそものマスマクイックを達成できるように動けるカードを増やした方がいいというのが今のところの考えです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL