異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP考察 ≫ Artifact Scythe

Artifact Scythe

アーティファクト・サイス
《Artifact Scythe》
星5/光属性/天使族/攻2200/守 900
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。このカードを特殊召喚する。(3):相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。ターン終了時まで、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。


アーティファクトのエースであった《アーティファクト-モラルタ》が制限になってしまったことで採用が期待される海外新規の1枚。エクシーズ等をされたあとに出すモラルタと違い先出しが必要ですが、逆に言えば、除去に強いのが動かれる前に除去を当てられると弱いモラルタにはない利点と言えます。《ソウル・チャージ》等蘇生カードでケアされない点も利点でしょうか。

ただ、エクストラからのSSを封じるのはあくまで特殊召喚時に発動する誘発効果なので、《影依融合》にチェーンして《アーティファクトの神智》を発動し、その融合を無効にするといった《虚無空間》のような使い方が出来ないのが惜しいところ。故に除去で防ぐモラルタと違って、止めた後に戦闘破壊出来てようやくアドバンテージが生まれることになります。

また、最近ではシャドールに対して有効であるメインに入れられる《ダーク・アームド・ドラゴン》《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》といったカードに弱いのもご愛嬌といったところでしょうか。先攻で出された《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》等に対処できないのも欠点です。Scytheはあくまで2枚目以降のモラルタ――モラルタは1枚は使えるのでその辺は《アーティファクト-ベガルタ》を1枚挿しておき、手札に来たモラルタを機能できるようにしておけば大丈夫なはず。

しかし来日するのは9月中旬と、2ヶ月も先なうえに次の改訂間近なんですよね。その改訂でモラルタが帰ってくるかも怪しいですが…。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL