異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 「サイバードールXYZ」TOPXYZ(ABC) ≫ 「サイバードールXYZ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「サイバードールXYZ」

サイバードールXYZ

モンスター(25枚)
虹クリボー
超電磁タートル
マスマティシャン×3枚
シャドール・リザード
シャドール・ヘッジホッグ
シャドール・ビースト×2枚
シャドール・ドラゴン
サイバー・ドラゴン・ドライ×3枚
サイバー・ドラゴン・コア×3枚
サイバー・エルタニン
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
エフェクト・ヴェーラー×3枚
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
A・ジェネクス・バードマン

魔法(9枚)
死者蘇生
影依融合×2枚
ハーピィの羽根帚
ソウル・チャージ
サイバー・リペア・プラント
おろかな埋葬
オーバーロード・フュージョン×2枚

罠(6枚)
堕ち影の蠢き
激流葬×2枚
サイバー・ネットワーク×3枚

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース
XYZ-ドラゴン・キャノン
エルシャドール・シェキナーガ
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ
ギアギガント X
キメラテック・オーバー・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
キメラテック・ランページ・ドラゴン
サイバー・ドラゴン・インフィニティ×2枚
サイバー・ドラゴン・ノヴァ
ブラック・ローズ・ドラゴン
励輝士 ヴェルズビュート


あけましておめでとうございます()
気づけば今年入ってからブログに一切触れてませんでした。。。
レシピ貼るのも語るのもブログで書くほどでもなかったり、億劫だったりでTwitterで事足しちゃうことが多いんですよね。
新弾もあって久々にそれなりにXYZできる構築ができたので、更新がてら備忘録として置いておきます。

基本的なサイバーギミックの扱いに関しては以前のセプスロ型の記事で書いてるんですが、《サイバー・ネットワーク》の破壊手段であったセプスロはもう使えないので、《シャドール・ドラゴン》《オーバーロード・フュージョン》で担っていきます。
《オーバーロード・フュージョン》によるネットワークの破壊は以前から《キメラテック・オーバー・ドラゴン》で行えたのですが、新弾にて新たに《キメラテック・ランページ・ドラゴン》が追加されたことで、動きの幅が増えました。

キメラテック・ランページ・ドラゴン
《キメラテック・ランページ・ドラゴン》
星5/闇属性/機械族/攻2100/守1600
「サイバー・ドラゴン」モンスター×2体以上
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。(1):このカードが融合召喚に成功した時、このカードの融合素材としたモンスターの数までフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキから機械族・光属性モンスターを2体まで墓地へ送る。このターン、このカードは通常攻撃に加えて、この効果で墓地へ送ったモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。


《キメラテック・オーバー・ドラゴン》に比べて融合素材がサイドラモンスターに限定されてしまってるので出しにくさはありますが、このカードのメリットは《A・ジェネクス・バードマン》と組み合わせることで足りてないXYZパーツを持ってこれるというところにあります。
例えば、XYZパーツが2体しか除外できてない際に《サイバー・ドラゴン・ドライ》2体を素材にオーバーロードで《キメラテック・ランページ・ドラゴン》を融合召喚。ネットワークの帰還により場がXヘッド・Yドラゴン・ドライ・ドライ・ランページとなり、ランページでZメタルを墓地へ。ドライ2体で《ギアギガント X》、バードマンをサーチし通常召喚、バードマンランページで《A・ジェネクス・アクセル》をシンクロ召喚 。Zメタルを蘇生して合体――と繋がります。
2体除外されてるだけで合体に繋げられるので、より早い段階で決められるのが強みですね。ネットワークでドライを除外して場のコア等を守る余裕も生まれますし、素材であるサイドラ2体も《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の登場のお陰で、ドライ通常召喚からエクシーズを行うことで素材を墓地に落としやすくもなりました。

《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》も《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》をネットワークで帰還させることで再度重ねることが出来、《XYZ-ドラゴン・キャノン》の隣に《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を置くことで固いフィールド()が作れたりと便利な1枚ですね。
最初は《サイバー・ドラゴン・コア》に繋げるための《マスマティシャン》でしたが、気づけばシャドールに浸食されてました。回してみた感じ、手札次第ではシャドールギミックなくとも戦えるのですが、どうしても初動が安定しないのでもうしばらくは彼らの力を借りることになりそうです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。