異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPXYZ(ABC) ≫ AtoZ-ドラゴン・バスターキャノン

AtoZ-ドラゴン・バスターキャノン

《ABC-ドラゴン・バスター》本体を取り上げた前回の記事の続き?です。残りの枠は別のリメイクで埋まると思ってたんですが、まだ続きがあることに驚きが隠せません。

《強化支援メカ・ヘビーアーマー》
星3/光属性/機械族/ユニオン/攻 500/守 500
①:このカードが召喚に成功した場合、自分の墓地のユニオンモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。②:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。●自分フィールドの機械族モンスター1体を対象とし、このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。●装備されているこのカードを特殊召喚する。③:装備モンスターは相手の効果の対象にならない。


まずはこちら。《強化支援メカ・ヘビーウェポン》のリメイクですね。釣り上げ効果を持ち、召喚すれば直ちにそれに装備し耐性を付与できます。
ただし、このカードを装備するに値するような機械ユニオンは特になく、釣り上げたのちに合体し、それにこのカードを装備するというような運用になるのかなと思いますが、ABCだとわざわざ釣り上げる意味は薄く、このカードまで採用するには至らないように思えます。
下の《ユニオン格納庫》のトリガーには出来ますが、星3のため、《ギアギガント X》をはじめとした4エクシーズになれないのもマイナスポイント。

《ユニオン格納庫》
フィールド魔法
「ユニオン格納庫」は1ターンに1枚しか発動できない。①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。②:1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性のユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。


異次元格納庫…なぜ、異次元格納庫がここに……逃げたのか?自力で脱出を?遊戯王未OCGwiki - 異次元格納庫
異次元格納庫のそれとは違いますが、これほど嬉しい新規が今までにあったでしょうか…。
デッキからユニオンをサーチするだけでなく、それをそのまま召喚するだけで別のパーツまで呼び出すことができるため、このカード1枚で《YZ-キャタピラー・ドラゴン》が出せ、このカード+パーツに1枚でも触れれるカードがあればXYZやABCといった3体合体ですら容易に出せます。XYZなら《予想GUY》、ABCなら《おろかな埋葬》、《ヒーローアライブ》や《ブリリアント・フュージョン》であればそのどちらにも対応し、格納庫との2枚で先攻3体合体も可能です。
《フォトン・スラッシャー》や《ゴールド・ガジェット》といったパーツの横に光属性星4を用意する手段があれば、格納庫でサーチしたモンスターに《B-バスター・ドレイク》を装備させつつ《武神帝-ツクヨミ》を特殊召喚し、足りないパーツをBでサーチし墓地へ捨てることでもABCの合体が可能でした。ちなみに《SRベイゴマックス》+フィールド魔法でも《召魔装着》を絡めることで、《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》を経由してABCを立てることができます。
フィールド魔法なのでアクセスし易いのも良いですね。気になるのは単体で機能しないパーツは複数積みづらいため、あまり多く入れると腐ってしまいそうな点。パーツの配分と併せて《同胞の絆》や《強欲で貪欲な壺》まで入れるとなると難しそうです。
残念な点としてはユニオンモンスターにしか対応せず、XYZやVWで使おうと思うと《X-ヘッド・キャノン》や《V-タイガー・ジェット》は何かしら別のカードで用意しなければならない点。構築の工夫のしどころです。

《スクランブル・ユニオン》
通常罠
「スクランブル・ユニオン」は1ターンに1枚しか発動できない。①:除外されている自分の機械族・光属性の通常モンスターまたはユニオンモンスターを3体まで対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の機械族・光属性の通常モンスターまたはユニオンモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に戻す。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


まさかのユニオン専用《異次元からの帰還》までカード化とは…。一体コナミはどうしてしまったのか。
こちらは《X-ヘッド・キャノン》まで対応してるので、本当に帰還のように扱えます。エンドフェイズに除外されるなど一切の誓約もなく、帰還してそのままエクシーズ素材等にでもできてしまいます。ABCはフィールドに揃える必要はありませんが、2体目の追加、装備して耐性付与、エクシーズ等、サーチは出来ませんが《霊獣の騎襲》のように扱えるのではないでしょうか。
ただし、ABCに於いては3体合体しか存在しないため、それらを揃えられなかった際に腐るのが気になります。揃えられなかった際にも発動できるようにと、墓地のパーツを合体以外で除外するギミック(《サイバー・エルタニン》等)を入れると、このカードがないと復帰が難しくなるため、今度はABC自体とあまり噛み合わなくなってしまいます。そういう点においてはABCよりXYZのが扱いやすいかもしれませんね。

《AtoZ-ドラゴン・バスターキャノン》
星10/光属性/機械族/融合/攻4000/守4000
「ABC-ドラゴン・バスター」+「XYZ-ドラゴン・キャノン」
自分フィールドの、元々のカード名が上記のカードを除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。①:相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。その発動を無効にし破壊する。②:フィールドのこのカードを除外し、除外されている自分の「ABC-ドラゴン・バスター」「XYZ-ドラゴン・キャノン」を1体ずつ対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。


記事のタイトルにもしたこちら。《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》のようなポジションで、霊獣における《聖霊獣騎 ガイアペライオ》みたいなモンスターです。その効果に回数制限はなく何度でも発動が出来ます。格納庫もありますし、めちゃくちゃいいハンドなら2ターン目くらいに出すことも出来るかも?といってもガイアペライオなどとは出し易さが段違いで、ABCに加えてXYZも入れなくてはいけなく、狙うとなると事故もそれなりについて回りそうです。
ちなみにABCの効果には回数制限こそあるものの名称指定はされてないので、このカードの分離合体を繰り返せれば4回までABCの効果を使い倒す、なんてこともでき(そのための除外コストなんでしょう)、バトルフェイズ中の分離も可能なので、出せればほぼ確実に1キル出来そうです(出せるくらい回ってるなら出さなくてもキル出来そう)。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL