異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 霊獣について色々TOP霊獣 ≫ 霊獣について色々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

霊獣について色々

相伴

SECEにて新規カードを貰いましたが、基本的には以前書いた記事から殆ど変わらず、除外ゾーンに解除用の特殊召喚していない霊獣使いと精霊獣に、何かしらの霊獣カードを揃えた状態にし、騎カンナでサーチ効果チェーン解除を行い(または繰り返し)、盤面に合わせた霊獣カードをサーチしながら戦うスタイルを取っていきます。このサーチして解除してまた融合してをどういった組み合わせ、除外を行えば多く繰り返せるのかを把握することが、霊獣の出来ることを理解する上で最もな部分になります。

SPTR-JP030 霊獣の連契
霊獣の最も理想的な立ち回り方として、初手で《霊獣の連契》及び《霊獣の騎襲》をサーチしながらの返しのターン1キルというのがあります。主に伏せが少ないデッキに対して決めやすく、連契で前を破壊し、少ない伏せを《精霊獣 ペトルフィン》で剥がし1キルを狙います。
簡単な組み合わせだと、《聖霊獣騎 アペライオ》+霊獣使い+《精霊獣 アペライオ》と並べ《霊獣の相絆》を絡めるパターン。少なくとも既存の騎ライオと、相絆からの騎ライオの5200に獣ライオを加えた7500は削れ、そこに霊獣使いの分が加わり、それが最も打点の低い《霊獣使い レラ》ですら獣ライオのパンプによって8000に届きます。《霊獣使い ウェン》なら9500ですね。また、《聖霊獣騎 ペトルフィン》などをエンドフェイズに分解する際やエンド騎襲を発動した際に、獣ライオを出しておくことで、返しの自ターンでその獣ライオ、霊獣使いからSSした獣ライオで1ターンで計1000ポイントのパンプが狙えます(霊獣使いからのSSではなく、《霊獣使いの長老》で獣ライオを追加する場合は、サーチチェーン解除の中に獣ライオを噛ませられるので計1500パンプすら狙えます)。残念ながら騎ライオはその恩恵を全て無視してきますが、霊獣の最大打点2800(3300)を叩き出すことができます。

聖霊獣騎 アペライオ 霊獣の相絆
《ヴァルキュルスの影霊衣》をケアして8000削る
ヴァルキュルスを超えて8000削る場合、融合体2体に長老から霊獣使い+精霊獣と展開し、相絆を握っておく必要があります。幸い獣ライオの支援を無視する騎ライオは相手のヴァルキュルスも無視できるので、騎ライオ騎ライオアタックからの長老使い獣どれかのアタックに合わせてきたヴァルキュルスにチェーン相絆で不発にさせながら追加アタックで8000削りきります。《嵐征竜-テンペスト》や《簡易融合》があれば既存融合体が1体で済む上に長老を噛ませる必要もないのでもっと楽に決められるのですが、簡易ノーデン自体が環境に合っていなく、狙いづらくなってしまったのが惜しいところ。

精霊獣 ラムペンタ
《精霊獣 ラムペンタ》
SECE新規の1枚。胸の飾りに宝石がなく、野生の霊獣だとか霊獣使いとはこれから出会うだとかのストーリーによって1枚だけ放たれた故にその中途半端さが目立つ1枚。初動を安定させるために3枚投入は避けられませんが、その性能は《精霊獣 カンナホーク》とは雲泥の差。《緊急テレポート》との相性は獣ライオや獣ペトル並み。唯一長老と合わさったときだけ、騎カンナによるサーチチェーン解除が行えますが、使いに触れられないため、霊獣使い1と精霊獣2と、分離先と騎襲でSSする先の2セットを用意することが出来ません。
このカードを展開の途中で噛ませる利点は、除外ゾーンを肥やせるのと、霊獣使い2精霊獣3で回すときにこのカードで4種類目の精霊獣(ここでは獣ペトル)を落とし、まだSSしてないのが手札の霊獣使いと獣ライオ、落とした獣ペトルだけという中、3種類目の霊獣使いで獣ライオをSSしても相手ライフを削り切れなかった際、獣ライオで獣ペトルを除外することで、手札から出した霊獣使いと獣ペトルと、SSしてないセットを1組作れるので、メイン2で騎カンナによるサーチを行いながら、騎ペトル横でターンを返す、ということが出来るようになります。

霊獣の騎襲
《霊獣の騎襲》
判明したときは新規の霊獣使いや騎ペンタがないのもあって回った前提のカードを出してる場合じゃないだろと思ってましたが、思いのほか使いやすく、状況次第では連契よりも優先してサーチする場面があるくらいでした。例えば獣カンナ+緊テレと揃った場合、墓地に霊獣使い1、除外ゾーンに霊獣使い1精霊獣1獣カンナ1、場に聖霊獣騎と手札にサーチした霊獣カード1枚という盤面が出来上がりますが、このサーチを騎襲にすることで、ラムペンタの項で述べたようなSS制限に触れることなく召喚権を残し、場に霊獣使い2体精霊獣2体と並べられます。返しヴァルキュルス越えのキルが狙えますね。
また、キルに絡む以外にも召喚権を使わずに展開出来ることから、通常だと避けたい霊獣モンスターの戦闘破壊を見送れたり、霊獣使いへの《エフェクト・ヴェーラー》等を気にせず融合に繋げられたり、除去に対する耐性が上がったりと、発動にはある程度カードが揃ってることが条件となるものの、霊獣の脆さを補ってくれるスーパーカードです。
3枚積みたいくらいのカードですが、被ると弱いのと事故に重なってほしくないため、採用は2枚に抑えてサーチをこのカードに当てられるように、デモチェや激流などの阻害系を素引きできるよう多めに積むのがいいのかなと思います。

対ネクロス
有利:《ユニコールの影霊衣》がきつくない。《ヴァルキュルスの影霊衣》を超えてキルが狙える。
不利:《儀式魔人リリーサー》で完全停止。《トリシューラの影霊衣》が中々にきつい。
少し前まではヴァルキュルス3積みの構築が主流で、それを乗り越えてキルを狙う簡易等で前のめりに攻める構築にしてましたが、最近だとどのネクロスからもリリーサーが飛んでくるようになり、特に《影霊依の反魂術》でリリーサー付のクラウソラスを投げてくることが多く、否が応でもリリーサー対策は必要になりました。メインでは《激流葬》(や《虚無空間》にも触れれる《サンダー・ブレイク》)、サイドからは《地砕き》で対応していきます。

対クリフォート
有利:《霊獣の連契》。1キル
不利:《機殻の再星》。《虚無空間》。初動への《スキルドレイン》
ネクロスに比べて当たりたくない相当苦手な相手。捲られると普通に詰んでしまう《虚無空間》の枚数が減ってるのは幸いですが、《機殻の再星》というスキドレと虚無を合わせたようなカードがサーチできてしまうのがかなりキツイ。スキドレも、融合に漕ぎ着けてしまえばある程度の無視はできるものの、初動の霊獣使いに合わせられるとゲームエンドまで見えます。後ろさえ処理できれば、連契からの1キルでさっくり終わらせることもできますが、逆にアドバンス召喚されたクリフォートは獣ペトルで解決できないため連契頼りになってしまいがちなこと、《クリフォート・エイリアス》を出されるとチェーンして分解できないのも注意が必要です。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。