異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ペンデュラム・ドミネーション」フラゲ考察その2TOPDD ≫ 「ペンデュラム・ドミネーション」フラゲ考察その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ペンデュラム・ドミネーション」フラゲ考察その2

その1はこちら

《DDオルトロス》
星4/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/チューナー/攻 600/守1800
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードが特殊召喚に成功したターン、自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
【P効果 青3/赤3】
①:1ターンに1度、フィールドの魔法・罠カード1枚とこのカード以外の自分フィールドの「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。


星4ペンデュラムチューナーともあってかかなりパワーは抑えてあるような印象を受けます。ペンデュラム軸になれば《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》のP効果に反応して出しやすくはあるのかなという気もしますが、契約書以外にダメージを受ける新規もきてないので、相変わらず特殊召喚効果はあってないようなものなのかなというのと、SSした際の誓約もありEmあたりと組み合わせて悪用するのも難しそうです。
一方、P効果は魔法罠しか割れない上に《エキセントリック・デーモン》のような汎用性もありませんが、《地獄門の契約書》から疑似《サイクロン》サーチが出来るようになったのは悪くないのではないでしょうか。

《DDラミア》
星1/闇属性/悪魔族/チューナー/攻 100/守1900
「DDラミア」の効果は1ターンに1度しか発動できない。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から「DDラミア」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。


今回判明した…というよりDDSD新規の中で最も強いのはこのカードではないでしょうか。《グローアップ・バルブ》のハイパー上位互換みたいなカードで、《DDD神託王ダルク》と8シンクロになれるほか、《DDD烈火王テムジン》のトリガーにもなり、《DD魔導賢者ケプラー》と《森羅の姫芽宮》になれるすげーやつです。地獄門込みで《DDスワラルスライム》と揃えてやることで、テムジン経由で《氷結界の龍 トリシューラ》も狙えたりします。《ワン・フォー・ワン》にも対応し、《魔サイの戦士》にも対応することから今以上に《魔界発現世行きデスガイド》《彼岸の旅人ダンテ》のパワーが跳ね上がりますね。
エクシーズ素材にしてしまえば再度使えますし、除外されたとしてもガイドからの《虚空海竜リヴァイエール》や、ダルクと作った《PSYフレームロード・Ω》で使いまわすことも可能です。オルトロスのような誓約もないので、地獄門と出張させるのも出来なくもなさそうです。

《DDD呪血王サイフリート》
星8/闇属性/悪魔族/シンクロ/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外の「DD」モンスター1体以上
「DDD呪血王サイフリート」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果は次のスタンバイフェイズまで無効化される。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分は自分フィールドの「契約書」カードの数×1000LP回復する。


オルトロス+星4DDやラミア+ダルク、《DDバフォメット》を使えば《DDナイト・ハウリング》からでも出せますね。モンスターには触れないのでそこまでの拘束力はなさそうですが、出しやすさや星8DDDとしても優秀で、永続プランを取った際に《ツインツイスター》で負けなくなるのも良さそうです。地獄門込みでスワラルラグナラミアと揃えることで《DDD双暁王カリ・ユガ》+《DDD神託王ダルク》みたいな盤面を作れたりするのもいいですね。

《闇魔界の契約書》
永続魔法
「闇魔界の契約書」の①の効果は1ターンに1度しか発動できない。①:以下の効果から1つを選択してその効果を発動できる。
●自分の墓地の「DD]Pモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分のPゾーンに置く。
●自分のエクストラデッキから表側表示の「DD」Pモンスター1体を自分のPゾーンに置く。
②:自分スタンバイフェイズに発動する。自分は1000のダメージを受ける。


スケール用の地獄門みたいなカードですが、墓地や既にエクストラに送られたモンスターからしか選べない点でかなり使い辛そうな印象を受けます。《DD魔導賢者コペルニクス》で墓地へ落とせば疑似スケールサーチになるものの、《EMモンキーボード》のようなDDもないですし、新規を見る限りガイドやスライム寄りの構築を捨ててまでP召喚狙う価値はあまりなさそうなので使われるかはかなり怪しい気がします。P軸になれば強いのかな?

《DDリビルド》
永続罠
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの「契約書」カードは相手の効果では破壊されない。②:墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の「DD」カードを3枚まで対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。


《励輝士 ヴェルズビュート》や《ブラック・ローズ・ドラゴン》のような全体破壊に強くなるものの、肝心な初動の地獄門への《サイクロン》や《幽鬼うさぎ》から守れない時点で弱いですし、通った地獄門はラミアでさくってしまうことが多そうなので尚更欲しい場面は少なそうです。《DD魔導賢者ケプラー》でサーチできないのもマイナス。墓地効果もダルクが3枚以上使えるようになるぐらいで、除外されたモンスターを戻したいシーンはなさそうですし、コペルニクスで直接落とせるとしてもかなり微妙だと思われます。

総括
ラミアとサイフリートの登場で展開幅もバリエーションも増えて今以上にいいデッキになることは間違いないですが、《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》や《魔界発現世行きデスガイド》などなど活かすも殺すも改訂次第な感は否めないです。。。

総評
《DD魔導賢者ニュートン》:6点
《DD魔導賢者コペルニクス》:3点
《DDオルトロス》:3点
《DDラミア》:9点
《DDD極智王カオス・アポカリプス》:3点
《DDD剋竜王ベオウルフ》:7点
《DDD呪血王サイフリート》:7点
《闇魔界の契約書》:2点
《DDリビルド》:1点
ガイドスライム軸基準。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。